« 福島新年祭ダイジェスト | トップページ | 溶接初めと鎌倉散歩 »

2008年1月12日 (土曜日)

新年、満を持しての

     

2008年に入って早速の3連休ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
僕なんですが・・・せっかくの連休というのに逗子はあいにくの雨模様。。。

ということは、満を持して絶好の「メンテ初め日和」と言う事ですww 

ちょうど、ロッカーオイルラインの件や、昨年にbig_boy師匠から「自分で簡単にできるよ」※
言われていたキックアームの角度戻しとかがいろいろあるのでガレージに籠ることにしましょう。

※まだこの時は「簡単に出来るのなら」と思っていましたが、それが嘘だとはまだ気付いておりませんw 

ちなみにこいつらは、昨年末にeBayで落札してあった品々。

Dsc_9272

Dsc_9650

 

 

 

 

 

Dsc_9651

 これは、ロッカーオイルライン(社外ですが)その他パーツ。

 今週に○ッツ○ロームにて買っておいたやつ。

 今朝無事に我が家に届きました。

 ・・・でも、この宅急便の包装袋を見てみますと・・・

  

Dsc_9661Dsc_9679

 

 

 

 

 
オイリーですw  開けたら、ミッションオイルが漏れていたようです。
まあ、ミッションオイルはきっちりと1クオート使う訳ではないので、ヨシとしましょう。  

Dsc_9698  コレです!

 big_boy師匠から「オイルラインが社外の短いタイプなので

 交換した方が良い」とのことでしたので、コレに交換しましょう。

 でも、これも立派な社外品なので短いのかも(汗)

  

Dsc_9702Dsc_9705

 
  

 

 

 
せっかくガレージに行くので、純正のサドルバッグのカギ、コイツらも交換します。
なんてったって純正2個セット! これからは左右同じキーでオープン可能!

Dsc_9708Dsc_9711

 

 

 

 
 
こちらは今日は使いませんが、AMF時代のNOSのボルトセット。
・・・つか、使う日が来るのでしょうか??  こいつらは大切にしまっておきましょうww

Dsc_9723_3  

   

 

 

 

 

 

 

さて、ガレージでのメンテ初めです。 作業準備完了!
 

Dsc_9732  まずは、ミッションオイルを抜くことから始めてみました。

 しかしこのREDLINE、いつ見てもおぞましい色してます。

 

 抜けるまで、例のキーシリンダーを交換してみましょう。

 

Dsc_9736Dsc_9737

 

 

 

 

 というのも、特に右バッグのカギ山がすり減ってしまい、普通は抜けないような右90度位置でも 
すっぽりとカギが抜けてしまうのです。 当然中のツメもゆるみますし、大切なフタが飛んで行って
しまう危険性があります。  

Dsc_9741  取り外した古いキーシリンダー。

 いままで働いてくれてアリガトウ!

 

 

 

Dsc_9742  早速新品に交換してみますが・・・もう完璧^^

 キーのささり具合といい、回し具合といい最高です!

 新品は2個セットですので、左側も交換します。

 これで左右ワンキー体制の完了です!

 

Dsc_9748Dsc_9749

 

 

 

 

 
 

Dsc_9760  そんなこんなしている間に、ミッションオイルが抜けきったようです。

 マフラーもエキパイから外して、キックカバーを外していきましょう! 

 ・・・つか、マフラーを外したあたりからイヤな予感がww

 ちなみにキックカバー外すの初めてです(汗)

 

その時がやって来ましたww

ミッションオイルはもう抜けきってるかと思いきや・・・ 

Dsc_9774

Dsc_9769 

 

  

  

 キックカバーを外そうとした瞬間・ドバーッっと滝のように血が流れ出しました(汗)
色が色だけに、マジでビビりましたww

Dsc_9782Dsc_9781

 

 

 

 

 

Dsc_9786  落ち着いてカバーを取り外します。

 一応中をウエスでさらって点検したところ・・・

 なにかを発見しました!

 

 

Dsc_9789  コレ、いったいどこのパーツの残骸なんでしょう??

 よくネジとかの加工工場の軒先に山積みになってる

 タップの切りくずのような感じですが・・・。

 ・・・見なかったことにしましょうww

 

Dsc_9799  さて、この中心のボルトを外して、シャフトを180度回転させて

 また締めればいいんですよね。

 良く見ると、ココはロックワッシャー仕様なんですね。

 

 

Dsc_9802  ナットを外し、キックギアを180度回して取り付け完了。

 あとはバラシた順番と逆に、組んでいけばOKのハズです。

 

 ・・・つか、僕にとっては相当大がかりな作業なんですが(汗)

 

Dsc_9808  ですが、カバーをそのまま被せるのではなく、このシャフトを手前に引いて

 キックギア同士をかみ合わせてやる必要があることが判明。

 ちなみに手で持っているシャフト(これってクラッチロッドかな)ですが

 手前にスーって引き過ぎると何か大変な事が起こりそうな予感ですw

 

Dsc_9813Dsc_9816

 

 

 

 

 バッテリーのラバーマウントボルトも相当ナナメってたので、ついでに新品に交換しておきましょう。
 

Dsc_9818Dsc_9821

 

 

 

 

 うまい具合に組み込み完了! でも果たしてコレで本当に大丈夫なのかが心配なので、
カバーを仮止めした状態でキックアームを取り付け、クラッチワイヤーを組んで試してみます。

と、昔ながらのキックスプリングの効いた蹴りごたえが復活しました!
ちょっぴり安心して、本締めを。

Dsc_9823Dsc_9824

 

 

 

 

 いつもREDLINEを買っていたネットショップが「在庫なし」で間に合わなかったので、
今回は安いRevTechのミッションオイルを入れる事にします。

Dsc_9836  さすがにいつもの交換では無く、あの「ドバーッ!」の分も

 あったので、700ccちょいを飲みこみました。

 これにてようやくキックシャフト180度反転作業は完了です!

 

 

・・・え~、big_boy師匠! これのドコが簡単なんですか!(怒)w

  

Dsc_9849

 さて、お次は例のロッカーオイルラインの点検・交換です。

 エアクリとSUのドームをばらしていきます。

 

  

 

Dsc_9850

 今日のメインはあれです。

 

 早速外してチェックしてみましょう。

 

 
  

Dsc_9857Dsc_9860

 

 

 

 

 今回入手した社外のオイルラインと、形状が微妙に違います。

付いてたやつは /\ こんな感じのへの字で、新しいやつは / ̄\ みたい。
肝心の長さは・・・ほとんど変わらない??  ・・・計測しましょう。 

Dsc_9865Dsc_9867

 

 

 

 

 付いてた社外/\タイプは8.03cm、今回の新しい社外/ ̄\は8.09cm。 ビミョー!!ww

では、ロッカーに付いてるフィッティングの内径を計ってみます。

Dsc_9870Dsc_9873

 

 

 

 

リアのフロント側が0.545cm、フロントのリア側が0.6cm。 
これはフロントのリア側が0.05cmだけ径が大きいですね。
 

Dsc_9880

 ちなみに、今回の社外のフィッティングの内径を

 計ってみました。

 こいつらは4コとも同じで、すべて0.65cmでした。

 ・・・むむむ、どれをどこに付けるのが最適なんでしょう!?

 

Dsc_9882  上下のオイルラインも外してみました。

 このラインの長さはほとんど一緒ですが、太さが若干違います。

 今マリーナ号に取り付けてあった方がパイプの肉厚が微妙に厚いです。 

 こっちの方が頑丈そうなので、このまま変更せず。

 

Dsc_9886Dsc_9889

 

 

 

 

 
せっかくなので、上下のフィッティングも計測します。
上のフィッティングの内径は0.625cm、クランクケース側が0.6cm。 

 0.625    0.545 ― 0.6
 |
 0.6

こんな感じです。 

Dsc_9893  ・・・何が何だか良くわからないので

 このまま取りつけますww  

 

 

 
さて、マフラーを取り付けますがリア側のここがスポッと取れちゃいました。
良く見ると、単純に刺さってるだけのようなので、単純に差し込みましたw
 

Dsc_9898Dsc_9837

 

 

 

 

 

Dsc_9910  さて、マフラーを取り付けて今日のミッションは完了!

 ガレージに来てからここまで約3時間。

 慣れた人だったらこの半分以下の時間でやるんだろうなぁ。

 まだまだ修行が足りませんです。。。

 

Dsc_9914  さて、メンテ初めはまだまだ続きますw

 今度は左側。

 半年以上放置しておりますクラッチなどを見てみましょう。

 

 

Dsc_9916Dsc_9919

 

 

 

 

 
うげーーーー! フリクションディスク達がスラッジでギトギトですよ先生!
おまけにクラッチシェルの壁面もオエーーーな状態。
 

Dsc_9923

 クラッチシェルとフリクションディスク一式の清掃で 

 パーツクリーナー2本使いました^^;

 

 

 

Dsc_9930

 でも、かなりいいクラッチの感触が戻って来ました!

 やっぱりこまめにメンテしなきゃ、ですね。

 

 

 

Dsc_9928_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

これにて、4時間に亘ったメンテ初め、終了です~! 

今年も点検大事!で頑張るでーー!^^

 

 

追伸:腰が痛いです

 

|

« 福島新年祭ダイジェスト | トップページ | 溶接初めと鎌倉散歩 »

コメント

●でんでんさん

でんでんさんは、アドベンチャHDで何を仕入れたんですか??

>フルチュンCVへの換装はそろそろですか?
あ! すっかりCVの存在を忘れてました(汗)
前に取り付けたフルチューンCVはbig_boy師匠の私物でしてもう返却済みです。
僕のCVは普通のCVなので、45に送ってフルチューン化作業をお願いしなきゃ状態です^^;

でもその前にフロントの6kg台と言う圧縮を何とかしなければ!!

投稿: zmarina7 | 2008年1月14日 (月曜日) 14時51分

●ふくろうさん

ははは、了解です~^^
今日はこれからJackCafeですので、遅刻しないように来て下さいね~!!^^;

投稿: zmarina7 | 2008年1月14日 (月曜日) 14時48分

ワシもアドベンチャHDから荷物が届きました。
フルチュンCVへの換装はそろそろですか?

投稿: でんでん | 2008年1月14日 (月曜日) 01時54分

すんませ~~~ん 勘違いしてましたね
クラッチプッシュロッドが反対側へスルッと抜け~というくだりがあったのでてっきり差し込みOnlyの旧型Typeが付いていると思ってしまいました。
スリンガーのcリングを外した上での話なんですね…

失礼しました┏ο
VTとかで70-84に古いタイプのthroughoutを付けるconversionKitってのがあって、以前cリング外れちゃったときにその話が出てたもんで^^;

投稿: ふくろう | 2008年1月13日 (日曜日) 17時55分

●big_boy師匠

>ね?簡単だったでしょ?^^
確 か に 簡 単 で し た (爆) 
・・・んな訳ありません!! すげー大変でしたよ!!w

>みんな、♪俺が、♪わるいのさ~♪(尾藤イサオ)
それって、アニマルズのカバーのアレですか??  古~wwwww
僕が生まれる前ですよww

>もう、遅いか・・・汗 君のことだから同じくらい締めたねキットww汗
そうなると思ったので、今回はフィッティングは外さずに、ラインだけにしておきました!^^

>お疲れさん。素晴らしい◎
初めて「◎」を頂きましてありがとうございます!!

>今度、俺のキック取り付け時は頼む!
・・・
お ま か せ く だ さ い (爆)

では、明日の夕方にJackで!

投稿: zmarina7 | 2008年1月13日 (日曜日) 08時38分

●ふくろうさん

>オイラなら余計なところを壊してしまってるでしょう
僕の場合も、今日走りに行ってから初めて壊したコトが判明するかも、です(笑)

>メンテしようにも氷点下は辛すぎます…
体はさておき、確かに指先とかはツラそうですね^^;

>スリンガーは旧タイプなんですね そっちの方がイイという話ですよねぇ…
70-84の4速キックはこのカッパ頭タイプだと思うんですが、適合する「新タイプ」スリンガーって知らないです。。。
参考までに、適合する新しいタイプのオイルスリンガー情報を教えて頂けますか??
宜しくお願いします!

投稿: zmarina7 | 2008年1月13日 (日曜日) 08時31分

●9D御大

やってましたよ~ww
ウチの地下のガレージはそんなに寒くならないようで、Tシャツ+ツナギでOKでした^^
経験はイマイチなんですが、作業スペースだけは恵まれてますよね~。。。

>p.s.業務連絡 14日PM 於j.cafe との事
かしこまりました! 夕方に現地入りします!!
あ、例の200,000HITのお礼もその時に^^

投稿: zmarina7 | 2008年1月13日 (日曜日) 08時26分

ね?簡単だったでしょ?^^
スローアウトをよけるくらい、何処も難解なところはないと思うが。^^

(まぁ、まぁ、あんまり怒りなさんな^^)
半回転甘く組んだこの俺が・・・

みんな、♪俺が、♪わるいのさ~♪(尾藤イサオ)

ヘッドのラインだけど長さの違いは少しだったか・・・。
社外にしても完全にカットしてあるかと思ったけどね。
フィッティングしめすぎてないよね?
フィッティングを長めにして長さを稼ぐしかないね。
締めると何処までも締まってしまうからね。

もう、遅いか・・・汗 君のことだから同じくらい締めたね
キットww汗
一報くれればよかったのに・・。「長さが同じやんけ~って」

だからココは滅多に外す所ではないのよ
緩くなってしまうからね。

お疲れさん。素晴らしい◎
今度、俺のキック取り付け時は頼む!

投稿: big_boy | 2008年1月12日 (土曜日) 22時30分

お疲れッス
この作業で4hなら十分早いと思いますが?(オイラなら余計なところを壊してしまってるでしょう)
こちらではまずガレージを暖めるのに半日は掛かりますし…(自爆)
メンテしようにも氷点下は辛すぎます…

スリンガーは旧タイプなんですね そっちの方がイイという話ですよねぇ…

JackCafe…行きたい(T.T)

投稿: ふくろう | 2008年1月12日 (土曜日) 21時53分

やってましたか^^
今日は完全オフ日でしたが、寒くて1日CATV三昧でしたww
J.DEP.の特集でした^^

あの作業を3時間だったら初めてである事を考えれば早いと思いますよ
私なら作業スペースも狭いので半日でしょうww

p.s.業務連絡 14日PM 於j.cafe との事

投稿: 9D | 2008年1月12日 (土曜日) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福島新年祭ダイジェスト | トップページ | 溶接初めと鎌倉散歩 »