« 驚愕の解体ショー  カムカバー・タペット・ヘッド編 | トップページ | 驚愕の解体ショー  タペット組上げ編 »

2007年10月 4日 (木曜日)

驚愕の解体ショー  キック編

 

開けてびっくりマリーナ号、出てくるわ出てくるわ・・・^^;

 

HDN「語ろう ショベルFLH!」を主宰するbig_boy師匠が連続でお送りする、

ショベルを愛するショベル乗りのためのメンテナンス講座、いよいよ大詰めです!! 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ここから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

●キック関係オーバーホール

 

まずミッションオイルを抜きます。

  

Img_1431_3  出てきた54B兄貴一押しのレッドライン。

 それから一世に広まり、私も使ってます^^夏場は特に良い!

 たれなく素晴らしい。

 で、ケチャップとソースが混ざった感じの色・・臭いし、なんかキモ。

 

Img_1433_3  バッテリーケース下のステーを外し、ボルトを外して・・・

 ドロ・・ドロ・・ドロ

 

 

 

Img_1435_5  中身はこんな感じ。

 

 

 

 

Img_1437_3  そこをペーパーウエスで払うと・・・・なにやら金属片・・

 こういうのが綺麗になったと思うとなんか気持いいね!

 でも良く見ると、ベア・・・の破片も混じってる??

 これ以上はミッションケース内部。 えぇい、この際目をつぶるとしますww

 

Img_1439_4  キックギアを外します。

 動いてしまうのでコンペンを外すプラスチックの三角を噛まします。

 これ、色々なところのギア関係につかえて(他車種の)

 一つ持っていて損はありません。

 

Img_1440_5  外れました。 内部はこんな感じ。

 中身は純正みたいな気がするんだけど・・

 明らかに台湾製の社外とはキックストッパーとかが違います。

 

 

Img_1441_4  外れたパーツ群。

 スプリングは3分の1くらいに低くなり、潰れてました。^^;

 咬みあいが弱かったね、これでは。

 

 

Img_1442_4Img_1443_4

 

 

 

 

 

赤いオイルが付いている方が既存のもの。 付いていないのが新品。

既存のモノの方がブッシュにオイル溝があり、良く出来てます。

やっぱり純正かも?このブッシュの磨耗を期待していたのですが、^^;

殆んど磨耗していませんでした。

私の感覚だと新品の方が僅かに広い感じがします。

ココでどうするか迷いました。交換するかしないか・・・・折角キックキットを買ったのにね。

 

 

*注1

以前からキックの動きが渋かった気がしてたので、ポン交換する予定でした。

しかし、カバーがポリッシュでは無くキンキラのメッキが届くアクシデント。

が、しかし新品社外同士のギアのかみ合わせを見てみたが半分程度しか掛からない!!

やってくれました台湾製!

既存のものはキッチリと噛み合います。

ココで迷いは無くなり、既存のギアの再利用を決定!

カバー側のギアも傷があったので交換に決定。

 

 

*注2

ココでデジカメバッテリー切れ。

ギアの噛み合わせ比較も、スプリングのへたり画像も取れずジマイ・・すんまそ〜ん。

 

 

ココで新事実発見!!! 又見せてくれました、

マリーナ号中に蜂が・・・・

                      嘘  で  す。

キックシャフトが抜ける寸前。まさに虫の息。

 

ロックタブの僅かな引っかかりで、かろうじてナットが脱落を逃れていました。

まさに南房総さんの吹き矢的中、kyonちゃんの呪いか??

これが先日の北海道でスッポ抜けていたらどうなっていたか・・・悪いけど 笑っちゃいます。^^

そこはツーリング歴戦練磨の半袖氏のことだから無事切り抜けたでしょうが、

いつかのように誰かに実況中継され、帰って来たら間違いなく、みんなの的にされていたでしょう。

 

 

いそいそ組み上げキックOH終了。画像なし。

(既存のギアの噛み合わせの画像は携帯にバックアップしてあるから今度見てね)

カバーのブッシュは流石に磨耗してるから今度交換ね。

  

●特別付録!マリーナ号のシリンダーセンター出し映像!

 
キックオンリーで、しかもそのキックアームのスプリングが壊れた状態で

このセンター出し作業、ホントにスミマセン・・・^^;

 

"> 

 

 

〜次回は、いよいよ感動の最終回!?

 

|

« 驚愕の解体ショー  カムカバー・タペット・ヘッド編 | トップページ | 驚愕の解体ショー  タペット組上げ編 »

コメント

●54Bさん

>ココログ経由だと数秒見られて途中で落ちなく成っちゃうみたいです
>Not Found
>ページがみつかりません。 
>て出ちゃうんだな
僕のPCですと、YouTubeを開かない状態でblog上の三角でスタートしても、
何の問題もなく最後まで再生出来るんですが・・・^^;

>さすが半袖ブログ アクセス数が多すぎるんじゃないの?
>ショベルバイブルとして
この一連の内容ですが、何と言っても
僕 が バ イ ブ ル に し た い 位 で す ww

僕が弄る時は、プリントアウトしてガレージに持って行きます^^

投稿: zmarina7 | 2007年10月 5日 (金曜日) 01時10分

>あれ? このblogに貼ってあるYouTube画面中央の三角を二回クリックすると普通に始まりませんでしたか??

ココログ経由だと数秒見られて途中で落ちなく成っちゃうみたいです

Not Found
ページがみつかりません。 

て出ちゃうんだな
YOU TUBE開いてあると そっちで始まって見られるけど 
さすが半袖ブログ アクセス数が多すぎるんじゃないの?
ショベルバイブルとして


投稿: 54B | 2007年10月 5日 (金曜日) 00時59分

●54Bさん

こんばんは~!

>ココログだと動画が途中で見られなくなったけど
>ユーチューブを開いておけば ココログのこの動画をクリックすると
>ユーチューブでこの動画がはじまりました 見られて良かったよ
あれ? このblogに貼ってあるYouTube画面中央の三角を二回クリックすると
普通に始まりませんでしたか??

>↑おれもマリーナちゃんのブログにハンドルが出れば 全国区か?
え~、54Bさんはすでに何度もご登場頂いていますが・・・^^;

投稿: zmarina7 | 2007年10月 5日 (金曜日) 00時40分

●big_boy師匠

こんばんは~ いよいよ大詰めですね^^

>短期間で2万キロを走り、バイクからの危険信号を関知できず、
>乗りっ放しにするとどうなるか?今回良い例だと思います。
・・・回を重ねるごとに厳しさが増してきている気が・・・^^;

しかし、まさかココまでとは思わなかったですよね!
今週末、楽しみです^^

投稿: zmarina7 | 2007年10月 5日 (金曜日) 00時34分

●いのきんぐ

ういーっす! どう? 勉強になってる?ww


>短期間で2万キロを走り、バイクからの危険信号を関知できず、
>乗りっ放しにするとどうなるか?今回良い例だと思います。
ほら、いのきんぐのコトだぞ!(自爆)

いやぁ~、今回はこれでもか!っていう位直メールで師匠にダメ出しされたよ^^;

結構調子良かったと思っててもこんな感じだから、マジで一度しっかりと
開けて確認しておくといいかもね!

投稿: zmarina7 | 2007年10月 5日 (金曜日) 00時31分

ヘッドは左右回転方向に相当動くので シリンダーも動くとは思っていたのですが
センター出しって こうやってやるんだ!
ヘッド仮組みしておいて マニフォールドの隙間や冶具でヘッド位置を決めれば
シリンダー位置も決まっちゃうのかと思ってましたよ
又は クランクケースのスタッドボルトに置くだけで動かないのかとも?

何よりもこれが一番重要じゃないですか?

ベースナットを緩めに締めて 廻して ピストンの行きたい方向にあらかじめ行かせてやって また締めてから また廻してから本締めでOK?

ココログだと動画が途中で見られなくなったけど
ユーチューブを開いておけば ココログのこの動画をクリックすると
ユーチューブでこの動画がはじまりました 見られて良かったよ
最初は何やってるのか 解からなかったけどね
T.D.C出してるのかと思いまスタ

>出てきた54B兄貴一押しのレッドライン。
>それから一世に広まり、私も使ってます^^夏場は特に良い!
>たれなく素晴らしい。

↑おれもマリーナちゃんのブログにハンドルが出れば 全国区か?

投稿: 54B | 2007年10月 4日 (木曜日) 23時02分

★猪木んぐ

どう?勉強になってる?

短期間で2万キロを走り、バイクからの危険信号を
関知できず、乗りっ放しにするとどうなるか?
今回良い例だと思います。
キックの動きが渋くなったり、ギアがすっぽ抜けるような
感覚はありましたね。

それだけでなく前回のショップでのOHは非常に疑問ですね。

*実は俺もキックシャフトのすっぽ抜け、昔に経験してます。^^;

猪木んぐもアクスルナットの脱落経験してるよね・・・
う~、思い出しただけでも寒いよ。

投稿: big_boy | 2007年10月 4日 (木曜日) 22時37分

お~!いよいよ大詰めですね~!
しかしレッドライン、やっぱ赤いな~ww
バラシの画像でみるとまるで重傷を負ってるみたいですなww
キックシャフトが抜け落ちる寸前!!??
スゴイな~!
てかオイラも自分のますます心配になって来た(汗

投稿: 猪木 | 2007年10月 4日 (木曜日) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 驚愕の解体ショー  カムカバー・タペット・ヘッド編 | トップページ | 驚愕の解体ショー  タペット組上げ編 »