« 現実逃避の旅 2/7 西表島 | トップページ | 旭川滞在記 1日目&2日目 »

2007年2月13日 (火曜日)

旭川滞在記 プロローグ

2007年2月9日~2月13日、4泊5日で出かけた北の大地・冬の旭川。

きっかけは、昨年12月にこのブログで100000を踏んで下さった、

旭川在住・ショベルFXBを駆るふくろうさん。

 

 

行って参りました。 

そして先ほど帰って参りました。

 

 

最初に書かせていただきますが

今回の旭川滞在で僕が見た風景、感じた事、出会った方達、受けた感動。

 

僕の稚拙な文才では、到底言い表すことが出来ません。

 

 

いきなり、いつもの様なノーテンキな日記を書くことが出来ません。

 

ごめんなさい。

 

今日だけは、このじわーっとした感動の続くまま眠りに着かせてください。

旭川滞在記は明日以降、徐々にUPしていきます。

尚、今日の記事はコメント出来ない設定にしました。 

 

 

ちっぴさん

お調子者の酔っ払いに、毎日朝から深夜まで笑顔で付き合ってくれてありがとう。

あなたと滑った和寒。 

あなたと歩いた美瑛の雪の丘。

そして

あなたと語り明かしたくい亭の夜。

僕は忘れません。

 

うみんちゅさん

アナタの笑顔は、間違いなく周りの人達を幸せにします。 

最後の空港での爆裂トークの応酬、楽しかったね。 

ウロコダンゴと手作りの山芋キムチ和えのお土産もありがとう。

山芋キムチ和え、すごく美味しかったよ。 

 

最後にふくろうさん

「送ってもらった王子の板のワックスかけておいたからー」って普通に話すふくろうさん。

でも、板のワクシングがどれだけ大変か、僕は知っています。

「王子用にカービングとアルペンボード準備しておいたからー」って普通に話すふくろうさん。

でも、僕に合わせたセッティングや靴に合わせた微調整がどれだけ大変か、僕は知っています。

 

4泊5日が楽しくなるようにと、

スキー場選定やそこに至るルート、さらには食事場所に関しても、

僕がどんなリクエストを出しても大丈夫なように入念に準備をしてくださってました。

神奈川からやってくるたった一人だけの為に。

 

そして

 

毎日毎日朝から晩まで本当によく遊びましたね。

毎日僕よりも早く起き、一日中運転・送迎までして頂き、さらにはアルペンボードからダーツのご指導まで。

 

月並みな表現ですが、この言葉しか思い浮かびません。

本当にありがとうございました。 

 

 

ちっぴさん、うみんちゅさん、ふくろうさん

2007年夏、ショベルに乗って、みなさんの笑顔を見に行きます。

必ずや、星空の下で焚火を囲んで酒を酌み交わしましょう。 

では、その時まで。

|

« 現実逃避の旅 2/7 西表島 | トップページ | 旭川滞在記 1日目&2日目 »