2009年11月23日 (月曜日)

〜ハーレーで大陸横断〜 ルート66の旅/2日目/20091006

 
 

●McLean

時差による睡眠不足もあったのか、地図によだれを垂らしながら(爆)寝てしまいましたwww

昨日はお昼過ぎからのRUNだったので、今日が朝から丸一日走れる初日、という事で

気合入れて起きたところ・・・  
 

 

1_4   

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

一気にテンション下がりまくりの雨。。。(泣) 

まあ、こればかりはどうしようもないので、気を取り直して雨支度をば。

しかし、二日目からカッパ着ることになるなんて・・・。
 

2  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今日は10209マイルからスタートです。
 

3  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       
 

4  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
一晩お世話になったSuper8を後に、進んでいくとしましょう。
 

5  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    

   
   
 

しっとり霧雨の中を走ります。

・・・写真栄えしないですよねー。
 
 

 

●ATLANTA
 

6  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

 

オリンピックがあったあの街ではないATLANTA。

ここのATLANTAは、人口1649人だそうです。 早速覗いてみましょう。 
 

7  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        
 
 
 
 
 
 

8  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

9  

 
 
 
 
 
 
 
 
        
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
街中にも、ルート66を表す標識がありました。 

 

10  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

11  

 
 
 
 
 
        
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

「こんな天気でモーターサイクルに乗ってるのか??」と言われました(爆)
 

12  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

13  

 
 
        
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

  
このあたり、雨が激しく降ってきています。

※写真が曇っているのは、レンズに付いた水滴のせいです 

 

14  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

この町の給水塔、なんとニコチャンマークですwww

15  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

インターステイトと併走しつつ、雨の中をひたすら走ります。
 

16  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        
 

17  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

●LINCOLN

18  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        
 
 
 
 

19  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
  

 

●BROADWELL

21  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

 

●ELKHART

22  

 
 
 
 
 
 
 
        
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

23  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

 
「GET YOUR KICKS ON ROUTE 66」のフラッグがありました。 

※HISTORIC ROUTE 66の標識と共に、今後街々に掲出されているこのフラッグも見どころです!

 

24 

 
 
 
 
        
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
  

 
小雨の中、一服タイム。 

25  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
  

  
竜巻とか何かの災害でしょうか。 街中がものすごい状態です。。

26  

 
        
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

 

 
これ、どっかのサイトで見たことあった~と、意気込んでバイクを停めてみたのはいいものの・・・ 

誰もいませんでしたw

27  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

28         

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

29  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        
 

 

  
 
今後も頻発して悩まされるこの標識。

この場合は、一度まっすぐに行ってぐるっとループして、最終的に右方面へ抜けるという感じです。

 

30  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

31  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        
 
 
 
 
 

 

 
  
街を抜けると、例によって地平線までまっすぐな道に。

32  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
  

  
 
ルート66がインターステイトに置き換えられてしまっている区間は、もちろん

インターステイトを走るんですが、ちゃんとこんな標識が。

「I-55に乗って、105で降りなさい」
 

33  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
        
 
 
 
 
 
 
 

 
  

 

標識の命令に従って、I-55を南下していくと・・・

途中にも「ルート66は105で降りなさい」の標識が。 親切ですよね。
 

34  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

35  

 
 
 
 
 
 
        
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

●SHERMAN

・・・祈祷師?? なにか昔にすごい呪術師でもいたんでしょうか?
 

36  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

 

街の規模は小さめですが、緑多き奇麗な街並。

37  

 
 
 
        
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

38  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

39  

        
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 

●CHATHAM
 

40  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        

41  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

42  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        
 
 
 

43  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

44  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        
 
 
 
 
 
 

45  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

途中、こんな石造りの道に。 絵になりますが、走り心地はダメね(笑)
 

46  

 
 
 
 
 
 
 
 
        
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

●AUBURN

47  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

48  

 
 
 
 
 
        
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

ここで、本日の昼食&給油を。

久しぶりの日本っぽいコーヒーと、レジ横で焼いてたピザ1かけらとサンドイッチ。

全部で7ドルくらいでした。

 

49  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

雲の切れ間から、青空が見えてきました!  一気に気分が高まります。

50  

 
 
        
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
  

 

と、ここでピザを頬張ってたところ、昨日シカゴのハーレーレンタル屋さんで

僕の前に借りてた二組のご夫婦が偶然にも前を通りかかり、僕に気がついた彼らが

話しかけに立ち寄ってくれました。
 

51  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

52  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  
  

 

雨も止んで、気分一新。 ルート66を西に目指してひたすら走ります。

53  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        
  

 

 

・・・ホントにヒマなんですwww
 

54  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
   

 

 

●DIVERNON
 

55  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        
 
 
 

 

 

久しぶりの街だな~と思ったのも束の間、人口1200人のDIVERNONの町は

十数秒で終わってしまい、写真撮る暇がありませんでした。。。
 

56  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

57  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        
 
 
 
 
 
 
 

58  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

59  

 
 
 
 
 
 
 
        
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

60  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

インターステイト脇のオールド・ルート66をひたすら西へ。

この手の道は、インターステイト用の標識があってナカナカ便利ですw

61  

 
 
 
 
        
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

まっすぐな道が突然T字路にwww

こんな感じで、あるときはインターステイトの右側、あるときは左側と、

その度に橋を渡りながら進んでいきます。

62  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

63  

 
        
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

●LITCHFIELD

64  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

65         

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

66  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        
 
 

67  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

68  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
        
 
 
 
 
 

69  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
  

 

●MT OLIVE

70  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
        
 
 
 
 
 
 
 
 

71  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

72   

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

73  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

 

 

 

 

と、これもまた見た事のあるウサギの看板が。

これは、Henry's Rabbit Ranchですねー。      
 
 

75  

 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

74_2  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

76  

 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
  

 

 

・・・何だココは!?  知らない人からしたら、単なるがらくた屋敷www  

77  

 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 

78  

 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
  

 

 

でも、ココも立派なオフィシャルアトラクションwww 

 

79  

 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 

80  

 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
  

 

キタ! 100両オーバーの電車(というか汽車)。

一旦捕まったら、開くまでに10分近くかかりますwww 

81  

 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 

82  

 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 

 

 

 

 

 

 

●HAMEL

83  

 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 

84  

 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 

85  

 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 

86  

  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   

 

 

 

 

●MITCHELL 

 

イリノイ州の端っこの街まで辿り着きました!

ミズーリ州との境にあるミシシッピ川の流域の街。 

という事は・・・二番目の州/ミズーリはすぐそこです!  
 

87  

 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
   
 

 

ここをまっすぐに行くと、今回一目見たかった古い橋があるはずです!
 

88   

 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 

89  

 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 

90  

  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  

91  

 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 

 

 

 

辿り着きました、その名も「Chains of Rocks Bridge」。

ココにバイクを止めて、徒歩で行ってみましょう。
  

92    

 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 

 

その昔、ここを車で対面通行していたなんて思えません。
 

93  

  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  

94  

 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 

  
  

 

 

現在は、徒歩&自転車のトレールロードとして親しまれているようです。
  

95   

 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
  
 

 

ホントにイリノイ州の端ですよねー。
  

96  

  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   

 

 

さて、では行きましょう!  

97  

 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 

98   

 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
  

 

右に見えるのが、現在の交通の大動脈。

99  

 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 

100  

  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  

 

 

この橋、なんと途中でこんな感じに曲がってるんです。

・・・何で真っすぐに作らなかったんでしょうか!? 
 

103    

 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 

104  

  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 

 

 

 

来ました州境の標識が!!

徒歩にて二番目の州・ミズーリに突入です! 
  

105  

 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 

106   

 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 

107  

 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 

108  

   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 

109   

 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  

 

  
  

 

 

では、バイクと一緒にミズーリ入りしましょう。 
 

110  

 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 

111  

  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  

112  

 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 

113    

 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 

114  

  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  

115  

 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
  

 

 

 

二日目の夕方、無事に二つ目の州・ミズーリ州に突入です!!

116   

 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 

117  

 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 

118  

   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   

119   

 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 

 

 

 

 

 

ミズーリ州最初の都市はセントルイス。 
 

120  

 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 

121  

  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  

122  

 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 

124    

 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
  

 

セントルイスはやっぱり大都市です。 渋滞を抜け、暗くなってきたので宿を探しましょう。

 

町外れにあったDRURY系列のモーテルを発見。

今日は49.99ドル、ということは、4500円程度ですね。 ここにしましょう!
 

126  

  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  

127  

 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
  

 

4500円にしたら、かなり奇麗な部屋です。

125_2   

 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  

 

 

無事にチェックインを済ませ、近所に給油&買い出しに。 
 

129  

 
 
 
   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   

 

 

今回は3.654ガロンで、1ガロンあたり2.399ドルなので、締めて8.77ドル。

安ー! 

130  

   
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   

131   

 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
  

 

 

起きた時は雨でどうしようと思いましたが、後半は晴れ間も見えて、

まずまずの一日でした。

 

132  

 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
   
  
 
 
 
  

 

 

 

  
 
 
  

・・・・・・・・・・・・・ 各種データ ・・・・・・・・・・・・・

●本日の走行距離 198マイル(約316.8Km)

●累計走行距離 402マイル(約643.2Km)

●本日のガソリン給油量  5.986ガロン(約22.66リットル)

●累計ガソリン給油量 9.442ガロン(約35.74リットル)

●累計燃費 42.58ml/g、(約17.99km/l)

●累計ガソリン代 22.72ドル(約2,045円)

●トラブル 無し

●道迷い  多数www

 

〜旅は続きます〜

 
 
 
  
 
 
 

| | コメント (15)

2009年11月 9日 (月曜日)

Happy Autumn Wedding!

 
 

最高の結婚式でした。

kaitoくん、ちえちゃん、末永くお幸せに!!

 

200911081306001  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 

2009.11.8(sun) 

 

 

・・・この日は「いい歯の日」らしかったです(笑) 

 

 

 

追伸:例の66のつづきですが、写真のセレクト&変換中ですので

   もうしばしお待ちください。 スミマセン。。。 

 

| | コメント (8)

2009年10月24日 (土曜日)

〜ハーレーで大陸横断〜 ルート66の旅/1日目/20091005

●〜ハーレーで大陸横断〜 ルート66の旅/1日目/20091005  

 

やってきました、会社人生始まって以来の2週間の休暇。

ココロが昂ります。

 

ただ、今回の旅の準備と言えば、パスポートと国際免許証と着替えとヘルメットと地図くらい。

いつものテントやらシュラフやらを積んでくキャンプツーリングよりも身軽です。

日本からネットでハーレーのレンタルを手配したくらいです。

 

宿は、陽が暮れたら次の街でモーテルを探すという、毎日いきあたりばったりで。

※10/13のたった一日だけ予約しました。それは10/13の記事にて!

 

 

 

Img0  さて、今回の旅でのマストアイテム。 

 ルート66トラベラーのバイブル、EZ66GUIDE。

 アメリカから取り寄せた究極のルート66の地図。

 

 現在は正式には廃道となっているので、普通の地図からは

 道自体が抹消されている所が多く、こういった地図がないと

 走破する事は不可能らしいんです。

 渡米前からイメトレを兼ねて、読み込んでました。

 

 

 

 

 

 

そして、ついに出発の日がやってきました。 

成田空港からシカゴ・オヘア空港までは11時間くらい。

 

 

1  いきなりシカゴです(笑)

 天気予報では「雨」だったんですが、

 ご覧の通り、絶好のツーリング日和です。

 一気にテンションがあがります。

 
 
 

2  タクシーに乗り込んでの話題は・・・

 「どっからきたの?」「日本の東京です」

 「・・・お互いリオデジャネイロに負けたねw」

 そういえば、シカゴも2016年に立候補してました。

 
 
 

3  空港から渋滞にはまりつつ、30分ほどで

 今回バイクをレンタルするイーグルライダーに到着。

 

 カウンターに行って、早速手続きを。

 
 
 

4  今日は僕の他に、先客で二組の夫婦が。

 手前にあるのが僕の借りるストリートグライドでしょう。

 過酷な旅になると思うけど、頑張ってくれよ相棒!!

 
 
 
  
 

5  手続きが終わり、エンジンの掛け方(笑)などの

 操作方法のレクチャーを受け、荷物をくくりつけます。

 ※係の人に「荷物のパッキングがうまいなー!」と言われました(笑) 

 

 

 
 
 

はやるキモチを抑えつつ、ルート66の起点へと向かいましょう。

 

Img3  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、ミシガン湖ほとりまで出ましょう。

普通の地図によると、30分程度の予定。

 

Img1  

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 

ルート66はアメリカ北東部のシカゴからゴールのサンタモニカまで、

合計で8つの州を通過しますが、まずは最初のイリノイ州です。 

  
 
 
 
 

8  ADAMSとMICHIGANの交差するポイントに

 ルート66の起点を表す看板はすぐに見つかりました。

 
 
 
 
 
 
 
  
  

6_2  いよいよここからが本当の旅の出発です!

 
 
 
 
 
 
 
 
 

10  このときのオドメーターは10039マイルです。

 

 ※写真撮り忘れましたが、10005マイルでレンタル開始です

 
 
 
 
 
 

9  高架の上を走るシカゴの鉄道。

 ここをくぐって出発です!

 
 
 
 
 
 
 

11 さて、ここからは写真大きめ、文字少なめで

 行きたいと思います。

 

 

 

 

 

Img2  

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
  

12  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 

走り出して30分位でしょうか。シカゴの街をを振り返ってのショット。

 

13  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

最近は廃道となってしまったルート66を、観光街道としてもう一度スポットライトを当てようと

いろいろ整備されつつあるようです。

こんな感じで「HISTORIC Route 66」の看板があちこちに。

この看板がかなり役に立ちます! 

 

14  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

●Joliet

 

15  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

16  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

17  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

18  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 

●Wilmington

 

19  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 

21  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

有名なGemini Giantがお出迎え。ここで昼食をとりました。

 

20  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

22  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

23  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

テーブルにはルート66の全体図が。

 

24  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「You are Here」の印が。 まだこんな所にいるんですね。。。 

 

 

Img  

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

●Gardner 

 

25  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 

こんな感じの給水塔が、それぞれの街の中心部に設置されています。

形やデザインもまちまちで、この旅でいろんなタイプのものを見る事が出来ました。

 

26  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

天下のルート66に「止まれ」だと〜!?www

今後も、このようにいきなり「STOP」攻撃を100回以上食らう事になります。

たとえば東海道(国道1号線)を走ってて、いきなり一時停止はないですよね。

日本ではちょっと考えられません。

 

●Dwight 

27  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

28  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

このあたりからは、街と街をつなぐ部分はこんな感じの道になります。

標識通りの55マイル/hで快走です! 

 

●Odell

29  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Odellの街外れにあった、スタンダードオイルのガソリンスタンド跡。

ここには「Route66 ROADSIDE ATTRACTION」の看板が設置してあります。

この看板、公式の「ルート66認定遺産」といったようなもので、今後沢山出てきます(笑)。

これによりますと、1932年に建てられたそうです。


 

30  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今後も、こんな感じでインターステートを横に見ながらの快走が続きます。

※ルート66沿いに、新たにインターステートが建設されたという事らしいです。

 所々ルート66に上書きする形でインターステートが建設されたエリアは残念ながら

 ルート66が残っておらず、その部分だけはインターステートでパスする形になります。

 

31  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

32  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

33  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

このハーレーをレンタルしての、初のガソリンスタンドです。

10005で借りたので、164マイルでの給油。 3.456ガロン入りました。

やはり、シカゴの街中の渋滞が響いているようで、燃費はちょっと悪め。 

 

 

Img_0001  

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

●Bloomington

 

34  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

35  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

このEZ66は、要所要所では、こんな感じで市街図も網羅されてます。

例の標識も完全には設置されてないので、街に入る前にこんな感じで

チェックが必要なんです。 意外と忙しい(笑)

 

36  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

37  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 

左手にインターステートを見ながらの快走。

右(西)から夕陽を浴びながら、のんびりとドコドコと。

ギアを6速に放り込んだまま、ずーっと。

 

なんてキモチいいんだろう。

 

38  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

39  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

40  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

素晴らしい夕陽。

 

41  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

42  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

●McLean

 

43  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 

たいぶ陽が傾いてきたので、今日は早めに宿をキープしましょう。

やってきたのはMcLeanにあったSuper8。大手チェーン系のモーテルです。

 

44  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

一人だっちゅうに、ムダにでかいベッドが二つも(笑)

 

45  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 

モーテルのすぐ向かいには、これまたルート66的有名スポットの

Dixie Truckers Homeという、いうなればバカでかい駐車場のあるドライブインという感じです。

 

46  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ものすごい迫力の18輪トレーラーがずらりと。 壮観です。

ここで簡単な夕食を買い出しして、部屋で地図を見ながらモグモグと。

・・・まだイリノイ州の半分弱しか来てません。

まあ、全然急ぐ旅ではないのでOKでしょう! 

何てったって、今回は怒濤の2週間ですから!!!(笑)

 

・・・・・・・・・・・・・ 各種データ ・・・・・・・・・・・・・

●本日の走行距離 204マイル

●累計走行距離 204マイル

●本日のガソリン 3.456ガロン

●累計ガソリン 3.456ガロン

●累計燃費 ----m/l

●トラブル 無し

●道迷い  多数www

 

〜旅は続きます〜

| | コメント (18)

2009年9月16日 (水曜日)

夢のルートへ

 

ご無沙汰しております。 数ヶ月ぶりの更新です。

にも拘らず、ショベル&パンヘッドネタでなくてゴメンナサイ。。。 

 

 

「40歳になったら、大陸横断したい!」

 

高校時代から漠然と胸に秘めていたボクの夢。

 

 

ついに夢を実行する時がやってきました。

Route66  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シカゴからサンタモニカまでの約4,000kmに亘るマザーロード、ルート66。 

 

既にインターステイトにとって代わられて廃線となっているこの道を

丁寧にトレースしつつ、シカゴからはるか西の海岸線を目指して 

のんびりと走って来たいと思います。

  

Route_66_map_2  

 

 

 

  

 

 

 

 

レンタルではありますが、ハーレーに跨って大陸を駆け抜ける2週間。

 

どんな旅になるのか。

 

今から楽しみです。

 

 

| | コメント (40)

2008年12月16日 (火曜日)

サドルバッグ復活

 
 

四国一周含め、あまりにもハードに使い倒してしまったせいなのか・・・

パンヘッドのサドルバッグのサイド下がパックリと裂けてしまいました(泣) 

 
  

まあ、60年近くも前の革製品で、しかも風雨に晒されるサドルバッグの宿命なのかも知れませんが、

せっかくぼんねちゃんから譲り受けた貴重な歴史遺産wなので、あのお方に依頼して命を吹き込んで頂きましょう!

※このサドルバッグ修理記録はコチラに詳しく出ています!  

 

 

 

で、とある日。 でかい段ボールが我が家に届きました。

 

1  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2  来ましたよ来ましたよ〜!

 群馬からの愛のホットライン(笑)

 早速OPEN!

 
 
 
 
 

3  パックリが修理されているだけじゃなくて、

 なんかすげー奇麗になってるし^^

 
 
 
 
 
 
 
 

41  しかも、リベットには贅沢にも変態仕様が奢られてwww

 
 
 
 
 
 
 
 
 

42  裏の補強も素晴らしいです!

 
 

 ・・・このリベットもひょっとして!?

 
 
 
 
 

43  おまけに、おまけが付いています!^^

 念願のそーま君手作りのボトルホルダーです。

 これはもうサドルバッグとペアで取り付けなければ

 なりませんね〜!

 

 
  

44  この変態タグすら愛おしく感じてしまう僕はヤバいでしょうか??www

 

 大切にバッグの底に忍ばせておきましょうwww

 
 
 
 
 
 

45  で、早速地下ガレージで取り付けてみました。

 まるで革が生き返ったようです。

 やっぱり通常以上の頻度で、ニーツフットオイルあたりを

 入れておく必要がありそうですね。。。 反省。

 

 

 
 
 

46  折角なので久しぶりにパンヘッドで出動を。

 
 

 ・・・とは言っても例の江ノ島の定食屋さんですが(爆)

 今日はスズキ(ヒラメ・カンパチ)の刺身&スズキの子を。

 スズキの子って初めて食べました。

 

47 48  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

満腹で逗子に帰還。 で、いつもの所でパチリ。

 
 

51   

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

410  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

そーま君のおかげで、当時もののオリジナルサドルバッグがココに甦りました!

忙しい中、色々とありがとうね〜!!! 

 
 

もう一度、そーま君の変態48メンテレポ&変態革細工&変態BBSへの禁断の入り口を↓www

 

神の酒-soma-
http://www.geocities.jp/leathersoma/

※なお、リンク先での突然のアクシデントなどに関しては、当方では一切の責任を取りませんのであしからずwww

 

| | コメント (4)

«冬の城ヶ島