« 2006九州の旅 ~4/30(日) 6日目~ | トップページ | 2006九州の旅 ~5/2(火) 8日目~ »

2006年5月19日 (金曜日)

2006九州の旅 ~5/1(月) 7日目~

●2006年5月1日(月)  志布志湾 くにの松原~高千穂

例によって、キャンプ翌日の朝は早い。

 目覚めのコーヒーを飲んで、テントなどを乾かしながらゆっくりとパッキングし、8:00頃に出発。取りあえずは都井岬を目指すことに。

109_28_2  程なく「ダグリ岬 →こちら」という看板がちらほら。「ダグリ」という聞きなれないネーミングが微妙に気になって右折。

 海水浴場と遊園地がありました。さすがに朝早かった為かまだ開園しておらず、人っ子一人いない状況でした。

 

107_26_2   R448は渋滞もなく、あっという間に都井岬に到着。ゲートで御崎馬の保護育成管理費100円を支払い、先へ。

 いましたよ! 野生の馬。のんびりと草を食んでます。一服し、先端にある灯台へ向かう。

  

106_25_2   ここで行き止まりです。バイクを駐車し、徒歩で灯台に向かう坂を登って行きます。

  

 

 

103_22_1   どーーーん! かなり男らしい灯台です。

 色々な灯台を見て来ましたが、ここはかなりカッコイイ部類に入りますね~。

 階段を上って、灯台の中にも入ってきました。

 大きな歯車などがむき出しになっており、すごい迫力でした。

 

  

 

099_18_1  さてさて、灯台見物が終わって、先ほどの野生馬地帯に帰ってきました。

 相変わらず我関せずという感じでのんびりと食事中。食事の邪魔をしないように1枚パチリ。 

 

 

097_16_1   写真では分からないですが、こんな感じの斜面のとんでもない所に馬がいたりします。是非一度生でご覧下さい!

 

 

 

096_15  都井岬からR448を少し北上した、通称サーフビレッジ前の海岸です。ロング・ショート合わせて20人位が入ってました。 

 しかし、綺麗な砂浜ですよね。

 

海沿いの快適な3桁国道をのんびりと走る。

 093_12  

  と、すぐに「道の駅なんごう」に到着。かなりトロピカルな雰囲気でいい感じ。

  他のお客さんもほとんどいなくて、独り占め状態。

 

090_9   ここのオススメを聞いたところ「やっぱりマンゴーでしょう!」との事でしたので、迷わずマンゴーシャーベットをセレクト。

 ウマイ!!!! 上品な甘さで病み付きになりそうな味です。

 

 

 ここを過ぎた辺りから海岸線の景色が変わって来ます。所謂「鬼の洗濯岩」です。 

 

089_8  程なくしてまたまたR220沿いに道の駅の看板現る。パブロフの犬と化している僕として、当然立ち寄ることに。

 ここは道の駅フェニックス。さっきとうって変わって、大混雑です。

 

088_7  洗濯岩が綺麗に見えます。これを目当てに来ている家族連れがむちゃくちゃ多くて大混雑。 足早に退散することにしました。

 次は、鬼の洗濯岩に囲まれた不思議な島、青島に行って見よう。

 

081_0  相変わらずの快走で、あっという間に青島に到着!

 ロータリーにバイクを停め、徒歩で行って見ることに。

 

 

085_4  ちっちゃな島ですね。徒歩でも余裕で一周出来ます。

 島に渡ったところにある看板に、この島の由来などが書いてありました。

 

 

083_2  島内にある唯一の建物、青島神社です。ミステリアスな雰囲気バツグンです。

 

 

 

082_1  島の周りは鬼の洗濯岩、その内側は砂。なのに、こんな熱帯のジャングルみたいな木々が生い茂ってて、ホントに不思議。

 国の特別天然記念物に指定されてるのも納得です。

 

 

079_079  R220よりも1本海沿いに走る、一ツ葉有料道路です。

 いかにも南国・宮崎っぽい風景が続きます。

 

 

038_36a  お腹が空いてきたので、レストランのあるパーキングに立ち寄ることに。

 レストランに渡る歩道橋からの風景です。 向こうにフェニックス(今はシェラトンだっけかな?)ホテルが聳え立ってます。

 

  

037_35a  ひたすらR10を北上し、道の駅日向に到着。さすがにR10は交通量も多かったなぁ。

 ここから高千穂までのルートを再確認し、頭に叩き込む。

 

 

035_33a  延岡有料道路で、混雑する延岡市街をショートカットします。

 ここを抜けると、高千穂へと続くR218、一本道です。

 

 

033_31a  やっと高千穂が射程圏内に入ってきました。R218、やっぱり3桁国道は気持ちいい! しかも、その名も「神話街道」。穏やかに流れる川沿いを、遥か向こうに見える山々に向かって伸びています。まさに神話に向かって走る感じ。ワクワクしてきました!

 

 

032_30a   クルマも少なく、のんびりします。さっきまでのシーサイド系南国な雰囲気と全然違います。

 

 

 

031_29a   段々と川面が見えなくなり、そのうちにトンネル→橋の繰り返しに。かなりの急峻な渓谷を突っ切る感じ。 

 

 

 

 

 

 

029_27a  

 橋でちょっと止まって下を覗くと・・・コワ~!!!! かなりの高さ!

 

 

026_24a   ちょうどいいところに道の駅登場!

 「道の駅 青雲橋」です。

 なんでも、この青雲橋というのは東洋一のアーチ橋なんだそうです。

 これは行かなきゃ!

 

 

  

 

025_23a   いや~、すごい迫力です!

 橋の真ん中に行って下を覗いてるときに大型トラックとかが通過すると、結構揺れるんです。それがまたコワい(笑)

 

  

022_20a  道の駅から10分くらいでしょうか、案内看板にナビされて、高千穂峡に到着!

 国道からぐねぐね道をかなり下ったところに駐車場がありました。

  

 

009_7a    そうそう、この景色! 高千穂といえばこのアングルって位有名な場所ですね。

 「 ボート乗り場 ↓コチラ」 みたいな看板が目に付きましたが、さすがに野郎一人で手漕ぎボートはヤバくね!?と自制し、眺めるだけで終了。あ~、本当はボートとかであの滝の裏に行ってみたいなぁ・・・。

 

 

 

高千穂峡からユースホステルに直行しようかと思ったのですが、まだ明るいし、「神話の中でもよく知られた天照大御神(アマテラスオオミカミ)の天岩戸開き、あの天岩戸伝説を伝える神社」の天岩戸神社に行って見ようと。

017_15a  17:40頃到着! おかしいな、人が全然いない・・・。

 案内看板を見ると「17:30まで」という記載が!天安河原をこの目で見てみたいなと思ってたのに、残念! 次回への申し送り事項としましょう。

 

さてさて、ボチボチユースホステルに行かなくては。電話したときに「かなり分かりにくい場所にあります」と言われてましたが・・・確かにかなりマニアックな場所にありました(笑)

バイクを停めようと敷地内に入ると、缶ビール片手に建物前広場で談笑している先客のみなさんが。

自己紹介をするや否や、早速バイクネタで盛り上がりました。

チェックインし、着替えるとすぐに夕飯タイム。 オーストラリアからいらっしゃったカップルと同じテーブルで、日豪の文化の違いネタで会話に花が咲きました。

と、YHの方から「20:00から始まる高千穂神社の夜神楽に行く人~」という案内があり、当然ながら見たこと無かったので、一緒に参加させて頂く事に。

500円を支払い、境内の神楽殿に入る。GWだからか、広い畳敷きの会場は超満員! 

内容は、本番(全三十三番もある!)の中から一般ウケする四番をピックアップし、さらに計1時間に縮めたダイジェスト版のような感じ。「岩戸隠れ」の神話をモチーフにした『手力雄』『鈿女』『戸取り』の三番と、夫婦神(イザナギ&イザナミ)が登場するちょっとエッチな『御神体』の四番。詳細は「高千穂神社 夜神楽」あたりでググってみて下さい。

夜神楽を満喫し、21:30頃にYHに戻るやいなや、宴会開始!

1 2_1

3_1  

 

 

 いやぁ、楽しかったですね~! あんなに盛り上がるとは。。。個人情報保護&名誉のために(笑)、写真はこの位で。

 みなさんありがとうございました!!

 

【本日の走行距離】  289km(今回のツーリングでの最長走行。。。)

             TOTAL 1250Km

【本日の走行ルート】

0501   くにの松原~R448~ダグリ岬~R448~都井岬~R448~道の駅なんごう~R448~R220~道の駅フェニックス~R220~青島~R220~一ツ葉道路~R10~道の駅日向~R10~延岡南道路~R218神話街道~道の駅青雲橋~R218~高千穂峡~天岩戸神社~高千穂ユースホステル

 

|

« 2006九州の旅 ~4/30(日) 6日目~ | トップページ | 2006九州の旅 ~5/2(火) 8日目~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140026/10086259

この記事へのトラックバック一覧です: 2006九州の旅 ~5/1(月) 7日目~:

« 2006九州の旅 ~4/30(日) 6日目~ | トップページ | 2006九州の旅 ~5/2(火) 8日目~ »