« 2007年北東北ツーリング 5/1 4日目 | トップページ | 2007年北東北ツーリング 5/3 6日目 »

2007年5月13日 (日曜日)

2007年北東北ツーリング 5/2 5日目

●5/2(水)  ~5日目~  

 

昨日は義人さん&チャンパー夫妻に凄く迷惑をかけてしまってしょんぼりモードでしたが、

後生掛の温泉ビールオンドルのおかげで心身ともに復活!^^;

 

窓の外は生憎の雨。 それも「しとしと」ではなく「ザーザー」という本降り。

こんな日にバイクで走るのはちょっとためらいます。。。

 

しかし!!!

なにを隠そう、・・・もし部屋が空いてたら、延泊しちゃおうか?」という、非常にナイスな提案を受け、

パ子さんが宿に確認を取ったところ、「泊まっているオンドル部屋で延泊可能!」とのことだったので、

今日明日のかっちりとした予定の無いチャンパー夫妻&kaitoクン&僕の4人は迷わす

「延泊でお願いします」 となった訳です。 

 

この素晴らしい後生掛温泉で延泊。 もうたまりません!

今回のロングツーリングの中の「小休止」という感じでしょうか。

 

そんな中、明日から仕事のあるはいどら氏だけが、雨の中帰路に着きました。。。

 

つか、起きたらもういなかったです(笑) 

この雨の中、一人で八幡平から帰ったのです。 無事に着いたのかな??

 

  

7_1098_101

 こちらは湯治部から食堂までの通路。

 途中には自炊のための炊事場が完備。  

 

 

 

9_100

 おまけに、各部屋ごとに割り当てられたロッカー(?)のような

 スペースがあり、各人ここに食材や調理器具をキープしてます。

 学校みたいです。

 

  

1_1592_145

 やや二日酔い気味の一行。

 今朝の最終組です。

  

 

 

3_1404_130

 湯治部併設の売店です。

 普通の食材から生活用品まで売ってて楽しい。

 しかも、何でもオーダー可能ww

  

5_1296_112

 ここはオンドル棟の脇にある、天然の

 「蒸気蒸し器」。

 脇に掲出してある看板がコワー。

 

我らがダラダラ延泊隊、一応バイクで行ってみようって言っていた「玉川温泉」に行く事にします。

 

でも、バイクでじゃあありません。 バスです。 公共の路線バスですw 

 

玉川温泉方面の路線バスは、1日に数本。

パ子さんが行きと帰りの時間を調べてくれて、それに合わせて宿を出発します。

 

10_8711_83

12_75

 

 

 

 

雨の中、宿から借りた傘を差して、アスピーテラインのバス停まで歩いていきます。

 

13_72 バスを待つ一行。雨だけじゃなくて、風も強くなってきました。 

 確かに、こんな日にバイク乗っててもあまり楽しく無かったですね。

 延泊、大正解です!

 

14_6715_65

16_59

 

 

  

 

17_5218_4919_45

 

  

 

 

このバス、座席が観光バス仕様ですw

でも、こういった観光地(?)でバスに乗って移動するの、新鮮です!

普段とは違って「高い目線」から八幡平の自然をウオッチ。

 

後生掛温泉を出発して30分弱でしょうか、玉川温泉入り口に到着です。

なんと、そのバス停までバスの時間に合わせて玉川温泉の送迎のマイクロバスが

スタンバイしていました! 素晴らしい連携プレー!

  

20_451_160

2_146

 

 

 

 

 

ここが日本最強の酸性温泉、玉川温泉

 

何が最強かって、源泉から噴出する98℃の熱湯はPH1.2の強酸性であり、

鋼の包丁を浸けておくと、一晩で刃の部分がすべて溶けてしまう

という凄まじさ。

 

この水が田んぼに流れると稲がすべて枯れてしまったことから、古くは「玉川毒水」と呼ばれたそうです。

その昔、この温泉を田沢湖に流し込む工事をしたらしいのですが、そのおかげで田沢湖は魚も住めない死の湖と化したというからハンパではない。

 

温泉の主成分はほぼ塩酸

しかも、放射能もタップリにもかかわらず源泉かけ流し100%というハードコアさかげんもグー^^;

  

3_1414_131

5_130

 

 

 

 

はやる気持ちを抑えつつ、雨が止んできたのでまずは玉川温泉のルーツ、地獄谷めぐり。

てっきり、宿の敷地なのかと思っていたら、立派な国立公園のようです。

さすが国が管理しているだけあって、荒涼たる風景の中、よく整備された自然研究路を歩く。

 

6_1137_110

 皆さんが寝転んでいる、放射線を放つ北投石は特別天然記念物。

 日本ではここでしか産出しないようで、最近もここにあった1トン近い巨大な北投石が盗難にあったらしいです。

 

   

8_102  これが大噴です。

 98度の塩酸が毎分8400リットル!

 もうボッコボッコ湧いてます。

 

 ここに飛び込んだら即死確定

 

  

 

9_101  看板にも書いてましたが、

 「地球は生きている!」を実感します。

 

 

 

 

10_89  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は控えましたが、思い思いの場所で岩盤浴をされている方達が沢山。 

どうやら、場所によって北投石の発する放射線の強さが違うとのこと。 

 

11_8412_76

13_73

 

 

 

 

雪で閉鎖されていますが、ここから焼山を経由して、後生掛温泉まで行けるらしいです。

これ、夏に絶対走破したいルートです! 

  

14_68  おそるべし玉川の自然を満喫し、いよいよその温泉へ。

 

 ・・・つか、そんな塩酸に浸かって体にいいのか悪いのか!?

 

ココも撮影禁止だったので写真はありませんが・・・

玉川温泉、すごかったです。

 

浴室に入ると「源泉50%」「源泉100%」という看板がついた浴槽が複数。

いきなり「源泉100%」はヤバイかな~と思い、まずは「源泉50%」の浴槽からトライ!

 

・・・楽勝です!!  全然何ともありません。

余裕をぶちかましつつ「源泉100%」の浴槽へ移動。

 

このお湯、マジでやばいです! 

入った瞬間は何とも無いんですが、じわじわと体中がピリピリしてきます

しかも、小傷がしみるのなんのって!! 

そのピリピリで「あれ?こんな所に引っかき傷があったんだ」って分かる感じ。

 

僕の場合なんですが、何故か背中とお尻に小傷があり、それがもうヤバイ。

火が着いたように痛み出し、ものの数分であえなく撃沈。

 

 

ここ玉川温泉は、酸ヶ湯温泉や後生掛温泉とは一線を画す温泉である事は

以下に紹介する様々な注意からも想像できます。 

 

くれぐれも、普通の温泉気分で入浴されないように!

 

 

【玉川温泉の注意書きの例】

※国立公園地内また強酸性の温泉という特殊な環境にあるため、様々な規制などもございます

※温泉地内は空気中の酸性濃度が高く、長期滞在の際はお車への影響(金属部分の酸化~錆、腐食)も考えられますので予めご承知おき下さい。

※源泉から湧き出る強酸性の温泉の影響で、空気中の酸性濃度が極めて高く、金属類が腐食しやすいという特殊な環境にあるため、殆どの客室にはTVや冷蔵庫、エアコンなどの家電製品は備え付けておりません。(バス・トイレもなし)

※当温泉は、強酸性の泉質のため、お肌への刺激が強く、入浴による体力の消耗も著しいものがあります。 

※情報を鵜呑みにして無理なご入浴や飲泉を続けますと、逆に体調不良や病状の悪化を招く結果となりかねません。くれぐれも無理のないご湯治をお心がけ下さい。

※なお、諸事情により、酸素吸入器などの医療機器のお持ち込みには応じることができない上、最寄りの病院まで約1時間もかかることから、迅速な医療対応は望めない環境にありますので、あらかじめご了承下さい。

※入浴中に顔をぬぐうと強酸性の湯が眼に入るので注意してください。

※飲泉可だが、水で薄めて飲む、後で清水で口をすすぐか、ストローを使用して歯に付着しないように飲む(でないと歯のエナメル質が溶ける恐れあり)

※注意書きには必ず従うこと。

 

 

ちなみに、kaitoクンは源泉をそのままゴクッと飲んじゃいましたが、

この注意書きからすると、自殺行為だったようです。。。 

(つか、塩酸をそのまま飲んだことになりますよね・・・)

その後、彼の体は大丈夫なんでしょうか?? 

 

こんな温泉あったのか!? という玉川温泉を経験し、帰りのバスが来るまでの1時間強、

併設の食堂で昼からビール&日本酒三昧。

 

昼からいい感じにヨッパライです。

 

バスで後生掛に帰ってきてまず最初にしたことは「温泉に入った」です^^;

 

※つか、玉川温泉入ったままだったので、一応塩酸をちゃんと洗い流しておこうかと^^;

 「玉川温泉入った数日後、全身から水ぶくれのようなブツブツが出た」とかいう日記もあったようですし。 

 (個人差で合う/合わないや皮膚の強い/弱いが関係してくるのでしょうか。。。)

 

後生掛でまた温泉に浸かり、風呂上りにビール三昧、さらにはオンドルで昼寝三昧。

 

1_161 夜に起きて(みんなに起こされて)夕飯食べながらビール飲んで、

 満腹でオンドル部屋に戻ってまたまた爆睡。。。

 

 

 

いったい今日はどの位飲んだんだろう!?っていう程飲みました^^; 

いったい今日は何時間寝たんだろう!?っていう程寝ました^^;

 

 

普段からの疲れがここで一気に解消か?

 

 

【本日の走行距離】  0km

        全然ツーレポになってませんがお許しをww

【本日のルート】

1_162  

 

 

 

 

 

 

 

~6日目に続く~

|

« 2007年北東北ツーリング 5/1 4日目 | トップページ | 2007年北東北ツーリング 5/3 6日目 »

コメント

●淑子さん

・・・淑子って誰だよww


>秋田で生まれ岩手で暮らしてるけど、東北の面白さをいろんな意味で今回感じた。
・・・やっと誰だか分かったよww
でも北東北はマジで奥が深い!! それを目の当たりに出来て良かった。

>東北に魂置きながら、東北周ったの今回が初めてだったんだよね~だよね~♪
かもねか~もねSOか~もね♪ 好きになっちゃうかも~ね~♪

>途中雪崩で通行止めだったけど。。。
結局どうやって猪苗代入りしたんだっけ?
じゃあ鉱山跡地の殺伐としたゴーストタウンは見れなかったんだ。。

>東北人に生まれて良かったと心底思った。
まずは「秘湯を守る会」の東北の温泉を制覇したいね^^

投稿: zmarina7 | 2007年5月15日 (火曜日) 01時09分

●いのきんぐ

ういーっす!

>スッゲ~~!!塩酸温泉!!
>かなりデンジャラスな温泉みたいだけど効能は?
いのきんぐに、源泉を大ジョッキで飲み干して欲しいですww

>メタボに効きますか?www
そりゃあ、何てったって「奇跡の温泉」だから、
・・・多分ムリですw

投稿: zmarina7 | 2007年5月15日 (火曜日) 01時04分

●ちーちゃん

こんばんは~ 走ってる?

>玉川温泉、父の闘病中に調べたところだ!
>入ってみたいような、みたくないような~^^;
ここは「入浴」だけじゃなくて、いわゆる「岩盤浴」の走りらしいよ。
温泉も岩盤浴も、単に温まるだけじゃなくて、その「放射能」が「末期がんが治った!」とか、いろいろと奇跡を起こしたそうです。
 
>まだ景色は冬じゃん(@@)
>寒そうっっっ!!!
たしかに、道の脇にはまだまだ残雪が沢山あったよ。
北東北は、ようやく春が来たという感じです。

>寒いところでの露天はたまんないね~( ̄ー ̄)
じゃあ、、、
今 度 一 緒 に 寒 い 所 に 行 こ う か ww

投稿: zmarina7 | 2007年5月15日 (火曜日) 01時03分

ブログリニューアルしました♪


秋田で生まれ岩手で暮らしてるけど、東北の面白さをいろんな意味で今回感じた。
東北に魂置きながら、東北周ったの今回が初めてだったんだよね~だよね~♪

夏は狂ったように北海道に行き、黄金水週間は四国だ九州だ北陸だ~!と走ってたけど、東北再発見した!!

確かに黄金水週間は北東北寒いかもしれないけど、バイクに乗り始めた頃パンツまでぐっちょりの大雨の中100円カッパで走ったことや、漁師小屋に潜り込んで網に包まって寝てたことや、その時アベックが来て目の前でBしだしたことや、いろんなこと思い出しながら八幡平アスピリンライン下りました。

途中雪崩で通行止めだったけど。。。


東北人に生まれて良かったと心底思った。


ホテトルとマントルの語源はオンドルなのかな?

投稿: 淑子 | 2007年5月14日 (月曜日) 21時07分

スッゲ~~!!塩酸温泉!!
かなりデンジャラスな温泉みたいだけど効能は?
メタボに効きますか?www

投稿: 猪木 | 2007年5月14日 (月曜日) 20時48分

玉川温泉、父の闘病中に調べたところだ!
入ってみたいような、みたくないような~^^;
まだ景色は冬じゃん(@@)
寒そうっっっ!!!
寒いところでの露天はたまんないね~( ̄ー ̄)

投稿: ちー | 2007年5月14日 (月曜日) 11時20分

●しゅうちゃん

ういーっす!

>ここで連泊してたんですねww
>ここまでの長旅&仕事の疲れを癒すには丁度良かったんじゃないですか?
後生掛温泉、マジで滞在するにはもってこい、最高よ!
絶対に旅館部じゃなくて湯治部をオススメします。
・・・つか、しゅうちゃん家からだったら結構近いじゃんか!
絶対に行くべし!

>しかしハードな温泉ですね~!玉川温泉!!
>注意事項読んだだけで、体に悪そうです!(爆
>放射能ってそんなに浴びて大丈夫なんですか!?ww
うーん、多分しゅうちゃんが行ったら病気になると思われww ウソ。
話のタネに、後生掛とセットで堪能してみて下さい。
でも、kaitoくんのように源泉をそのまま飲むのは危険なので止めましょうw

投稿: zmarina7 | 2007年5月14日 (月曜日) 01時14分

●スーちゃん

ういっす!

あの雨の中、良く頑張って帰ったね^^;
俺だったら会社休んじゃうかも(爆)

でも、あんなに元気な1952年生まれのパンヘッド見てると、俺のショベルなんかまだまだ「新車」の域だよね。
まだまだ見習うところが多いよ。

しかし、北東北は奥が深かったね。 八幡平も良かったし。
更には、仲間とだらだらと過ごす休日も楽しかったし。
また行きましょう!

それにしても日本は広いんだなぁ~って改めて思った今回の旅でした。

投稿: zmarina7 | 2007年5月14日 (月曜日) 01時03分

ここで連泊してたんですねww
ここまでの長旅&仕事の疲れを癒すには丁度良かったんじゃないですか?

しかしハードな温泉ですね~!玉川温泉!!
注意事項読んだだけで、体に悪そうです!(爆
放射能ってそんなに浴びて大丈夫なんですか!?ww

投稿: しゅう | 2007年5月14日 (月曜日) 01時00分

●MARちゃん

ういーっす! バイク乗ってる??

>オンドル祭り楽しかったんだねぇ。
むひひ~^^

>あたいだって、パ子たんと・・・パ子たんと・・・添い寝したかったぁ!!! (`Д´) ムキー!
・・・添い寝したって言うか・・・あれは「雑魚寝」だねw
あまりにもいい温泉で、あまりにも寛げるオンドル&それを加速するアルコール。
あそこは天国です。 行くべし!! つか、秋に行こうね!

投稿: zmarina7 | 2007年5月14日 (月曜日) 00時55分

無事には帰ったれけど、この日はヘビーメタルな一日だったYO
みんなが寝てる間に独り寂しく早朝温泉&朝食。
豪雨の中キックスタートするも、アスピーテラインが8:30まで開通しないことを知らずに30分以上ゲート前で足止め。
大っ嫌いな高速走行も那須高原あたりまで豪雨やまず。。。
今回は偶然が重なって急遽決行できた念願の北トホーク巡礼。
今回の旅のメインだった八幡平は期待を裏切らなかったねw
年を重ねると共に時間も精神的余裕も徐々になくなる中、
みんなで走ってバカ酒飲めるってのはホント幸せなことだね~♪
若い頃からずーっとバイクに乗り続けてて、チャンとも話してたけど徐々にバイクへの情熱も薄らいでゆく昨今。
俺の昔からのバイク仲間でも、仕事や家庭で余裕がなくなってバイク降りたり何年もエンジンかけずに放置プレーしてたり。
ライダーとして彼らを否定するようなことは決してしないけれど、でも、俺は無理矢理にでもバイクには乗り続けて逝こうと思う。
今回の旅の俺のひそかに心に秘めたテーマは、「迫り来る老いへの反逆のはじまり」w
俺の青年期は終わろうとしているけども、老けるにはまだまだ早すぎる。
これからも精神的若さをキープするために、55歳の我がハイドラグライドを酷使していこうと思う。
今回は旅費5万という低予算の予定だったが、初日の朝にガススタで財布開けたら2万円多く入ってたんだよね。
普段はおっかない我が恐妻だけど、普段は忘れかけてた奴の優しさに感謝しながら走った1,800キロでしたw
もち、いつもの如く涼しい顔しながら爆走してくれる我が蒼い彗星も蟻蛾闘!

投稿: スーちゃん | 2007年5月14日 (月曜日) 00時22分

オンドル祭り楽しかったんだねぇ。
あたいだって、パ子たんと・・・パ子たんと・・・添い寝したかったぁ!!!
(`Д´) ムキー!

投稿: MAR | 2007年5月14日 (月曜日) 00時22分

●パ子たん

こんばんは~
あの天国のような後生掛のひと時が忘れられないです。。。

>恐るべしオンドル効果!
>マリーナ死んだかと思うほどよく寝てたよーw
確かに、温泉入るか飲んでるか食べてるか寝てるかだったもんね(笑)

>・・それともこれから襲い掛かる災難への準備だったのか?w
ドキ。。。

後生掛オンドル祭り、また秋に絶対やろうね!!

投稿: zmarina7 | 2007年5月13日 (日曜日) 23時40分

●ふくろうさん

こんばんは~

ホントに「日本は広いんだなぁ」って感じました!
でもこの玉川温泉、ここの北投石&放射能入り塩酸温泉のおかげで「癌が治った!」という逸話が残る「奇跡の温泉」らしいです。
でも、フツーの健康体にしてみるといささかハードだったようです^^;

>この調子で9日間分TOP狙うか(笑)
もし成功した暁には、何か考えますねww
「世界一長いクラッチワイヤープレゼント」とかww

投稿: zmarina7 | 2007年5月13日 (日曜日) 23時38分

恐るべしオンドル効果!
マリーナ死んだかと思うほどよく寝てたよーw
普段の疲れが一気に出たんだね~。
・・それともこれから襲い掛かる災難への準備だったのか?w

後生掛の連泊は温泉三昧の上に、バスでお出かけしたり、座卓を囲んでいつの間にか皆で昼寝したりして・・
至福なひと時だったな♪

投稿: パ子 | 2007年5月13日 (日曜日) 23時02分

さすが転んでもただでは起きないと言うか、臨機応変というか、素晴らしい「まさに旅」という感じですねぇ。ウラヤマスィ
やはりHDNメンバーの怨念?を一手に引き受けて9日間も旅した甲斐があったというモノでしょうか?(笑)
それにしてもスゴイ温泉ですね 全然知りませんでした PH1.2って^^;

まるで待ち受けてるかのように…また一番乗りです^^;
まぁRSSリーダーのなせるわざと言うことで。

この調子で9日間分TOP狙うか(笑)

投稿: ふくろう | 2007年5月13日 (日曜日) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2007年北東北ツーリング 5/1 4日目 | トップページ | 2007年北東北ツーリング 5/3 6日目 »