« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月20日 (土曜日)

2006九州の旅 ~5/2(火) 8日目~

※ごめんなさい! 

本文をUPしたつもりでしたが、ちゃんと保存されていなかったみたいです。。。

●2006年5月2(火)  高千穂~阿蘇 

それまでの孤独テント生活の反動か、昨晩はみんなと飲めや歌えやの大騒ぎ。いつに無くはしゃぐ自分がいました。いや~、楽しかったですね。

011_9a

 翌朝、完全に二日酔いです。目の周りが真っ赤。

 でも頑張って7:00(だったかな?)の朝食を食べ、昨日約束した「高千穂今日のボート」に乗りに行くぞ!

 

010_8a  メンバーは、Nさん@東京&Sさん@大阪と僕の3名。なんと両手に花! 生きててヨカッタ(笑)

 という事で、阿蘇で熊本っ子と走って以来久しぶりに仲間と一緒に走る。YHから高千穂峡はあっという間です。

 

005_3a  朝イチにYHを出発したので、待たずにボートに乗ることが出来ました。(混んでると1時間以上待つらしいです)

 ついに、あの滝を下から眺めることが出来ましたよ!!まさにマイナスイオン炸裂です。間違いなく50兆個以上は飛んでました。

 一人じゃ絶対にココには来れなかった。NさんSさん、ありがとう!

 

 

 

018_16a  ふと立ち寄ったお土産やさんの中で、なにやら作業をしているお母さん達がいらっしゃいました。聞いたところ、山椒の佃煮の元となる芽の部分を手摘みで仕分けしているのだそうです。

 高千穂で収穫した山椒を丁寧に手で仕分けし、手作りで佃煮にするなんて、これは買わずにはいられません。山椒佃煮とフキノトウ佃煮と油味噌を購入。今日明日のごはんのおかず&焼酎のおつまみにしよう。 

 

Aso6  高千穂峡でボートを堪能したあと、名勝「国見が丘」にやってまいりました。

 冷静に見ると・・・バイクの種類とか、どう見ても僕だけ浮いてます。。。美女と○○?

  

Aso7  ここ、秋の紅葉シーズンの早朝には、綺麗な雲海が見られるそうです。またその季節に来たいっす!

  

  

 

001_00a  みんな阿蘇を目指すということで、そのまま一緒に行動することにしました。

 高千穂から阿蘇は、R218~R265でまっすぐ行くと1時間くらいで到着するのですが、さすがみんなお気楽&気ままソロツーリングとあって、途中の「蘇陽峡」に寄り道しました。

マップルに載ってた「長崎鼻展望台」を目指し、その道の(渓谷の崖上)先端から遥か下に見える川まで下りて行けそうな道をSさんが発見し、おそるおそる下ってみる事に。

その道がヤバイ! 道幅が2mもなく、ものすごい急勾配でヘアピンカーブどころかいきなり180度のスイッチバックみたいな難所の連続。お二人は軽快に下山するものの、こちらはローダウンしたアメリカン。ダートっぽい落ち葉が積もった林道もあり、全く適さないバイクで頑張って付いていく。おそらくココを通った初めてのアメリカンに違いない。

Aso5  ついに下り切って、気持ち良さそうな渓流で一休み。

 速攻靴を脱いで、水遊びしました。いや~、ホントに気持ちよかったですね!

 水遊びを堪能し、阿蘇山に向かうことにします。

  

Aso4   すぐに到着。でも残念ながら、カルデラへの登山道路は火山ガスのために閉鎖でした。

 せっかく来たので、記念撮影。

 気を取り直して、次は大観峰に行きましょう。

 

Aso2  大観峰に行く途中にある、草千里ヶ原です。

 天気が良かったので、草原で大の字に寝てみました。気持良さそうでしょ!?

  

大観峰に着く頃には強風&寒波と天気が悪くなってきてて、しかも霧状の雲が立ち込めてきて・・・絶景はお預け。

ここで今日一緒に走ったNさんSさんとお別れ。楽しい思い出をありがとうございました!旅の出会いはいいもんだ!!

 

10  竜宮城のような夢の時間は過ぎ、お約束の生活が戻ってきました(笑)。

 風が強くてテントはヤバイかなぁと思ったのですが、先週テントを張ったキャンプ場に来てみると木々のおかげで風邪が弱まってました。速攻テントを張って、夕飯の買出しに。

 

11  そうそう、さっき高千穂で買ったこいつらもあるのだ。

 贅沢な夕飯になりそう。

 

 

  

 

 

078_e  スーパーの肉のコーナーで美味しそうな「生モツ」が目に付いたので、モツ鍋に決定!キャベツと韮とニンニクと唐辛子を購入。

 かなりお腹が空いていたのですが、あまりに寒くて温泉に行っちゃいました。 やばいです。湯冷めコースまっしぐら。

 

12

 湯冷めしないようにむちゃくちゃ着込んで、もつ鍋を突きつつ、飯盒で炊いたご飯に佃煮&油味噌をのせてがっつく。

 自画自賛になっちゃいますが・・・むちゃくちゃ美味しい!ミシュラン☆☆☆! ZAGATに載っても遜色なし!

 焼酎もくいくい進みます。いつしか雲がなくなってる。

満天の星空を眺めながら、終わりに近づきつつある今回の旅を実感。

夢から現実へ。仕事の悩み、プライベートの悩み。いろいろ考えた夜でした。。。

 

【本日の走行距離】  150km(今回のツーリングでの最短走行。。。)

             TOTAL 1400Km 

【本日の走行ルート】

0501_1

  高千穂YH~国見ヶ丘~R218~蘇陽峡~R265~阿蘇山~草千里ヶ原~大観峰~いこいの村キャンプ場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金曜日)

2006九州の旅 ~5/1(月) 7日目~

●2006年5月1日(月)  志布志湾 くにの松原~高千穂

例によって、キャンプ翌日の朝は早い。

 目覚めのコーヒーを飲んで、テントなどを乾かしながらゆっくりとパッキングし、8:00頃に出発。取りあえずは都井岬を目指すことに。

109_28_2  程なく「ダグリ岬 →こちら」という看板がちらほら。「ダグリ」という聞きなれないネーミングが微妙に気になって右折。

 海水浴場と遊園地がありました。さすがに朝早かった為かまだ開園しておらず、人っ子一人いない状況でした。

 

107_26_2   R448は渋滞もなく、あっという間に都井岬に到着。ゲートで御崎馬の保護育成管理費100円を支払い、先へ。

 いましたよ! 野生の馬。のんびりと草を食んでます。一服し、先端にある灯台へ向かう。

  

106_25_2   ここで行き止まりです。バイクを駐車し、徒歩で灯台に向かう坂を登って行きます。

  

 

 

103_22_1   どーーーん! かなり男らしい灯台です。

 色々な灯台を見て来ましたが、ここはかなりカッコイイ部類に入りますね~。

 階段を上って、灯台の中にも入ってきました。

 大きな歯車などがむき出しになっており、すごい迫力でした。

 

  

 

099_18_1  さてさて、灯台見物が終わって、先ほどの野生馬地帯に帰ってきました。

 相変わらず我関せずという感じでのんびりと食事中。食事の邪魔をしないように1枚パチリ。 

 

 

097_16_1   写真では分からないですが、こんな感じの斜面のとんでもない所に馬がいたりします。是非一度生でご覧下さい!

 

 

 

096_15  都井岬からR448を少し北上した、通称サーフビレッジ前の海岸です。ロング・ショート合わせて20人位が入ってました。 

 しかし、綺麗な砂浜ですよね。

 

海沿いの快適な3桁国道をのんびりと走る。

 093_12  

  と、すぐに「道の駅なんごう」に到着。かなりトロピカルな雰囲気でいい感じ。

  他のお客さんもほとんどいなくて、独り占め状態。

 

090_9   ここのオススメを聞いたところ「やっぱりマンゴーでしょう!」との事でしたので、迷わずマンゴーシャーベットをセレクト。

 ウマイ!!!! 上品な甘さで病み付きになりそうな味です。

 

 

 ここを過ぎた辺りから海岸線の景色が変わって来ます。所謂「鬼の洗濯岩」です。 

 

089_8  程なくしてまたまたR220沿いに道の駅の看板現る。パブロフの犬と化している僕として、当然立ち寄ることに。

 ここは道の駅フェニックス。さっきとうって変わって、大混雑です。

 

088_7  洗濯岩が綺麗に見えます。これを目当てに来ている家族連れがむちゃくちゃ多くて大混雑。 足早に退散することにしました。

 次は、鬼の洗濯岩に囲まれた不思議な島、青島に行って見よう。

 

081_0  相変わらずの快走で、あっという間に青島に到着!

 ロータリーにバイクを停め、徒歩で行って見ることに。

 

 

085_4  ちっちゃな島ですね。徒歩でも余裕で一周出来ます。

 島に渡ったところにある看板に、この島の由来などが書いてありました。

 

 

083_2  島内にある唯一の建物、青島神社です。ミステリアスな雰囲気バツグンです。

 

 

 

082_1  島の周りは鬼の洗濯岩、その内側は砂。なのに、こんな熱帯のジャングルみたいな木々が生い茂ってて、ホントに不思議。

 国の特別天然記念物に指定されてるのも納得です。

 

 

079_079  R220よりも1本海沿いに走る、一ツ葉有料道路です。

 いかにも南国・宮崎っぽい風景が続きます。

 

 

038_36a  お腹が空いてきたので、レストランのあるパーキングに立ち寄ることに。

 レストランに渡る歩道橋からの風景です。 向こうにフェニックス(今はシェラトンだっけかな?)ホテルが聳え立ってます。

 

  

037_35a  ひたすらR10を北上し、道の駅日向に到着。さすがにR10は交通量も多かったなぁ。

 ここから高千穂までのルートを再確認し、頭に叩き込む。

 

 

035_33a  延岡有料道路で、混雑する延岡市街をショートカットします。

 ここを抜けると、高千穂へと続くR218、一本道です。

 

 

033_31a  やっと高千穂が射程圏内に入ってきました。R218、やっぱり3桁国道は気持ちいい! しかも、その名も「神話街道」。穏やかに流れる川沿いを、遥か向こうに見える山々に向かって伸びています。まさに神話に向かって走る感じ。ワクワクしてきました!

 

 

032_30a   クルマも少なく、のんびりします。さっきまでのシーサイド系南国な雰囲気と全然違います。

 

 

 

031_29a   段々と川面が見えなくなり、そのうちにトンネル→橋の繰り返しに。かなりの急峻な渓谷を突っ切る感じ。 

 

 

 

 

 

 

029_27a  

 橋でちょっと止まって下を覗くと・・・コワ~!!!! かなりの高さ!

 

 

026_24a   ちょうどいいところに道の駅登場!

 「道の駅 青雲橋」です。

 なんでも、この青雲橋というのは東洋一のアーチ橋なんだそうです。

 これは行かなきゃ!

 

 

  

 

025_23a   いや~、すごい迫力です!

 橋の真ん中に行って下を覗いてるときに大型トラックとかが通過すると、結構揺れるんです。それがまたコワい(笑)

 

  

022_20a  道の駅から10分くらいでしょうか、案内看板にナビされて、高千穂峡に到着!

 国道からぐねぐね道をかなり下ったところに駐車場がありました。

  

 

009_7a    そうそう、この景色! 高千穂といえばこのアングルって位有名な場所ですね。

 「 ボート乗り場 ↓コチラ」 みたいな看板が目に付きましたが、さすがに野郎一人で手漕ぎボートはヤバくね!?と自制し、眺めるだけで終了。あ~、本当はボートとかであの滝の裏に行ってみたいなぁ・・・。

 

 

 

高千穂峡からユースホステルに直行しようかと思ったのですが、まだ明るいし、「神話の中でもよく知られた天照大御神(アマテラスオオミカミ)の天岩戸開き、あの天岩戸伝説を伝える神社」の天岩戸神社に行って見ようと。

017_15a  17:40頃到着! おかしいな、人が全然いない・・・。

 案内看板を見ると「17:30まで」という記載が!天安河原をこの目で見てみたいなと思ってたのに、残念! 次回への申し送り事項としましょう。

 

さてさて、ボチボチユースホステルに行かなくては。電話したときに「かなり分かりにくい場所にあります」と言われてましたが・・・確かにかなりマニアックな場所にありました(笑)

バイクを停めようと敷地内に入ると、缶ビール片手に建物前広場で談笑している先客のみなさんが。

自己紹介をするや否や、早速バイクネタで盛り上がりました。

チェックインし、着替えるとすぐに夕飯タイム。 オーストラリアからいらっしゃったカップルと同じテーブルで、日豪の文化の違いネタで会話に花が咲きました。

と、YHの方から「20:00から始まる高千穂神社の夜神楽に行く人~」という案内があり、当然ながら見たこと無かったので、一緒に参加させて頂く事に。

500円を支払い、境内の神楽殿に入る。GWだからか、広い畳敷きの会場は超満員! 

内容は、本番(全三十三番もある!)の中から一般ウケする四番をピックアップし、さらに計1時間に縮めたダイジェスト版のような感じ。「岩戸隠れ」の神話をモチーフにした『手力雄』『鈿女』『戸取り』の三番と、夫婦神(イザナギ&イザナミ)が登場するちょっとエッチな『御神体』の四番。詳細は「高千穂神社 夜神楽」あたりでググってみて下さい。

夜神楽を満喫し、21:30頃にYHに戻るやいなや、宴会開始!

1 2_1

3_1  

 

 

 いやぁ、楽しかったですね~! あんなに盛り上がるとは。。。個人情報保護&名誉のために(笑)、写真はこの位で。

 みなさんありがとうございました!!

 

【本日の走行距離】  289km(今回のツーリングでの最長走行。。。)

             TOTAL 1250Km

【本日の走行ルート】

0501   くにの松原~R448~ダグリ岬~R448~都井岬~R448~道の駅なんごう~R448~R220~道の駅フェニックス~R220~青島~R220~一ツ葉道路~R10~道の駅日向~R10~延岡南道路~R218神話街道~道の駅青雲橋~R218~高千穂峡~天岩戸神社~高千穂ユースホステル

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月曜日)

2006九州の旅 ~4/30(日) 6日目~

●2006年4月30日(日)  鹿児島市内~志布志湾 くにの松原

 

Rimg0277  昨日はいつ帰ってきたかも解らない状態だったけど、朝の目覚めはスッキリ!7:00にはバイキングの朝食を頂いて、8:00にはホテルを出発。

 写真はフェリー埠頭に向かう鹿児島市内です。路面電車がいい感じです。ホテルからフェリー埠頭まではあっという間。10分もかからなかったのでは。

埠頭に到着し誘導サインに従って進んで行くと、停泊していたフェリーにそのまま一気に乗り込むようにとの指示。乗船料金は、着払いのようです。 

 

1111  結構混んでます。

 

 

 

Rimg0284  乗船後すぐに出航となりました。これで鹿児島市とお別れです。また来るからな~!!

 

 

 

Rimg0283  晴れてたらどーーーんと聳え立つ桜島の雄姿が見えるはずなのに、残念ながら雲の中です。

 晴れてくれないかなぁ・・・。

  

 

Rimg0289  例によって船内をパトロール。

 さすが日常の「足」として生活に密着しているようで、

 バリアフリーとしてのエレベータも備わってます。

  

  

 

あっという間に桜島に到着し、まず目指すは湯之平展望台。

フェリー埠頭を出て、溶岩地帯を抜けるR224を快走し、赤水にて展望台への道を左折。

この展望台へアクセスする登山道路(?)がこれまた快適!写真は帰りに撮ればいいやと走りを楽しむ。国道から10分程度で到着。

ここでトラブル発生!!なんとデジカメが逝ってしまいました(泣)

面倒だと思いつつ、さっき通った国道沿いの道の駅桜島まで戻って「写るんです 一巻目」を買いにひとっ走り。カメラを買ってまたまた湯之平展望台へ。今度は途中の景色もバッチリ撮影しました。

※な・な・なんと「写るんです 1巻目」を不注意で紛失してしまいました!!!!

 デジカメ壊れるは、写るんです無くすは、災難続きの1日です。 1巻目には桜島~海沿いの道~佐多岬という第三のハイライトが納まっていたのに(泣) 特に佐多岬での写真が残ってないのが悔やまれます。。。 

 なので、桜島~くにの松原までは写真がありません。ゴメンなさい!

桜島の溶岩地帯の風景を堪能し、目指すは今日のハイライト「佐多岬」。

R220を南下し、途中県道68号にてショートカットし、R269佐多街道に合流。またまたR269佐多街道~県道68をひたすら南下し、ついに佐多岬ロードパーク入り口に到着。

この道は、かなり南国チック。道の両サイドに生育している数々の植物がもう南国っぽい! さすが九州最南端。終点のパーキングスペースにバイクを停め、そこから徒歩で先端を目指す。これが結構アップダウンのある道で、なかなかキツイ。

ハァハァ言いながら進んで行くと程なく、本州最南端の牌のあるエリアに到着。ここで各地から参集してたバイカーと記念撮影実施!

桜島~佐多岬が結構時間がかかってしまったので、ここいらで今晩の宿泊を考える。

雨の心配が無さそうなので、暗くなる前に到着できそうな志布志湾エリアでキャンプ場を探してみる。目に留まった「くにの松原キャンプ場」。早速電話すると、全然OKとのこと。よし、峡の目的地が決まった。日没前までには楽勝で着けそうだ。

しかし、志布志に向かうR448沿いの海岸の綺麗な事。サーファーの村を通り抜け、ほとんど独り占め状態でR448を快走し、くにの松原に向かう。

ここで写るんです1巻目が終了し、近くのコンビニで2巻目を購入する。

※ここから最終日までは「写るんです」2巻目~6巻目の画像です。今までよりピントは甘いは粒子が粗いはで恐縮ですが、何卒ご容赦下さいませ!

 

117_36  明るいうちに、くにの松原キャンプ場に到着。名前通り、松林の中のサイトです。

 砂浜×松林って、日本っぽいなぁと再確認。

 

速攻テントを設営し、温泉&夕飯の買出しへ。 

 

116_35   キャンプ場から国道に出る途中の水田です。

 ちょうど夕陽のタイミングだったので、バイクを停めてぼんやりと眺めちゃいました。

 

 

114_33  近くにある総合温泉施設「あすぱる大崎」。

 スーパー銭湯の温泉バージョンのような感じです。

 人が少なかったのでのんびりと温泉を堪能しましたが、混んでたら・・・。 

帰りがけに地元のスーパーに立ち寄って、食材の購入。今晩は気分的に「肉」な感じです。 

110_29  本日の夕飯です。かなり豪勢です。

 肉をつまみに、焼酎が進みます。

 

 

グラスを傾けつつ、松の隙間から見える天の川を眺める。

ゆるゆるとした夜が更けていきました。。。 

 

【本日の走行距離】  263km(相変わらずの、のんびりペース)

             TOTAL 961Km

【本日の走行ルート】

Ca6j45i7    サンデイズイン鹿児島~桜島フェリー~R224~桜島 湯之平展望台~R224~道の駅 桜島R224~桜島 湯之平展望台~R224~R220~県道68号~R269 佐多街道~県道68号~佐多岬ロードパーク~佐多岬~県道68号~R269 佐多街道~R448~くにの松原~あすぱる大崎~くにの松原

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日曜日)

中休み

※九州ツーリングの前半の写真を「マイフォト」にUPしました。

 左下の方にマイフォトのリンクがあります。よろしかったらどうぞ。 

 

 

 

GW明けの初めての土日。

昨日はずっと雨、今日も雨こそ降ってはないものの、朝からどんよりとした天気。

しばらく振りに、溜まってた家まわりの仕事でもやろうかな、と。

ここ最近の土日~GWとずっとバイクで遊びまわってたから、庭が凄いコトになってる!

200605141128292_1 まるでジャングルです。。。(汗)

  

 

 

200605141128432_1  荒れ放題とはまさにこの事。

 良く見ると、普通の雑草っぽくないような、南国チックなシダ系やヤシ系みたいなものもちらほら。

 

 20060514113034 20060514113137_1

  あとで植物図鑑で調べてみましょう。

 

  

20060514113100   コイツが一番多面積に生息してました。

  電動ミニ芝刈り機で一気に刈り取り開始!

  この季節はまだ蚊がいなくて捗ります。

 

 

 

 

20060514141132  だいぶ綺麗になりました。でも、実はこれでもまだ半分・・・。

 残りは・・・来週にします(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水曜日)

2006九州の旅 ~4/29(土) 5日目~

●2006年4月29日(土)  鹿児島長島~鹿児島市内

042901_1    さてさて、眠い眼をこすりつつ7:00きっかりに朝食。

 朝ごはんを食べながらツーリングマップルとにらめっこ。今日は知覧と開聞岳と指宿をマル必として、あとは行ける所までいこうと緩やかなプランを決める。

 速攻荷造りをして、8:00前には夕暮荘を出発~!

 

042902_1    真っ先に向かったのは道の駅阿久根。何てたって道の駅マニアですから。

  地元の農家の方達が朝獲りの新鮮野菜を並べ始めていました。ショップはまだオープン前です。

 

 

042903_1    阿久根のキャッチフレーズは・・・

     「アクネ、うまいネ、自然だネ」

  だそうです。広告制作に携わる人間として勉強になります(笑)。。。

  

 

042904_1   阿久根を越えた国道3号線の景色。左が断崖で右が海。

 サンタモニカっぽい風景。気持ちいい~!

 

  

そのままR3を南下し、薩摩川内市・いちき串木野市をパスし、R270に入る。知覧がだいぶ近づいてきました。  

 

042905_3   ここで、国道から離れてマイナーな県道で知覧を目指すことにしてみました。

 R270から県道297号に入ったところ。いい感じです。

 

 

042906_1   所どころ峡路ですが、通行車両が全く無く、のんびりと景色を眺めながらマイペースで走るのには最高なルートです。

 

 

 

042907_2   こんな感じでガードレールの無い道も気持ちいいです。

  相変わらず対向車ゼロ。

 

 

042908_1  と、いきなりこんなに広くなるし!

 途中だけこんなでもあんまり意味無いのでは?と、思ってしまったり。。。

 

 

042909_1   程なくして県道27号に合流し、町らしい場所に出る。

  看板に案内されつつ、知覧平和公園内にある特攻平和会館に足を運ぶ。

 (館内は撮影禁止なので写真はありません)

 

※特攻平和会館について

この特攻平和会館は大東亜戦争末期(戦後は太平洋戦争ともいう)、沖縄決戦において特攻という人類史上類のない作戦で、爆弾搭載の飛行機もろとも肉弾となり、一機一艦の突撃を敢行した多くの特攻隊員の遺品や関係資料を展示しています。
 私たちは、特攻隊員たちの崇高な犠牲によって生かされ国は繁栄の道を進み、今日の平和日本があることに感謝し、特攻隊員のご遺徳を静かに回顧しながら、再び日本に特攻隊をつくってはならないという情念で、貴重な遺品や資料をご遺族の方々のご理解ご協力と、関係者の方々のご尽力によって展示しています。
 特攻隊員たちが帰らざる征途に臨んで念じたことは、再びこの国に平和と繁栄が甦ることであったろうと思います。この地が特攻隊の出撃基地であったことにかんがみ、雄々しく大空に散華された隊員の慰霊に努め、当時の真の姿、遺品、記録を後世に残し、恒久の平和を祈念することが基地住民の責務であろうと信じ、ここに平和会館を建立した次第であります。(鹿児島県知覧町HPより)

 

今回のツーリングで、絶対に寄りたかった場所、特攻平和会館。

1,036人の若き特攻隊員の遺影や家族に宛てた手紙等を見て、胸が締め付けられました。二度と繰り返してはならない半世紀前の出来事を目の当たりにしました。

平和な日本しか知らない僕らの世代こそ、一度は絶対に機会を作って足を運んで欲しいなぁと思いました。 

 

042910_1  眼は潤んでいても、しっかりお腹は空いてきます。

 鹿児島といえば薩摩芋、ということで焼き芋です。

 ホクホクでしっとりと甘くて絶品!

 

042911_2   特攻平和会館からバイクで2~3分でしょうか、知覧の街です。

 この右側の裏の一帯が武家屋敷ゾーンとのこと。バイクを町営駐車場に止めて、しばし散策することにしました。

 街のはじっこで料金を支払い、路地に入る。

 

042912   この昔ながらの風景。(といっても、こんな時代には生まれていなかったのですが・笑)

 静寂に包まれています。

 

 

042913   庭も綺麗です。

  ひとしきりのんびりしたので、知覧の街を後に開聞岳を目指して走ることにします。

 

 

042914   県道232号から県道234号で指宿スカイライン頴娃IC方面に。

 相変わらず快適なツーリングです。

 

  

042915  頴娃ICから南は有料道路ではなく無料の一般県道となっていて、一気に南下すると開聞岳が目に飛び込んできます。

 曇っててぼんやりしてますが、あれが開聞岳に違いない。本物の富士山よりも直線的な3角形ですね。

 

 

042916  池田湖越しの開聞岳。さすがにこの天気だと逆さ富士は見えません・・・。

 

 

 

042917   R226で指宿に向かう途中、かの「JR日本最南端の駅 JR九州 西大山駅」に立ち寄ることに。看板が出ていてあっさり辿り着きました。

 「記念入場券発売中!」との掲示がありましたが・・・「発売は指宿駅」とのこと。何でやねん!(笑)まあ、無人駅なのでここは笑ってスルー。

 

042918   西に開聞岳が聳えてます。

  「思えば遠くへ来たもんだ~♪」のメロディーが頭の中をよぎりました。

 

 

042919   西大山駅を後に、指宿に向かう。と、すぐに「長崎鼻→」の看板が目に付く。微妙に気になったので右折。

 なんと入園料1200円!とのことで、入園はパス。。。

 

 

042920  やって来ました、指宿砂蒸し会館「砂楽」。

 二輪車は施設の目の前のスペースに駐輪可でラッキー。

 はやる気持ちを抑えつつ、看板案内に沿って2階を目指す。

 

042922   ここのフロントで入浴料900円を支払い、砂蒸し専用浴衣を受け取る。ロッカールームにて浴衣に着替え、いざ出陣!

 ちなみに、浴衣の下は全裸です(笑)。

 

  

0000  砂浜に着くと寝場所を指定され、仰向けになると砂掛け係りの方が機械的にスコップでばっさばっさと熱い砂をかけてくれる。

 地面(=背中)がすごく熱い。ちょっと経つと慣れてくる。何と言うか、砂の重さの圧力が快感で癖になりそう。

 目安時間10分間、目いっぱい砂に蒸されてご機嫌! 

 

体の芯までポカポカになったので、このままここでお酒でも飲んで寝たい気分だったのですが、体にムチ打って再度バイクにまたがって北上。

 

042923  道の駅指宿に到着。 

 今日の寝場所をどうしようかと考える。天気予報を見ると「降水確率50%」と出ており、さらには朝の桜島を快走したいという思いもあり、桜島フェリー乗り場に近い鹿児島市内の宿を検索。

 かなりの数のホテルがヒット。

 掲載されてた外観写真が綺麗だった「サンデイズイン鹿児島」をジャケ買い。

 

 

042924   鹿児島市内に向かう産業道路。

 GWだったせいか、トラックが少なくて気持ちいい。

 これ、普段だったら排気ガス充満の環境劣悪道路なんだろうな。。。

 

042925  鹿児島中央駅前のターミナルです。

 何と、駅ビルに観覧車が! プチびっくり。

 

 

 

042926  ようやく本日の宿、サンデイズイン鹿児島に到着!

 繁華街(?)エリアのホテルとしては想定外の来客だったようで、係の方が駐輪場所で一瞬悩んだようでしたが、すぐにスペースを作っていただき、無事にバイクを停めていざチェックイン。

 

042927  エレベーターホール前です。ものすごい焼酎の数!圧巻です。

 さすが鹿児島。これってこのホテルのレストランで飲めるのかなぁ。

 せっかくの鹿児島なので、ホテルのフロントの方に地元の郷土料理のお店を紹介して頂く。歩いてすぐらしい。

 

042928_1  すぐに見つかりました。

 

 

 

042929  旨い! 相変わらず旨すぎです九州!

 旨いものには旨い酒、という事で見たことも無い焼酎の銘柄を、メニューのはじっこから攻める。

 これ以降、何を飲んで何を頼んだかの記録と記憶が・・・(笑)

 

 知らないうちにホテルの部屋で寝てましたzzz。おそるべし帰巣本能。

  

【本日の走行距離】  233km(相変わらずの、のんびりペース)

             TOTAL 698Km

【本日の走行ルート】

042999   民宿夕暮荘@長島~R57~道の駅阿久根~R3~R270~県道297号~県道27号~知覧特攻平和会館~県道23号~知覧町武家屋敷~県道232号~県道234号~県道17号~池田湖~県道28号~R226~JR西大山駅~県道242号~長崎鼻~県道242号~R226~県道238号~指宿砂蒸し会館~R226~道の駅 指宿~R226~県道219号~県道217号~鹿児島市内~サンデイズイン鹿児島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月曜日)

2006九州の旅 ~4/28(金) 4日目~

●2006年4月28日(金)  阿蘇~鹿児島県長島町

 

042801  あ~、良く寝た!! と言っても、普段の生活では考えられない22:00就寝5:30起床。 7時間以上も寝てる(汗)。。。

 阿蘇の山並みに朝日が。 なんと清々しい朝でしょう。これだからテントは止められない!!

 

 

042802_1   心なしか昨日よりも緑が濃くなったような気が。

 

 

 

042803_1  さて、サクサクとキャンプ道具を撤収してバイクに積み込み、早速出発。今日は熊本~天草方面に向かいます。

 そのままR57を西に向かうのは芸が無いので止めて、お気に入りのミルクロード経由で行くことにしよう。

 

042804  朝のミルクロード。やっぱコレでしょう!!!

042805   また来週に戻ってくるから、待ってろよ~。バイバイ、ミルクロード!

 

  

 

R57と合流し、まずは熊本城にちょっと行って見よう。

取り立てて見所の無いR57をひたすら熊本市街方面に向かう。結構な交通量で微妙にウンザリ。。。さすがに市街地は昨日みたいな快適ツーリングという訳には行かないなぁ。。。

042806   やって来ました熊本城。山から下りてきたからか、晴れてきたからなのか、汗だくに。革ジャンを脱いで軽装になる。

 ショベルの油温も200度(華氏)を超えていたので、しばし休憩。

  

 

早起きだったので、もうお腹が空いてきました。ということで、目指すは「大黒ラーメン」。昨日、熊本っ子Aさんに「熊本でラーメンといえば?」と聞いて、教えてもらったのです。ツーリングマップルに記してくれたマークを頼りに、県道303号を北に数キロ進む。

 

042807   ありましたよ大黒ラーメン!

  とんこつベースのスープに、焦がしニンニクが乗ったラーメン。速攻完食。気づくとすごく並んでたので、足早にお店を後に。

  

 

R3鹿児島街道をひたすら南下し、R57天草街道を西に。ようやくツーリングらしい景色が広がってくる。

042808   右手に島原湾の干潟がずっと広がってます。

 遥か向こうに見える山は雲仙普賢岳でしょうか。のどかな感じ。

 

 

042809  程なく、今回の目的のひとつ、天草五橋が見えてきました!

 はやる気持ちを抑えつつ、のんびりと一服。

 

 

042810   うーん、風光明媚。

 

 

 

042811  いざ天草五橋へ突入!!

 残念ながら後続車がいたので、橋の途中とかでバイクを止めて撮影する訳にもいかず、一気に駆け抜ける。

 

 

042812  その後、R266天草パールラインからR324ロザリオラインにまっすぐに抜ける有料の松島道路を走ってみました。150円。ここの料金所のおじさんに、この先のフェリーが出ている牛深までの大体の所要時間をヒアリング。 結構距離はある(60Km以上)けど、一時間ちょいらしい。そんな時間で行けるの?と思いつつ、お礼をして出発。

 最近出来たばっかりなのか、舗装が新しいです。 

 

042897  ロザリオラインに入ってすぐに、道の駅有明に到着。 

 

042898  ここで気になるメニューが。。。

 「有明特産のでこぽん」。

 うーん、美味しそう。

 

 

 

042813  甘酸っぱくて、美味しゅうございました。

 

 

 

 

ここあたりで今日の宿はどうしようかなぁと考え、ツーリングマップルをパラパラと。

ちょうど良さそうな距離のエリアにキャンプ場が見当たら無かった事もあり、デジカメや携帯電話の充電もかねて「民宿 夕暮荘」に電話をかけてみる事に。 いきなりだったにも拘らず、夕飯もOKとの事。 よし、今日の最終目的地が決まった! 「夕暮荘」っていう位だから、夕暮れが綺麗なんだろうなぁ。 今出れば夕暮れ時には間に合いそう。 さあ、行くぞ~!

 

042896  道の駅有明を後に、半島の突端につながるR266を目指して西へ向かう。 向こうの方にその名も「瀬戸大橋」が見えてきました。 それにしても、瀬戸大橋って・・・(汗)

 

 

042814  海と別れを告げ先へ進む。R266は、島の中とは思えない山深さ。ツーリングマップルに書いてある通りだと思いながら、ひたすら快走。

 両車線とも全然クルマがいなくて気持ちいい。おまけに信号も全然無い。 料金所のおじさんが言ってた通り、早めに牛深港に着きそう。

 

042815  のどかです。忘れてた日本ここにあり!って感じでしょうか。

 こういうところで育つ子供は、さぞ腕白になるんだろうな。。。

 カエルの○○に××をとか・・・。。。

 

 

042816   あっという間に牛深フェリーターミナルに到着!なんだか思ってたよりも随分近代的で綺麗な感じです。

  

  

042895  次の出航は16:30。あと30分程度あるので、バイクを止めて近所の散策に。

   

 

 042894  

  となりにあった「牛深海彩館」なる施設に入ってみました。

 『ここは、海、魚、ハイヤなど牛深に関する情報が一堂に集められた殿堂。活気と賑わいの空間をだれもが気軽に楽しめます。』とのことですが、、、おーい、誰かいますか~??。 

 館内の生簀では、魚たちが元気に泳ぎまわってました。

   

042893  予定時刻になり、フェリーにバイクを積み込みました。

 はじっこにチョコンと可愛く停車。

 

 

042892  目指すは対岸に見えている鹿児島県の長島。所要時間は30分程度とのこと。

 

 

  

042817  さようなら天草!

 

 

 

042899   さすがに東京湾フェリーとは景色が違う!(あたりまえですが・・・)

 042890

 

  

 

 

042818  景色を楽しんでいる間に、長島港に到着です!

 でっかい看板も僕の鹿児島入りを歓迎してく・・・・・・嗚呼、ウェルカムのスペルが違ってるよママン。。。

 

042819  走り出して5分もしないうちに、道の駅長島に到着。鹿児島県で初の道の駅です。ちょっくら休憩。

 だんだん道の駅マニアになってきたような気が(笑)。

 

 042889  

 景色も南国っぽい。今朝いた阿蘇とは全然違うなぁ。 

042820  記念に一枚。

 

 

 

道の駅を出てしばらくすると、夕暮荘の看板を発見! 

042821   その名の通り、夕陽に照らされて光ってる「夕暮荘」。

 ちゃんと夕暮れに間に合ってよかった~。

 

  

042891  目の前の景色です。

 

  

そんな中、お腹が激空きだったので、早めに夕食を取らせていただくことに。・・・結局夕飯食べてる間に陽は沈んでしまいました(泣)。まさに花より団子。

 

042822  でも、見て下さいよこの夕飯!

 さすが海沿いだけあって、地元で撮れた魚たちのオンパレード! 刺身!塩焼き!煮付け!天ぷら!南蛮漬け! たまりません~♪ いったい何匹食べるんだろう!?

  ちなみに、お醤油が二つありますが、左のは鹿児島のお醤油で、少し甘いんですね。 右は見慣れたキッコーマンです。 もちろん鹿児島のお醤油で頂きました。 

042823   続いてきたのがお味噌汁とご飯。なのですが、このお味噌汁、カサゴが一匹丸ごと入っています。 カサゴと岩のりが絶妙な磯感を醸し出した逸品でした。

 ご飯も炊きたてでツヤツヤ! 幸せ~。 超満腹!!!

 さて、部屋に戻って明日のルートの検討などをして、あまりお酒を飲まないで早めに寝ようかな、と食堂を後にする。

 

・・・と、

 

042824  部屋に向かう廊下にヤバイもの発見!

 今日は結構疲れたから早く寝ようと思ってたのに、ヤバイです!

 でもまさか、せっかくこんなところまで来てマンガなんて。。。

  

 

042825  バガボンド制覇しました(笑) 結局寝たのは2時過ぎ。 

 それまでに開けたビール9缶(笑)。トイレには5回以上行ったかも。。。

 

 

 

【本日の走行距離】  217km   TOTAL 465Km

【本日の走行ルート】

0428_1

 阿蘇いこいの村キャンプ場~R57~R212~県道12号(ミルクロード)~県道339号(ミルクロード)~R57~R3~熊本城~県道303号~大黒ラーメン~県道303号~R3~R57(天草街道)~R266(天草パールライン)~松島道路~R324(ロザリオライン)~R266~牛深港~三和フェリー~鹿児島長島港~R389~民宿夕暮荘@長島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日曜日)

ショベルに感謝を込めて♪

今日は朝からあいにくの雨。九州での気ままな旅生活から、やっと現実へと戻りつつある感じです。 

こんな天気なのでどこへも出かけずに、今日はツーリングの写真などを見ながら、せっせと日毎にブログを書いてみましたが、これが結構な大仕事! 今んとこ1/3位でしょうか。続きは明日以降頑張ります(笑)

さてさて、ちょっとPCから離れて、気分転換に1800km以上も頑張ってくれた頼もしい我がショベルをいたわる事にしました。

荷物を全部外し、エンジンを掛けて暖機した後にオイル&オイルフィルターを交換。ついでにオイルフィルターのコルクガスケットも交換。エンジンオイルは九州に行く前に交換したばっかりなのに、結構黒く汚れてました。

続いて、あんまりメンテナンスしないチェーンに着手。ちょうどチェーン専用の「クリーナー&グリス」を買ってあったのでそれを使用。ウエスでしっかりとガードしながらクリーナーでスラッジを除去。ものすげー汚れてる(汗)。ウエス数枚があっという間に真っ黒・ベトベトに。。 どす黒い色から輝く銀色に変化したチェーンをグリスアップ。チェーン用のグリスはすごい粘度です。よっぽど多量につけない限り垂れてきません。 何だか新品のチェーンみたい。 見てて気持ちいいなぁ。

続いて、花咲か爺でヘッドライトナセル等のアルミ部分などを念入りにふきふき。こんなに磨いたのって初めてかも・・・反省。

最後に白いフェンダーやカウル部分をきれいにして完了!

すいぶんと綺麗になったショベルに満足しつつ、いろいろ点検してみることに。

リアタイヤがぼちぼち交換のようです。ついでに今度はクラッチも分解・清掃してみるか。。。

※桜島にてデジカメがクラッシュした関係で、本日の作業の写真はありません(涙)

 早く修理に出します。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006九州の旅 ~4/27(木) 3日目~

●2006年4月27日(木)  別府・鉄輪温泉~阿蘇

042701  昨日は早めに寝たせいか、早朝にスッキリと目覚める。朝食前に温泉に入って、至福のひと時を過ごす。

 朝食は、素朴ながらすごく美味しかったです。

 

042702  あんなに降ってた雨もようやくあがった様子。早速準備をして、お世話になった大谷会館を後に。

 阿蘇に行く前に、別府にたくさんある「○○地獄」巡りに出かけよう。 

 

 

042703  まずはそのネーミングから一度見てみたかった「血の池地獄」に。さすがに平日ということもあり、駐車場もガラガラです。

 来週は凄い混むんだろうなと思いつつ、地獄を見に。 

042704  うーん、、、水が赤いのではなく、池の底が赤いんだな。以上。。。ちなみに、入場券が絵葉書になってます。

 

 

042705  血の池地獄を早めに切り上げ、次は海地獄を目指すことに。

 途中の道からのショットです。街のあちこちから立ち上る湯煙がいい感じですね。

 

  

042793 やって来ました海地獄。何だかすごいモクモクしてるよ!

 

042706  結構な迫力。「地獄感」は血の池よりもあるかも。。。

 手前の釣竿みたいな先っぽに籠が付いてます。食べ物をゆでたり蒸したりするのに使うらしいです。やっぱりここも絵葉書の入場券でした。 

 

042707  さて、別府温泉郷を後に、次に目指すは阿蘇への経由地である湯布院。県道11号を西に向かう。と、別府から30分も走ってないのにこの景色!

 これぞ阿蘇ツーリング!という感じの風景が広がってきました。雲が多いのが残念ですが、交通量も少なく超快適!

  

042798  すぐに由布院に着きました。写真は、由布院の駅です。ノスタルジックでカワイイ駅ですね。

 街中散策は次回のお楽しみということで先を急ぐ。

  

042708  由布院を後に、やまなみハイウェイの実質的な起点となる「水分峠」にあるレストハウスへ立ち寄る。

 ここもガラガラです。

 

 

042709  さて、いよいよ九州ツーリングメインイベントのひとつ、やまなみハイウェイです。遠くに阿蘇山を見ながらのんびりと気持ちよく、ただひたすらのんびりと走るだけです。

 ・・・向こうに見える雲が微妙に気になります。頼むから降らないでくれ!   

  

 

↓ここにこの地点から阿蘇山に向かう映像をUPしました。重いですが(16メガあります!)見たい方は右クリックで「対象をファイルで保存」してご覧下さい。

「0427.AVI」をダウンロード

  042797 042790  

  どこで写真を撮っても、似た感じに(笑)

 

  

042796   ガラガラです。。。  

 山を上ってきたら、雲の切れ間から青空がチラチラと。ホッと胸を撫で下ろしつつ快走。

 

 

042710   やまなみハイウェイからミルクロードへ。

  このミルクロード、外輪山の上を周回しているんですが、ここが本当に気持ちいい。こんな景色、関東には絶対に無いです。のんびり感は、やまなみハイウェイよりもあるかも。超お気に入り。 

 042789_1  

 外輪山があまりにも綺麗に見えるので、ついついキョロキョロしてしまう。交通量が多かったら危ないかも(笑)

 ミルクロード最高!

 

042711   さて、「ここに来ずして阿蘇は語れない」といわれている大観峰に到着。ここもガラガラ。ここにバイクを止めて、5分くらい山登りすると展望台があるとのこと。早速向かいます。

 

  

042799   ハァハァ。。。着きました。

 展望台からみた景色。たしかに、涅槃仏に見えます。雲がちょっと多いのはしょうがないですね。。。ここでのんびりと至福の一服。

 展望台から下りてきて、ハーレー・アイアンスポーツに乗ってきた地元のかたとひとしきり話を。この後の予定などを話すと、、、何といろいろ案内して下さると!心強い味方が!! まずは一緒にお昼を食べに行くことに。 

 

042712  連れてって頂いたのは、「たかなめし」の元祖、あそ路。なんでも、たかなめしはココが始めたらしいです。さらには馬刺しもオーダー。

 もぐもぐ・・・・・・。まいう~!!!マジでヤバイ。大満足♪♪

お腹いっぱいになって、今後のルートを相談。見てみたいところをいくつかリクエストすると「まかせなさい!」と言わんばかり。さすが地元。 

 

042794  まず最初に向かったのは「阿蘇ファームランド」。

 普通の牧場とかではなく、九州各地の名産品が集まっている巨大なマーケットが入っている複合施設(?)。ガラス細工や木工や、色々な体験教室もあり家族連れで賑わうスポットらしいです。ここで、今晩の夕飯のおかずとオススメの焼酎を購入。  

042792  ちなみに、その先にある(はずだった・・・)銀河高原ビールのレストラン&売店は・・・

 042791

  糸冬了~~!!!!

 

 

 

042713  続いて来たのは米塚。木が一本も生えてない、不思議な山。

 なんでこんな風になるんだろう!? 不思議。

 

 

042714  来月にはもっと鮮やかな緑に覆われるんだろうな。。。

 

 

 

042715   続きまして草千里ヶ浜。広ーーーい草原が。ここって東京ドーム何個分なんだろう?なんて思ってしまう。今回の旅の愛読書である「ツーリングマップル2006」の裏表紙と同じアングルでパチリ。この草原は本当に雄大で、写真で切り取るのがもったいないです。

 042788

 左右180度に広がる絶景、是非生で実感してください。

 

 

 

042716   やっぱり阿蘇山頂も外せないですよね~、という事で山頂に向かう有料道路へGO! ちょうど風向きが良く、火口まで登っていくことが出来ました。阿蘇山公園道路:100円。

  火口付近から登山道を見たところ。荒涼とした風景画広がっています。

 

042717  キターーーー!大迫力でモクモクと噴煙を上げてます。

 ときおり風向きが変わると、硫黄のにおいのかたまりが一気に襲ってきます。

 

 

042718   今回の頼もしいガイド(笑)案内して下さった熊本のAさんと、阿蘇山頂で記念撮影。 

 さて、ぼちぼち今晩テントを設営する場所を決めないと・・・という時間に。すると、キャンプに欠かせない「水」を汲みに行きましょうということになり、阿蘇を後に。

 

042795  下山してちょっといくと、阿蘇の名水「白川水源」に到着。

 写真では再現できていませんが、砂を巻き上げながらガンガン沸いています。

042719  早速4リットルの空ペットボトルを買って水を汲みます。これでお米を炊いて、焼酎の水割りを作ろう。おいしそ~!!

  

  

 

 ここで色々と案内してくださったAさんとお別れ。本当にありがとうございました!!

 

042720  さて、そこいらにテントを張ろうとしてウロウロしましたが、どこも私有地の牧場みたいな感じでNGっぽかったので、阿蘇山の麓にあるいこいの村キャンプ場に。

 これだけ広大ながら、誰もいない。。。独り占め!

 

042721  お腹が空いていたので、まずは食事。早速名水「白川水源」のお水でご飯を炊く。ちなみに、お米研いだのも白川の水。なんと贅沢な。。。

 程なくしてご飯がいい感じに。早速ファームランドで買った牛タンならぬ馬タン、辛子レンコン、イカ明太子をおかずにおこげご飯を一気に食べる。なんて美味しいんだろう!!!一気に完食!

 焼酎は、温泉に入って帰ってきてからのお楽しみに取っておく。飲酒運転厳禁!

 

042722  お腹いっぱいになったところで、キャンプ場から5分程度バイクを走らせ、やって来ました夢の湯。 ゆったりとお湯に浸かりながら、今日の出来事を振り返ってみたり、明日以降の旅に思いを馳せる。

 お湯から上がったらさすがに外は真っ暗。 

 

テントに戻ってゆるゆると焼酎タイム。辛子レンコンに焼酎が合う。雲の切れ間から覗くものすごい数の星。だんだん雲の面積が減ってきて、星空が広がっていく。月もその輝きを増してきて、明かりが無くてもうっすらと明るい。明日はいい天気になるかも。。。

いいペースで飲み続けていたら、知らない間にテントに潜り込んで寝てました(笑)

 

【本日の走行距離】  194km TOTAL248Km

【本日の走行ルート】

0427_1  別府・鉄輪温泉~地獄めぐり~県道11号~湯布院~R210~水分峠~県道11号(やまなみハイウェイ)県道45号(ミルクロード)~大観峰~R212~R57~あそ路(昼食)~県道298号~阿蘇ファームランド~米塚~草千里ヶ浜~県道111号~阿蘇山公園道路~阿蘇山頂~県道111号~R325~白川水源~R265~R57~阿蘇いこいの村キャンプ場~坊中温泉~キャンプ場

※左記地図はおおまかなイメージです。実走ルートとは微妙に違ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土曜日)

2006九州の旅 ~4/26(水) 2日目~

●2006年4月26日(水)  大分大在港~別府・鉄輪温泉

 042601

  気が高ぶっているのか船の振動か、7:00には目が覚める。

  甲板に出てみると、雨こそ降ってはないもののどんよりとした空。予報では、これから次第に悪くなるそう。ちょっと残念。

 

042602  ほどなく朝食タイム。食券を買って食堂にGO。

 和定食と洋定食の2種類のみ。洋定食をセレクト。

 まあ、こんなもんでしょう。湯布院ドレッシングは美味しかった(笑)

 

042603  で、あまりにヒマなので、昨日船内を探検してたときに見つけたゲームコーナーへ。100円で40クレジット分遊べて、メダル350枚獲得ごとに専用コインが1枚出る仕組み。コインは食堂や売店などで500円として使えるらしい。いざ勝負!

 400円目にして運よくボーナスゲット! 

 

042604  あれよあれよと連チャンして、一気にコイン3枚ゲット(メダル1000枚分程度)。400円の投資で1500円ゲット。これで夕飯を食べることに。

 夕飯は生姜焼き定食。特記事項無し(笑)。

 

そうこうしている間に、まもなく大分大在港に到着する旨のアナウンスが。

外はあいにくの雨模様。急いでカッパを着込んで下船の準備を。

バイクで九州発上陸!と写真を撮ろうとしたけど、すごい雨でそれどころじゃない(泣)。

ザーザー降りの中、頭の中に叩き込んだ地図通り、有料の橋を渡ってひたすら海岸線を北西に。右手に海らしきものが見える片側2~3車線道路を進んで行く。

042605  小一時間走った頃、ちょっと雨足が弱くなってきたので、1枚だけパチリ。別府にこんなタワーがあったんだ。知らなかった。。。

 

  

 

 

 

042606   R10からR500に入り、坂を上っていく。名物の湯煙があちこちに見えてくる。ここを上っていくと鉄輪温泉エリアです。

 ちょっと迷って、本日の宿「大谷会館」に到着。

 入港が遅れ、予定よりもかなり遅いチェックインになってしまいました。 

042607  さっそくかけ流しの温泉に。雨で冷えた体にじーんと染み渡る。。。あ~、天国。いいお湯でした!

  

 

 

  予報では、夜のうちに雨が止んで、明日からは晴れが続くらしい。明日からの快走を夢見つつ、早めに就寝。

 

【本日の走行距離】  32km     TOTAL 54Km

【本日の走行ルート】

0426  大分大在港~大野川大橋~県道22号~R10~R500~別府・鉄輪温泉・大谷会館着

 ←は走行ルートイメージです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006九州の旅 ~4/25(火) 1日目~

●2006年4月25日(火)

Rimg0755 初めてのロングツーリング。しかもショベル(笑)。両側のサドルバッグは工具や予備パーツでいっぱい。まあ、これだけ積めばまあ何とかなるだろう。

高まる九州への期待とショベルへの一抹の不安が錯綜しつつ、19時過ぎに自宅を出発。 

 

   

 

 

042501  乗船まで一時間ほどあったので、久里浜港の入り口にある田島家に。昔東京湾フェリーに乗ったときに来たのですが、結構美味しい。すごく辺鄙なところにあるのですが、結構混み合ってました。

 

 

042502  早速乗船手続き。乗船名簿に記入し、車検証と一緒に提出。

 しかしGW前の平日とあって、がらがら。 

 うれしくもあり、ちょっぴり寂しくもあり。。。

 

042503  いよいよ乗船。どーんと100台は積めそうなスペースにはたった3台!

 

 

 

042504  予約していた2等客室はこんな感じの2段ベッドの相部屋。

 カプセルホテル6段の僕としては、楽勝です(笑)。

 

 

042505  1時間遅れでようやく出航。明日の大分到着も1時間程度遅れるようなアナウンスが。

 船内で大分の天気を調べると、降水確率70%(泣)。

 まあ、天気ばかりはしょうがない。ビールを飲みつつ、ツーリングマップルで今後のルートを確認しつつ26:30頃就寝。

~4月26日に続く~

 

【持参品】

テント、シュラフ、チェア、マット、防水シート、ランタン、ガスコンロ×2、MSRクックセット、飯盒、パーコレーター兼用ポット、サンダル、レインウエア、その他もろもろ

エンジンオイル(50W)×3、ポイント、プラグ×2、ヘッドバルブ、プライマリーベルト、パンク修理キット、テープ、針金、結束バンド、予備ガソリンタンク、その他工具一式

【本日の走行距離】  22km TOTAL22Km

【本日の走行ルート】

 逗子~逗葉新道~横浜横須賀道路~久里浜港~シャトルハイウェイライン乗船

 24:10 久里浜港から大分大在港に向けて1時間遅れで出航

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行ってきました、九州に!!

Img_1

のべ11日間、TOTAL1,825km、新緑の九州を駆け抜けてきました! 

とりあえず無事に帰って来れた事に感謝!

初日以外はカッパを着ること無く、天候には恵まれたほうだと思います。 

 

11日間のおおまかな行程は、

4/25 逗子~久里浜港 シャトルハイウェイライン乗船

4/26 大分大在港~別府

4/27 別府~湯布院~阿蘇

4/28 阿蘇~熊本~天草~阿久根

4/29 阿久根~知覧~開聞岳~指宿~鹿児島

4/30 鹿児島~桜島~佐多岬~くにの松原

5/1 くにの松原~都井岬~青島~高千穂

5/2 高千穂~蘇陽峡~阿蘇

5/3 阿蘇~阿蘇

5/4 阿蘇~竹田~佐賀関~大分大在港 シャトルハイウェイライン乗船

5/5 久里浜港~逗子

という感じです。旅の詳細は、順次日付ごとにUPしていきたいと思います。

ホントに、、、九州サイコー!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »