« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月18日 (日曜日)

旭川滞在記 3&4&最終日

●2月11日(日)   

1_119  初日~2日目と、楽しくてついつい夜更かし。

 朝からたっぷりの朝食&旭川牛乳でエネルギーをチャージ。

 今日も頑張るぞ~!

  

2_107  昨日に引き続き、ふくろうさんのスタ次登場。

 ホントに毎日スミマセン・・・^^;

 今日は富良野~吹上温泉です!!

 

 

ふくろうさん曰く「ただ国道で富良野入りするのは能が無い!」という事で、一度も国道を通らずに富良野入りする、

まさにジモティーなルートをチョイスされました。

  

3_106  観光客気分まる出しの僕の為に、

 一応メジャーなポイントを経由して行こうと。

 ご存知「ケンメリの木」。

 

 ここ、夏はものすごく混むらしいです。

 中には勝手に畑に入り込んで写真を撮る輩もいるそうで。。。

 

    

4_98  十勝岳を望む裏道にて、スタック中のパジェロに遭遇。

 ふくろうさん、スタ次から牽引ロープを取り出しテキパキと救出。

 お見事です!!

 

5_96  程なく、富良野スキー場に近づいてきました。

 天候は、、、生憎ガスっています。。。

 

  

とりあえず昨日の感覚を忘れないうちにと、アルペンボードを履いてゴンドラにて山頂に向かいます。

 

5_99  ゴンドラ山頂駅にて記念撮影!

 

  

 

 

 

 

7_83  ココでもふくろうさん大活躍です^^

 

 

  

8_77  しかし、まさかアルペンボードをこんなにみっちりと

 体験できるとは思っても見ませんでした。

 

 富良野はカムイスキーリンクスと全然雰囲気もゲレンデ構成も違い、

 さらにはガス&混雑のせいもあり、今日のアルペンボードはへろへろ。。。

   

 

お昼はゲレンデ内のレストハウスを避け、「ソーセージカレーかオムカレー、どっちがいい??」とのオファーを頂き、

オムカレーをチョイスさせて頂き、ゲレンデから徒歩5~6分の所にあるお店に移動

   

9_7510_67

 ちょうど一席だけ空いていてラッキー。

 ふわふわオムレツを堪能しました^^

 

 

 

ゲレンデコンディションを踏まえ、午後はスキーに履き替え。

スキーだったら、この程度の悪状況でもなんとかなります^^;

 

11_6512_57

 颯爽と消えていくふくろうさんと、

 「いや~ん^^ うふっ!」とカワイくみえるように修行中のちっぴさんw

 

 

ちっぴさん、どれだけかわいさを演出してもあの滑りじゃぁナンパされないですから!!

    

13_55   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪山では何をしても無敵のお二人のツーショット! 

 

">

富良野での、お二人の華麗な滑りをどうぞ!

※ちっぴさんはワックスが合わず、ずーっとスケーティング&直滑降でした^^; 

  

14_5115_52

 

 

 

  

フラノでのスキーを満喫し、富良野市外を抜けて吹上温泉に向かいます!

ちなみに、富良野のタクシーの行灯が雪だるまになってます! これ超カワイイ!!^^

 

16_44

17_3918_37

 

 

 

 

十勝岳に向かって高度を上げていきます。

冬季通行止めになる道のほぼ終点に近い箇所に、何の看板も無い駐車場が。

クルマを停めて温泉セットを持っていざ!

 

人がやっと一人通れる位のガケ沿いの雪道を下っていきます。  

 

1_1212_111  ついに到着!

 あこがれの吹上温泉露天風呂です!!  

 

 

脱衣所なんてありません! そのあたりでテキトーに脱いで、雪の上を素足で湯船へ。 

こんな季節にも拘わらず、すでに先客がいらっしゃったので、全体写真&フラッシュは控えます。

  

 19_35  

 スキを見て、ふくろうさんに撮って頂きました^^

 手前に見えるモチ肌のピースサインは誰!?

 そうです! ここは混浴露天なのです!! うひひ^^

 

 8_79  

 本邦初公開!? 

 

実は更なる秘蔵画像があるのですが、もったいなくてUPしませんww

 

21_27  こっちも本邦初公開!

 (ちがうって?w)

 

 

 

  

 

 

 

 

 

この写真の原寸が欲しい方は、特別に1万円でお譲りしますのでメール下さいww

 

吹上の湯は湯船が二つあって、下の広い浴槽が普通の温度で、上の方が激熱。

(でも、知床の熊の湯の方がもっと熱いよ!って言われましたw)

上の湯船には地元の方が、まるで我が家のお風呂のように入っていました^^

 

 

温泉に肩までどっぷり浸かりながら、暗くなってゆく空を眺める。

 

 

見る見るうちに凍っていく髪の毛。

反して、ふくろうさん・ちっぴさん・地元の方と話しながらココロから温まっていくカラダ。

 

 

これでもか!っていう位雪景色の露天風呂を堪能して、惜しみつつ撤収。

※残念ながらチャン氏のチ○毛は発見出来ませんでしたww

 

 

吹上からの帰りがけに、ふくろうさん&ちっぴさんオススメの、石釜焼きのピザ&パスタのお店「GG」に。 

22_2723_23

 サラダ、ピザ、パスタをあっという間に完食^^

 焼きたてのクリスピーなピザに舌鼓を打ちつつ、3日目が終了。

 

 

 

このお店だけは、地図を見直してもどこにあったのか分かりません^^; 

 

もう充実しまくり!!

 

 【見たもの聞いたもの覚えたもの行ったトコやったもの食べたもの】
ケンメリの木/十勝岳/富良野スキー場/オムカレー(朝日のあたる店)/吹上温泉/GG他 

 

 

 

●2月12日(月・祝)    

今日はふくろうさんが所用で、ちっぴさんと出陣!

なんでも、超ローカルなスキー場に連れて行ってくれるとのコトで楽しみです^^  

24_1825_15

26_11

 

 

 

  

旭川市外~比布を抜け、ひたすら北方面へと向かいます。

着きまするは和寒(わっさむ)東山スキー場。 

和寒っていう地名、初めて聞きました^^;

 

27_9  昨晩若干の降雪があり、しかも今日はどピーカン!

 まずはスキーでカッ飛ぼう!!と。

 

 

 

28_8  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

もう貸しきり状態です!! しかも、圧雪ばっちりバーン!!

 

29_1030_8

 和寒の街を眼下に、山頂からノンストップでカッ飛ぶ!

 

 

 

このコンディションでもう一度アルペンボードをしたいなぁ・・・ 

   31_832_8

 スキーを5本ほど堪能し、駐車場に戻って

 アルペンボードに履き替えます!!

 

昨日の富良野と違って、広い・視界良好・バーン最高・ゲレンデがらがらという中、

苦手なフロントサイドのターンを中心に、ちっぴさんから集中レッスンを受ける。

 

何だか滑れるようになって来たぞ~!!!

こうなってくると俄然楽しくなってきます!!

  

 

33_11  題名:晴れと曇り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

34_7  お昼すぎに、ふくろうさんが現地入り!

 腰を痛めたとのコトですが、ボードをクルマに取りに行きます。

 大丈夫でしょうか?? ちょっぴり心配です。

 

"> 

「大丈夫なの~??」って心配する二人をよそにゲレンデをカッ飛ぶふくろうさん

この滑り、直で見るとマジですごい迫力ですよ!!

 

 

これでもか!とう位にボードを満喫し、今回の旭川滞在でのスキーは終了!

今回初挑戦のアルペンボードの練習の成果はと言うと・・・

">

ちょうどゲレンデに流れているのはFUNKY MONKEY BABYSのLovin' Life。

「1人じゃ何も出来なかった そんな気持ち初めてだった
 冷たい冬でも瞬く間に 春みたいに暖かくなり
 目の前浮かんだ光景 輝いているワンダフォーディ」

・・・タイミングばっちり!?
  

いやぁ、、、アルペンボード難しいけど面白い!!

 

 35_8  

 拡大すると見えるシュプール、

 午前中に僕がスキーで滑った跡があります。

 あの中のどれなのかは想像して下さいw 

 

36_7  ふくろうさん&ちっぴさんのホームゲレンデ:カムイスキーリンクス、

 メジャースキー場で混み合う富良野、

 超ローカルスキー場の和寒と、グランドスラムを達成^^

 

もし僕が旭川に住んでいたら・・・富良野ではなくカムイスキーリンクスと和寒東山のシーズンパス購入決定ですw

 

 

この後ふくろうさんの会社に立ち寄り、荷物の詰め替えと・・・

 

満を持してというかようやくと言うか・・・

今回の旅の目的の夏のツーリングのルート打ち合わせ

 

ルート打ち合わせに費やした時間はなんと20分www

4泊5日もいて、たったの20分ですよww

 

でも、旭川→美瑛→富良野、旭川→和寒と走ったので「地図上の距離」と「走っての時間的距離感」をバッチリ掴んだのでOKという事で^^

 

 

その後、ふくろうさんの会社のデスクのパソコンでネット三昧。

コアなミリタリー系のサイトを見ながら盛り上がってたら、しびれを切らしたちっぴさん、

「お二人ともいいかげんにしなさい! お店閉まっちゃうよ!!」と^^;

怒られてPCを終了し「やはり最後の夜は」ということで、連れてって頂きました「松尾ジンギスカン」

  

37_538_3

 肉は「上ラム」「ラム」「上マトン」「マトン」の4種類。

 全ての種類の肉をオーダーし、順次焼いていきます。

 

 

初日の「炭や」では、生ラムがむちゃくちゃ美味しかったのですが、この松尾ジンギスカンの

「肉をタレに漬けておいて焼く」というスタイル的に一番美味しかったのは、上ラムではなく

普通のマトンでした!

 

   39_3

 なんと、うみんちゅさんご家族が立ち寄って下さり、

 店の前でカツオとワカメと最後の記念撮影^^

 また遊ぼうね~^^

※この時ふくろうさんは店内で「警察24時間!」みたいな番組に熱中してますw 

 

 

お腹一杯でお店を出て、3人で行くはまたまたくい亭。 ココ、4日間で3回目ですw

でももう今日で最後かと思うと寂しさが募ります。。。

    

40_5  旭川滞在最後の夜。

 想い出のくい亭の前で、3人での最後の 

 記念撮影^^

 

 

  

 

 

 

 

 

一足早く帰宅されるふくろうさんと夏の再会を約束しガッチリと握手を交わす。

 

さて、、、くい亭に残るは僕とちっぴさんの二人。

   

41_1  よ~し! ようやくこれで二人っきり!! 浴びるように酒を飲んで、思う存分口説きまくるぞ~!!

 ふくろうさんがいなくなって寂しく二人でコーヒーを飲みつつ、

 遅くまでアルペンボードの技術に関して語り明かしましたw

※内容に関してのご意見・苦情はご遠慮くださいますようお願いいたしますwww 

 

ちっぴさん、遅くまでヨッパライにお付き合いしてくれてありがとう^^;

   

 【見たもの聞いたもの覚えたもの行ったトコやったもの食べたもの】
和寒東山スキー場/夏のツーリングルート検討/松尾ジンギスカン/くい亭 他  

 

 

 

●2月13日(火)  

 

 

もう帰りたくありません。

 

 

でも無常にもこの日がやって来てしまいました(泣)。

羽田行きの飛行機は13:05発。 12:30位にチェックインすれば楽勝。

 

旭川最終日は、これでもか!という位の雲ひとつ無い快晴^^ 

 

1_120  またまたちっぴさんにホテルまで迎えに来て頂き、

 美瑛近辺をぐるっと回ります。

 

  

 

 

2_1093_108

   

 

 

 

  

4_100   

 

 

 

 

 

 

 

 

  

5_98  

 

 

 

 

 

 

どこを走ってもこんな感じ^^ 

雪の北海道もサイコー!

 

 

※この辺りは「○○の□□」という名称が沢山あります。

○○にはタバコの銘柄かロマンチック系な言葉を入れ、□□には丘か木を入れればOKw

例:マイルドセブン の 丘

 セブンスター の 木

 パッチワーク の 丘

 ぜるぶ の 丘

 

 

6_85  美瑛の駅舎。

 駅舎だけでなく、街並みが瀟洒な茶系で統一されています。

 これも観光対策なのでしょうか。。。

 

7_848_789_76

 

 

 

 

駅前の商店街のお店の上には年号があります。

これ、いつからそのお店があるのかを表しているのでしょうか。

・・・1897ということは100年以上ここで営業しているんですね^^ 

 

 10_69  

 ここは「ポテトの丘」にあるカルビーのじゃがいも貯蔵庫。

 というか、ここにコレがあるから「ポテトの丘」って言うんですね^^

 

 

11_66  さて、旭川滞在最後の立ち寄りスポット、アイスクリームを食べに行きます!!

 そこでうみんちゅさんと合流する手筈になっています。

 

 

12_58  何と、お店の入り口にチェーンが貼ってあります。 

 本日は休業らしいです(泣)

 

  

13_56  うみんつ「あーあ、食べたかったなぁ・・・(´・ω・`)ショボーン

 ちっぴ「また来ればいいじゃん!」

 

 

ココのアイスは夏までお預けです。

 

  

14_52  ついに旭川空港に来てしまいました(泣)

 

 

 

15_53  本日の気温32度。 湿気も無く気持ちいい真夏日です!

 旭川の美女二人に囲まれて最後の記念撮影を!

 ※背景の雪は合成ですw

 

なんで揃いも揃ってみんな半袖なのか?w 

 

 17_40 

 そうこうしている間に、JALの飛行機が到着。

 あれに乗って帰るんですね。。。

  

 

待合ロビーで3人でバカ騒ぎしつつ、ついにお別れの時間がやって来てしまいました。

 

ゲートでちっぴさん&うみんつさんとハグハグし、これで本当にお別れ。

 

 

 

 

 

 

飛行機に乗ってそっと目を閉じる。

 

 

 

その時浮かんで来たのは・・・

 

 

 

 

 

 

16_45  そりゃあもうNice Hipでしょう!www

 

 

 

 

  

 

こうして、夢の旭川滞在が幕を閉じたのでありました。。。

 

 

ふくろうさん、ちっぴさん、うみんちゅさん

楽しい時間をアリガトウございました~^^

 

また夏にお会いしましょう!!

 

 

おわり

| | コメント (32) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木曜日)

旭川滞在記 1日目&2日目

前日に石垣島から帰って来たばっかりなのですが・・・

 

 

●2月9日(金)  

1_117  本日向かうは、ふくろうさん&ちっぴさんが待つ北の大地・旭川!

 ついにこの日がやってきました^^

 気分が盛り上がってまいります!

    

 

旭川空港に到着しバゲッジクレイムを終え、到着ロビーに出ると・・・

いらっしゃいましたよ、ふくろうさんとちっぴさんが!

 

お初なハズなのに、何故か「お久しぶりです~!」という感じもしつつ・・・

 

ご挨拶&握手を交わし、ちらっと歓談。

  1_118  

 ・・・でも実は緊張していたのか、その時の写真が無いですw

 (この写真はふくろうさんに撮って頂きました)

 この時の気温はマイナス8.1度。 これで「暖かい」そうです(爆)

 

今回大活躍するふくろうさんの白のステ次号に乗り込み、市内へと向かいます。

 

 1_1162_105   

 

 

 

車をパーキングに停め、ちょうど旭川冬祭りが開催されているとのコトで、案内頂きました^^

通称「買い物通り」という歩行者専用の目抜き通り両側に、ライトアップされた氷像作品が並んでいます。

このメインストリートを、氷像を眺めながらずーっとはじっこまで歩き、なにやら面白いロータリーに差し掛かりました。 

  

3_103

 おそらくは国内において最大かつ唯一の本格的ロータリー式交差点とのことです。
 

 ・・・ココ、初めてここを通るドライバーにとってはこの標識を見ても優先関係は全くわかりません

 (路面にも優先関係を示す表示などはありません)が、

 地元の慣例として、国道40号線への出入り車輌が優先されているそうです。

  

 それはあくまで地元慣例らしいので、知らないドライバーが入り込むと訳が分からなくなって 

 

4_96

 なかなか周回に入り込むことが出来ず、諦めて左隣の道に逃げ込んだとか、

 入ったまでは良いが出られなくなって何周も回ったとかという逸話があるそうですww

 これで次回来るときはバッチリです^^

 ロータリーを越え、常盤公園横を抜け、メインの旭橋河畔会場へと参りましょう。 

 

 5_946_827_82

 

 

 

でっか~!!!  さすがギネスが認めた大雪像がある旭川冬まつりです。

 

 

みんな腹ペコ状態で一時間以上歩いていたでしょうか。

ちっぴさんの「肉~!」という意見に満場一致で「炭や」というお店に向かいます。

モクモク系の炭火焼肉のお店ですが、味付けが「塩」のみ。

普段焼肉を食べるときはタレよりも塩の方が好きなので、超ウエルカムです^^ 

 

写真も撮らずに一心不乱に焼き焼き&もぐもぐしましたw

さらには、車の運転があるため終始ウーロン茶だったふくろうさんを横目に、炭やでマッコリを軽~く開けてしまったちっぴさんと私。ふくろうさんスミマセンでした^^;

ここでは、ファイヤー系トントロや生ラムなど、普段はあんまり見かけない肉をお腹いっぱい堪能しました。

ここ、激しくオススメです^^  チェケラ!

  

2軒目は、お二人行きつけの「くい亭」に行こうと。

※この時点では、日曜日の定休日を除いて毎日ここに通うことになるとは思いも寄らなかったですw

 8_76   

 ここが「くい亭」。 まったりとしてすごくいい雰囲気のお店です。

 程なく、キチンとしたハードダーツに初挑戦!

 投げ方やスタンスを教わりつつ・・・

 

9_74  満を持してふくろうさんの登場!

 ・・・見 て く だ さ い こ の 腕 前 

 手品みたいでした^^

 

5_95  「明日もあるから早めにお開きにしよう」なんて言葉が出たのが

 2時過ぎですよww

 僕のあまりの酔っ払いぶりにあきれ顔心配顔のふくろうさん^^;

   2_106 

 と・・・ちっぴさんが率先して半袖姿にww

 しかも満面の笑み。まさにリアル半袖王女。この方変態1確ですw

 ちっぴさんに引っ張られるように、くい亭の外にいた雪だるまを囲んでの記念撮影^^

 

ふくろうさんにホテルまで送っていただき、程なく爆睡zzz 

こうしてアクセル全開の初日が終わりました。  

 

・・・初日から飛ばしすぎ!?

・・・初日から迷惑掛けすぎ!?

  

【本日の見たもの聞いたもの覚えたもの行ったトコやったもの食べたもの】
旭川空港→旭川市内の距離感/旭川冬祭り/買い物公園/魔のロータリー(と慣習)/常盤公園/炭や(生ラム・トントロ他)/くい亭/ハードダーツ他

 

●2月10日(土)

10_66  朝の9時にホテルまで迎えに来てくださるとのコトで・・・

 頑張って8時起きです。

 むちゃ飲みした割には、バッチリ起きられました^^;

  

 

今日はちっぴさんが午前中お仕事なので、その間に旭山動物園に行って、

午後にちっぴさんをピックアップしスキー場に行く手筈です。

 

11_64  ふくろうさん運転のステ次号に乗り込み、まずは

 スキーやボードのギアを積みに行きます。

 魔のロータリーですが・・・この路線は優先ですね^^

 

12_56  

 橋を越え、程なくしてふくろうさんの会社ガレージ到着。

 事前に準備して頂いていたスキー5セット&フリースタイル・アルペンボード計6枚&ブーツ7足&ポール3本を積み込みます。

 

・・・まるでワールドカップを転戦するかの如くの量のギアですww

 

13_53  ガレージには冬眠中のハーレーが2台。奥がふくろうさんのショベルFXB、手前がちっぴさんのローライダーですね。

 この2台が冬眠から覚めるのは5月。まだ後3ヶ月ほどあります。

 待ち遠しいですね~^^

 

ギアを積み込み、まず向かうは旭山動物園。

 

14_50  3連休初日とあって、ものすごい人だかり。。。

 地元の方は今日みたいな日は絶対に避けるそうです(アタリマエカ^^;)

 

  

15_5116_43

 

 

 

 

ベスポジをキープし、いよいよ旭山動物園名物の「ペンギンお散歩タイム~」!

たまに止まって上向いて「ぶるぶるぶる」ってしながら、手をパタパタさせながら・・・
いやぁ、カワイイのなんのって^^

 

アザラシのトンネルも堪能し、来た甲斐がありました&連れてきて頂き感謝です^^

  

17_38  もぐもぐタイム終了後につき、満腹で寝てるホッキョクグマ。

 ・・・戦いたくはありませんが、遠めに見てる分にはカワイイです^^

 

  

6_83  途中でうみんちゅさんがお子様を連れて合流。通称カツオとワカメw

 この子達が人懐っこいというか、人見知りという言葉を知らないというか(笑)

 うみんちゅさんとはまた夜にくい亭で会いましょうということでお別れ。

 

お腹が空いたので、旭川ラーメンを食べに行きましょう。 

 

18_3619_34

 ふくろうさんセレクトの「すがわら」。

 結構お腹が空いていたので、味噌バターをセレクトしましたが・・・

 まずは塩か醤油をチョイスするべきだったか??

 

 

ラーメン後に、ちっぴさんの職場までお迎えに行き3人集結!

向かうは、ふくろうさん&ちっぴさんのホームゲレンデ・カムイスキーリンクス。 通称「リンクス」。

 

20_34

 これはコチラで普通に売ってるヤクルトみたいな乳飲料「カツゲン」。

 北海道では相当メジャーらしいです^^

 カツゲン飲みつつ、一路カムイスキーリンクスへ!

 

21_26  市内から30分弱でしょうか。 あっという間に到着です!

 連休初日なのに・・・見て下さいよこのゲレンデ!

 この状態を内地では「貸し切り」と呼びます^^

 

 

おそるおそる7年ぶりのスキーにトライ。

しかも板はふくろうさんが準備してくださった「カービング」。

ちゃんと乗れるのか? ドキドキ。。。

  

3_104

4_97  内心ドキドキしつつ、リンクスの一番上で

 記念撮影^^

 天気も良く、いい感じです!

  

さて、7年ぶりのスキーですが・・・ 

 

もちろん細かい体重移動や加重などはアマアマですが、かろうじて体が覚えていたようです^^

ちょっと嬉しい。

 

22_26  さてさて、久しぶりのスキーを数本滑った後、お二人が(・∀・)ニヤニヤしながら

 「 ボ チ ボ チ 行 き ま す か !」と。

 スキーを撤収し、テキパキと準備するは、初体験のアルペンボードです!

 

 

(・∀・)ニヤニヤしているふくろうさん&ちっぴさんに見つめられながら(;´д`)トホホ状態の私。

・・アルペンボードをしている間の写真が一枚も無ことが、どんな状態だったかを物語っていますww

 

もうね、フリースタイルのボードとは全然違うんです。

全くの別物です。靴もスタンスも滑り方も。 最初は板すらまともに履けません(滝汗)

ヨロヨロしては転び、まるで生まれたての小鹿のようだったかとw

 

僕 → ヨロヨロ・・・ドテッ・・・あわわ・・・ドテッ 

ふくろうさん → (・∀・)ニヤニヤ

ちっぴさん → (・∀・)ニヤニヤ

→このループです。 くやし~!!!

 

 

でも、ゲレンデコンディションも良く、めでたくアルペンボードも体験でき、大満足で帰路に付く。

一旦ホテルまで送っていただき、夜集合して昨日に引き続き「くい亭」へ。

マスターに「こんばんは~」なんて、、、すっかり常連気分^^ 

 

          23_22    

 ここでは午前中に動物園でお会いしたうみんちゅさんが、なんと鹿肉の刺身を持参!

 生姜醤油でぺろり。 ・・・んま~い!!

 

うみんちゅさん、サンクスでした~!!

  

24_17  強力な宴会部長うみんちゅさんの登場で、一気にヒートアップ。

 ここでうみんちゅさんもハードダーツに挑戦するようです。

 ちっぴさんが構え方や投げ方を丁寧に教え、いざ!!

 

25_14

 コレがうみんちゅさんの成績。

 ・・・刺さるには刺さったようですが。。。

 さすが宴会部長。やってくれますww

 

 

富良野・夕張・層雲峡のアクセントがおかしい! と激しく突っ込まれつつ、楽しい夜が更けて行きました。

 

今日もまたホテルまで送り届けてくださったふくろうさん、

お疲れ様でした&ありがとうございました! 

 

明日は富良野~吹上温泉です! 

 

 【見たもの聞いたもの覚えたもの行ったトコやったもの食べたもの】
旭山動物園(ペンギンの散歩他)/カツゲン/すがわら(ラーメン)/神居国道(R12)の走り方/カムイスキーリンクス/カービングスキー(7年ぶり)/アルペンボード(初体験)/くい亭/鹿肉の刺身/ハードダーツ他

| | コメント (30) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火曜日)

旭川滞在記 プロローグ

2007年2月9日~2月13日、4泊5日で出かけた北の大地・冬の旭川。

きっかけは、昨年12月にこのブログで100000を踏んで下さった、

旭川在住・ショベルFXBを駆るふくろうさん。

 

 

行って参りました。 

そして先ほど帰って参りました。

 

 

最初に書かせていただきますが

今回の旭川滞在で僕が見た風景、感じた事、出会った方達、受けた感動。

 

僕の稚拙な文才では、到底言い表すことが出来ません。

 

 

いきなり、いつもの様なノーテンキな日記を書くことが出来ません。

 

ごめんなさい。

 

今日だけは、このじわーっとした感動の続くまま眠りに着かせてください。

旭川滞在記は明日以降、徐々にUPしていきます。

尚、今日の記事はコメント出来ない設定にしました。 

 

 

ちっぴさん

お調子者の酔っ払いに、毎日朝から深夜まで笑顔で付き合ってくれてありがとう。

あなたと滑った和寒。 

あなたと歩いた美瑛の雪の丘。

そして

あなたと語り明かしたくい亭の夜。

僕は忘れません。

 

うみんちゅさん

アナタの笑顔は、間違いなく周りの人達を幸せにします。 

最後の空港での爆裂トークの応酬、楽しかったね。 

ウロコダンゴと手作りの山芋キムチ和えのお土産もありがとう。

山芋キムチ和え、すごく美味しかったよ。 

 

最後にふくろうさん

「送ってもらった王子の板のワックスかけておいたからー」って普通に話すふくろうさん。

でも、板のワクシングがどれだけ大変か、僕は知っています。

「王子用にカービングとアルペンボード準備しておいたからー」って普通に話すふくろうさん。

でも、僕に合わせたセッティングや靴に合わせた微調整がどれだけ大変か、僕は知っています。

 

4泊5日が楽しくなるようにと、

スキー場選定やそこに至るルート、さらには食事場所に関しても、

僕がどんなリクエストを出しても大丈夫なように入念に準備をしてくださってました。

神奈川からやってくるたった一人だけの為に。

 

そして

 

毎日毎日朝から晩まで本当によく遊びましたね。

毎日僕よりも早く起き、一日中運転・送迎までして頂き、さらにはアルペンボードからダーツのご指導まで。

 

月並みな表現ですが、この言葉しか思い浮かびません。

本当にありがとうございました。 

 

 

ちっぴさん、うみんちゅさん、ふくろうさん

2007年夏、ショベルに乗って、みなさんの笑顔を見に行きます。

必ずや、星空の下で焚火を囲んで酒を酌み交わしましょう。 

では、その時まで。

|

2007年2月 9日 (金曜日)

現実逃避の旅 2/7 西表島

昨晩は泡盛をがっつり飲んでしまい、早々にダウン。

すげー早起きしてしまい、フェリーの出る8:30までぶらぶらと街中を散歩。

 

1_113  7時半でもまだ陽が昇ってきません。

 さすが日本ほぼ最西端の島です。

 

  

2_101  そんなこんなで、ようやく乗船です。

 この石垣の離島桟橋を拠点として、八重山の島々をくまなく

 ネットワークされています。

 

 3_1004_93

 ぼろい船かと思いきや・・・

 何ですかこの速さは。ものすごい加速。

 ビックリです。

 

0830に定期船を運営している数社の船がそれぞれ離島を目指し一斉に桟橋を出発し、

スピードを競うかのようにフルスロットル。

  

  

5_91  霞んで見えてた西表があっという間に大きくなってきました。

 40分程度でいざ西表島に上陸^^

 

 

6_79  今回ガイド・カヤックをお願いしていたショップの方が

 桟橋まで送迎に来てくださり、カヤック出発地点まで移動。

 船浦という所から出航するようです。

 

 

7_798_73

9_71

 

 

 

 

いざ、海を経由して川を上り、今回の目的地「ピナイサーラの滝」へと目指します!

  

 10_63

 橋げたをくぐると、遥か向こうに滝が見えてきました!!

 あの近くまでカヤック漕いで上陸し、

 ジャングルをトレッキングし滝の上まで行きます。 

 

  

 

 

11_6112_53

 まさにリアル・ジャングルクルーズ。

 気分最高!

 

 

 13_50  14_46 

  アダンに実が成っています。

 

 

 

 

15_49  滝がだんだん近づいてきます。

 

 

 

 

16_4117_36

 さあ、上陸です!

 

 

 

 

18_35  滝の上までの道のりは、本当にジャングルの中のトレッキング。

 

 ガイドさんがいなかったら道に迷って即死確定!?

 

 

 

  

19_3320_33

 結構ハードです。

 と、川の流れが見えてきました。

 最後は崖下り。

 

 

215

21_25

 来ましたよ来ましたよ!

 滝の上部の川の流れ。

 向こうに進むと・・・

 

 

 

22_25  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3_1014_94

23_21  

 

 

 

今回の旅での最高の景色! 

海~川~山を越えて、やっと辿り着いた達成感。

 

ホントに来て良かった。。。

 

帰りたくなかったですが、そうもいきません。

ゆっくりとジャングルの植物観察しながら滝壺へと下っていきます。

1_114 2_102

5_92   

 

 

 

6_80

7_80

8_74  

 

 

 

9_72

13_51

14_47

 

 

 

 

10_64  西表島固有の植物をはじめ、

 見たことも無いヘンな生物のオンパレード^^

 これは岩にがっちりと根を巻きつける

 通称「絞め殺しの木」。

 

 

  

11_62  根がガッツリと岩をホールドしてます。

 この力で岩に裂け目が入るほどです。

 

 

植物も「生きている!」と実感。。。 

  

  

15_50  到着しました。

 これは滝の下部からの眺め。

 

 

 

 

  

16_42  崩落で、向こうは立ち入り禁止です。。。

 

 

 

 

17_37  さっきはあの上にいたんだなぁ。。

 マイナスイオンを浴びつつ、しばしうっとり。

 

 

 

 

 

 

段々と潮が引いてきたので、干潟観察へ向かいます。

1_1152_103

3_102

 

 

 

 

さっききた道を引き返していきます。 確かに、水が少なくなってます。 

 

 4_95

 うわー、すげー干潟!!   

 さっきまで一面の遠浅の海だったのに。

 

 

干潟にはこれまたいろんな生物が。

5_936_81

7_81

 

 

 

   

8_75

12_549_73

 

 

 

 

ミナミコメツキガニの大群(下段左写真)を間近で見ることが出来て感動。 

 

 

10_6511_63

 さっきカヤック漕いできたところも、

 こんなに浅くなってます。

 ここはずるずると引っ張って移動。

 

  

 12_55  

 ヒザくらいの水深のあるところまで引っ張り、

 海を漕いで港へ帰ります。

 

これ、病み付きになります。

西表島への再上陸を心に決めつつ、本日のジャングルクルーズ無事終了!

  

 

13_52  次の定期船まで一時間。 まだ桟橋には誰もいません。

 日当たりのいい場所でちょっくら昼寝^^

 

 

14_49 

 

 

 

 

 

 

さすが東洋のガラパゴス。

今度は長期滞在して、カヤックで一周してみたい~^^

 

 

 

という事で、南国への旅は無事終了!

次は・・・今日から北の大地です!!

 

寒いんだろうなぁww

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木曜日)

現実逃避の旅 2/6石垣島

2/6、まだ夜も明けやらぬ間に家を出発。 

 

1_112  家からは40分弱で、久しぶりの羽田空港に到着。

 

 

 

 

飛行機に揺られること3時間ちょい。

 

2_1003_99

 うはぁ~、来ましたよ南国に^^

 90ccの原チャリを借りて、レッツゴー!

 地図を見ながら、石垣島を時計回りにぐるっと回ってみましょう。

 

 

4_92  空港からほんの十数分でコレですよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

6_785_90

 ココは玉取崎。 

 展望台からの眺めです。

 

 

 

 

この後、石垣島最北端にある平久保崎灯台を目指して、ひたすら北上することにします。 

 

 

7_78  道沿いの牧場。

 興味深く見つめられましたw

 人懐っこくておとなしい馬でした。

  

8_72  島の周回道路はだいたいこんな感じ。

 雨が降ってなければ、バイクで回るのが快適です。

 

 

 

 

9_7010_6111_60  

 

 

 

近づいてきました!

 

 

12_52  今回の八重山の旅で最初の灯台、

 平久保崎灯台です。

 

 

 

 

 

 13_49  

 しかしええ眺めやのぉ~^^

 次は、風光明媚として有名な川平湾目指して、

 西に向かいます。

  

 

14_4515_48

 道路沿いに広がる海。

 八重山ならではな感じです。

 

 

 

16_4017_35 んで、干潟にはお約束のヒルギ(マングローブ)林。

 これは明日西表島でいやというほと見れるでしょう。

 

    

18_34  こっちは、ヒルギの若木。

 十年後・二十年後には豊かな林へと育つ事でしょう。

  

 

 

 

90_1  川平湾に到着!

 あいにく干潮でした。。。

 

 

 

 

 

91_1  有名な観光スポットのようで、

 観光バスが何台も到着し、すげーニギニギしくなって来たので

 ソッコーで退散。。。

 

 

 

 

 

川平から島の西側にある御神崎(おがんざき)灯台を目指します。

 

19_3220_32

 ここは島の西側に位置し、

 絶好の夕陽スポットらしいです。

 が・・・

 

 

夕陽までまだ時間がかかりそうなのと、ここでも騒がしい軍団が大挙してきたので、

ここから30分程度南下した所にある観音崎灯台に移動。

 

 

21_24

 陽が傾いてきましたが、まあ間に合うでしょう。

 

 

 

22_23  着きました、観音崎灯台。

 無事に夕陽に間に合いました^^

 

 

23_20  

 

 

 

 

 

 

24_16  

 

 

 

 

 

 

西表島に沈む夕陽。 明日はあの島へ!! 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月曜日)

極寒!? HDNキャンプ初め in 三浦半島

2/3(土)、HDN主催「極寒!? HDNキャンプ初めin三浦半島」の開催日です!

http://www.hdn.gr.jp/

快晴の中、場所取りの為に一足早く会場へ向かいます。

      

1_111  今回は荷物が多いので、ショベルでの参加を断念し、

 JEEPで出陣。

 

 

 

2_99  まあ、この程度の薪は一瞬で燃え尽きてしまいますが

 いくばくかの足しにでもなれば。

 

 

3_98 長者ヶ崎を抜けたところ。

 今は春ですか?と思ってしまうかの様な穏やかな日差し。

 

 

 

4_91  会場の三戸浜まではウチから小一時間。

 あっという間に到着です^^

 

 

 

5_8940_2  

 

 

  

うまい具合に先客がいなくて、場所をキープするために、焚火&テント設営を。

ここで皆さんをお迎えします。

 

・・・単なるソロキャンプ状態ですw

 

それにしても、この時期の三浦半島の海はキレイです!

6_77  

 

 

 

 

 

 

7_77  

 

 

 

 

 

 

 

程なく登場するは、これまた湘南在住のtakuさんご一家。

50_151_1  

 

 

 

しばしはる君&あやかちゃんと海遊び。

 

 

8_71  と、なにやら妖しげな入り口発見!

 ココがこの後何度も入ることになる通称「ダンジョン」w

  

 

どんなに危険だか全く分からないので、取り敢えず僕一人でマグライト&ランタンで

穴に突入!! 

 34_6 

 中はこんな感じ。 手掘りの洞窟が続きます。  

 迷路みたいに入り組んでて、明かりが消えたら一巻の終わり

 

 35_736_6 

 

 

 

穴の先は、山の向こう側の畑に繋がっています。

ダンジョンの通路・道順をアタマに叩き込み、帰路に着く。 

 

9_6910_60

90  

 

  

  

919392  

 

  

 

9496_195    

 

  

 

97_1   

 思っていた以上に沢山の方が続々と集結!

 ちょっとビックリ^^;

 盛り上がって来ました^^ 

 

11_5812_5113_48

 

 

 

 

 

14_44  夕陽がキレイです。

 遥か向こうには富士山の雄姿。

 

 

15_47  

 

 

 

 

 

 

 

16_39  差し入れを持って日帰りで参加されたXL883Rさん。

 今回はウルトラではなく883。

 一体何台ハーレーをお持ちなんでしょうか?w

 

 

17_34

18_33

 

 

 

 

この時点で20人~30人位でしょうか。 

焚火を囲みながらまったりと談笑。 ゆるーい時間が流れていきます。 

それにしても、ビラさんのオレンジのつなぎが鮮やかですw

 

 

だんだんと風が強くなってきました。

火の粉が舞い飛び、砂がサンドブラスト状態に(汗)

 

19_31  そんな中、またまた野郎共でダンジョン探検。

 いやぁ~、楽しかったね!

 

 

20_31  千葉県は外房からのドタ参、TERU工場長。

 明日も仕事との事で残念ながら帰路に。

 ・・・工場長NEET説は?w

  

21_23 23時頃でしょうか?

 なんと電車にて会場入りのtakaさん登場!

 ・・・漢です!

  

6061

 満月の月明かりの下、激しく焚いて

 夜は更けていくのでありました。。。 

 

 

それにしても風が強い夜でした^^; 

 

 

 

昨晩の暴風も止み、穏やかな朝です。 

22_22 

 

 

 

  

 

 

二日酔いの中まったりとコーヒーを飲んでいたところ、

向こうから歩いてくる方が。 

 

23_18  何と、ワタポンさんの登場!!

 新潟から新幹線での日帰り参戦!

 これはホントにビックリしましたww

 

ここで僕のデジカメが(昨晩の砂嵐のせいか)破損!

皆さんを送り出して、最後に会場を後にする。

これにてHDNキャンプ初めは無事終了。

参加された皆さま、お疲れ様でした&また近いうちにMEETしましょう!!

 

 

 

で、一人自宅に帰ろうとしたその帰りがけ、会社の仲良し仲間から電話が。

聞くと、逗子に遊びに来ているとのこと。

24_1525_13

 合流して向かうは、葉山某所。

 そうです! あそこです^^

 

 

26_10_127_7_128_7

 

 

 

 

極上のお湯で体中に染み付いた焚き火臭を流す。 

 

 

29_930_7

31_7

 

 

 

 

帰りがけに立ち寄った葉山・森戸海岸で夕陽を見つめるお嬢達。 

 

32_7  

 

 

 

 

 

 

33_9  

 

 

 

 

 

 

思ったよりも沢山の方にお会いできたHDNキャンプと葉山の温泉を満喫した、

極上の土日がこうして終わったのでありました。。。 

  

 

 

 

| | コメント (38) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木曜日)

私事で恐縮ですが・・・

先月中旬、担当役員からいきなり呼び出されました。
役員が兵隊に一体何の用が!? 
まあ、異動か転勤か?などと考えながら役員室へ。

 

・・・やっぱり異動の話でした。

 

異動の場合、普通は役員→局長→部長→兵隊という有無を言わさぬ上意下達。

 
ただ、今回は

役員 : ○○への異動を考えてるんだけど、オマエどう思う? 
ぼく : イキナリですね。。。んで、いつ付けですか?
役員 : 2/1付けで。
ぼく : もしイヤだって言ったらどうなるんですか?
役員 : どの時は・・・他を考えるしかないだろう。。。
      本人がヤダっていうんなら仕方ないよ。
ぼく : ちょっと考えていいですか? 明日に返事します。
役員 : よろしく頼むぞ!

と、事前相談&拒否出来そうなくらいな内々示でした。

 

一日考えて・・・

提示された異動先は、その得意先の業務をウチの会社が一手に引き受けていて、
しかもこのご時勢なのに業績も良く、社内でも注目の成長部署です。
僕ももう入社16年目になろうとしており、、今後のキャリアデザイン含め今回の異動を受けることにしました。

・・・という事は、激務確定!のんびりとショベルに乗っている場合じゃなくなります。

 

 

その代わりといっては何ですが、、、

「2/16付けにして、1週間の休みを取らせてもらう」

という、ヒラにあるまじき交換条件を果敢にも提示してみました!

  

 

 

 

・・・あっさりとOKがでましたw

 

 

ということで、来週1週間休みになりました。

今度の土日はHDNキャンプ、来週末はふくろう師匠の待つ旭川。
そのスキマをどうやって埋めるか?

ショベル&キャンプ、雪山とくれば、足りないものは・・・

 

南の島系でしょう!

ソッコーでJALのHPでチェックしたら・・・空席だらけですw
(まあ、2月の平日に南の島に行く人はそんなにいないでしょう)

申し込みボタンをクリックし、往復のAIRの予約完了!

 

むこうでは↓ココに行ってきます。

   Mk_map        

      

 

 

 

 

 

 

 4761975 

 そうです。「東洋のガラパゴス」と言われる

 西表島です。

 
 石垣からさらにフェリーに乗って小一時間。

 西表島でシーカヤック借りて、

 亜熱帯のマングローブジャングルを抜け、

 
 沖縄県最大落差を誇る秘境「ピナイサーラの滝」で

 滝に打たれてきます

 

 

 

 

 

・・・体もつか?w

| | コメント (39) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »