« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月24日 (日曜日)

大人気!? 快適キャンプ

   

待ちに待った不人気企画・快適キャンプの日です!

 

天気予報的には「大荒れ」とか言ってますが、なぜか逗子は大丈夫のようです。 

「まあ、宮ヶ瀬も大丈夫だろう」と何の根拠も無いんですが、出発しましょう!

  

1  集合時間は12:00だったんですが、

 20分前位に到着する感じに。 

 多分一番乗りかなぁなんて思いつつ。。。

 で、宮ヶ瀬湖の集合場所に着きましたところ、

 なんと、はいどらが一番乗りしてましたww

  

23  程なく、荷物積んだショベリジがドコドコと

 駐車場に入って来ました。 これは・・・

 はるばる愛知からやってきた変態カケちゃんじゃ

 ありませんか!ww

 初Meetです。ヨロシクね~!!^^

 

 

次に到着したのは、DUOGLIDEのキャブの調子が悪く、残念ながらクルマで参戦のMARちゃん。

  

4  オツカレ~なんて話してたところ・・・

 何と54Bさんが乱入!

 マジでビックリしましたよ~!!

 

 

 

5  年末年始あたりは何やらとんでもない事になってた

 FXBですが、バリバリ復活してます!

 さすが自宅のガレージにチェーンブロックとか

 設置してある○態としか言いようがありませんww

 

 

「一緒に焚きましょうよ~」と執拗に勧誘したのですが、なかなかいい返事が頂けませんw

 

 

6  そんな中、商売道具満載でkyonプロキャンパーも

 無事到着!

 アタッカーさん&kaitoくんはちょい遅れとの事なので、

 とりあえずこのメンバーで会場に向かう事に。

 

 

気になる54Bさんですが「ちらっと会場の場所だけ確認しようかな」と、とりあえず

一緒に向かう事に。 シメシメww

 

でも、会場に向かう前に湧き水を汲んでいかなくてはなりません!

細い道の日陰部分に残雪があったりして、かなり危険な箇所もありましたが、

慎重に進んで行きます。

 

7  無事に湧き水スポットに到着。

 各自持参の水筒に湧き水を満たして行きます。

 みんな、5リットルとかの水筒を準備してきておりました^^

 ここでアタッカーさん合流!

 

  

9  そんな中、一人だけ

 500ccのコカコーラwww

 

 それ、さっき飲んでたやつじゃんか!(爆)

 さすがプロは違いますwww

 

10  ここ、水の勢いがチョロチョロっていう感じなので

 結構時間がかかります。

 

 今日は急ぐ必要もないので、のんびりと。

 

 

 

 

 

 

 

 

8

 ところで54Bさんのスタージスが・・・

 ココに来る途中の残雪&湧き水で見事

 ドロドロになってしまっております。。。

 何故か僕がシメられました(爆)

 

 

程なくして会場到着! ここでkaitoくんも無事合流。
 

11Dsc_4676

 

 

 

 

 

 
会場の場所を確認した54Bさん、残念ながらお別れです。。。

今度ココで焚きましょうね!! お疲れ様でした~!^^   

 

まずは一同テントを設営します。

 

12_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

13  川の対岸には、バリバリ残雪がww

 テントを設営し終わったら、みんなで

 最重要項目・薪拾いの始まりです!

 

 

 

Dsc_4687  この前はアタッカーさんと二人だったので

 相当苦労しましたが、今回はこの人数。

 あっという間に大量の薪が揃いました^^

 

 

 

 

一仕事終えたあとは、各自でなにやらつくりはじめます。

カケちゃんの後ろにありますは、真鍮のカーバイドランプ。

僕とアタッカーさんとカケちゃん、3人とも同じやつですwww 

1415Dsc_4688

 

 

 

 

  

  

 

16  今日はMTBで行く、と言っていたHDNのt氏、

 明日早く帰らないとダメとのことで、DUOGLIDEで現地入り。

 来るなりラジオの電波を確認しておりますww

 なんでも、今日はオールナイトニッポンの特番らしい。

 

 

ときおり吹き抜ける風が強烈でしたが、風が止んだ時はいたって穏やかな日。

 

17Dsc_4726

 

 

 

 

 

 

 

前回ここで開発した「焚ける状態にしておきつつ、どこまで我慢できるか」という

「待てプレイ」をしようと提案したのですが・・・

 

アタッカーさん以外のみんなにあえなく却下され、早々にかまどに火を入れます。

  

18_219  

 

 

 

 

20_2  でこちゃんの炭も投入されました!

 ビール飲みつつ、ピザ餃子(?)やおでんや

 焼き鳥をつまみつつ・・・

 のんびりとした素晴らしい午後が過ぎて行きます。

 

 

21  

 

 

 

 

 

 

 

2223  

 

 

 

 

なんて穏やかでのんびりとした土曜日なんでしょう!  もうサイコー!!!  

 

 

 

 

あの男が来るまでは。 www 

 

 

 

・・・なんかヘンな人が来ました。 

24  

 

 

 

 

 

 

 
 

満面の笑みで、こっちにまっすぐ向かって来ます。

しかも左手に何か持ってるしww

 

その漢の名は「ぞめ」。 あんな男、ちょっといないww

 

25  ヘンはヘンなんですが・・・

 ぞめちゃんのギター&ハーモニカがこれまた凄い。 プロ。

 渓谷にみんなの歌声と笑い声がこだましつつ、

 夜は更けていくのでありました。

 

 

26  ※ところでこんな写真が残ってたんですが・・・

  いちばん左の人、誰ですか??www

 

 

 

 

 

    

 

27  朝です。

 夜半は目の前の峠道を往復するローリング族が

 かなりうるさかったらしいんですが、

 もろともせずに爆睡してましたww

 

 

28  みんなのテントに朝日があたってます。

 今朝は一番のり!

 

 風も強かったですが、OUTLANDが頑張って

 くれたおかげで、快適に過ごせました^^

 

2930

 

 

 

 

 

 

 
   32
 カケちゃんも起きて来ました。

 起きたというか寝れなかったというかは内緒でww

 

 お湯を沸かして、朝のコーヒータイムと行きましょう。

 

33  そんな中、カケちゃんが川の中から何かを

 救出しております。

 

 ・・・レザーパンツ!?

 昨日の風で飛んで行った模様。

 もちろん「あの男」のですwww

 

 

 そうこうしていると、MARちゃん&

 プロキャンパーも活動開始です。

 
 

 

3435  

 

 

 

 

 

 

【4コマ劇場・プロキャンパーという仕事】
 
 

Dsc_4774  ●その1 

 まずは一歩引いて、愛おしきサイトを見つめる

 

 

 

 

Dsc_4776  ●その2

 歩く

 

 

 

 

Dsc_4777  ●その3

 利用者に

 「あ~、そこ踏んじゃダメだよ~」とか

 注意してみたりする

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc_4783  ●その4

 「いやぁ、今日は疲れたなぁー」と天を仰ぐ。

 

 これにて一日の仕事おわり。

 

 

  

・・・これで給料もらえるなら、俺もプロキャンパーになりたいですwww   

  

 

Dsc_4775  それはさておき、火もいい感じに焚けてます。

 

 

 

 

 

   

ここからがkyonプロキャンパーの本領発揮。

まずはお米を炊くんですが、水がバリバリ凍ってます。

それをもろともせずにお米をといで行きます。

36Dsc_4788_2  

   

 

 

 

 

37  おこめを火にかけたと思ったら、そこらじゅうにある

 食材を、きざみ始めます。

 このスピード、リズム、この細かさ。 見事です^^ 

 

 ネギ、大葉、明太子、やわらぎメンマ、ごま油、

 あとは何だっけ??

 あっという間にごはんのおかずを2品完成!

 

 

 

38  早速いただきました! これ、マジで旨かった~!

 ご馳走様でした^^

 

 昨晩の明太子スープスパ含め、また作ってね~!

 

 

 

と、いきなりリュウくんがwww  今朝東京を出発しての会場入りです!

なんですが・・・まるで一緒にキャンプしてたかのような感じでご飯食べてますwww
 

Dsc_4794

 

 

 

  

 

 

 
 

 

39  

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc_4797_01  ようやく昨日のMVP、ぞめちゃんが活動開始した模様。

 まだこの時は、自分の革パンが水没したなんて

 事は、知る由もないですwww 

 

 この写真、ちょっぴりブルース・スプリングスティーン系?w

 

 

4041

 

 

 

 

 

 

 

と、上の方でハーレーっぽい音したバイクがドコドコとやってきたようです。

いったい誰? 

「今日顔出すよ」って言ってたリュウ君はもう来てるし???

  

42  

 

 

 

 

 

 

 

 

フバさんでした^^; というか、ここの場所を何にもお知らせしていなかったのに、

何故ここに来れたのか!? 不思議です。。。 聞きましたところ

「いやぁ、この辺の川沿いで焚けるスペースがあるっていうと、この辺じゃないかなと思ってさ~」

 

マジでびっくりですwww しかしよくココがわかりましたね^^;

 

43

 さて、カケちゃんのテントですがMSRのハバというモデル。

 ごらんの通り、テント本体がメッシュです。

 「寒かった~」って笑ってますが、これ、

 日本では夏用かと思うんですが・・・(爆)

 

 

●どこかのサイトでの「MSR ハバ」のインプレッションからの引用です 

「カタログでは3シーズンテントとでていますが、オールメッシュの構造なので、

よほど暖かい地方でなければサマーシーズン用で使っていただいた方が良いと思います。」

だそうですよ、カケちゃーん!www 

 

 

44  オールメッシュなので、メッシュの隙間から

 暴風に乗った砂が入りまくってます。

 

 風が無ければ&夏にはこのメッシュのハバは

 快適そうですね^^;

 

 

さて、恒例・みんなのバイクをチェックしましょう。

 

●今回の参加車両(MARちゃん号だけ写真撮って無かった! ゴメン^^;) 

45  

 

 

 

 

 

 

 

 

4647  

 

 

 

 

4849  

 

 

 

 

5152  

 

 

 

 

5354  

 

 

 

 

5550  

 

 

 

 

 

  

56  さて、用事のあるt氏&最遠方参加のカケちゃんが、

 みんなより一足先に会場を後に。

 オツカレサマでした~!

 
 

 

5758  

 

 

 

 

ダラダラしていた本隊もようやく動き出します。

 

せっかくだからお風呂に入ってから帰ろうよ、という感じになり

家路を急ぐkyonプロ&アタッカーさんとはここでお別れ。

オツカレサマでした~&また近いうちに!!^^

 

   

59  ちなみに52ELのはいどらなんですが・・・

 

 キックする度に

 「これは空キックだからね」

 「これはガスを抜いてるの」

 「これは今濃いのを送りこんでるトコ」

 「次がマジキックだから」

 「マジで一発でかけるよ」

 「今のはね・・・」

 と、ものすごい講釈をしつつも何度も蹴ってましたwww

 

 

 

さて、お風呂を目指す一同なんですが、宮ヶ瀬湖近場の 「日帰り/立ち寄り露天風呂」

という看板の出ていた「リッチランド」という所に向かいます。  

 

 

61  「だからリッチランドって言うんだね~」と一同。

 

 しかしこの看板、誇大広告なんじゃ??ww

 

 

 

60  

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc_4877Dsc_4881   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

64  今朝来たフバさん&リュウくんまで道連れにしつつ、

 体がサッパリと^^

 

 お湯に浸かったら猛烈にお腹が空いて来ました。

 

 

kaitoくんのリクエスト・ラーメンを食べに行こうという事で、さんざん探した揚句、

厚木でラーメンを食して解散となりました。

 

ぞめちゃん、kaitoくん、MARちゃん、はいどら、リュウくん、フバさん、お疲れ様でした~!

またやりましょう!^^

 

 

厚木・茅ケ崎の街中の渋滞を抜け、ようやく逗子に帰って来た時には夕陽が沈んでました。  

6566  

 

 

 

 

67  

 

 

 

 

 

 

 

 

オレンジの空に映える富士山のシルエット。 楽しい2日間が終わってしまいました。   

みんな、ホントに楽しいひと時をありがとう!!!^^

 

・・・また再来週に三戸浜で焚くべ~!!!

| | コメント (35)

2008年2月21日 (木曜日)

ソロ前夜祭&週末の業務連絡

 

昨日深夜まで仲間とTwitterでダラダラと会話してましたところ、

週末のキャンプの話やらランドナー(旅仕様の自転車)やら

現実逃避ネタで盛り上がっておりましたww

 

そんな会話をしてたら、いてもたってもいられなくなって来ました。

 

平日の真っ最中ですが、やってしまいましょう!!

 

今回引っ張り出したのは「 moss OUTLAND 」。

最近めっきりSTARDOME Ⅱに押されて、あまり出番が無かったやつです。

  

これ、moss特有のニオイ&べたつきがあります。

はっきりと好き嫌いが分かれると思いますが、テントに潜り込んだ時に感じる安心感や色合いは

何にも代え難いものがあって、僕は大好きなんです。

 

このような登山系アイテムを「色」でセレクトするのはいかがなものか、というご意見も多いと思うんですが、

テントだけは色も重要な要素だと思うんですよね。

 

ホントに夏の熱い時期、持ち運びの便利さや軽さを重要視してたときに多用していたテントは

黄色系や緑系だったのですが、テント内でゴソゴソしてる時や翌朝を迎えた時の「ココロのやすらぎ具合」が

全然違うと実感します。

 

Dsc_4602

 さて、そんなOUTLANDに

 UCOのキャンドルランタンを吊るして見ますと・・・

 

 

 

 

Dsc_4604

 フライを閉じたとき、テントの中からホンワカとした

 何とも言えないやさしい明りが。

 これが闇夜に映えるんですよね~^^

 
 

 

Dsc_4611_2

 さてさて、オヤスミ前のお酒&読書です。

 

 

 

 

 

Dsc_4606  

 

 

 

 

 

 

 

 

先日ココで新田次郎の話がコメントで交わされまして、懐かしの「八甲田山死の彷徨」を

引っ張り出して来ました。

 

Dsc_4618 ハードリカーに行く前に、熱いコーヒーが

 飲みたくなって来たので、お湯を沸かしましょう。

 寒い時期なので念入りにプレヒートを。

 

 程なく着火すると、相変わらずの青い炎が。

 

Dsc_4619  

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc_4626  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・残念ながら現実に戻る時間が来てしまいました。。。

  

 

 

 

ポチっとな。

 

 

 

 

Dsc_4628  

 

 

 

 

 

 

 

 

一気に現実に逆戻りですwww

 

さ、撤収しましょうか。。。(泣) 

 

 

Dsc_4630 やっぱりこのコンパクト感はいいなぁと再認識。

 よって、今回はコイツでの参戦が決定!

  

 宮ヶ瀬でこれを設営してPOLON-Tを塗れば・・・

 キャンプとメンテの一石二鳥!!ww

 

Dsc_4631 ということで、

 コイツはちゃんとパッキングしなきゃ、ですw

 

 

 

 

 

【業務連絡】

●集合場所

今回の不人気企画(何故だかその理由が全く分からないのですがwww)の集合場所です。

下の地図(クリックすると拡大します)のオレンジ矢印の先のカコミのところに

2月23日(土) 12:00集合です! 

※クリックすると大きくなるので、遅れそうな人はプリントアウトして下さい。

 この地図で説明したいと思います。

 Dsc_4635_2

 

 

 

 

 

 

 

 

集合後、すぐに出発して湧水で水を汲んだ後に炎会場へと向かいます。

炎会場はケータイが圏外(まれにアンテナが0本立ちますが^^;)なので

連絡がなかなか付けられません。 遅刻しないで下さいね~。

ちなみに、今のところ7~8人の予定です。

 

●水

各自水汲み用の水筒(空の2リットルとかのペットボトルでOK)を2~4リットル分は

持って来て下さいねー

 

●お酒

一応ビール1ケース&バーボン1本&マッコリ1本はありますので、それ以外は

各自で持参下され

 

●食べ物

おでん6人分&キムチチゲ6人分程は私が準備していきますので、それ以外は各自で。

日曜日の朝食は、kyon呪術師兼プロキャンパーに期待しましょう!^^

 

●天気

日頃の行いのおかげか、大丈夫そうです!! ww

 

●温泉

日曜日に、近所の七沢温泉か飯山温泉あたりで入って帰るってのもアリ?? 

現地でみんなで相談しましょう。

 

ということで、あとは何かあったらメールで連絡を取り合いましょう!

 

| | コメント (18)

2008年2月20日 (水曜日)

休日の楽しみ その後

 

先日頑張って塗りたくった撥水剤・信越化学POLON-Tですが、僕自身のオススメなのと

意外と反応があったのでその効果のほどをご覧下さい。

 

Dsc_4501

 水を用意しました。

 コレで日曜日の作業の効果を実証していきます!

 

 

 

Dsc_4510

 まずは、撥水剤を塗って無い所に水を垂らしてみます。

 

 

 

 

Dsc_4512

 ごらんの通り、生地にしみ込んでしまっています。

 ※多分新品の時は弾いたと思いますが^^;

 

 

 
 

Dsc_4514 お次は先日に撥水剤を塗った背面で

 試してみましょう。

 

 

 
 

Dsc_4535 どうですか!!

 この水玉コロコロ状態は!!!

 

 ※信越化学さんのまわし者ではありませんww

 

 

これで数カ月は大丈夫でしょう!!

先日のコメント欄にも書きましたが、こちらの使用方法&入手先はコチラです。 

 

・唯一ネットで購入できる(と思われる)藤倉応用化工HP
http://www.fok.jp/sale/siliconeoil/polont.html

・信越化学HP
http://www.silicone.jp/j/products/varn/index.shtml

 

※実は、皆さんが1つ購入するたびに僕にバックマージンが(爆) 

 

 

Dsc_4584 ところで今日は月が奇麗に見えてたので、

 家の前で撮ってみました。

 200mmに2倍のテレコンを付けたので400mm、

 さらにデジタルCMOSのサイズで1.5倍換算して

 都合35mmフルサイズで600mmの超望遠。

 

Dsc_45842  

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・残念ながらNASAやジオンの基地は確認できませんでしたww

 

さて、一日の締めとして、今週末の超絶不人気企画(爆)宮ヶ瀬キャンプの準備でも

ぼつぼつと始める事にします。

  

Dsc_4596 こんな感じで行こうと思っております。

 そういえばあそこ、薪集めが大変なんですよね。。。

 

 

 
 

Dsc_4599 キャンプ場では無いので、水は湧水、

 食べ物&ビール以外のお酒は各自で準備

 という形での炎会ですが、一応大鍋を持って行きます。

 t氏の九州おでんにはかないませんが、なにか簡単な

 おでん系&鍋系はみんなで食べられるように多めに準備します。

 

週間予報によると好天が続くらしいので、まったりとした休日が過ごせるんじゃないかなぁと

心待ちにしている火曜日の深夜でございます^^

 

| | コメント (19)

2008年2月16日 (土曜日)

休日の楽しみ

 

またまた突然ですが、最近の僕の愛用テント・moss STARDOMEⅡです。

 

去年の夏、クッチャロ湖で雨に降られて以来は雨天時の使用は無かったのですが、

先月に変態1号さんと宮ヶ瀬で焚いた翌朝、テントが結露でびっしょりになっていた事を思い出しました。

どうやら防水が完全に切れてしまっているようですので、来週に向けて防水加工でもしましょう。 

 

1  さすがに部屋の中では出来ないので、

 いつもの場所に持って来ました。

 

 

 
 
 
 
2  早速広げましょう。

 というか、設営しちゃった方が加工が楽なので

 サクッと組み立てを開始。

 

 
 
 
3_24_2   

 

 

 

  
  
45  使用するのは、普通の防水スプレーではありません!! 
 
 これ、僕の大好きな信越化学の撥水加工剤。

 シリコン系で、おそるべき揮発性。

 器に入れてちょっと油断するとあっという間に無くなるという恐るべし薬品ww

 残念ながらホームセンター等では売って無いのでWEBで取り寄せしました。

 

5_2  こいつの塗布には、馬毛のハケを使います。

 普通の化繊のハケやプラスチック霧吹きは見事に溶けちゃうので、ご注意ください。

 まずはフライにまんべんなく塗布しました。
 
 ついでに、DANAのアストラルプレーンの背面にも塗っておきます。

 

6  フライが乾いたら、テント底面にも塗っておきましょう。

 

 

 

 

 
8  

 

 

 

 

 

 

 

 

9

 行きかう人々の視線を微妙に感じつつ、本体にも塗っていきます。

 これでおろしたての傘のように「水玉コロコロ」状態が復活します^^

 ん~、メンテ大事!!

 

 

 

12  場所は変わって、葉山の南・立石海岸です。

 冬場は空気が澄んでいて、三浦半島の西側は

 絶好の撮影ポイントなんです。

 

 

 
1314  

 

 

 

 
 
15  それにしてもものすごいカメラ・三脚の数です(汗)

 

 

 

 

 

16  穏やかな夕暮れのひと時。

 

 さて、いよいよ日が沈んで来ました!

 背後でカメラマン達がざわつき始めます。

 
   

 
17  

 

 

 

 

 

 

 

 
18  立石海岸から見る夕日。

 

 そして、何と言っても皆さんのレンズは

 富士山の方向に向いております。

  

 
19  

 

 

 

 

 

 

 

 
21  

 

 

 

 

 
22  

 

 

 

 

 

 

 

 

 
23 立石から数分北上し、いつもの長者ヶ崎にやってきました。

 ここは人がほとんどいなかったです。

 

 

 

   27  
 この時期は熱ダレもなく、エンジンは絶好調!

 まさに旧車にとっては絶好のシーズンです。

 

 

 

 
28  オレンジのシルエットに別れを告げ、家に帰る事にしましょう。

 

 

 

 

 

 

さて、ここ長者ヶ崎から家まで、およそ15分程度のRUNですが ・・・

ライトが点きません(汗) 

正確に言いますと、ライトが点かないのではなく「ENGINE ON」の状態からカチッと

イグニッションを「LIGHT」に回すと通電しないらしく、エンジンストールしてしまいます。。。

 

OFFから1コひねりの「ENGINE ON」はバッチリなので、そのままヘッドライト付けずに

ハザード(左右ウインカー同時点灯)を点けながらトロトロと帰って来ました。

 

4041  とりあえず、ライト点かないのはあまりにも

 危険なので、早速メーターダッシュをバラして

 点検・調整しましょう!

 

42

 確かツールボックスの中に接点復活剤なるものが

 あったなぁ~と思ってゴソゴソ探したところ、 無事に発見!

 試しにコイツを吹きかけたところ、見事に復活!

 やっぱりWAKO'Sはすごい!^^

 

 

43 あと、濃い目に調整してあったSUですが、

 これじゃあさすがに濃すぎるかなと思いまして、

 再度ミクスチャーを薄めに調整して終了。

 ※もちろんプラグは新品に交換しました^^;

   

  

 

【追伸】 

先日、ぶらりと江ノ島を散歩して来ました。

さすがにこの時期は静かでのんびりとした時間を過ごすことが出来ました。 

Dsc_3897

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc_3783  

 

 

 

 

 

 

 

 

←この時の写真はサイドバーのずっと下の方にある「ぶらり江ノ島写真集」もしくは 

http://zmarina7.cocolog-nifty.com/photos/enoshima/

で見れます。  ご興味のある方はどうぞ~!

 

| | コメント (24)

葉山アルプス詳細ガイド

 

突然ですが、来月に「葉山アルプス(三浦アルプス)を縦走したい」という 

遠方からお越しになる方の為に案内図をつくるべく、2月2日土曜日(曇)に

単独で写真を撮りながら縦走してまいりました。

 

「三浦アルプス」「葉山アルプス」で検索すると、かなりのHPやblogがHITしますが、

皆さん行き慣れていらっしゃるからなのでしょうか、分かりにくい分岐などが省略されていたりしますので、

今日はここに相模湾・葉山から三浦半島を東西に横断し、東京湾側・横須賀/田浦梅林に出る

葉山アルプス完全版と題して「葉山/仙元山~田浦梅林コース」をご紹介します。

  

このコースは最高標高こそ200メートルそこそこですが、絶対に侮ってはいけません! 

かくいう私も昔、森戸川源流~仙元山というルートで道に迷い、遭難しかけた事があります^^;

あの時はマジで「まさか葉山でビバークする事になるとは・・・」とよぎりました。

このコースですが、道さえ間違わなければ快適なトレッキングコースですが、なにせ

複雑に入り組んで連なる尾根のおかげで、微妙な分岐点が多数あります。

 

今回はそれらの微妙な分岐点をすべて網羅し写真に収め、道に迷うことなく

本コースのゴールである田浦梅林に辿り着く事を目的として作成しました。

 

是非お手持ちの地図と一緒に、ん?と思う分岐の時などにお役立て頂ければ幸いです。

 

※すべての写真はクリックすると拡大します

  

 

【 注 】 尚、本文記事内では

オレンジ : ポイントや目印

青文字 : 分岐点

赤文字 : 進むべき道

と、目的別に色分けをしてありますので、参考にして頂ければ幸いです。

  

【ルート名称】 葉山/仙元山~田浦梅林コース 

【ルート概要】 国土地理院 25,000分の1より

風早橋バス停~買出し~葉山教会~仙元山~200段階段~観音塚~連絡尾根の頭

~桜の木~鉄塔~乳頭山~横浜横須賀道路・田浦橋~田浦梅林~JR田浦駅

MapaMapb     

 

 

 

  

  

【所要時間】 トレイルランで2時間、のんびり行くと3時間半程度、道に迷うと^^;

【撮影縦走日】 2008年2月2日(土) 10:30(仙元山発)~13:45(田浦梅林着)
  

  

1001 僕の今回持参の装備は、こんな感じです。  

 あまり重くなってしまうのも考えものですが、

 念には念をを入れて充分な装備を持って行きましょう。

 では出発です!

 

 

 

Dsc_2585

 起点となるJR逗子駅バスターミナル前です。

 ここからバスに乗って7~8分、葉山の「風早橋バス停」 

 を目指しましょう。

 

 

 
Dsc_2586  風早橋バス停は、かなりの系統が通っています。
 
 たいがいどれかはスタンバってますので、
 
 すぐに乗れると思います。 乗るべきバスですが 

 「系統:逗1 葉山町福祉文化会館」
 「系統:逗2 葉山」
 「系統:逗4 大楠芦名口」
 「系統:逗5 横須賀市民病院前」
   

Dsc_2588  「系統:逗6 長井」
 「系統:逗7 佐島マリーナ入口」
 「系統:逗15 衣笠駅」
 「系統:逗16 湘南国際村バスターミナル」

 です。

 こうして見ると、風早橋バス停って便利ですね^^

 
 
  
Dsc_1916  風早橋バス停で降りたら、進行方向のトンネル手前信号を
 
 右折します
。角にボンジュール(パン屋さん)
 
 ありますので、ここで昼食を仕入れておくと良いでしょう!
 
 僕も大抵ここで買っていきます。
   
 
  
  
  Dsc_1912 
 もしくは、ボンジュール向かいのtantoでもOK。

 ただし、ここは9:00開店です。

 ※ただし、イタリア系食材がメインです

 

  

  Dsc_1922
 ボンジュールの角を右折してほんの数分。

 左手に坂が見えて来ます。

 

 

 

 
Dsc_1923 木の下交差点です。

 ここを左手前にぐるっと回り込んでいきます。

 

 

 

 
Dsc_1925  急坂の右手前に、仙元山ハイキングコースの看板が

 ありますので、それが目印です。

 ・・・って、絶対にすぐ分かります^^;

 

 
 
 
 
Dsc_1926  坂を登っていきます

 ここ、意外と急ですが、こんなところで息が上がってはいけません(笑)

 振り返ると、葉山の海越しに江ノ島などが見えます^^

  
 

  
 
Dsc_1929 坂を登り切ると、右手に葉山教会が現れます。

 

 

 

 
 
 
Dsc_1930  本日のコースは、この葉山教会左手からスタートです!
 

 

 

  
  
 

Dsc_1932  ここです。

 「仙元山ハイキングコース入口」看板です。

 さあ、準備はいいですか?

 装備を確認したらレッツゴー!

 

   
Dsc_1933 軽い下りのあとは、歩きやすいハイキングコース。

 左右に広がる森の精気を感じながら、

 のんびりと行きましょう。

  

   
 
 
Dsc_1935 ところでこのコースは、左右の森の中に

 関東地方に似つかわしくない南国系の植物

 沢山ありますので、それらをチェックしながら

 歩くのもいいかも知れません。

 

 
Dsc_1937 7~8分進むと、突然視界が開けて来ます。

 ここを登れば、今日のコースの本当のスタート地点である

 仙元山山頂です。

 

 
 
 
Dsc_1938  いつも思うんですが、せっかく整備してあるこの

 階段ですが、歩幅が広過ぎ&高低差ありすぎで

 かなり無意味な感じがします^^;

 (僕含め)大抵は左側を歩きますw

 
 
 
Dsc_1942  やって来ました第一チェックポイント・仙元山山頂

 晴れてると江ノ島はもちろん、富士山もくっきり。

 今日は残念ながら富士山は見えませんでした。

 

 
 
 
Dsc_1943  ここは休憩できるテーブルなどがあります。

 【重要】ここにトイレがあります。

 この先は2時間以上トイレはありませんので、

 必ずここで用を足して行きましょう!

