« 驚愕の解体ショー  完成? | トップページ | ついに納車&連休湘南通信 »

2007年10月 8日 (月曜日)

驚愕の解体ショー ついに最終章

 

1 HDN(Harley Davidson News)の「語ろうショベルFLH」のスレ主、 

 ショベルを弄って早○○年の大ベテラン・big_boy師匠による

 写真解説付きのマリーナ号解体ショーを数回に亘って公開して参りましたが、

 いよいよ最終回です!

 

普通に仕事をしつつ、貴重な空き時間で怒涛の解体作業をして下さったbig_boyさんに

この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

big_boyさんのご厚意による今回のOH内容を、不肖ワタクシめのblogにおきまして

僕と同じ「悩めるショベラー」に捧げます。

    

合言葉は 

 点 検 大 事 ! & 素 人 整 備 危 険 ! w

 

頑張って精進したく思います^^;

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ここから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今度こそ・・・This is the real last chapter!

 

【最終章1 始動~不良】

 

Img_1508

 エンジン始動! さぁ、結果はいかに・・。

 エンジンOH後の始動の際は、タペットを主にヘッドを始め

 エンジン全体にオイルがいきわたるように・・・

 
 

プラグを付けずにキック!キック!キィ~ック!キックの鬼だぁ~!(古る)

セル付きだったら簡単なんだけどね。

セル付きの場合はプラグを抜いた状態で回すと、バッテリーが弱いときとかに

ソレノイドが張り付いてクランキングが止まらなくなる時があるので

いつでもマイナス端子を抜けるようにしておいてね・・

俺も何回も経験してるけど焦るよ~ホント^^;

メインを切っても止まらないから。

そうなった場合、ソレノイドを蹴っ飛ばすと張り付が取れる事が

あるらしいのだけれど(9D御代・談)構造上、丈夫なモノではないからね

壊したら大変! お勧め出来ません。

OHばかりのエンジンは初めは掛かりにくいから、マリーナ号みたいに

キックオンリーの場合はプラグからガソリンをオイラーでチュチュ!っと入れよう。

で、キック4~5発! 緊張の瞬間・・・

このエンジンが掛かる瞬間はいつどきでも「胸がドキドキ」するね^^

苦労が報われる時。エンジンは確実にそれに答えてくれる。

で、バババァ~ん!と掛かったは良いけど、

なんと、鬼のクシャミ連発!!!!

何とか回転をあげて保とうとするけどキャブからの吹き返しが凄くて困難。汗

そんな事を繰り返しているうち、夕方だったせいか、見る見るうちに

フロントパイプが真っ赤っかに・・・^^;   

やべぇ~んでねぇの?これ? 笑

掛かっているうちにミクスチャー調整しようにも燃料ホースのクランプボルトが

邪魔して不可能、回転保つのも困難、キックしすぎで膝の裏の筋が~~~~。

な、何じゃコリャ~!!

これは明らかに薄い症状なので、次の日の帰宅後、ミクスチャーを

調整出来るようにして再度トライ!

 

鬼のミクスチャー回しでクシャミは止まるが、回転をあげるとストールする・・・。

そうこうしているうちに近所の幼稚園から

「あの~子供が昼寝しているので、よそでやってくれますか?」・・・・ 

             この日の作業中止。 T0T/~

 

う~ん、なんなのだろう。

エンジンは間違いなく組んだはず。  自分を信じろ!

 

あのサザエの蓋当たりのF/EXバルブが悪戯してるのか・・・

こういうときに仕事が忙しく、弄る時間が無いのでかなりテンパルがヒントは沢山ある。

*バラシたエキパイ内部は異常に白かった。

マリーナ氏に電話して俺の所に持ってくる直前の状態を聞くが、

別になんともなかったと言う(鈍いせいかもw)

 

一晩考える。薄い状態。

トラブルシューティングの方法は

1、二次エアー関係

2、コンプレッション判定

3、コンデンサー不良(似ている症状)

  

Img_1485_2 まずキャブのマニホールドを見てみる・・・

 ??? なんか盛り上がっている・・・・

 ココからエアーが?? 早速ばらして見ると・・・・

 

 

Img_1494Img_1496

 

 

 

 

 
が~ん・・・

組む時、バンドの異常に気が付かなかった^^;

外したの俺じゃないし・・。 

 

Img_1495 裏・・・・

 これだ・・・完全にエアー吸ってる。(--;)

 

 

 

 

【最終章2 驚愕の事実】

  

Img_1499Img_1501

 

 

 

 

 

完璧にエアー吸ってます。恐ろしいほど。 前に付いてたシールを確認するとやはり同様。

これでエキパイ内部の異常な焼けの疑問も解決です。

そういえば俺のところに持ってくる前週にイカリング取り替えたって言ってたよね?

前からクシャミをしていたはずですが・・・・

これ、バンド不良、いつからなんだろう。^^;

正しい知識で取り付けないからこうなるのよww

点検を怠り、再利用した俺も俺だけど。^^;

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ブログ主&マリーナ号オーナーからの注釈

 

千葉走キャンプの帰りに大磯でチェックした時に「もうイカリングダメだなぁ!」って思いまして

今回、新品のバンド(クランプ)と追加イカリングを準備して

big_boyさんの所に持って行っていたのです。。。

取り付ける時に古いやつを捨てて、新しいセットに付け替えしようと思っていたのを

お伝えしていませんでした。。。(汗) 

 

大変申し訳ございませんでした^^; 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  

★バンドシールの正しい取り付け方。

シリコングリースをイカリングの外周とバンドの内側に薄く塗り(揉む程度ね)

無理が掛からないように様子を見ながら左右均等に(右を締めたら同じ量で今度は左)締めます。

 

Img_1494_2

 すべりを見ないで一気に締めこんだり、グリースを塗らなかったりすると

 ゴムバンドとの抵抗が(二重にまかる部分)増えてそこが変形してしまいます。

 

 

 

Img_1505 満を持して新しいバンドに付け替え、

 ジェームズの普通の黒いイカリングを使い完了。

 

 

 

マニーホールドバンドの締め付けの重大さはアライメントも含め、

エンジンの状態を大きく最大限左右するので調子の出ない車両は良く点検しようね。

*シリコングリースをラバーバンド外周とバンド内側に塗りちょっとづつ左右均等に締めていくのよ。

 細くて小さいマイナスドライバーでセンターを出しながらね。

 そして締まるからって締めすぎも×

 

 

【最終章3 そして判明するマリーナ号驚愕の事実においての最大の事実】

 

これで直ったと・・これで終わったと俺は確信した。

一応コンデション確認の為、一応コンプレッションを測ると・・・・・・・

リア9キロ! おぉ~いいねぇ^^  で、フロントは??

                 6.5キロ   はぁ??

嘘でしょ・・^^;

きっと嘘に違いない。 キック!キック!キック!

            
                
 7キロ (ド~ン) 
     
             
リアは余裕で9キロ。

一生懸命やれば何とか7キロ近くは行くが・・ これが事実。

リアとフロントのコンプレッション差の許容範囲は1キロ

軽 く 越 え て ま す ^^; 
         
          

あなた、こんなので今まで乗ってきたんですかぁ??

恐るべし!マリーナ号 そしてショベル万歳!! 

懐深しショベルヘッド!

これからは9・6(クンロク)マリーナ号と呼ばせてもらうよ。

 

画像少なくてごめんね。この頃になると全く画像はないよ。^^;

 

 

【最終章4 セッティング、インプレッション】

 

油温を185Fくらいで、キャブのセッティング、点火タイミングを調整する。

今までよりタイミングは遅め、濃い目で(家系ラーメン風)でセットを取ると

            
       これ、ナンデスか??

          

物凄く速いんですけど・・・・汗。

 

怒涛の低中速!!(高速は試していない90まで)

     物凄いドコドコ感! 車体が壊れそう。

流石はボアアップ!!爆  (004オーバーピストン)

 

低回転でのアイドルの落ち着きと回転の落ちが少し悪いけどこの9・6コンプじゃ納得だよ・・ね。

そんだけ圧縮が違うのに、こんだけ調子が良いのが不思議なくらい。

 

いやぁ~勉強になりますよ。

俺も今まで経験した事ない。

今でこれだから、キチンとヘッドやり直したら・・・・・

               

凄いだろうね、きっと。^^

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

※お願い

このbig_boy師匠による一連の解体ショーの記事&写真を見て「助かった!」とか

「参考になった!」と思われた方、是非HDN「語ろうショベルFLH!」に書き込んで下さい!! 

http://www.hdn.gr.jp/

「harley」「davidson」というIDとパスワードを入力して「ご意見番」内の当該スレまで^^

 

是非お願いしますね~!!

 

|

« 驚愕の解体ショー  完成? | トップページ | ついに納車&連休湘南通信 »

コメント

●ふくろうさん

こんばんは~

>big_boy師匠 お疲れ様でした┏ο
ホントにお疲れだったと思います^^;

>王子、良かったですねぇ もう横浜には足向けて寝られませんね(笑)
今回全部中身を把握出来て、まさに師匠のおかげです^^

>それにしても差が1kgfとは・・・
え~、
前後の圧縮の差が2k以上あるとドコドコ感が増して、鬼の低速トルクがモリモリとなります(爆)
 
と言うか・・・よく2kも違ってて普通に走りますよね(汗)

投稿: zmarina7 | 2007年10月 9日 (火曜日) 01時14分

big_boy師匠 お疲れ様でした┏ο
王子、良かったですねぇ もう横浜には足向けて寝られませんね(笑)

イカリングの締めつけ不良とは、目からウロコに近い話です。
「締めつけ過ぎ」もイカンのですね…
以前いきなり真っ白になったときもコレだったのかな…

明日早速もう一回ばらしてみよう…

本当にこの一連の日記はバイブルですね。
もちろんwebPage完全 で保存させていただきました
師匠と王子とmarina号?に大感謝です
それにしても差が1kgfとは・・・

投稿: ふくろう | 2007年10月 9日 (火曜日) 00時57分

●工場長

>つ~か分かり易いなぁマリッペは。
>やっちゃダメなこと見事にやってくれますね(笑
・・・わはは^^;

>普通はそこまで変形してると、セッティング出なくておかしいと思う筈なんだけどなぁ。
big_boyさんのところに持ち込む寸前まではギリギリ大丈夫だったんだよ。
クシャミとかしなかったし^^;
まあ、時間の問題だったことは自明ですが(爆)

”ショベルなら前後の圧縮が1K以上違ってもわりと普通(?)に走れる”
いやむしろ「前後の圧縮は2kg以上の差を保ちなさい」かもよwww

投稿: zmarina7 | 2007年10月 9日 (火曜日) 00時47分

つ~か分かり易いなぁマリッペは。
やっちゃダメなこと見事にやってくれますね(笑
普通はそこまで変形してると、セッティング出なくておかしいと思う筈なんだけどなぁ。

それにしても驚愕の結果には驚きました。
私も少し見解を変えないといけませんね。
”ショベルなら前後の圧縮が1K以上違ってもわりと普通(?)に走れる”
いやぁ~勉強になるなぁ、ってそんなバカなぁぁぁ!

投稿: TERU'79 | 2007年10月 9日 (火曜日) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 驚愕の解体ショー  完成? | トップページ | ついに納車&連休湘南通信 »