« 驚愕の解体ショー フロントヘッド編続き・ホーニング他 | トップページ | 驚愕の解体ショー  カムカバー・タペット・ヘッド編 »

2007年9月30日 (日曜日)

驚愕の解体ショー オイルポンプ編

 

 

特にトラブルは無かった。 

 

油温が高かったことを除いて。 でもそれは直接のトラブルじゃない。

  

異音もしなかった。

油圧も大丈夫だった。

無事に北海道も回った。

でも、開けて、内部がどうなっているのかを見てみたかった。 そして、

「絶好調で問題なし! ガスケットだけ変えて終了!」

となるハズだったのに・・・

   

そう。

マリーナ号の解体をわずか1週間という短時間(しかも普通に仕事がある)で快く引き受けて下さった

big_boy師匠もそう思っていたに違いありません^^;

 

その両者の目論見が無残にも打ち砕かれたこの数日間。。。

 

 

さてさて、想定外のダメ出しのオンパレード・big_boy師匠による解体ショーですが、

 

もう何が出てきても驚きません。

もう何を言われても受け入れます。

 

いよいよオイルポンプ編に突入です!

 

  

・・・・・・・・・・・・・・・ここからbig_boy師匠のコメント・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

 

この辺まで来ると作業に集中してしまうので、画像は少なくなって来ますが勘弁してね。

 

Img_1335  まずはポンプに繋がっているオイルラインを外します。

 

 

 

 

Img_1337 外したホースには内径に合うボルトを突っ込んで、

 オイルが漏れるのを防いでおきます。

 このラインにはヘッドボルトが丁度良かった。

 
 

Img_1339  で、ポンプを外すのに邪魔な、すぐ後ろのステーを曲げときます。

 

 

 
 

Img_1345 カバーについているプレッシャースイッチをはずし、カバーのボルト4本

 を外すとカバーがパカッ!と外れます。 キチンとしたトルクで締まって

 いるようで、これならクランクケースにギアの傷とかはないでしょうね。

 ココのトルクは以外に弱いものなんよ。
 

Img_1347 流石にオイルは綺麗だ^^

 

 

 

 

しかしあのプレッシャースイッチの穴から出るワイヤー見たいのはなんだったのだろう?

こんなになっていたっけな?^^;

ポンプも新しくなるのでこれ自体も新品にしたかったのだが、在庫はなし。

まぁ、使えるようだし、次回ね。

 

 

Img_1348 カバーを外したの図。オイルは綺麗だ・・・

 

 

 
 

Img_1349 で、ドライブシャフトのCリングを外す・・。

 これが又外しにくいんだw

 

 
 

ドライブギア・アイドラーギアをはずし、残りのボルトを外してボデイを取る。

固着している車両はかなり堅いんだよね、これ。

ドライバーでコジッて外す際は、場所を選ばないと再利用出来なくなる。

ポンプボディの下部はコジッチぁ駄目。壁が薄いんだよね・・・。

 

 

Img_1357 で、ドライブシャフトを残して外したの図。

 クランクケースの面もギアの当たりが無く、良い状態。 良かったね。^^

 きっと手付かずで出荷状態のままだったんだろうね。

 
 

ポンプは僅かな隙間の組み合わせで、凄く精度が必要な所だからトルク管理は最重要。

知らない人が強いトルクでしめたりしたら歪んで機能を発揮できないばかりか、

ヘタすると抵抗でキーが飛んだりして万事休す。

勿論、中はキーと咬んで、ギタギタよ。

そんなのをオークションで流している奴がいるから要注意。

 

純正のボデイは既にOBS。

純正に拘るなら程度の良い中古ボデイを探すしかないが、見つかるのは稀だね。

 

シャフトを残して交換すれば簡単なんだけど、

今回は「全部取り替えよ!!」と半袖氏の命令なのでシャフトも外して行きます。^^;

 

※ブログ主より注釈 

 当然ながらそんな命令はしていません(笑)  

 というか、 出 来 る ハ ズ も 無 い で す (汗)

 

 

Img_1356_2 ドライバーで示している穴が例の穴ね。

 81前期まではこれがないから、s&sをつける際は専用の鍛冶具でドリリングが必要。

 ふ~!良かった。

 

Img_1359 外したポンプ群達。

 さ~て各部を検証して行きます。

 

 
 

Img_1350 出た~^^

 ガスケットのカスが 座  り  込  み  し  て  ま  す w

 先述で予言しておいた事がこれです。 この色見覚えありませんか?

 

 

多分、ロッカーカバーに塗ったくった、シーラントのカスか、

もしかしたらFへッドのインテークの潰れたシフトンのステムシールの残骸ですね、ハイ。

 

 

Img_1351Img_1353

Img_1354

 

 

 
 

ハレ太郎さん、見てますか? 

これがオイルポンプのフィードギアの壁の傷です!!

この筋傷が油圧を低下させているのです。 ココまで酷いと再利用は出来ません。

「えぇ!これくらいで駄目なの?」と54B兄貴の声が聞こえてきそうですが、

精密な部品・クリアランスの組み合わせで油圧を保っていますからココまで傷があると駄目です。

中古の程度の良いボディを捜すしかありません。 もしくはアッセン交換。

切子とかが咬んで傷が付くのでしょうね・・・ プライマリーも通って戻りますから。

オイル交換・・・  大 事!! 継ぎ足しなんてとんでもない。

 

Img_1361 ハイ! S&Sのギアの画像ね。 綺麗ですね~惚れ惚れします。

 良く見るとギアがボデイより僅かに出ているの分かりますか??

 この出ている分がガスケットの厚みの分です。

 
 

それほどクリアランスが緻密に計算されているのです。(規定トルクで締めた厚みの分)

ゆえにガスケットの材質によって規定トルクが違います。

ガスケットの材質も黒ペーパー、茶色ペーパー、白プラスチック等。

 

さぁ、ポンプのドライブシャフト交換&タイマーカバー内の点検の為ばらしていきます。

 

タペットローラーは虫食いもガタ無く上々の程度ですた。問題ありません。

タペットブロックのホール内も偏磨耗無く上々。素晴らしい。^^

特に80年以前、AMF時代のはこの辺が殆んど駄目です。ガタガタ、偏磨耗常識。

カムシャフトも同様。問題ないレベルです。

 

Img_1374 カムシャフトは純正Hカムでした。

 アイドリングからアクセル開け始めのトルク感が良いです。

 一番バランスが取れたカムで私は一番スキです。

 
 

Img_1373

 フバ83号はHカムが組んであります。

 ギアのカラーコードは変色してて分からないけど茶色かな。

 

 
 

コーンカバーのカムブッシュの状態も良好です。

カムシールが少々駄目ですが、済みません 在 庫 切れでした。w

とりあえずカムベアリングもそのままにしておいて、次回一度に交換しましょう。

 

Img_1378 で、ポンプのドライブシャフトのCリングを外して

 外側に向かって引き抜きます。

 

 
 

この辺から日が暮れて来て、急いでいるので画像が少なくなります・・・。

 

 

Img_1385 で、いきなり ポ ン プ が 付 い て ま す。 汗

 

 

 
 

Img_1379 S&Sのシャフトは組まれている為にこのCリングを一度外して

 再び組まなければなりません。 これが又外しにくい! 

 何故に組まれて?  飛ばして紛失しやすいので注意。

 

 

 

オイルポンプ編 終わり ~ でもまだ続きます^^; 

 

|

« 驚愕の解体ショー フロントヘッド編続き・ホーニング他 | トップページ | 驚愕の解体ショー  カムカバー・タペット・ヘッド編 »

コメント

●big_boy師匠

こんばんは~ 
想像以上に手間のかかるマリーナ号を解体・交換・整備しつつ、
写真撮りつつ、詳しい解説のメールを書きつつ、しかも
このコメント欄へのみんなへの返信まで本当にお手数をお掛けします^^
ものすごい大活躍ですが、これは語ショベに関わるみんなの為の「写真付きのバイブル」として
確かに残っていくと思います^^

既に送って頂きました「タペット」「ヘッド組みつけ」「キック交換」は、明日夜にUPしたいと思いますので
しばしお待ち下さい!!

引き続きよろしくお願いいたします^^

投稿: zmarina7 | 2007年10月 2日 (火曜日) 02時38分

●ヒビキさん

こんばんは~

>ジャックカフェで皆が話してる内容が???だった所が少し理解できました
(あくまでホンの少しですが)
あの変態ショベラーの皆さんに囲まれての3時間はさぞキツかった事でしょう。心中お察しします^^;
僕だったらものの10分でケータイいじって「急な用事が・・・」ってなりますね(爆)

ノーマルショベラーより

投稿: zmarina7 | 2007年10月 2日 (火曜日) 02時32分

●工場長

まいどです~

>「3大やっちゃイケナイこと」と題して、1)Oリング交換しようとしてロッカーシャフトを引き抜く、2)クラッチ調整しててプッシュロッドを引っ張っちゃう、3)オイルポンプを外してドライブシャフトを押す、って話ししてたんです(笑

「メーターブラケットの2箇所のCリングを失くす」とか
「メーターギアのワイヤーをむりやり引っこ抜く」ってのはランク外?
工場長にとって、こんなのは全然序の口かな!?^^;

投稿: zmarina7 | 2007年10月 2日 (火曜日) 02時30分

●いのきんぐ

ういーっす!

>オイラのは納車整備の時すでにポンプ死んでたんで交換しましたw
>油圧に関しては問題ないと思うけど・・・
>オイラもバラしたらかなりいろいろありそうだなぁ・・・
もうね、今すぐにでもバラして中を確認したほうがいいよww
って、発言が段々師匠に似てきてるって?
でも根本的に何が違うかって言うと・・・自分じゃバラせない所かな(爆)
まあ、百歩譲ってバラせたとしても、いいのか悪いのかの判別が・・・^^;

精 進 大 事 ! ww

投稿: zmarina7 | 2007年10月 2日 (火曜日) 02時27分

●54Bさん

こんばんは~

>回転上げなかったとしても ローラーロッカーとか良さそうだから
>半袖氏 今度ローラーロッカー組んで実験お願いします 
わかりました!
では早速そのロッケンローラーとやらを物色するとします^^
・・・というか、それってナンですか??(汗)
今度効果効能&お値段をコッソリと伝授願います!

投稿: zmarina7 | 2007年10月 2日 (火曜日) 02時24分

●ハレ太郎さん

こんばんは~

>しかし、マリッペ号の油圧、去年の秋、猪苗代で見たときは確か始動直後40~50以上、
>暖まって20くらいと記憶してたのですが、最近、低くなったのでしょうか?
いや、あれ位をキープしていますが、200Fオーバーでのアイドリング時にはほぼ0です(汗)

>ちなみに、我が天晴れ号、始動直後20ちょい、暖まって0~10です( iдi )

   最 悪 で す ww
自然劣化でそれ以上の症状はありません。
ポンプ、終わっているでしょう。

早いうちに工場長に取り替えてもらいましょう! ww


投稿: zmarina7 | 2007年10月 2日 (火曜日) 02時22分

big_boy師>

>流石は兄貴・・・
>ローラーロッカーはショベルのロッカーシステムの欠点を解消できる贅沢なパーツです。

オレパーツ選択のセンスあんでないの? じゃぁポンプとローラーロッカーASSYは JIMSって凄く加工精度が高そうに見えるので JIMSでお願いします
って 師2人は S&S勧めてるじゃないか!  価格はそれ程違わない気が?と思ったら 70ドル位違った

JIMSポンプDSIのカタログだと 上リターン 下リターンのケース選択が有ったのですが CCIじゃ無かった カタログ古いから新しいの入手します

>在庫有るんで次回、半袖氏が望むなら取り付け可能です。^^

ローラーロッカー良いって聞いちゃったら 半袖が付けない訳ないじゃないですか
次回 無言で組み込んで下さい


TERU'79師>

>「3大やっちゃイケナイこと」と題して、1)Oリング交換しようとしてロッカーシャフトを引き抜く、2)クラッチ調整しててプッシュロッドを引っ張っちゃう、3)オイルポンプを外してドライブシャフトを押す、って話ししてたんです(笑

↑すでにオレは 1~2は通ってきた道だから 3も次回に経験しておく事を宣言するですよ

プッシュロッドは3回もやって 土曜日話したけど 軸用スナップリング(リテーニングリング?)に替えちゃったし

3は簡単に経験出来そうだしね ショベル乗りとしては これ全部やって経験値上げなくちゃ ダメだんべ?


マリーナちゃん>

ローラーロッカー凄く良いんだよ~ 世の中にこんな良い物ないんだよ~
また半袖のブログで色々書いちゃったよ ゴメン


投稿: 54B | 2007年10月 2日 (火曜日) 00時18分

>big_boyさん
土曜はbig_boyさんの所へ遊びに行こうかなって思ってたんですが、「もう終わっちゃったよ~」とのことでしたんで予定変更で横浜近辺で遊んでました。

>さては経験済みだな・・おぬし^^
むふっ、やりましたよ。若かりし頃(笑
「3大やっちゃイケナイこと」と題して、1)Oリング交換しようとしてロッカーシャフトを引き抜く、2)クラッチ調整しててプッシュロッドを引っ張っちゃう、3)オイルポンプを外してドライブシャフトを押す、って話ししてたんです(笑

えっ?あれって最初っからOEMそのものなの?
よくよく見てなかったから、ただOEM製と同じシステム&スタイルのレプリカなんだとばっか思ってました。
それならまだ"in Stock"でしたよ。
日本円だと4万円台半ばくらいですね。

あっ、プレッシャースイッチにはその針金みたいなポッチありましたよ。
最初に付いてたヤツと、前に交換した時の新しい方にも付いてたんで、普通は付いてるみたいです。

投稿: TERU'79 | 2007年10月 1日 (月曜日) 22時07分

★TERU79さん

>押しちゃうとシャフトだけいくらか向こうに押せちゃうんで、最悪中でキーだけポロっと落ちたりして・・・。

さては経験済みだな・・おぬし^^

>私は一昨年、たまたまV-TWINで普通のリプレイスポンプ買ったらラッキーなことに純正が来ました。

それってさ、カタログにOEMってなってるじゃん?
初めから純正がラインナップされているみたいよ。
換算で5~6万ってやつ。

投稿: big_boy | 2007年10月 1日 (月曜日) 20時07分

★猪木んぐ

>油圧に関しては問題ないと思うけど・・・
オイラもバラしたらかなりいろいろありそうだなぁ・・・

あるね・・一つや二つ。
確認したくなってこない?^^

整備の道はそこからも始まるのです。

投稿: big_boy | 2007年10月 1日 (月曜日) 20時04分

★54B兄貴

>昨日 ジャックカフェで TERU'79師と その話してた所なのですよ
傷の話も 締め付けトルクも 邪魔なステーも

ポンプは何処がイイのか?  S&S JIMS

土曜日集まったのですか??

ジムズもクオリティはs&sと同等ですが
S&Sの方が大分安いです。

>ボトムリターンとトップリターン

ノーマルタイプでも両方選択可能になってます。
チョッパーならすっきり見せる為ラインを目立たなく下から、普通は上からです。ポンプの中に目くら蓋が付属されてます。

>回転上げなかったとしても ローラーロッカーとか良さそうだから
半袖氏 今度ローラーロッカー組んで実験お願いします 

流石は兄貴・・・
ローラーロッカーはショベルのロッカーシステムの欠点を
解消できる贅沢なパーツです。
在庫有るんで次回、半袖氏が望むなら取り付け可能です。^^


投稿: big_boy | 2007年10月 1日 (月曜日) 20時01分

★ハレ太郎さん


>マリッペ号の油圧

温まるとアイドリング時に0になると聞いてます。

>我が天晴れ号、始動直後20ちょい、暖まって0~10です( iдi )

   最 悪 で す ww
自然劣化でそれ以上の症状はありません。
ポンプ、終わっているでしょう。

早いうちに工場長に取り替えてもらいましょう!

投稿: big_boy | 2007年10月 1日 (月曜日) 19時50分

ジャックカフェで皆が話してる内容が???だった所が少し理解できました
(あくまでホンの少しですが)

>81前期まではこれがないから~
自分のも81年ですがどちらなんでしょうかね?
なんとなく前期なのかなと思っていたのですが

今度big_boy師に見てもらうのが少し楽しみになってきました

投稿: ヒビキ | 2007年10月 1日 (月曜日) 15時18分

>54Bさん
そうそう、あのステー。
ハレさんに「曲げてもいい?」って聞いたのそれですよ。
外す時はまだしも、トルクレンチ使って組む時は、あのステーが非常にムカツクんです。

で、ポンプドライブギアとシャフトがバラしてある絵(タオルの上に置いてある写真です)がありますが、あれがカムカバー内でシャフトの溝にキーが入ってドライブギヤ、そしてケツ(右端)にCクリップが付いてる状態で入ってます(カムギアに対して直角の向きです)。
だからポンプ外した状態で手前に引く分には、ギアが左側の障害物にぶつかって、しかもケツにあるCクリップで止まるんですが、押しちゃうとシャフトだけいくらか向こうに押せちゃうんで、最悪中でキーだけポロっと落ちたりして・・・。
カムカバーまで開けたくなかったら、シャフトは押しちゃダメって話しはそういうことです。

ポンプはやはりS&Sが良いんじゃないですか?
私は一昨年、たまたまV-TWINで普通のリプレイスポンプ買ったらラッキーなことに純正が来ました。
いっちょ賭けに出てみるとか(笑

投稿: TERU'79 | 2007年10月 1日 (月曜日) 01時15分

着々と進んでますね~!
オイルポンプ、オイラもS&S付いてます。
オイラのは納車整備の時すでにポンプ死んでたんで交換しましたw
油圧に関しては問題ないと思うけど・・・
オイラもバラしたらかなりいろいろありそうだなぁ・・・

投稿: 猪木 | 2007年10月 1日 (月曜日) 00時45分

えぇ~~~! これくらいで駄目なの?

↑ って書いてみるテスト
じゃなくて ギアポンプだから充分 送油量 圧とも有りそうだが
あの傷の隙間で逃げちゃうのかぁ!

昨日 ジャックカフェで TERU'79師と その話してた所なのですよ
傷の話も 締め付けトルクも 邪魔なステーも

ポンプは何処がイイのか?  S&S JIMS
  
カタログ見てたら ボトムリターンとトップリターンがあるじゃないですか? オレの覗いたけど 見づらくてよく分からなかったでした
パジャマが汚れるから真剣に見なかったし

80yまでの 穴の話も聞いたばかりで 写真で見ると分かり易いですよ
2人の師 今度是非 ご教授下さい

回転上げなかったとしても ローラーロッカーとか良さそうだから
半袖氏 今度ローラーロッカー組んで実験お願いします 

>我が天晴れ号、始動直後20ちょい、暖まって0~10です( iдi )
ハレ太郎氏 もう諦めて 千葉の先端か 神奈川の先端まで向かうようだな!

投稿: 54B | 2007年9月30日 (日曜日) 23時42分

big_boy師匠!
見てます!見てます!見てしまってますぅ~!!
しかし、マリッペ号の油圧、去年の秋、猪苗代で見たときは確か始動直後40~50以上、暖まって20くらいと記憶してたのですが、最近、低くなったのでしょうか?
ちなみに、我が天晴れ号、始動直後20ちょい、暖まって0~10です( iдi )
警告灯は点きませんがやっぱ低すぎですね…。
きっとポンプの壁、キズだらけなんでしょうね…。

投稿: ハレ太郎 | 2007年9月30日 (日曜日) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 驚愕の解体ショー フロントヘッド編続き・ホーニング他 | トップページ | 驚愕の解体ショー  カムカバー・タペット・ヘッド編 »