 
 
 
Dsc_1945  今日は先客の団体さんがいらっしゃったので、

 先に進みます。

 

 

 
 
  
Dsc_1948  仙元山山頂の開けたエリアを、海を背に進みます。

 現われるのは14」という看板

 この看板シリーズは今後重要な目印になりますので

 要チェックです。 見落とさないように歩きましょう!
 
 
 
 
Dsc_1950  右手に湘南国際村などを遠望しつつ、

 なだらかなコースを進みます。

 この辺りは分岐なしですので、迷う事はありません。

 

 
 
  
Dsc_1954 木の根っこが張り出しているエリアも。  

 根っこの直踏みは出来るだけ避けて、

 道の左手から登って行きましょう。

 

 
 
  
Dsc_1956  意外と急な岩場なんていうところもあります。

 段々と三浦アルプスの本領発揮といったところでしょうか。

 ※前日が雨だったりしたらかなり危険です。

 この先の岩場が小ピークになってます。

   
  
  
Dsc_1958  このあたりの右下には、葉山中学校のグランドが見えます。

 13番の看板を越えて行きます。

 

 

   
 
 
Dsc_1963 江ノ島方向の海は、このあたりで見納めになります。

 江の島にしっかりと別れを告げておきましょう^^

 

 

 
 
 
Dsc_1966 分岐の無い一本道をそのまま進むと、  

 下りの階段がでてきます。

 ここはこの後に備えて、しっかりと体力を

 温存しながら下りましょう。

 
 
 
Dsc_1968  下りきると第2チェックポイント・200段の階段です。

 感覚的に言うと・・・10階建てのビルを

 階段で登るような感じでしょうか!?

 

 
 
 
Dsc_1972  ハアハアいいながら階段を登り切ると、 

 ベンチのある広場になっています。

 息が整ったら早々に出発しましょう!

 先は長いです。。。

 
 
  
Dsc_1975 広場からほんの1分程度でしょうか。  

 12番看板が出て来ます。

 

 

 
 
 
Dsc_1976  ここで最初の分岐があります。

 Y字の左は細めで登り、右は太めで下り。

 ここは右の下りが正解です。

 自信を持ってどんどん下って行きましょう。

 
 
 
Dsc_1980 このあたりから、稜線を歩いて行く感じになります。  

 つまり、左右がガケになりますのでくれぐれも

 落っこちないようにしましょう^^;

 
 

 
 
Dsc_1981  どんどん下って行きます。 

 途中にこんな階段もあります。

 

 

 
 
 
Dsc_1982  11番看板を越えて行きます。

 

 

 

 
 
  Dsc_1984 
 11番看板から1分程度、道の右側にいきなり

 ベンチが現れます。 

 

 

 
 
 
Dsc_1985  ボロボロになってるし、しかもここに座っても

 木々が邪魔して眺望はイマイチだし・・・^^;

 特に座る必要は無いと思いますので

 先を急ぎましょう!

 
 
 
Dsc_1987  2つ目の分岐点です。

 Y字路の左が登り、右が下り。

 ここは左の登りが正解ですので

 左方面に登って行きましょう。

 
 
 
Dsc_1989  二つ目の分岐からそのまま歩くこと5分程度、 
 
 左手に「エゴノキ」という緑のプレートが巻き付けられた
 
 3つ目の分岐点に出て来ます。

 
 ここ要注意です!
 
 
 
 
 
Dsc_1990  エゴノキのすぐ向こうに、左に分岐する細い道が
 
 あることが分かります。
 
 このエゴノキすぐ先の分岐(左T字路)を左に曲がります。
 
 かなり細い道で心細いですが、大丈夫です^^

  

 
 
 
Dsc_1994  良く見ると、木の幹にマジックで道案内が
 
 書いてあったりしますが、消えかかっていたり
 
 分かりにくかったりするので注意が必要です。
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_1998  3つ目のエゴノキ分岐を左に曲がると一本道です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_1999  段々と道が細くなって来ますが大丈夫ですのでw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2000  エゴノキ分岐からほんの1~2分でしょうか。
 
 登り坂を登り切るとT字路にぶつかります
 
 ここ、4つ目の分岐点です。
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2003  この4つ目の分岐点のT字路

 左に行きましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2010  進むこと2~3分、何の案内も無い分岐が出て来ます。 
 
 このY字路が5つ目の分岐点です。
 
 左が平坦で右が登り。
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2012  この5つ目の分岐点

 平坦な左へ進みましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2016  蘆だか笹だかの林の中を突っ切って行きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2026  進んでいくと、面白い木の密集地帯があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2029  さらに進むと、こんな感じで気の幹の下を
 
 くぐるポイントがあります。
 
 ココまで来たら、観音塚まであと少し!
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2033  山の頂らしきものが見えて来ます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2038  到着!
 
 ここが第3チェックポイント・観音塚です。
 
 文字通り、観音様がいらっしゃいます。
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2040  この観音様には、寛政11年とあります。
 
 つまり、1799年にここに設置されたんですね。
 
 200年以上にわたって、三浦アルプスを行きかう人たちの
 
 安全を見守ってくれているんですね。。。
 
 
 
 
 
Dsc_2041  ちなみに、観音塚は16番です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2044  観音様へのお参りを済ませたら出発です。
 
 ここは6つ目の分岐・二股に分岐しているのですが、
 
 観音様の左肩後ろ、進行方向右斜め前方面
 
 進んでいきます。
 
 
 
 
 
Dsc_2045  ものの1分もしないうちに、すぐに7つ目の分岐・

 T字路にぶつかります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2048  この7つ目の分岐のT字路は、看板の案内通り

 左に曲がります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2051  7つ目の分岐からまたまた1分程度、
 
 これまた微妙な8つ目の分岐・Y字路
 
 さしかかりました。
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2052  この8つ目の分岐点は17番です。
 
  

 

 

 

 

Dsc_2053 この8つ目の分岐のY字路は、 

 自信を持って右に進みましょう^^

 

 

 
 
 
Dsc_2055  杉系の植林地帯を通過していきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2058  右側の視界が開けて来ます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2059  こんな感じで、木の枝のトンネルをくぐって
 
 さらに先へと進んで行きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2063  8つ目の分岐から5分程度、
 
 26番地点に到着です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2067  ここには3級基準点が設置されています。
 
 
 基準点を見ると、つい新田次郎の小説「剣岳」※を思い出します。
 
 ※明治時代に、前人未踏の剣岳山頂に三角点設置を試みた

  漢たちの物語(実話)です。 是非ご一読下さい^^
 
 
 
 
Dsc_2069  この26番も微妙に9つめの分岐がありますので、
 
 看板に向かって右手に進みましょう。
  
  
 
 
 
 
  
 
  
Dsc_2079  9つ目の分岐から一本道を7~8分進んで行きますと
 
 27番で突き当りのT字路となります。

 ここが10番目の分岐。
 
 ここは案内標識に従って左に曲がりましょう。
 
 
  
 
 
Dsc_2083  28番標識を左に見ながら進んで行きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2087  左手には二子山が見えます。
 
 あそこもハイキングコースになっています。
 
 ・・・それはまた次の機会に^^;
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2091  28番から5分程度進んで行きますと、左T字路の
 
 分岐
があります。 11番目の分岐です。
 
 ここが通称「連絡尾根の頭」と呼ばれる、森戸川ルートとの合流地点。
 
 T字路を左に曲がると森戸川源流です。
 
 
 
 
 
Dsc_2093  今日は田浦梅林を目指しますので、まっすぐ
 
 進んで行きます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2097  29番を右手に見ながらまっすぐ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2099  ぐるぐるに絡み合う木々なんかも。
 
 あ~、もっと植物とかを勉強しなきゃ。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2103  29番看板から5分程度で、30番に到着です。
 
 
 ここにも分岐があります。
 
 12番目の分岐です。
 
 
 
 
 
 
Dsc_2106  30番を右に見ながら

 ここのY字路を右に進みます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2112  右に進むとすぐにロープ場があります。
 
 かなりの急坂ですので、ロープを頼りに
 
 転ばないよう慎重に下って行きましょう。
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2116  ロープを越えて2~3分、31番看板が左手に。
 
 ここに13番目・Y字の分岐があります。
 
 標識に「×」が書いてあるので、ここは迷う事は
 
 無いと思います。
 
 
 
 
 
Dsc_2119  標識に従って右側に進みましょう。







 
 
 
 
Dsc_2127  31番から2~3分、またまたY字路があります。
 
 14番目の分岐ですが、ここにも案内標識があります。
 
 ここも左側が「×」となっていますので、
 
 右側に進みましょう
 
 
 
 
 
Dsc_2130  14番目の分岐から3~4分、左手に大きな
 
 桜の木が出現します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2134  第4チェックポイント・桜の木です。
 
 僕はここで小休止しました。
 
 
 
 上着を脱いで、水を飲んだら出発です!
 
 
 
 
 
Dsc_2142  桜の木から歩くこと1~2分でしょうか。
 
 これまた微妙な分岐が。
 
 15番目の分岐・Y字路です。
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2139_2  この15番目の分岐左側に進みましょう。
 
 しかし、これは迷っても仕方ないですよね^^;
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2148  15番分岐からしばらくは一本道です^^
 
 こんな細い並木道を通って行きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2160  15番分岐から10分ほどでしょうか。
 
 左前に送電線の鉄塔が見えて来ます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2164  ここの根元を通過していきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2171  第5チェックポイント・鉄塔です。
 
 ここでお昼を食べるのがメジャーですが、
 
 メジャーゆえ、賑わっております。
 
 なので、お昼ご飯はここではなく別の所で食べる事にしましょう。
 
 大丈夫です! この先にいい所がありますよ~! 
 
 
 
Dsc_2175  鉄塔を軽やかにパスし、向こう側の道へと
 
 進みましょう。
 
 ここからは下りですが、鉄の階段があります。
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2177  この鉄の階段ですが、これがかなり具合がいい!!
 
 適度に弾力があって、高低差・幅などもグー^^
 
 さっきの仙元山あたりの階段よりも快適。
  
 
 
 
 
 
  
Dsc_2179  鉄塔から5分程度で、T字路に突き当ります
 
 ここが16番目の分岐点ですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2178_2  ここは左に曲がりましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2184  16番分岐を左に曲がるって行くと、道の右側に
 
 切株に記した白い案内図が出て来ます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2191  白い案内図からほんの1分、またまた微妙な
 
 Y字路
が。
 
 17番分岐・Y字路左に進みましょう
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2194  左に進むとすぐに「切り通し」のような道になりますので
 
 それが目印です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2203  5分ほど進みますと、右が登りの18番分岐・Y字路があります。
 
 ここは左に進みましょう。
  
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2211  3~4分進みますと、19番分岐・右T字路

 出現します。
 
 右は下り、真っすぐは平坦。
 
 ここを右折すると畠山に行ってしまいます。
 
 
 
 
 
Dsc_2213  19番分岐は、堂々と真っすぐに進みましょう!
 
 
  
 
 
 
 
 
 
  
  
Dsc_2219 真っすぐに進むと、すぐにY字路があります。   
 
 20番分岐・Y字路ですが、右は快適鉄階段、
 
 左は単なる道です。
 
 ここは右から登って行きましょう。
 
 ※実は上部ですぐに合流するのでどちらでもOKです^^

 
  
  
Dsc_2223  階段を登り切ると、少し広めのピークに出ます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2225  本日の第6チェックポイント・乳頭山です!
 
 さて、だいぶお腹が空きましたよね!?
 
 ここが僕のお勧めの昼食ポイントです。
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2228  進行方向右斜め前のはじっこに、
 
 こんな感じのスペースがあります。
 
 ここは東京湾側(横須賀側)の景色が開けていて
 
 ランドマークタワーからベイブリッジから猿島までを
 
 一望できるんです。
 
 
 
Dsc_2235_2Dsc_2236_2Dsc_2237Dsc_2238   
 
 
 
 
 
Dsc_2244  さて、コーヒーを淹れる事にしましょう^^
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2269  火気には十分注意しましょう!!
 
 こんなところで燃え移ったら・・・
 
 明日の朝刊の一面デビュー確定です^^;
 
 くれぐれも「ハイカーの不注意で葉山の山林120ha焼失!」
 
 とかならないように^^
 
 
 
Dsc_2279  コーヒーの香りがあたりを漂います。
 
 うーん、程よく疲労を覚えるカラダに心地良い香り。
 
 
 
 
 
 
  
 
 
Dsc_2298  横須賀の景色を見ながら、先ほどボンジュールで
 
 ゲットしておいたパンにかじりつきます。
 
 極上のランチタイム。
 
 ついつい長居してしまいます^^;
 
 
 
 
 
Dsc_2316  昼食&休憩含め、40分以上まったりしてしまいました。
 
 ゴミが残ってないかを念入りにチェックして
 
 出発しましょう!
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2318  快適な鉄の階段を下っていくと、すぐにY字路があります。   
 
 21番分岐・Y字路です。

 このまま快適鉄階段を下ってはいけません!!
 
  
 
 
 
  
  
Dsc_2322  目的の田浦梅林はこの21番分岐・Y字路
 
 右に曲がります。
 
 快適だからと言って、くれぐれも階段で

 一番下まで行かないように!
 
 
 
 
  
  
Dsc_2324  右に曲がるとすぐに、またまたロープ場です。

 ガケと呼んでもいいくらいな斜面です。
 
 ココはロープに助けてもらいつつ、慎重に下りましょう。
 
 
 
 
 
  
  
Dsc_2326  崖を下るとすぐに、22番分岐・右T字路が 
 
 出現します。
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
Dsc_2329  ここの分岐には、ごらんのような案内看板

 進行方向右側に設置してあります。
 
 真っすぐ行くと東逗子・二子山で、田浦緑地は
 
 右方面と書いてあります。
 
 
 

  
  
Dsc_2331  ココは案内看板通り、右方面へ進みましょう。
 
 右方向はかなり下っていますね。
 
 
 
 
 
 
 
  
  
Dsc_2334  ※ちなみに、この分岐のすぐ向こうに
 
  小高い小ピークがあります。
 
 
  もし時間に余裕があれば&天候が良ければ
 
  是非寄り道を!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2338  今日は先客がお一方いらっしゃいました^^
 
 ここからの眺めもナカナカですよ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2341  さて、先ほどの分岐で右に曲がってすぐ、
 
 またまたロープ地帯
 
 結構な急斜面です。
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2343  しかもここからはダブルロープ仕様に^^;
 
 それでも転んで滑り落ちた形跡が(汗)
 
 
 ゆっくり、ゆっくりと。
 
 
 
 
 
  Dsc_2345
 ダブルロープ地帯から5分程度、進行方向左手に
 
 こんな案内標識があります。
 
 木製の案内標識のすぐ向こうに、微妙に左へ分岐する道があります。
 
 
 
 
  
 
 
Dsc_2348  ここの23番分岐・左T字路道なりに
 
 右方向に進んで行きましょう

 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2353  そうしますと、進行方向左前の木々の隙間から、
 
 横浜横須賀道路が見おろせます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2355  程なく行きますと、人工の鉄の手すりが現れます。
 
 ずんずん進みましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2358  横浜横須賀道路を渡る橋です。
 
 この橋、この三浦アルプス縦走の為だけに
 
 架けられたんですね^^
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2360  満を持して、本日の第7チェックポイント・田浦橋

 渡りましょう!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2367  軽快に田浦橋を渡り終えると、またまた
 
 階段が現れます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2370  階段を上って行くとまた登山道になります。
 
 ここまで来れば今日のゴール・田浦梅林まで
 
 あとひと息です!
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2372  登って行きますと、すぐ左手にこんな看板が現れます。

 ココ、微妙に分岐道があります。
  
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2373  ここの24番分岐・左T字路道なりに
 
 真っすぐに進みます

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2381  上ること2~3分程度、微妙な地点に来ます。
 
 右側向こうにはなにやら人工の木製ゲートが。
 
 ここは右でもいいんですが、今回は
 
 ここの25番分岐・複雑路左斜め前に
 
 進むことにしましょう。

 
 
 
 
Dsc_2384  そうしますと、椿の壁を右に見ながらの芝生地帯と

 なります。
 
 ここの芝生地帯を突っ切って進みましょう。
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2395  芝生地帯の一番奥に、小さな階段があります。
 
 ココを越えて行きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2400  階段を越えて真っすぐに進むと、
 
 本日の26番分岐・T字路に突き当ります。

 ここのT字路は右折します。
 
 ・・・今日はすごい団体さんが^^;
 
 
 
 
 
 
Dsc_2406  右折して真っすぐ行くと・・・
 
 やりましたよ、田浦梅林の展望台が見えて来ます!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2439  ゴーーーーール!!
 
 ゆっくりと展望台に登って、景色を満喫してください!
 
 今日の葉山・仙元山からの所要時間は、

 大体3時間半といった所でしょうか。
 
 いちいち写真撮りながらでしたが、のんびりと楽しむことが出来ました^^
 
 
 
Dsc_2443  ここからJR田浦駅までがまた微妙に分かりにくいので
 
 併せて載せておくことにします。
 
 展望台の向こう側の階段を下りて行きましょう。
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2445  右側にトイレがあります。
 
 ココで久しぶりのトイレを満喫して下さい^^
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2454  トイレを右に見ながら、真っすぐに下って行きます。
 
 左右が全部梅の木ですが、今日(2/2)はまだ
 
 殆どがつぼみのままです。
 
 再来週位からが見頃でしょうか。
 
 
 
 
 
Dsc_2484  真っすぐ行くと、本日の27番分岐・十字路

 出て来ます。
 
 ここは真っすぐ行ってみましょう^^
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2487  そうしますと、またまた鉄塔が現れます。
 
 鉄塔の左側にがありますので、
 
 道なりに進んで行きます。
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2489  途中から下りの階段になります。
 
 ココで本日の28番分岐・左T字路になりますが
 
 メインの階段をまっすぐ下りて行きます
 
 ココを左に行くと、かなり遠回りになります^^;
 
 
 
 
 
Dsc_2501  階段の両脇には、見事な竹林があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2502  竹林を眺めつつ下っていくと、田浦梅林の入口
 
 到着です!
 
 ここの左に見えるのはトイレです。
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2506  無事に田浦梅林を抜けたら、あとはJR田浦駅
 
 目指して進みましょう。
 
 ちなみにこの線路は京浜急行でして、JRではありません。
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2516  線路沿いの通路を下るとすぐに突き当ります。
 
 本日の29番分岐・T字路は左折しましょう。
 
 左折してガードをくぐって行きます。
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2526  住宅地の中を歩いて行きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2528  右手に現れたのは長善寺というお寺さん。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2529  すぐ先の左手にはペコちゃんがww
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2532  ペコちゃんを超えると、紅白のベンチのある
 
 ちょっと広めの30番分岐・右T字路
 
 差し掛かりますので、ココを右折します。
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2533  右折すると真正面にマンションが見えますので、
 
 あのマンションを目指して進みます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2534  左手には渋い理容室が。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2540 大きな道に突き当ります。  

 本日の31番分岐・T字路ですが、

 右に曲がります。 

 

 
 
 Dsc_2539
 そうすると、トンネルに差しかかります。
 
 歩道もあるのでちゃんと歩けますので^^;
 
 
 
 
 
 
 

 
 
Dsc_2547  トンネルを抜けるとすぐに横断歩道のある

 信号があります。
 
 本日の32番分岐・左T字路ですが、

 左に曲がりましょう。 

 JR田浦駅はもうすぐです!
 
 
 
 
Dsc_2548  信号を左折してすぐ左側にあるこのお店
 
 結構評判です。(おでんの幸笹)
 
 今日は行きませんでしたが、もし機会があれば
 
 行ってみて下さい^^
 
 
 
 
 
Dsc_2553  幸笹を左に見ながらまっすぐ進むと、
 
 本日の最終分岐点・33番分岐・十字路があります。

  

 
  
 
 
 
Dsc_2554  気合いを入れて真っすぐ進みましょう!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_2556  がらーんとした、ココがJR田浦駅です!
 
 いやぁ、こうしてカウントしてみると
 
 葉山の仙元山からここまで、合計で33の分岐点
 
 あったんですね^^;
 
 
 
 
 
Dsc_2564  田浦駅ホームで撮りました。
 
 我が逗子駅まではたったの7分(汗)
 
 こんなに苦労して3時間以上かけて歩いてきたのにw
 
 大船までは20分、品川までは・・・各自でググって下さいw
  
  
  
  
  
Dsc_2582  颯爽と横須賀線の登場です!
 
 これに乗れば、あっという間に日常に逆戻り。
 
 
 何はともあれ、無事に楽しく帰ってこれて
 
 良かったです!

 お疲れ様でした~! 今日はきっとビールが旨い!^^

 

  

【最後に】
 
東京から一時間と言う場所にありながら、大自然を満喫できるこのコース、

本当にお勧めです。 僕も何度も行きました。

この記事によって、皆様にこの大自然を「安全に・道に迷うことなく」堪能して頂ければ幸いです^^ 
 
 

※何か見落としや記載ミスなどがありましたら、ぜひ教えて下さい! すぐに訂正したいと思います。

※このコース、雨の日や雨の翌日は絶対に避けた方がいいです

 

Dsc_4383_2 ちなみにこの内容は、写真のパワポ冊子バージョンもあります。

 blogをプリントアウトすると、ページ立てがイマイチで

 写真が切れちゃったりするので、持ち歩くにはこちらがベターかと思います。

 

 

もしご希望の方がいらっしゃいましたらこのガイド冊子を差し上げますので

こんなんで宜しければ遠慮なく zmarina7@nifty.com までその旨ご連絡ください~。 

 

安 全 大 事 !

  

 ~ お わ り  by zmarina7 ~

| | コメント (16)

2008年2月11日 (月曜日)

大阪珍道中記

 

Semba 土曜日に書いたとおり、

 大阪の船場さん のHPに告知のあった

 世界に一台!?の「何か」を見に行くことになりました。

 

 

今回は4人という事もあり、この仲間内で一番快適なt氏のクルマでの参戦となりました。

土曜日の朝に待ち合わせて、いざ出発です!

 

Dsc_3077  そのメンツなんですが・・・

 1937UL The NORI ことノリくん&

 1948FL&1958G 河童くん &

 1963FL HDN管理人 t氏 &

 1981FLH zmarina7  という4人。
 

ちなみに僕以外のこの3人は、みんな旧車界の大御所。 

その知名度ならびに変態度が全国レベルなのは間違いないでしょう。
 
このメンバーに囲まれると、いかに自分のショベルが新しいかを毎度の事ながら

思い知らされます。。。

 

Dsc_3083Dsc_3112   

 

 

 

 

 

Dsc_3117  足柄~牧の原と順調にパスしたのも束の間、

 岡崎にさしかかったあたりでとなりました。

 でも、スタッドレスタイヤを装着して安心している

 車内一同はまだまだ楽勝ムード。

 
 
 

後部座席に陣取ったThe NORIくん&河童くん達とのハイテンションな会話は尽きませんww 
 
 

Dsc_3123  さて、このあたりからドラマが始まります。

 このクルマは大丈夫なのですが、ノーマルタイヤ

 の車両がほとんどらしく、あちこちで壁に刺さったり

 横向いて車線を塞いでいたりする車を横目で見つつ・・・

 

このあたりまでは雪でもスイスイと流れていたのですが、ついに各所で通行止めラッシュが始まったらしく、

2時間以上ピクリとも動かないような渋滞に。。。

noriくんのケータイでロードランナーの難しい面などをやりつつ、

通行止め箇所を回避しつつ、激レアな一般道を縫って、頑張って西を目指します。

Dsc_3143Dsc_3155Dsc_3163Dsc_3165  

 

 

Map1_2

 ちなみに、この時のルートはこんな感じでした。

 

 

 

 

 

P1050562

 バイクを見に行くんじゃなくてボードに来たんだと

 思えばこの景色もしっくりくるよね~なんて言いつつ、

 t氏のクルマについてるナビを頼りにさらに西へ。

 

 

 
  

Dsc_3167  その途中で通った月ヶ瀬という道は

 バイクで走るのにはかなり気持ち良さそうでした。

 季節が良くなったらショベルで走ってみたいなぁなんて

 思いつつ、ひたすら雪道を進みます。

 

Map2_2Map3 

 

 

 
 

 

  

Dsc_3178  この時唯一通行止めになっていなかった

 奈良~大阪を結ぶ163号線を西に向かい・・・

 神奈川県を出発して10時間が経過したその時、

 ついに大阪の灯りが現れました!

 車内が歓声に包まれたのは言うまでもありません^^
 
 

最初からずーっと一人で頑張って運転してくれたt氏、サンキュー!! お疲れ様でした!

  

早速ホテルにチェックインし、船場の岡田さんの案内で、行きつけの居酒屋さんに直行!

 

P1050581  5人なのにビールをそのほど一気オーダーして

 待ちに待った乾杯の時間です^^ それは、

 神奈川を出発してきっかり12時間後のことでありました。

 串揚げなどを食べつつ「かっぱ」という日本酒もw

 

 

大満足&満腹でこのお店を出た後も河岸を変えて飲み続けます。

2軒目からは何故か河童くんがいませんが、ぐいぐいとグラスを空けていきます。

3軒目を出た頃には結構いい時間になってて、本日はそこでお開きとなりました。

岡田さん、お忙しい中お世話になりましてありがとうございました!^^

  

 

Dsc_3181  翌朝です。

 ・・・昨日の雪国は一体何だったんだ!?と

 言わんばかりの快晴です^^;

 雪のゆの字も見当たりませんwww

  
 

 
Dsc_3186 ホテルをチェックアウトし、早速船場さんに向かいます。 

 程なくして到着したところ、お店の前に一台のショベルが。

 何と、ここで新車で購入し、すでに38万キロを走破

 しているらしいです^^; すげーー。。。

 

Dsc_3191Dsc_3196  

   

 

 

 

 

Dsc_3198  腹ぺこ一同がまず向かったのは店内ではなく、

 船場さん並びにあるUKという24時間営業の

 アメリカンダイナー。 

 ここ、結構気に入りました^^

 こんなお店、地元に出来ないかなぁ!

 

Dsc_3201_2Dsc_3205Dsc_3208  

 

  
 

   

腹越しらえ完了とうことで、やって来ました!! 

・・・第一印象:博物館^^;  

Dsc_3217  僕はもちろん初めてですが、僕以外の3人は

 ここでビンテージハーレーのお世話になっている

 事もあり、勝手知ったる様子。

 微妙に張り詰める緊張感の中、早速車両チェックと

 参りましょう! 

 

まずはやはりこの車両。

Dsc_3213_2  

 

 

 

 

 

 

 
 
 
N3231N3232N3280N3285  
 
 
 
 
ナックルのアーミーです。 フロントには手旗セットも装備されています。

アーミータイプといえばWLAしか知らなかったのですが、こんなのがあったんですね^^; 

なめまわすようにチェック&写真を撮ったあとは、まるで博物館のような店内にディスプレイしてある

他の車両のチェックと行きましょう。

まっ先に目に留まったのは朱色のような、オリジナルペイントのヨンパチ。 

Dsc_3251_2  

 

 

 

 

 

 

 
 

Dsc_3273_2Dsc_3325Dsc_3344_2Dsc_3349_2 
 
 
 
 
 
  
Dsc_3248_2  ほかのメンバーは何をしてるかと言いますと・・・

 The NORIくんはやはり1930年代の車両に萌えておりますw

 やっぱり自分が所有しているバイクと同じ年代の

 車両に目が行くんだなぁなんて話してました。

 

30年代と40年代のホーンのつくりの違い(もう変態レベル)とか含め、色々と教えてくれてありがとう!

 

Dsc_3318_2  さて、こちらの河童くんもヨンパチを激しくチェック中です。

 「ねえねえ河童くん、この穴って何?」「こっちは何?」

 という初心者丸出しの質問に丁寧に教えてくれて

 アリガトね^^;

 

Dsc_3253  僕レベルでも歓喜してしまうようなパーツ類も

 どっさりと展示してあります。

 これ、本当にこの年代のビンテージオーナーさんが見たら、

 これだけでご飯がおかわり出来ること間違いなしww

 

Dsc_3254

Dsc_3263_2Dsc_3266Dsc_3267
 
 
 
 
Dsc_3306Dsc_3312Dsc_3366Dsc_3379  
 
 
 
 
Dsc_3395Dsc_3396Dsc_3414Dsc_3430          

 

  

Dsc_3264_2  でも、70年前のバイクと対峙しつつ、周囲で交わされる

 会話なんかを聞いて、ショベルでいっぱいいっぱいの僕には、

 このあたりのビンテージハーレーは100年早い

 いう事をいやという程思い知らされました。。。

  

 

Dsc_3458  そんなこんなで、僕にとっては博物館見学のような

 時間はあっという間に過ぎ、ボチボチ東京に帰る

 ことになりました。

 岡田さん、二日間色々とお世話になりましてありがとうございました!

  

 

高速のインターチェンジに向かう途中、道の左手にちょっぴりと気になる建物が出現し、

車内から見たところ「wesco」の看板が出ているではないですか!

Dsc_3459Dsc_3463

 

 

 

 

 

クルマを停めて、ちらっと立ち寄ってみました。  

さすがに店内なので写真は撮りませんでしたが、広い店内の真ん中に

どーんとパンヘッドがディスプレイしてあり、かなりいい雰囲気。 

 

Dsc_3469  さて、抜けるような青空の下、近畿道から

 吹田JC~名神へと向かいます。

 連休とは思えないほど道もガラガラで快適。

 
 

 

Dsc_3471Dsc_3487  

 

 

 

 

 

Dsc_3489  このまま真っすぐ帰るかと思いきや・・・

 彦根あたりで夕焼けを迎えた頃、愛知県の特派員から

 とある極秘情報をキャッチしました!w

 これは早急に現地入りしなければなりません!ww 

 

 

Map4Map5  

 

 

 

 

 

現地入りすると言っても、目標はどうやらとんでもない所にあるようです。 

愛知の特派員から現地詳細情報を聞きつつ、豊田JCから神奈川に背を向け、

知多半島を南下していきます。 すごい遠回りですww 

 

そこまでして行った先には

一体なにが待ち受けているのでしょうか??

 

 

Dsc_3508_2Dsc_3513_2Dsc_3530     

 

 
 

漆黒の闇夜に包まれたセブンイレブンの広大な駐車場の端っこに、

ぽつんと露天商を開いていた「9999まあさん」でしたwww 

Dsc_3506

 

 

 

 

 

 

 
 

 

想定外のメンバーの乱入に、訳が分からず困惑するまあさんの図 

 

実は、語ショベメンバー・いのきんぐ&kyon呪術師&U子さん達と一緒に

寒中MTGに参加して、その帰りがけにコイル&ダイナが飛んでしまったとの事。

いのきんぐ達が代替のポイント点火一式&NEWコイルをショップでゲットして

持って来てくれるのを待ってたところとの事です。

 

この段階で、エンジンストールからかれこれ5時間以上経過していたそうです。 

僕の脳裏に、去年のGWのクラッチワイヤー事件の時に数時間立ち往生した事が

走馬灯のように甦ります^^; 

  

僕たちが到着したほんの数分後、kyon呪術師マイカーに乗って救世主達が到着。

繰り返しますが、今日はいつもの車じゃなくてマイカーですww

 

Dsc_3520   

 
 
 
 

            

 

 

 

 

救世主代表・いのきんぐからまあさんにNEWパーツ一式の贈呈式がしめやかに執り行われましたww

 

Dsc_3542  写真はフラッシュとか焚いてますが、実際は

 こんな感じで真っ暗です。 そんな中kyon呪術師

 「明るいが、照らされた分だけの闇をもたらす」という

 商売道具の呪いのランプをセットしますww

 

Dsc_3550Dsc_3549

 

 

 

 

 
 

呪いにかかる危険性はあっても、背に腹はかえられない!という強い意思のもと、

テキパキとコイルを交換し、ポイントを組んで行きます。

 

最後にポイントギャップの調整&点火タイミングを調整し、一同見守る中

カチッとイグニッションスイッチを入れ、セルボタンを押す緊張の一瞬。

 

キュルキュルキュルズバババババババーーン! 

ドッドコドッドコドッドコ・・・・・・

 

Dsc_3552  やりました! 見事に甦ったヘリテイジ!

 kyon呪術師の呪いを見事はねのけました!

 まあさん、会心の笑みです^^

 いやぁ、復活してホントに良かったですね^^

 でも、自分の事のように嬉しいのは何故なんでしょうか?

  

ということで、ここに

第1回HDN&語ショベ・サプライズMTG in 阿久比 presented by 9999まあさん

が無事に終了しましたww

 

Dsc_3553 今回集まった勇者たちの図。

 寒中MTGには参加できなかったけど、

 ここでMEET出来てウレシカッタね~!!^^

 また集まりましょう!

 次回はサプライズMTGじゃないことを祈ってw

 

Dsc_3556  話は尽きませんが、今日の電車のあるうちに

 神奈川に帰らなくてはいけませんので、ここで解散することに。

 まずはまあさんを送り出して、おっかけで高速を東に

 向かいます。 多分どこかでまあさんに追いつくでしょう。

 
 

飲み物などを補充しつつ、さっき来た道を引き返して行きます。

まもなく走行車線をどっしりと走るまあさんを捕捉しました。 

Dsc_3564Dsc_3595  

 

 

 

 
 

威風堂々といった感じでしょうか。 この時名神を走っているバイクはまあさんだけ。

よく考えれば、バイクでココにいるという事は、昨日のあの雪の中を事故無くバイクで

MTGに参加したという漢の証でもあります。 

ぽつぽつとライトに照らされつつ堂々と走る哀愁のさすらいバイカー・まあさんを車内から見た一同、

「何かすげーカッコ良くね!?」と。確かにすげーカッコ良かったです^^

Dsc_3587Dsc_3589Dsc_3598    

 

 

 

   

しばらく並走していたのですが、バイクも大丈夫そうな事を見届けてお別れ。

 

尚、1930年代&40年代のバイク談義で盛り上がっていたTheNORI&河童くん達でしたが、

まあさんの1981ヘリテイジが高速の料金所ですーっとETCレーンに入った瞬間、

うつろな目で放心状態になった事は内緒にしておきますw

※TheNORIの1937UL&河童くんの1948FL&t氏の1963FLは6ボルトです

 

 

Dsc_3608  無事に到着しました! ばっちり終電に間に合う時間です。

 ここで船場さんから土産に頂いたカレンダーの支給を受けつつ、

 TheNORIくん&かっぱくんとお別れ。

 マジで楽しかったね^^  

 

 

この後、お疲れの中t氏に僕の家まで車で送ってもらって無事に帰宅。

行きも帰りも運転オツカレサマでした! サンキュー!!

 

TheNORIくん&かっぱくん&t氏、相当濃ゆ~い二日間の珍道中、アリガトウね!

 

同じ体験をしたみんなが、それぞれの角度で日記にUPしたようなので、リンクを更新。

 

旧式河童堂presents今回の珍道中記 はこちら

HDN 幻のハーレーを見に行く会 はこちら

変○ホスト「TheNORI」が送る NORI'S GARAGE はこちら 

 

※本日(2/14)リンク先内容をチェックしたところ、ガセネタが散見されました!(爆)

 ので、その点ご注意くださいwww

 

Dsc_3610  【おまけ】

 しばらくはコレ見ておとなしくしてますww

 

 

 

 

| | コメント (54)

2008年2月 9日 (土曜日)

大阪に行って来ます~

 

突然ですが、これ↓を見に行くということで 

http://www.hdn.gr.jp/archives/2008/02/post_497.php 

http://www.semba.co.jp/ 

これから野郎4人で大阪へ襲撃してまいります!

 

雪大丈夫なのか微妙に心配ですが^^;

 

 

ところで、きざしカンパニーで、ブログ同士の“相性”が分かるというサービス「Myピース」(β版)が始まりました。

これは、2つのブログのURLを入力すると、RSSフィードの内容をもとに分析して、

記事に使われているキーワードから、共通する話題や感情を抽出し、相性を判定するというものです。

例えば2つのブログに、「笑顔」「泣く」「面白い」といったキーワードが含まれていれば

「ふたりは感動の様子を分かちあっています」、

「スープ」「ご飯」「メニュー」といったキーワードが多ければ「ふたりはお弁当の話題をよくしています」などと表示されるようです。

URLは↓コチラ。

http://myboo.kizasi.jp/ 

 

まず試しに、千葉の○態とやってみました。
 

ショベルに乗って、どこまでも   ~バイク(旅)日記~   と   リバーサイドの響Ⅱ   は、
 
相性度  30  Boo (※Booは相性度を表す単位)
ふたりは  感謝の気持ち  を分かち合っています。
ふたりは  季節  の話題をよくしています。
ふたりのキーワードは  お誘い  です。

「お誘い」・・・、僕はキャンプでヒビキさんはラーメンでしょうか?w

ドキドキしながら、そーま中尉のblogを入力してみると 

 

ショベルに乗って、どこまでも   ~バイク(旅)日記~   と   神の酒  -神酒独言-   は、
 
相性度  24  Boo (※Booは相性度を表す単位)
ふたりは  感動の様子  を分かち合っています。
ふたりは  バイク  の話題をよくしています。
ふたりのキーワードは  TWITTER  です。

・・・いたって普通の結果でちょっぴり安心しましたww

そんな中、今のところ相性値が最高得点だったのは・・・

  

ショベルに乗って、どこまでも   ~バイク(旅)日記~   と   ハレ太郎日記   は、
 
相性度  45  Boo (※Booは相性度を表す単位)
ふたりは  恐怖感  を分かち合っています。
ふたりは  季節  の話題をよくしています。
ふたりのキーワードは  WWW  です。

なんとWWWで繋がれた「ハレ太郎日記」だそうですwww

これからもwwwで繋がっていきましょうね~www

 

皆さんも暇つぶしにやってみてはいかがでしょうか!^^

 

| | コメント (12)

2008年2月 5日 (火曜日)

快適キャンプのお誘い

 

さて、待ちに待った絶好のキャンプシーズンが到来しておりますが、

皆さまは存分に焚かれていらっしゃいますでしょうか?ww

 

蚊もいなく、空が高くて、空気が澄んでて、静かで、

しかも焚火を肌で味わうにはこの季節が一番です!

 

ということで、下記の通り実施しようと思います。 

 

【日時】2008年2月23日(土)~2月24日(日)

【炎会場所】宮ヶ瀬湖近辺河原(説明できないので、集合してから行きましょう)

【集合場所】宮ヶ瀬湖畔駐車場(下記URL参照) 12:00厳守!!

http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&om=0&ll=35.538853,139.223503&spn=0.003972,0.01075&z=17

地図は縮尺を調節してご確認ください。

民芸調のお店が沢山並んでいる、メインの有料駐車場ではありません!

 そこから地図上で宮ヶ瀬湖周回道路を時計回りに5分程度走った所にある

 無料の大きな駐車場です! くれぐれもお間違えの無いように!!

 中央自動車道・東名自動車道からそれぞれ小一時間です。

 

【諸注意事項】

●水場はありません。水は途中の湧水を汲んで行きますので、容器をお忘れなく

●雨か雪の場合は残念ながら中止します。前日に判断しましょう。

●クルマは駐車場がないので、バイクオンリーです^^;

●水場はないくせに、綺麗なバイオトイレだけありますw

●現地入りするなり、みんなで薪拾いします。 しかも、大量にw

 

今のところ、変態1号さん、変態ムスメ、ぼんねびる少佐&僕の4人という感じです。

参加表明はコメントもしくは zmarina7@nifty.com  まで一報をお願いします!

 

 

 

話は変わりますが、日曜日はすごい雪でしたね~^^;

翌朝の月曜日は、すっきりとした青空が。 

折角なので記録に残しておこうと思い立ち、朝の出勤前、カメラ片手に近所をぶらついてきました。 
 

12  

 

 

 

 

道の雪はたった一日ですっかり融けてます。  

 

Dsc_2794  富士山は7合目付近(?)から上の部分が

 雲からにょっきりと顔を出していました。

 レンズを大好きな70-200に交換して

 富士の勇姿を収めましょう。

 

 

Dsc_2821  

 

 

 

 

 

 

 

  
ん~! いつ見てもカッコイイですね!!

Dsc_2852  

 

 

 

 

 

 

 

 
日差しを受け、南国らしさが戻ってきております。

 

Dsc_2871 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc_2892  猫は日なたでのんびりと。

 

 

 

 

 

Dsc_2899  望遠レンズの圧縮効果で富士山がすぐそこに^^;

 

 

 

 

 

Dsc_2911  

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc_2947  しかし、こう雲ひとつ無いと空が単調な

 感じになってしまいますね。。。

 

 

 
 

Dsc_2950  今日はレンタル自転車の出番は

 あるのでしょうか?

 

 

 

 

Dsc_2957  

 

 

 
 

 

 

 

  

と言うことで、束の間の散歩はこれにて終了!
 

Dsc_2997  部屋に戻ろうとしたところ、

 ふと駐車場に停まってるヤマハMateに目が・・・

 すげー、チェーンしてますよww

 さすが商用車。 たくましいですね^^

 
 

Dsc_3005  マンション入口には、近所の姉妹が

 雪だるま制作の真っ最中^^ 

 

 かわいいな~!

 

 

・・・これから会社に向かう僕って偉いですよね?www

 

| | コメント (25)

2008年2月 3日 (日曜日)

雪なのでメンテを

   

今日は朝寝坊してました^^ 

むにゃむにゃしながらケータイを見ると「ゲレンデへようこそ!」というメールが。 
 

Dsc_2589

 えっ!?って思って外を見たら 

 一面の雪景色でした(汗)

 

 ぼーっとしながらカメラ片手に出陣。

 

 

Dsc_2601Dsc_2613

 

 

 

 

 

 

Dsc_2630

 もう、南国なんだか雪国なんだかww

 

 この段階で「今日は家から出ない!」

 決めつけましたw

  

 

こんな日は絶好のショベルメンテ日和なんですが・・・

我がマリーナ号、絶好調すぎてメンテする箇所がありませんww

・・・あ~、言ってもうた。 

 

そうだ、先日カケさんからのコメントで小ブスの話があったので、久しぶりに

ストーブとかランタン系のチェックを兼ねて点検でもしてみようと思い立ち、

ごそごそと家中から引っ張り出してきました。

  

Dsc_2648  さてさて、我が家のストーブ&ランタン類です。

 

 すっかり怠けていたこいつらのメンテをしましょう!

 

 

 

【ストーブ篇】 まずはストーブからいきましょう。 
 

Dsc_2654  ●PHOEBUS 625 旧型('72年頃~'79年)

 こいつは今でも普通に使ってます。

 ただそこはやはり大ブス、ショベルでの

 キャンプツーリングには少し大きいか?

 

 

Dsc_2655  ●PHOEBUS 625 旧旧型(~'74年頃)

 こいつは、たま~に出番があります。

 前回使ったのは・・・忘れましたww

 所々サビがでちゃってますね。。。

 

 

Dsc_2658  ●PHOEBUS 725 旧型('72年頃~'79年)

 この小ブスはコンパクトでいいんですが・・・

 自圧式&炎と過熱する鍋の底の距離が近く、

 夏の炎天下で使用すると排気弁から気化した

 ガスが噴き出したりするので要注意です^^; 

 

 

Dsc_2669  折角引っ張り出して来たので、久しぶりに

 火を入れてみましょう! まずは小ブスから。 

 自圧式なのでポンピングするポンプがありません^^;

 早速メタでプレヒートします。

 
 

Dsc_2680  プレヒートが完了したら、熱の反射板(?)をセットします。 

 でも、今回は何も加熱しないので必要はありませんがww

 

 まあ、一応ね^^

 

Dsc_2682  続いて、穴のあいた風防をセットします。

 

 

 

 

 

Dsc_2683  ノズルを回して「シュー」という気化ガソリンの

 音を確認したら点火!

 

 

 

 

Dsc_2685  ん~、ホントに久しぶりに点けてもこの炎。

 さすがPHOEBUSですね。

 ちなみに、小ブスは燃焼時に「ゴーッ」という

 MSRのドラゴンフライのような燃焼音がします。

 ちっちゃいのにうるさいんですw

 

Dsc_2690  ゴトクをつけ忘れてました^^;

 さてこの725ですが、ヤカンとかをゴトクの上に乗せて

 ずーっと加熱していると、そこの熱が反射して

 タンクを過剰に熱してしまいます。

 一応それの防止用にさっき差し込んだ鉄板があるのですが

Dsc_2692  その効き目の程は・・・。

 指で指しています「圧力弁」から気化ガソリンが

 吹き出し、それに引火して火だるまになります。

 小ブスでの過熱時は目を離さずに、十分注意しましょう!

ちゃんと使えば、このコンパクトさでこの火力、頼りになること請け合いです!!^^

 

Dsc_2704

 さて、こちらはPHOEBUS625、大ブス1号です。

 大ブスにはさっきの小ブスと違って、加圧ポンプが

 備わっております。

 

 
 

Dsc_2705  ポンプでシュコシュコと加圧し、小ブスと同じく

 メタでプレヒートします。

 

 

 

 

Dsc_2710  あっという間に完全燃焼です!

 

 

 

 

 

Dsc_2711  大ブス2号にも火を入れて、ブス3兄弟の出来上がりw

 こうして見ると、、やはり大ブス1号が一番火力が

 強そうですね。

 うーん、ウットリ。。。

 

 

・・・段々暗くなって来たので、部屋に戻って続きを^^; 

 

Dsc_2729  ●MSR Firefly

 こいつは最近出番の一番多い、MSRのFirefly。

 ドラゴンフライの前のモデルです。

 ポンプが赤じゃなくて黄色なのが以外とレア。

 

 

Dsc_2736  ●MSR ウイスパーライト

 これは、現行型MSRのウイスパーライト。 

 至って普通のガソリンストーブ。

 こいつが一番コンパクトなので、

 それが求められる状況になった時に出動します。

 
 

Dsc_2740  これはホームセンターとかで売っている、

 ガスカートリッジ対応のストーブ。

 確か1980円とか2980円とかだったような記憶が。

 ストーブ自体は非常にコンパクトなんですが、

 当然ガスのカートリッジを持参する必要があります。

なので、燃料を共有出来るようにストーブとランタンを「ガソリン」か「ガス」で統一する感じになります。

 

【ランタン篇】

Dsc_2743  ●Coleman 236

 我が家で一番明るいOld Coleman。

 こいつは236というモデルです。

 多分1958年製なので、ちょうど50年モノですね。

 マジでこいつは明るいです!

 

Dsc_2747  ●PHOEBUS 615

 ケロシン専用のホエーブスランタン。

 僕の手持ちでケロシン専用なのはコイツくらい。

 この為だけにわざわざ燃料を使い分けるのが

 意外と面倒で、登場少なし。。。

 

Dsc_2748  ●真鍮製 カーバイドランプ

 メーカー不明ですが、ずっしりとした真鍮ムクの

 カーバイドランプです。

 カーバイドタンク容量が少なめですが、ソロなどは

 これで十分だと思います。 先月の変態キャンプでも大活躍!

 

Dsc_2751  ●キャンドルランタン

 テントの中でひっそりと灯るには充分なほどの

 光量です。 これで翌日のルート確認の為に

 地図を確認したりしました。

 実は、これが一番好きかも^^

 

Dsc_2755  ●チタンマントルのコンパクトランタン

 どこかのホームセンターで「マントル交換不要!」

 みたいなキャッチコピーで売ってた、ガス式ランタン。

 発光部分が金属で出来てて、都度交換の必要が無いやつ。

 味気ないので登場機会少なしw

 

Dsc_2761  ●カーバイドランプ お手元用&露天商バージョン

 昨年かーる大佐ガレージで大正時代のバイクに

 付いてたカーバイドランプを見て、速攻でゲットした

 いたって普通のカーバイドランプ。

 

Dsc_2764  ●ボロボロのカーバイドランプ

 がらくた市の片隅で見つけた、ボロボロ&サビサビの

 カーバイドランプ。これも露天商バージョンです。

 多分Oリングだけ交換すれば使えそうな予感。

 

 

Dsc_2766  ●ホームセンターガスランタン

 これも確か2480円とかそんなもんだったと思うんですが、

 結構コンパクトで軽く、持ち運びには便利です。

 

 

 

 

ざーっと見直してみると、登場回数の多いメンバーから、ほとんど放置プレイのやつまで

色々ありますが、錆などを落としつつ、次回の出番までスタンバイしておいてもらいましょう。

 

うー、早く焚きて~!!!

| | コメント (32)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »