« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月29日 (木曜日)

バトン!

HDN「語ろう!ショベルFLH」&mixiでお世話になっている大先輩、

9Dさんからバトンが来ました。

指定型バトンなのですが、何とお題は

 「ショベルFLH」

 

・・・すごい限定です(汗)。 相当マニアックです(笑)。

普通の人が見ても、一体何の事だか判らないお題ですね~! 

 

★[指定型★バトン]のルール

★廻してくれた人からもらった[指定]を「 」の中に入れて答える事。

★また、廻す時、その人にお題を指定する事。

→んで、9Dさんから廻ってきた指定は「ショベルFLH」 。

 (ちなみに、その前は「オートバイ」でした)

では早速。。。

 

★最近思う「ショベルFLH」

もちろん最近思うことといったら、、、

エンジンのオーバーホールで、ショベルが蘇った事でしょう!

これぞ、人間のアナログな部分を最大限に刺激するエンジンの鼓動感。

大切に乗って、次の世代に引き継ぐぞ~! 

   

  

★この「ショベルFLH」に感動!!

これは、上と同じくオーバーホールを終えて、夜の湾岸線を

ドコドコと走ってきた時。 感動しました。

まさに「人馬一体」とはこの事! 

乗り物で感動出来るって、あまり無いですよね~!

  

  

★直感的「ショベルFLH」

すごくセクシー。

乗ると荒々しいのに。

25年も前のバイクなのに。

でも、ちょっとメンテしないと拗ねちゃうあたりが峰不二子系(笑)。

 

 

★好きな「ショベルFLH」  

35_1  やっぱりコイツでしょ!! 

  

 

 

 

 

 

★こんな「ショベルFLH」は嫌だ!!

エンジンがかからない(泣)。

油温が200Fを越える(泣)。

油圧が0になる(泣)。

 

★もしこの世に「ショベルFLH」がなかったら。

うーん。。。

ナックルか、さらにマニアックに「Indian」に乗ってるかも(笑)

 

 

★次に廻すひと

シロちゃんさん

しゅう@のびたくさん

かっちんさん

ななこっち♪さん

お題は何でもいいみたいですが、、、「旅」でいきたいと思います!

詩人っぽくて良いでしょ(笑) 気が向いたらどうぞ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水曜日)

海開き♪

今日6月28日は、僕の地元の海水浴場の海開きでした。

 

 Rimg1460  

 こちらは由比ガ浜海水浴場です。

 無事故を祈念して。。。

 

 

Rimg1463  オープンに向けて、急ピッチで海の家を建築中。

 

 

  

 

夕方に、いつもの夕陽スポットでウクレレを弾いていたら、

17:00ちょうどに「♪遊泳終了のお知らせです♪」のアナウンスが。

そっか、海開きだもんな。

 

早く梅雨明けしないかな~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火曜日)

庭の野菜の話♪

バイクの話じゃなくてスミマセン。

さてさて、僕の貴重な休日ですが・・・

オイル交換ばっかりやっている訳ではありません(汗)

庭に植えた野菜たちも、ダンゴムシ等の害虫と格闘しながら

丁寧に育ててます。

Rimg1452  かぼちゃの花。大きめでカワイイ。

 

 

 

Rimg1446  トマトは絶賛成長中!

 

 

  

Rimg1451  3年前に家でBBQした時に、残ったじゃがいもを

 放置しちゃってたら芽が出てきたので、庭の端っこに

 埋めたら・・・

 毎年こんな状態です。 すごい生命力。 

 

Rimg1449  これは獅子唐の花です。

 これも相当かわいい。。。

 

  

Rimg1447  ナスも順調に育ってます。

 

 

 

はぁ、、、早く梅雨が明けないかな。

梅雨が明けたらやりたいことが満載で、今から悩んじゃいます。

【この夏にやりたいこと】

・キャンプツーリング(北海道に行けるかな?)

・シーカヤック

・カイトサーフィン

・(超久しぶりに)サーフィン、ウインドサーフィン

でも、梅雨が明けてから台風シーズンまでって、実質6週末しか

無いんですよね。果たしていくつ挑戦出来ることやら。。。

2ヶ月も夏休みがあった学生時代が懐かしいなぁ。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土曜日)

南伊豆ミドルツーリングレポ♪

今日は朝7:00に携帯のアラームをかけていたのですが、

6:00前に目が覚める。

やっぱり幾つになっても遠足の当日はそんなもんですね(笑) 

 

 

1rimg1304  陽が差してるじゃないですか!

 ワクワクしつつ、6:30に逗子を出発~!

 

  

2rimg1306  あまりにも気持ちいいので、

 ちらっと江の島に寄ってみました。

 

  

3rimg1308  江の島を越え、平塚~茅ヶ崎~辻堂を抜け、

 西湘バイパスを越えた先にあるものは・・・

 お約束のdamtraxcafeです。

  

35hosirimg1312  7:30に到着し、腹ごしらえという事で

 朝食を食べることに。

 このオープンサンドとコーヒーがたまりません。

  

4hosirimg1310  梅雨の真っ只中だからなのでしょうか、

 すごく空いてます。

 写真は箱根ターンパイクのゲートです。

  

5hosirimg1315  ターンパイクには紫陽花が沢山。

 花を眺めながらのんびりと坂道を駆け上がっていく。

 オーバーホールの威力か、ものすごいトルクで

 坂道をもろともせずにドコドコ登って行きます。

 

 

6hosirimg1318  今日が一日中曇りだって言ったのは誰ですか!!!

 この天気。しかも道はガラガラ。

 これはやっぱり・・・日ごろの行い?(笑)

  

 

7rimg1324   伊豆スカイラインがあまりにも気持ちよくて

 写真を撮るどころではなく、あっという間に

 河津に到着。はぁ~、気持ちよかったなぁ!

  

 

7rimg1327   ここから文豪ゆかりの地を目指します。

  ここを右折し、伊豆半島中央部を北上して行きます。

 

 

8rimg1331   出た! あれに見えるは河津七滝ループ橋です!

  学生時代ぶりです。 いざ!

 

 

9rimg1332  どーーーーん!

 ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる・・・・・・。

 

  

91rimg1334  無事に目を回すことなく登りました。

 しかし、よくこんな所にこんな橋を架けたもんだ。

 

  

ここから少し北上すると、例の「天城隧道」があるとのことで、

国道から旧国道にそれる。 

 

92rimg1335  思いっきりダートなんですが。。。

 ローダウンしたアメリカンに最もそぐわない道を

 ひたすら登っていく。。。

 

途中で一服してたオフロードバイクの人達がぎょっとした目で僕を見る。

お願いですからそんな目で見ないでください。。。 

 

93rimg1336   無事に到着! これぞ天城隧道

  ショベルよ、よく頑張った!

  

 

Rimg1338  ものすごく重厚な石造り。

 よく明治時代にこんなりっぱなトンネルが造れたな。

 国内の「道」で唯一の重要文化財というのも納得です。

 

 

ショベルでの「天城隧道越え」を動画にて撮影してみました。

(路面が荒れているので、画像が揺れていますが。。。)

「amagi.wmv」をダウンロード  

 

無事に天城隧道を抜けたはいいものの、

例によってダートです(涙) こんな感じ↓

「dirt.wmv」をダウンロード

そりゃオフロードの人たちも笑うわな。

明治時代に一所懸命この道を作った人たちも、

100年後にこんなバイクが通るとは思わなかったに違いない。

舗装路が出てきたときは、マジで涙が出そうでした。。。

無事に国道に戻ってきて、次に向かうは伊豆半島一の名瀑、

浄蓮の滝です。

 Rimg1351  

  とその前に道の駅があったので当然

 立ち寄りました。その名も「道の駅 浄蓮の滝」。

 「道の駅 浄蓮」 じゃなくて 「道の駅 浄蓮の滝」。

なんかここだけ普通名詞じゃなくて、広告業界で言う「表現」が入っる。。。

 

11_1  道の駅からすぐ行くとありました。

 結構混んでます。ここにバイクを停めて、

 遊歩道を下っていくらしい。

  

12_1  結構急です。侮れません、

 

  

 

13   おお、これが浄蓮の滝か!

 

 滝の上部です。

  

 

14   で、これが滝の下部、滝壺。

   

 なぜか、一枚で撮るとこの迫力が写り切らなそうと

 思ってしまう。

 

 

  

15  一枚で撮るとこんな感じです。

 マイナスイオン出まくりです。

 時を忘れてしばしのんびり。

 

 

 

 

16  駐車場に帰ってくると、観光バスがわんさか

 到着してて、早急にここを撤収することに。

  

 

 

ツーリングマップルを見ると、ここから伊豆スカイラインに

抜ける県道があったので、その道をセレクト。

しかも、その道中に「萬城の滝:滝の裏側にまわる事が出来る」なんて

ポイントがあるじゃないですか!

 

早速その県道に入ってみる。 

 

17  人はおろか、クルマすら一台も通ってません。

 前にもいないし、後ろからも来ない。

 すれ違いもしない。

   

18  すごく長閑。

 時間がゆっくり流れてる。

 

 

  

19  到着しました。 ここは人が少ないです。

 遊歩道を歩いていくと・・・

 

 

  

20  ん?これ??

 スゴイ迫力だけど、滝の裏側に行けないし。。。

 ??

  

 

21  戻って案内看板を良く見ると・・・ 

 今見てきた滝は「カーテン滝」だったそうです。

 すごく納得。 気を取り直して萬城の滝を目指して歩く。

 

22  ありました!

 落差的には浄蓮の滝の半分くらいですが、ナカナカの迫力。 

 観光地化されてないところもgood。 

 

23  この水で、清冽な山葵が栽培されるそうです。

 というか、この川沿いは山葵畑ばっかりです。

 

 

24   ふと足元を見ると、トカゲが。 

  逃げても逃げてもこっちに来るカワイイやつ。

  何でだろ?? 人間が怖くないのかな?

  

25  ちなみに、今は滝裏の遊歩道が崩落のために

 通行止めになってました。

 残念。。。

  

26  ここでお腹が空いたので、山葵を味わうと言う意味で

 「天然ワサビ付き」というざるそばをオーダー。

 

  

29  ワサビの色が違います。

 ものすごく鮮やかな黄緑色。

 これは美味しかった!!

まさに長閑な山峡で、滝を見て清冽なワサビを味わう。

侘びの境地です。 非日常の境地です。

 

 

 

が・・・

 

 

30  このトイレ、何とかならないのでしょうか!?

 

 

 

 

鋼鉄のカブトムシに別れを告げ、伊豆スカイラインに入る。

 

31  標高が高いせいか、雲が低くなってきてます。

 道は相変わらずがらがらで、快適そのもの。

 

 

この快適伊豆スカイラインツーリングを、動画でお楽しみ下さい。

「skyline.wmv」をダウンロード

 

32  伊豆スカイラインから箱根ターンパイクを下り、

 小田原の町が見えてきました。

 

   

33   西湘バイパスに入って、ちょっと休憩。

 

 

 

34  サービスエリアの下に流れる川に

 可愛い番いの鴨ちゃんが。 すごく和みます。

 

西湘バイパスを越えると、もう地元に帰ってきた感じになります。

茅ヶ崎~江の島~稲村ガ崎を越え、帰路を急ぐ。 

 

35  無事に帰ってきました!

 夕陽が眩しい。

 

 

 

  

 

36  今日もノートラブルで頑張ってくれてサンクス!

 

 

 

 

37  で、やりたくてウズウズしてたオイル交換を。

 オイルが熱くても構いません。

 金属粉で真っ黒。 もう病みつき(笑)

さてさて、明日の天気はどうかな~?(笑)

 

 

本日の走行距離 : 324Km

走行時間 : 11時間(6:30~17:30)

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006年6月23日 (金曜日)

伊豆に行ってきます~!

今日は3:30起きで日本VSブラジルをライブで見てたので、

既にちょっとオネムです(笑)

さてさて、待ちに待ったOH明けの初週末!

ピンポイント天気なぞをチェケったところ、、、

明日は1日中曇りっぽいので、早起きしてショートツーリングを決行します!

行き先は、以前メールで指示を頂きました、題しまして

「文豪 川端康成ゆかりの地 修善寺・河津を行く」

 ~現代の薫を探して~

ということで、南伊豆目指して参ります。

(浄蓮の滝でちゃんと写真を撮ってきます!)

その時はもちろん↓

「RSOU1303.WAV」をダウンロード

・・・この曲、コードが難しいですが、頑張って弾き語ってきます(笑)

無事に帰ってきたら、すぐにオイル交換だ~!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

がんばれニッポン&クロアチア!

Rimg1296  2-0!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木曜日)

慣らしプチツー

「オイル・油圧」がマイブームになりつつある今日この頃。

やはり、オーバーホール後は所謂アタリがつくまではかなり熱を持つ

とのことなので、しばらくは油温計と油圧計とにらめっこな日々に

なると思います。 

 

で、今の僕に出来る事はと言うと、、、

1. 丁寧に距離を稼ぎつつ

2. こまめにオイル交換を実施する

かな?と思い、本日帰宅後に速攻エンジンを掛けて、湘南海岸プチツーを

敢行するに至りました。

※ちなみに、気になるキックスタートですが、コツをつかみました!

 エンジンが冷えているときはキック2発目、暖まっているときはキック5発目で

 かかるようになりました(笑)

 

Rimg0396  早速エンジンを掛けてみました。 

 始動直後は40psiです。これはバッチリでしょう。

  

 

 

自宅を出発し、材木座~由比ガ浜~稲村ガ崎~七里ガ浜~江の島~茅ヶ崎~辻堂

というルートです。 

夜ですと、このルートは信号が少なく、一定速度での巡航が可能且つ

短時間で距離が稼げるので、もってこいです。 

 

Rimg0400  茅ヶ崎と平塚の間にある湘南大橋です。

 ココは箱根駅伝で有名ですよね。 

 

 

夜の134号は気持ちいい。

信号のタイミングが合えば江の島から由比ガ浜までノンストップという感じ。

夏の休日の昼間とのギャップが激しいです。

 

 

久しぶりの夜の134を走って帰ってきたら、もちろん例のヤツです(笑)。

 

Rimg1290  もう病み付きになりそう。。。

 しかも、新たにネットで買った新品オイルが

 1ダース届いたので、乗るたびに交換しそうな予感。。。

  

 

梅雨明けまでに、ある程度ピストンとシリンダーのアタリをつけるべく、

雨の降らない夜は極力のんびりと走ろうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水曜日)

わが子を育てる!?

※昨晩は記事の作成中で力尽きてしまいました。スミマセン。。。

 

昨晩にオーバーホールから帰ってきた我がFLH。

エンジン的には僕がワンオーナー目ということで、

責任を持って大事に育てて行こうと思っています。

一回目のオイル交換は、昨晩帰ってきてからすぐに行いましたが、

オイル交換以外のいろいろな心がけ&実施事項を

ここのコメント欄や掲示板などで諸先輩方に教わりましたので、

出来うる限り忠実に実行したいと思っています。 

 

Oh_1  このピカピカのピストンがこれから先

 見えないところで頑張ってくれるのだ。

 

 

 

●大先輩の教え その1

 「タペットオイルスクリーンを清掃せよ」

  

Opop  早速実行する事に。タペットオイルスクリーンのめくらネジ部分に油圧計を取り付けていたので、サクサクばらします。 

 ついでに、となりのプラグも外してみたりして。。。(笑)

 

 

Ts  そんなに汚れていなかったのですが、そういえば新しいものがどっかにあったな~と思い出し、家のパーツ箱を引っ掻き回す。

 ありました! ということで、新品に交換しました。

 

 

 

●大先輩の教え その2

 「ガスは濃い目に調整せよ」

 

Su  僕のFLHについているキャブはSUなので、「ミクスチャーアジャストスクリューを時計回りにまわすと濃くなる」そうです。 

 金色のティクラーポンプの左側に見えるマイナスねじがそれですね。

 水平だったところを「時計回りに45度=15分ぶん」回したので

垂直になりました。

「濃い目」って、どの位の濃い目が適正なのかとかなり難しいと思いますが、とりあえずこんな感じで様子を見てみようと思います。 

 

 

Opg   ここでちょっと油圧の件を。 

 オイルが暖まってない状態でのアイドリング時はいつもだいたいこんな感じです。 

  ところが、充分に暖まるとほとんど「0」を指しっ放しになります。

オーバーホールに出す前からそんな感じだったので、社外品で後付け&しかもプロではなく僕が取り付けたという事もアリ、「絶対的数値」ではなく「相対的」な目安程度に考えています。

でも、「0」ということは、タペットガイドへまでオイルが循環していないのか??

とりあえず大丈夫そうなのでこのまま「目安」として活用していきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火曜日)

オーバーホール後インプレ!

逸る気持ちを抑えながら、電車に乗ってショップに向かう。

ついにこの時がやって来ました。

5週間ぶりの感動のご対面。 

 

Coker  cokerのダブルリボンが輝いています。

 正面から見ると接地部分断面が「円弧」になっているタイプ。

 クラシックな雰囲気抜群です。

  

 

Rb  リアブレーキライン系統も、メッシュホースに変更。

 メッシュホースに変わって、グッとカスタム車っぽくなってる。

 等と自己満足に浸ってみたりして(笑)。

  

 

Oh   これはショップの方から頂いた、OH作業中の写真です。

 ピストンが新品になっています。

 ちなみに、交換前の古いピストンはどんなだったかというと・・・ 

 

 

Piston  こりゃすごい。。。(汗)

 カーボンに覆われている、というか、うず高く積もってる感じ。 

 サイドは、ブローバイガスで茶色に変色してしまっています。

よくこれでちゃんとエンジンがかかってたなぁ。 ショベルエンジンすごいよ。

 

 

さてさて、気になる試乗インプレですが・・・その前に

キックがヤバイです!(涙) エンジンがかかりません。。。

 

オーバーホールに出す前は、極端な話バイクに跨ったまま右足で蹴り下ろしても

エンジンをかけることが出来たのですが、今回はヤバイ。

ものすごい圧縮抵抗。

死ぬ気でキック×10といった感じ。こりゃ足腰を鍛えないと。 

そうこうしている内にようやくエンジンに火が入る。

この時点でもう違いが判りました。 

 

音が違います。 一発一発の歯切れ(?)が明確になってます。

マフラーからの排気も、670ccのかたまりが連続してメリハリつけて

ドコドコ出てくる感じ。 これは期待できます。 

 

 

ショップに代金を支払い、メカニックの方からいろいろお話を伺った後、

いよいよ走行する時がやって来ました。

 

メカニックの方からのコメント&注意点は

 ・1500kmまではこまめにオイル交換を

 ・急激なアクセルオンは避ける 

 ・タイヤがかなり癖があるので要注意

 ・OH前と比較するとパワーが全然違うので、気をつける

 ・高速巡航速度も上がります

 ・でも、これが本当のショベルのエンジンなのだ!

と、大体こんな感じでした。

 

 

まず向かったはガススタンド。 セルフでハイオクを満タンにする。 

しかーし! 案の定エンジンがかかりません。

男のキックオンリーなので、エンジンがかかるまでひらすらキックあるのみ。

キックし続けること約10分。  上半身汗だらけです。。。

 

ブルル~ン!!!

 

この時ばかりはキックの神様に感謝しました。

同時に、金輪際エンジンを切りたくない衝動に駆られる。 

 

この後、ショップ近所に住むバイク乗りの友達と待ち合わせて、

ファミレスで夕飯を。 

でも、頭の中は「キック?キック?キック!」でした(笑)  

 

いい時間になっちゃったので、お開きに。 このあとキック?

しかし、、、過剰な心配をよそに、難無くキック成功。 

Nさん、付き合ってくれてありがとね!

 

ファミレスからすぐに湾岸に乗る。 

 

高速巡航時の死にそうな振動が無くなってることを実感。 

こりゃ確かに巡航速度は上がったかも。慣らしが終わったら、

アクセルを積極的に開けてみよう。もちろん法定速度遵守で(笑)。

 

 

お台場~羽田空港~横浜ベイブリッジと、まさに湾岸ミッドナイトな

風景を満喫しつつ、ひたすら南へ向かう。 

Yokoyoko  帰りがけの湾岸~横横のチケットゲート。

 だんだん我が家が近づいてきたぞ!

 

  

途中、天気が良ければ寄り道しようと思ったのですが、葉山に入る辺りから

かなり強めの霧が出ちゃいました。

強行突破するとSUキャブが不調になりそうだし。。。

という事で、まっすぐ帰宅。

 

Oilchange  無事に自宅の地下ガレージに到着!

 ゆっくりする間も無く、早速オイル&オイルフィルターを交換。

 たったの60km走行した程度なのに、金属カスで真っ黒。。。

  

 しばらくはオイル交換マニアとして頑張って行きたく思います(笑) 

 

 また色々な所に連れてってね。これからもよろしくね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日曜日)

オーバーホール&メンテ終了♪

長いようで短かった。

短いようで長かった。

5/10に送り出してから5週間。 先ほど都内のショップの方から

「全て完了しました!」との力強い電話が入りました。 

 

もう今からソワソワしてます。 

僕のバイクを担当してくださったメカニックの方と話したら、

「エンジンかけた瞬間から、明らかに違いが体感できます!」なんて

断言されちゃったし。。。ワクワク。

 

明日雨降らないみたいだし、会社終わったら速攻ショップに行って

ピックアップしてこよう。

で、都内から湾岸~ベイブリッジ~横横とのんびり帰ってくる。

でももし風が気持ちよかったら、横横じゃなくて横浜新道から西湘バイパスに乗って箱根とか行っちゃうかも(笑)。 

ところで、先日ここで相談しましたツーリングの行き先ですが、的を得た冷静なアドバイスを頂きました。

>Subject: はじめまして 

>To: zmarina7@nifty.com 

>楽しく読ませていただいてます。

>

>ところでツーリング計画ですが、OH直後は十分に慣らし運転をされたほうがいいと思います。特に、上り坂等の負荷がかかる山道は避けたほうがいいですよ。(丹沢とか^^)

>

>地元で500~1500kmほど慣らしをされた後に、存分旅を楽しんでください。

>

>その際には 伊豆の天城越え をリクエストします。気持ちいいですよ。 

>浄連の滝、河津七滝ループ橋の写真付きレポをお願いしますね。  

 

 ラジャーっす!

ちゃんと慣らし運転を終えた暁には、ご指示通り「浄連の滝」で、石川さゆりの天城越えを歌ってきます! んな指示はないか(笑) 

 

 

Rimg1212  受け入れ準備も万端です。 

 ちゃんとシングル50Wのオイルとオイルフィルターも準備済みです。

 500kmと言わず、100kmとかでオイル交換しちゃいそうな予感。

 

 

 

明日会社行くときにヘルメットや私服一式を忘れないようにしなきゃ。

ブーツが重いんだよなぁ。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木曜日)

2006九州ツーリング番外編 まとめ&旅の記録

今回の九州ツーリングのまとめです。記録として。

ごく個人的なメモでスミマセン。。。(汗) 

 

●入った温泉

別府鉄輪温泉、阿蘇夢の湯、指宿砂蒸し、あすぱる大崎、

阿蘇内牧温泉、阿蘇岳の湯、荻の里温泉、ぶんご温泉、丹生温泉

 

●立ち寄った道の駅

有明、長島、阿久根、きんぽう木花館、いぶすき、桜島、根占、

なんごう、フェニックス、日向、青雲橋、高千穂、小国、波野、

原尻の滝、きよかわ、佐賀関

※旅の3日目あたりから道の駅マニアになってきたので、

 それ以降が充実してます(笑) 

 

●走行距離

 全行程 1,825Km

 

●入れたガソリン&燃費

・4/27 ENEOS阿蘇登山口SS 12.43リットル

・4/28 ENEOS天草登立SS  11.79リットル

・4/29 シェル開聞町  13.1リットル

・4/30 (有)馬場石油 大根占SS 8.99リットル

・5/1 志布志外岩戸石油店 10.37リットル

・5/1 延岡市角田石油店 8.9リットル

・5/2 ENEOS 阿蘇町SS 13.16リットル

・5/3 JA大分みどり荻SS 10.52リットル

・5/4 Esso城陽大在 13.2リットル       合計102.46リットル

  全行程1,825Km/102.46リットル=トータル燃費  17.81km/l

高速道路を一度も使わなかったにしてはマアマアではないでしょうか。 

 

●飲み干したお酒

焼酎:松の泉、玉城、ほげほっぽ

ウイスキー:山崎18年

ビール:数十本

 

●バイクトラブル

1. マフラーステー折れ : 針金にて応急処置

2. リアブレーキ損傷 : 1のときにオイルライン破損か。

               フロントブレーキのみで走破。

3. SUキャブ始動困難 : 特に高所の明け方(寒冷時)もしくは濃霧時に顕著。

まあ、トラブルらしいトラブルは無かった、という事でしょうか!?

 

●その他

・阿蘇キャンプ初日の極寒テント泊。凍え死ぬかと思いました。。。

 放射冷却でヘタすると氷点下だったかも。

・白水の滝から阿蘇に帰る途中に、野犬に襲われる。

 追っかけられたのですが、早いのなんのって。。。

 マジでびっくりして転倒しそうになりました。

 

●また行きたい、思い出深い道・エリアベスト3&番外編

No.1 : 神話街道と高千穂峡

No.2 : 阿蘇外輪山のミルクロード

No.3 : 桜島内の道

その他 : 晴れの日に天草地方一帯をもう一回走りたい

その他 : 今回行くことが出来なかった九州北西部を走りたい

その他 : 次回はウクレレを持参したい(笑)

「2.mp3」をダウンロード

 

 

こうして書いていると、旅先で出会った方達の笑顔が思い出されます。

まさに一期一会。

コレを求めて、また次の旅へ。

2006.6.15 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水曜日)

ツーリング先を指示願います!(笑)

本日夕方にメンテナンス&オーバーホールをお願いしているバイクショップのメカの方と、電話で話をしました。

ようやく我がショベルが今週末or来週末に帰ってきます!(嬉)

オーバーホール直後ということで、数百キロごとのオイル交換や走行時の諸注意事項はあるのですが、今から楽しみです。 

 

ところで、

バイクが無くなった先月中旬から、毎日の通勤時にはツーリングマップルでの脳内イメトレに励んでいました。

なので、バイクが帰ってきたら早速のんびりとツーリングに出かけようと思っております。

が! ツーリングマップルを見てると、どのページを見ても行きたいトコばっかりで・・・(汗) どこから行こうか、悩んじゃいます。。。

 

と、ふと思いつきました。

 

ツーリングの行き先(目的地)を本ブログにて募集したいと思います! 

 

平面地図だけ見て、自分で行き先を決めるツーリングは山ほどして来ました。

今回は、その目的地をあなたに委ねたく思います!

僕が行ったことのない、あなただけのマニアック(?)な、オススメ目的地をご指示ください。 あなたの指示通りに現地に行って、その報告として本ブログにツーリングレポートを写真つきで掲載します! どうでしょう!?

みなさんが過去に経験された素晴らしいモノ・コトを、私にもおすそ分け下さい! 

 

【私への指示例】

・○○半島の××岬で夕陽を撮って来い

・○○温泉の露天風呂に入って来い

・○○名産の××を食べて来い

等、温泉・絶景・名産品などがあると嬉しいです。行く甲斐があります。

相当マニアックなエリアでもOKです。むしろ大歓迎。

大真面目に指示を遂行したいと思います。 

これぞオトナの遊び。これぞ粋。(笑) 

 

【状況説明&お願い】

・神奈川県南部在住&会社員ですので、日帰りもしくは1泊2日でのツーリング可能なエリアをお願いします。

・お寄せ頂きましたアイディアで、僕がまだ行ったことのないエリアの指示をトライします。

・「怖いオヤジがいる家の庭のトマトをもいで来い」とか、私有地や不法行為の指示はやめてくださいね(笑)

・書ききれないので省略しますが、メジャーどころは結構行きました。あと、ずっとスキーをしていたので、雪山&温泉系のエリアは制覇済みだと思います。

・目的地の選定や往復の安全管理責任等は私に帰属しますので、ご安心ください。

 

私への指示は、zmarina7@nifty.com までメールを頂けると幸いです。

もしくはこちらのコメント欄で。 

 

ひとつも指示が無かったら、、、寂しく丹沢あたりに出かけようかな。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火曜日)

2006九州の旅 完結編 ~5/5(金) 11日目~

●2006年5月5(金)   シャトルハイウェイライン~自宅

 

昨晩は甲板で明け方近くまで飲んでて、ベッド(8人相部屋の2段ベッドです)に

戻ったのも束の間、朝っぱらから

「♪ピンポンパンポーン 朝食の準備が出来ました~♪」という船内放送で

無理やり起こされる(泣)

眠い目をこすりながらレストランフロアに行くと、窓からサンサンと輝く太陽が!!!!

 

024_15  速攻朝ごはんを食べて、Tシャツも脱いで日光浴♪

 

 

027_12  午前中のビールの旨いこと! 

 だって、夜まで運転しないから。

 

.028_11 

 昔のマイルドセブンの広告のような空。。。
 

 

  030_9_1 

 ついに、気ままな一人旅も終わっちゃう。。。

 水平線に沈む夕陽を見てて、何だか無性に切なくなっちゃった。 

 

 

初めて見た数々の景色。 また行くからね!

頑張ってくれた僕のショベル。 また色々と連れてってね!

出会った人たち。 また会おうね!

 

 

こうして、人はまた旅に出るのであった。。。(完)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日曜日)

ついに梅雨入り・・・

いよいよ、関東地方も梅雨入りしてしまいました。憂鬱。。。

僕のFLHはまだメンテナンス中なので、バイクは原チャリしかないわ、雨は降ってるわと言うことで、家でワールドカップ漬けな土日。今週はほぼヒッキーでしたね(笑)。

Rimg1192  雲が厚くて見難いですが、富士山が見えました。

 

 

 

今日は雨の中、ヤボ用があったので原チャリでちょこっと出かけたのですが、ひょっとして会えるかな?と思った人には会えず終いだったし。残念。

雨に濡れる庭のソテツをみながら、久しぶりにウクレレを弾いちゃいました。

「olivia.mp3」をダウンロード

明日からまた東京往復の毎日が始まっちゃう・・・なんてしんみりしないで、ワールドカップで盛り上がっていこう!!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土曜日)

2006九州の旅 ~5/4(木) 10日目~

●2006年5月4(木)   阿蘇~大分大在フェリーターミナル

社会人になってから一番長い旅も、いよいよ今日で終わり。最後まで無事故無違反で帰宅するぞ~、と気合を入れて出発の準備。

 

F1000050  今日は最終日に相応しい晴天。自然と表情が綻びます。

 

  

 

大分へは、行きに通った湯布院・別府経由ではなく、豊後竹田・佐賀関経由で行ってみようと思い、R57を東に向かって走り出す。

 

157_37a   まずはお約束の道の駅。R57沿いの「道の駅 波野」。

  ツーリングマップルを見て、岡城址と原尻の滝に立ち寄ってみる事に。

  

 

156_36a  豊後竹田の街の中。歴史的建物が残されており、風情があります。

 

 

 

144_24a  ちょっと迷ったけど、無事に岡城址、別名「臥牛城」に到着~。

 その昔、島津藩の猛攻を退けた堅城として有名ですが、目の当たりにするとその迫力に脱帽。

 確かに、ココは攻め落とせないかも。。。

 

 

 

  

153_33a  ここから本丸目指して登って行きます。

 急峻の丘陵の山頂部分に構築されているだけあって、ずっと登りが続きます。。。ハァハァ。。。

  

 

152_32a  ようやく山頂部分の「城内エリア」に到着。

 思ったよりも広大です。数百年も前に、こんな山頂に整然と築城した昔の人達を尊敬。

   

 

149_29a  本丸の少し手前の広場に、滝廉太郎氏の銅像が鎮座してます。

 岡城址は「荒城の月」の舞台なんだそうです。

 ここの風景をみて、思わず納得!

 

146_26a   豊後竹田市街が一望できます。天下を取った気分♪

 

  

 

145_25a_1   登りを含めて1時間以上歩き回ったので、お腹が空いてきました。と、ちょうどいい具合に、素朴なお饅頭屋さんが!早速地元の銘菓を頂きました。ウマイ! 

 

 

想定外に面白かった岡城址を後に、次に目指すは原尻の滝。

ここからはR502で5km弱と近いです。

 

140_20a   すぐに着きました。ここは道の駅「原尻の滝」です。

 好天のためか、家族連れで賑わってます。平和な休日。

  

 

141_21a   ここしばらくまとまった雨が降らなかったので、水量が少なめででしたが、空が広くて気持ちいい。

 靴を脱いでしばしのんびりしました。

  

 

137_17a  岡城址と原尻の滝で思いのほか時間を費やしたので、関埼灯台まで一気に走ることに。

 R502、さすがに三桁国道。快適です。

 

  

1134_14a  R502からR217に入り、北上して佐賀関の町に入りました。

 そこから関埼灯台目指して県道635を右折したのですが、けっこう道がヤバイっす。対向車とガケに注意しながら、ソロソロと進む。

 

133_13a  上りきった最上部、着きました「海星館」。

 ここからは徒歩で灯台目指します。

 

 

132_12a  まさに半島の先端という感じです。

 海の向こうには、四国の佐田岬が見えます。この海峡に、関アジちゃんや関サバちゃんがいるんだな。。。

 

128_8a  灯台までの獣道です。あまりの強風のためか、植物がナナメになってます。

 ハワイ島のsouthpoint近くにモンキーポッドの木がナナメになってましたが、それとまさに一緒です。 

 

126_6a  灯台に到着!

 想像以上にカッコイイです。フランク・ロイド・ライトっぽい。

 

 ここは、風の音しかしません。

 しばらくボーっと、ただただ海を眺める。

 

 

  

121_1a  灯台下の名もなき砂浜。

 こりゃ、夏になったら最高の海水浴スポットですね。

 (ひょっとして、地元では常識かも!?)

日が傾き始めたので、大在港フェリーターミナル方面に向かいます。  

 

1006_35  途中にあった、道の駅 佐賀関。

 駐車場に入れないクルマがいた位、大人気っぽいです。

 バイクなので駐車待ちの車の列の横をすりすりして、端っこに駐車。

 

 

 

  

 

 007_34_1  

  ここが人気のようです。豊後水道の大ダコ。美味しそう! 

 早速注文。結構並んでいたので、30分弱待つそうです。

  

009_32  ちょうど30分待ちました。。。

 が、本当に美味しい! タコが大きいだけじゃなくて、、、タコ自体も美味しいし、たこ焼きトータルとしてのバランスが絶妙!

これは人気があるのも納得です! 

  

旅の最後に温泉に入ろうと、ツーリングマップルを調べる。このあたりにはあまり温泉マークがないのですが、すごい山の中に六ヶ迫温泉というのを発見。そこを目指します。

 2011_30_1

  多分、この道で合っていると思うのですが。。。相当ウロウロしたのですが、結局見つけられずに断念。マップルに大きく書いてあった「ぶんごの湯」に変更。 

 

012_29  ぶんごの湯はすぐに見つかりました。まあ、いわゆるスーパー銭湯の温泉バージョンです。

 うーん、ここで締めくくるのかぁ・・・。

  

2014_27  家族連れで賑わう浴槽を早々と後に、自分&お土産を買いに、地元の酒屋さんに入る。

 「東京でめったに見ない(あまり流通しない)、しかもあまり高額ではない、オススメの焼酎を」とお願いしたところ、そんなん沢山あるぞ!と(笑)。 沢山買い込んで、宅急便で送ることに。

バイク好きなお店のご主人と色々話をして、先程の残念だった温泉の話をしたところ、「だったら、この近くの山の上に、素朴な地元しか行かない温泉があるよ」との情報を頂き、ご丁寧に地図まで書いてくださいました。

時計を見ると、乗船まであと1時間。よし、行ける! 

 

3015_26  やってきました、市営の丹生温泉。利用者の殆どが市内の方らしく、横浜ナンバーのバイクはまさに異邦人。来る人来る人に話しかけられました。 

 静かなエリアにあって、しかも地元の方達とお話が出来て、おまけに温泉管理の方から「せっかく遠くから来たんだから、何かお土産を」と、ジュースを2本も頂きました。こんな旅人になんて親切な! 本当にありがとうございました!

頂いたジュースですが、フェリーの中でありがたく頂戴しました!

旅の最後に、すばらしい温泉で締めくくれて大満足。 

4019_22  ちょうど乗船時間になり、事務所で手続きをして乗船口に並ぶ。

 全船満車ということで、さすがに混んでます。

 

 

船に乗り込み、船室に荷物を放り込んで、すぐさまビール片手に夜の甲板に繰り出す。

どこまでも続く星空。 規則的なエンジン音。。 

長かったようで、あっという間に終わってしまった今回の旅。。。

いつまでも感慨に耽っていました。。。さらば九州!

 

【本日の走行距離】  185km

             TOTAL 1803Km 

【本日の走行ルート】

  阿蘇いこいの村キャンプ場~豊後竹田~岡城址~原尻の滝~佐賀関~関埼灯台~ぶんご温泉~丹生温泉~大在フェリーターミナル

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日曜日)

穏やかな日曜日

今日は久しぶりのいい天気。最近毎土日が天気悪かったので、ワクワクしてきます。どこかに行きたい気分満点。

ところが・・・我がバイクですが、現在整備中なのです。九州一周を頑張ってくれたのですが、帰ってきて色々チェックしてみると、ちゃんと整備したほうがいい箇所が沢山。

・キャブレター(SU)オーバーホール

・マフラーステー溶接

・エンジン腰上オーバーホール

・前後タイヤ交換

・リアブレーキ交換

等、僕のガレージの工具では作業できない箇所が沢山。

再来週に仕上がってくる予定なのですが、その頃は梅雨入りしちゃってるんだろうな。。。

という事で、今日は早起きして芝崎近辺の海に行って、釣り&素潜りをして遊んできました。お昼頃まで遊んでから逗子に帰ってきました。

Rimg1180  久しぶりの青空。

 

 

 

Rimg1184  シーカヤックが気持ち良さそう。ぼーっと見てましたが、シーカヤックって結構速いんです!

  今年は挑戦してみようかな。

 

 

Rimg1185  帰宅して、掃除やら洗濯やら庭仕事やら、たまってる家の用事を片っ端から片付ける。

 写真は右からトマト、ナス、しし唐、枝豆、かぼちゃです。

 すくすく育ってくれよ~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006九州の旅 ~5/3(水) 9日目~

●2006年5月3(水)  阿蘇~阿蘇

 

「大観峰の日の出をみんなで見よう!」という話があったので、昨日寝る前にAM4:15にケータイのアラームをセットしておきました。

今回のキャンプツーリングですっかりと朝型になってるので、苦もなく起床。あたりはまだ真っ暗。まずはお湯を沸かしてコーヒーを一杯。

だんだん東の空が明るくなってきました。

まわりには沢山のテントがあったので(当然まだみんな寝ているので)、迷惑にならなそうな場所までバイクを押して、しばし暖機。 向かうは大観峰。

 

077_36_1    着きました。。。

 麓は空が見えていたのに、大観峰は厚い雲の中。。。しかも超寒いー! 極寒です。

 残念ながら、太陽は全く見えず。

  

073_32_1    山から下りてくると、空が見えます。山の上と下ではこんなにも天気が違うのですね。

 今日はいい天気になりそう。

  

068_27   テントに戻ってきて、出かける準備を。

 今日もここに泊まる事にしたので、テントは張りっぱなしでOK。

 荷物をまとめてテントの中に入れて、いざ出発!

  

057_16_1   向かったのは、高千穂YHで知り合ったSさんに教えていただいた、知る人ぞ知る「蒸し鶏定食」のお店。

 なにせ早起きだったので、超腹ペコ。10時過ぎに到着し、一番乗りで蒸し鶏定食を堪能しました。 

  

052_11_1  お店の中に「貸切露天風呂あります」とあったので、食後に入ることに。

 満腹&晴天と相俟って、極楽~! 

 

  

 

  

050_9   温泉を堪能し、次に向かうは日本最大(?)のハーレーのミーティング「阿蘇チョッパーミーティング@三愛レストハウス」です。

 黒川温泉を抜けた辺りからハーレーの渋滞・・・。会場に着いて見ると、凄いことに。。。

 

047_6_1  もの凄いハーレーの数です。一体何台あるんだろう。

 今回のツーリングはずっと、のんびり自然を堪能してきたので、これだけ人がいると微妙にアレルギー反応が(汗)

 僕の地元の七里ガ浜から出店があったので、ご挨拶だけして速攻退散~。 

 041_0   

  とにかくあの人ごみから早く抜けたい!と選択したのはミルクロード。

 やっぱりコレですよ、コレ! 

  

 11f1000020   

   ここでご報告です。

 走ってたら急に「カンカンカンカン!」ってものすごい音がして、何かと思ったら・・・。 阿蘇の外輪山を越える道がかなりな峠道で、調子に乗ってバンクさせてガリガリ言わせてたら、マフラーのステーがポッキリ逝ってしまいました。  

 

11f1000022  持ってた針金(備えあれば憂い無し!)で応急処置。 

 この状態で旅は続く。

  

 

 

 

さてさて、どこに行こうかとツーリングマップルを眺めて・・・「久住連山が一望できる露天風呂 萩の里温泉」というフレーズが目に飛び込んできました。 今日二度目の温泉に向かってレッツゴー!

 

11f1000030    R57から県道640を右折。9日前に九州に来た時よりも、山あいの緑が濃くなってきています。

 

 

 

11f1000032  萩の里温泉に到着~。。。でも、なんかイメージと違います(汗)

 入りましたが、スーパー銭湯みたいな感じでちょっと残念。。。

 

 

萩の里温泉を後に、給油のためガソリンスタンドに。「この辺りでココには行っておけ!というスポットはありますか?」の問いに、即答で「行くの大変だけど、やっぱり白水の滝でしょう!」と力強い返答が。

親切に道順を教えていただき、わくわくしながらバイクを走らせる。

 

11f1000036   駐車場に到着。

 清流に吊り橋が架かっています。うーん、いい雰囲気。

 ここにバイクを停めて、徒歩で白水の滝を目指します。

 

  

11f1000040    山を登ること30分弱、ついに白水の滝との対面です。

 周りの岩の割れ目からも水が湧き出ています。

 しばしマイナスイオン浴びまくり。時間を忘れてぼーっとしました。

 

 

  

  

11f1000045  登山道にあった看板です。

 「泉」という漢字は、ここ「白水」の漢字2文字を足したんだそうです。87へぇ(死語)。

 

  

11f1000049    

 

 

 

夢のような九州一周の旅もいよいよ明日で終わり。

【本日の走行距離】  218km

             TOTAL 1618Km 

【本日の走行ルート】

  高千穂YH~国見ヶ丘~R218~蘇陽峡~R265~阿蘇山~草千里ヶ原~大観峰~いこいの村キャンプ場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »