« 2008夏 四国ツーリング 5日目 | トップページ | 2008夏 四国ツーリング 7・8日目(最終日) »

2008年9月23日 (火曜日)

2008夏 四国ツーリング 6日目

    

さあ、今回の四国ツーリングのハイライトです!

【四国ツーリング 6日目  2008年8月28日】

 

001  今回の四国ツーリングで、最長・再困難な

 一日が始まった瞬間ww

 川之江のビジネスホテルの部屋からの眺め。

 朝の5時前ですが、この上なくどんよりとした雲(泣)

 

002  ホテル脇のアーケード(商店街)の中を突っ切る。

 ここでガソリンが心許ない事を思い出し、まずは

 スタンドを探しに行きましょう。

 
 

003  ・・・この辺24時間営業のGS少なすぎ!(爆)

 ここに辿り着くまでヒヤヒヤしました。

 

 

 

004  さて、パンがお腹一杯になった所で出発です!

 

 

 

 

005  しかし・・・あの雲の中に行くのか。。。

 

 行きたくね~という心の叫びを感じつつも前進。

 

 

006  川之江から国道192号を東に向かって高度を上げていくと、

 さっきの雲がどんどん下がって来ます。

 さらには、路面しっとり&顔もしっとり状態に^^;

 

 

007  またまたカッパの登場。

 この一週間足らずの間で、一体何度脱いだり着たりしたんでしょう。

 

 
 

008  程なく池田大橋で国道32号への分岐となります。

 ここはぐるっと回り込む形で右折。

 大歩危小歩危を目指して国道32号を高知方面へ南下。

 
 

009  

 

 

 

 

 

 

010  道の左手に川を見ながら快適な道をドコドコと。

 このあたりで雨が本降りになって来ました(泣)

 と思えば、降ったり止んだりの繰り返し。

 もーーー。

 

012 こんな感じ。 どうですか?

 太公望的には涎モノのポイントのオンパレードでは?

 
 

 

013  こんな吊り橋も発見しました。

 さすがにパンヘッドで走る勇気はありませんので、

 バイクを停めてちらっと散策。

 

 

014  むむむ、確かにこのあたりは激流でした。

 是非ぞめちゃんあたりに革パンで泳いで欲しいですww

 

 

 

15  ちなみにこの吊り橋なんですが、結構な高さがありつつ

 足元が見事に空けているので高所OKな僕でも

 スリル満点でした。 機会があったら是非どうぞww

 
 

14  

 

 

 

 

 

 

015  ここから小歩危峡との看板が。

 特別ここから何かが変化する訳では無いようです。

 

 

 

017  段々と川幅が狭くなって来ているのが分かります。

 

 

 
 

018  んで、ここからが小歩危峡改め大歩危峡。

 この時点でまだ朝の7時前なんですが、

 5時前起きの僕はお腹がすいて死にそうでした。

 満腹なのは跨っているこのパンヘッドだけw
 
 

019020  そんな渓谷のど真ん中にそれはありました。

 煌々と光る「サンクス」の看板。

 

 

これほどサンクスに「サンクス!」って思ったことはありませんでした。

サンクス、本当に開いててくれてサンクス!www

ここはサンクス以外にもお店が連なっており、そのひとつがmont-bell。 

何故にアウトドアショップがこんなところに?と思い看板を見ると「ラフティング」が盛んな様子です。

確かに、この川の流れを見るとラフティングにピッタリな感じの激流でした。

今度はトライしてみたいですね~!

  

021023  

 

 

 

 

024 大歩危を越えて高知方面へ南下していきます。

 時間が無かったらココを左折して直接祖谷峡に、と思っていたのですが

 今日はがっつりと早朝スタートを切ったので、

 真っすぐの地獄の遠回りルートを行きましょう。

 

025  地獄への分岐点がやってまいりました!

 その地獄とは・・・

 

 

 

026  酷道439号において、通過する様をビデオに撮ってUPするだけで

 コンテンツになってしまうという恐ろしい峠、その名は

 京 柱 峠www

 

  

56年前のリジッドのパンヘッドで荷物満載でドラムブレーキでハンドシフトで・・・しかも雨ww

大丈夫なんでしょうか?ww

 

大丈夫! こいつを信じて、がっつりと京柱峠を攻略に行くど~!!!

 

027_3  京柱峠を上り始めた時の空模様。

 すごい雲です。

 

 

 

028  

 

 

 

 

 

 

 

 

029030  と、いきなりの洗礼がwww

 ここ、時間を区切って通行止めにしている区間です。

 

本日の早朝スタートが幸いし、無事に朝一番の工事時間よりも前に通り抜ける事に成功!

・・・つか、もう少し遅く来てたら、ここで1時間以上もぼーっと待ってなきゃいけなかったのか!

  

さて、今日も皆さまに「ヨサククオリティ」をちらっとご紹介しつつwww  

 

031  木陰ですくすくと成長を続ける

 ・・・マジで苔だけは勘弁して下さいww

 つるつる滑るんです。。。

 しかもクリッピングポイントには濡れ落ち葉がwww 

 

032  前からトラックが来たら押しつぶされること必至な

 狭路&ミラーなしな急カーブwww

 

 

 

033  苔と格闘しつつゆるゆると進んで行きます。

 

 が!!

 

 京柱峠まであと10kmですと(涙)

 こんなんあと10km続いたら、神経すり減って死んじゃいますww

 

 

 

 
 

  

034  時おり襲いかかってくる濃霧もまたオツなものでw

 

 

 

 

035  しかし、この道は本当にいろんなものが落ちてます。

 落石なんかも、踏まれに踏まれて砂になるまで放置プレイですよww

 

 

 

036  来ました!

 

 某プロキャンパーが以前ここを通りかかった際、

 「なんじゃこの道は~!(怒)」ってなぎ倒した民家がそのままに。。。

 

 この後も某プロキャンパーの仕業と思われる残骸がそこらじゅうにwww

 

 

 

 

 

 

037  ここ、写真では分かりづらいですが、左側は相当急なガケです。

 ちなみに、今対向車が来たらパンヘッドは哀れ崖下にww

 この写真撮るのも必死なんですよww

 
 

038  対向車がドンピシャのタイミングで訪れた瞬間

 憤死が確定する左カーブww

 

 もしカーブ曲がり切れずに真っすぐ行くと鳥人間大会状態www

 

 

穴ぼこ有り・落石有り・ガードレール無しの崖・クリッピングポイントに的確に落ちてる濡れ落ち葉有り・

苔有り・濃霧で視界悪いっていう状況だったものですから 

ここ京柱峠は、この僕にしては異常ともいえる程写真が少ないですww

いかに心に余裕が無かったかが分かりますw

 

振り返って思い出すと・・・対向車が全く来ませんでしたwww 

対向車がたくさん来てたら、たぶん急ブレーキ&急ハンドルで苔の上でコケてますww 

もしくは哀れ崖の下。。。 

  

039_2040  時おり道端に咲く花が、荒んだココロを癒してくれました。

 これって紫陽花?? こんな季節に?

 

 

脂汗かきながら・半ば泣きべそをかきながら黙々と走って走って・・・

急に視界が広がった瞬間。

 

ついにその時はやってきたのです!

 

047  

 

 

 

 

 

 

 

 

041  来たぜ京柱峠!! しかも眼下には歓迎のが。

 恥ずかしいんですが・・・ 涙が滲んで来ました。

 拳を天に突き上げて吼えました。 

 こんな気分初めて。

 

044  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

053  あまりの感動で、どのくらいぼーっとしていたんでしょうか。

 峠には1軒だけ営業している小さな茶屋がありました。

 早速入ってみる事にしましょう。

 

   

051  でーん!

 京柱峠名物・しし肉うどん!!!!

 これ、今までの人生の中で一番美味しいうどんでした。

 みなさんも是非味わってみて下さい~!!
 

 

052  ご主人が「こんな日に良く来たね!?」と

 オマケも付けて下さいました^^

 ちなみに、こんな雨の日は一台も通らないこともあるそうです。

 「今日はお客さん以外はもう誰も来ないと思う」ww

 

049

 壁にはここに無事辿り着いた猛者達の寄せ書きがww

 僕は殆どこの類のものには書いたりしないんですが、

 思わず書いてしまいましたwww

 

 

※僕の書き残したメッセージを発見した方に、豪華粗品を差し上げますww

 そのメッセージをメールで僕宛に送信下さい。 期限ですが・・・来年末まで有効ですww

 

054  しし肉うどんを味わい、そのあたりをぶらぶらと散歩。

 耳を澄ましても「人工の音」が全くしない。

 なんという平和な時間。

 京柱峠は地獄でも何でもなく、まさに天国そのもの

 

 

055  ココから先は徳島県のようです。

 ちょうどこの峠が高知県との県境になっているんですね。

 

 

 

057_2  これは高知県側に設置してあった案内看板。

 確かに右はじにwww

 

 

 

058  徳島県側の道の具合はどうよ?っと・・・

 高知県側よりも悪そうです。

 

 何だかイヤな予感が(泣)

 

さて、感動のしし肉うどんを味わえたので、徳島県側へと下りて行く事にしましょう。

さらば京柱峠!  

 

059  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

060  徳島県側は

 や っ ぱ り 地 獄 で し た 。

 

 

 

 

061  もうね、そこいらにあるダートの方がよっぽど

 走りやすいんじゃないかとwww

 もうリアはバッコンバッコン跳ねまくるし、

 プアなフロントサスは底突きしまくり。

 

062063  

 

 

 

 
064065  

 

 

 

 

 
066  空中分解しちゃいそうなパンヘッドをなだめつつ

 数々のトラップをくぐり抜けていきます。

 中にはkyonプロもしくは房総の吹き矢師が仕掛けたと思われる倒木もw

 

 

069  と、道端に滝があったので、ここで一服しましょう。

 

 なんという清々しさ。

 

 

067068  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

070  道は全く清々しくありませんがwww

 

 

 

 

071  さらには・・・濡 れ た 鉄 板

 マジで勘弁してください。

 ある意味、苔よりもイヤかもwww

 

 

072  地獄のようなヨサクの中にあった天国のような京柱峠。

 ん~、朝っぱらからすごいルートでしたが

 無事に県道32号線との分岐点まで下って来ました。

 

 

何事も無かったかのように、元気にアイドリングを続けるパンヘッド。 

元せえこ号、おまえ凄いよ。 敢えて最強と呼ばせてくれwww

  

ヨサク、参ったかーーー!! 

 

 

073  ここは落ち着いて、県道32号を進んで次なる目的地

 「かずらばし」を目指して行きましょう。

 

 

 

075  こんな感じの渓谷沿いののどかな道をゆっくりと。

 

 

 

 

076  あっという間にかずらばしに到着です。

 バイクを停めて、ちらっと散歩。

 その昔、追手が来たら刀で橋を裁ち落とせるように

 橋全部をかずらで編んだそうです。

 

077  

 

 

 

 

 

 

 

 

078079_2  

 

 

 

080 

 

 

 

 

081  このあたりは「祖谷」というエリアなんで、

 まあしょうがないといえばしょうがないネーミングww

 泊まっていいのかいやなのか、と(以下略www

 

 

082  

 

 

 

 

 

 

 

 

083  ここからは断崖のつづく祖谷渓沿いのルートとなります。

 九州の延岡から高千穂に向かう神話国道と似たような雰囲気。

 

 

 

084  で、満を持してやって来たのは祖谷渓谷にある温泉一軒宿。

 その名も「祖谷温泉」。

 

 

 

085  ここは、断崖をケーブルカーでずっと下って行った

 河原にある露天風呂が有名らしいです。

 早速行ってみましょう!

 

 

088  ・・・このケーブルカーなんですが、激遅ww

 歩いて下った方が百倍も速いと思われwww

 

 

 

089  なので、景色でものんびり見ながら。

 しかしすごい渓谷です。

 釣り好きな人だったらたまらないでしょう。

 

 

090  あ、ここは大好きな「日本秘湯を守る会」の会員宿。

 年初に行った新野地温泉以来の「守る会」かも。

 

 

 

091  

 

 

 

 

 

 

 

 

093  僕的には、この壁と屋根はいらないんですがw

 源泉そのままにこだわるため、お湯は少しぬるめ。

 もちろん掛け流し。

 

 

なんと、この露天風呂で本日の新 た な 出 会 いが!

後ほどの再会を約束して、僕は祖谷渓沿いを少し北上。 

 

 

094

 一度この目で見てみたかった、祖谷の小便小僧。

 

 

 

 

096  うむ!

 みなさんこんな感じでblogなどにUPされてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

097

 ちなみに、こいつはガードレールの外側、

 マジで崖っぷちに立っています。

 ここ、すごい落差でした。ブルブル。。。

 

 

 

098099  小便小僧をカメラに収め、先ほど出会った方との約束を果たしに

 待ち合わせ場所へと向かいます。

 

105  国道32号をまたまた南下し、本日2回目の大歩危小歩危を通過し、

 やって来たのは県境のほど近いお蕎麦屋さん。

 

 

 

102  いらっしゃいました!

 ここから車で数分の所に実家があると言う、地元のご兄弟。

 このお二人は二人とも60歳・・・何と双子とのこと。

 「お~、こっちこっち」と、ご一緒させて頂きました。

 

101  ここ高知との県境の山では、昔からそば畑があって、

 地元の方はそのそば粉100%を使ったお蕎麦を食べてきたそうです。

 つなぎを入れないので、こんな感じで太く短い麺に。

 そばそのもののガツンとした味で、何とも素朴で美味しいこと。

 

すっかりご馳走になってしまいました^^; 本当にありがとうございました!!

 

106  ちなみに、双子の弟さんはパンヘッドがお気に入りのようでしたw

 

 

 

 

108  店の外にあった看板で、お二人の自宅を探したりw

 

 

 

 

109  このキーの先っぽがご実家だそうですwww

 今度訪ねていってみたいですね~!!

 そして「鳴門まで走って行きたい」と言う僕に、地元のかたならではの

 国道以外の気持ちいい快走ルートを伝授下さいました。

 

110  阿波池田から鳴門までは、普通に国道192号をひたすら走ろうと

 思っていたんですが、ご兄弟直々に伝授されたルートに変更。

 吉野川の北岸に沿って東西に伸びる県道12号へ。

 

 

114  途中「うだつの町並み」の脇を通りかかったので、

 もちろん立ち寄って見る事にしました。

 お近くに立ち寄った際にはぜひどうぞ!^^

 

 

111113  

 

 

 

 

115  ここから県道12号を離れ、マニアックな県道へと入って行きます。

 県道139号を抜け、国道318号を目指します。

 

 

 

116117  

 

 

 

 

118  東四国を南北に走る国道318号線。こりゃ素晴らしい!^^

 ヨサクと同じ3桁国道とは思えませんww

 318号を走っていたら、今日初めての太陽が!

 

121  

 

 

 

 

 

 

 

 

122125  

 

 

 

 

126  ドラマチックな夕陽を堪能し、いよいよ瀬戸内海側の

 国道11号に突き当りました!

 ここを右折すれば鳴門の街です。

 

 

127  あっという間に徳島県入り。

 さらば香川県!

 

 

 

130  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、四国に行くと宣言した時に、某岩手の「空白の一日男」さんwwから

 

 「知ってるかも知れんが、四国行くなら、ここで歯に絡みつくハマチ刺しと、

 食っても減らないワカメ味噌汁飲食してくれ。」

 http://pigly.fc2web.com/umaimon/binbi/1.htm

 

という素晴らしい情報をゲットしていたので、行かない手はありません!

 

 

131  その店の名は「びんび家」

 

 ここ国道11号の、周辺には何も無い道沿いにぽつんと佇むお店。

 早速突撃しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 
 
135  指令通り、ハマチの刺身とわかめ汁をチョイスし、

 更に無事に京柱峠を越えた自分へのご褒美として

 金目の煮付けを追加オーダー。 

 セレブな僕にぴったりのゴージャスな夕飯に(爆)

 

 

134  で、コレ!! わかめの味噌汁って人生で通算100万回は食べていますが、

 これにはビックリ!^^

 わかめのダシがここまでがっつりと出てて、しかも

 チャン氏の言うように、食べても食べても減りませんwww

 

 

さすが、日本を知り尽くしている漢からの耳寄り情報。

 

・・・つか、岩手に住んでるくせして何で鳴門の店に詳しいのか??

鳴門に何か縁があったのか?  鳴門に彼女が(以下略www 

今度パ子たん含めてじっくりと追及したいと思いますwww 

 

 

136

 店の外には海産物売り場が。

 明日フェリーに乗っちゃう僕としては残念。。。

 

 

 

137  すっかり暗くなってしまいました。

 四国での最後の薄暮。

 

 

 

138  大満足だったびんび家を後に、鳴門市街へと向かいます。

 

 

 

 

139  明日のフェリーが朝なので、テント泊ではなく

 テキトーに押さえた安いホテルにチェックイン。

 安い割には、すごく綺麗な建物でちょっとびっくり。

 

 

140  しかも、外の駐車場では無く建物内にバイクを停めてOKですよ、

 と嬉しい配慮も頂き、こんな所にwww

 

 

 

 

こうして、長い長い一日がようやく終わりを迎えたのでした。

 

 

 

最後に、チャン氏からの指令  

>そして、439を直線にする工事の進行具合を聞きたい。

の現地報告ですが・・・

 

一 ミ リ も 進 行 し て い ま せ ん で し た www 

   

嗚呼ヨサクよ、いつまでも今のヨサクのままでいておくれ~www 

 

111111  【本日のルート】

  川之江~阿波池田~大歩危小歩危~京柱峠~

 かずら橋~祖谷渓谷~脇町~白鳥~鳴門

 

 

 

|

« 2008夏 四国ツーリング 5日目 | トップページ | 2008夏 四国ツーリング 7・8日目(最終日) »

コメント

●The Nori

この日はてんこ盛りだったよ!

>地獄の峠越えは見ごたえありました。
The Noriも是非近いうちにあの地獄を味わいつつ、京柱峠で天国を味わって下され~!^^

>しかし双子のじいさんまで虜にするとは・・・。
実はあのお二方と露天風呂で相当話し込んで、意気投合しちゃってたりしたんだよねww
でも、60の双子で仲良しっていいなぁって思ったよ。
あの素朴な蕎麦もむちゃくちゃ旨かったよ~

投稿: zmarina7 | 2008年10月 5日 (日曜日) 23時49分

●kaitoくん

・439でパン子を撮影中に
これは良しとして・・・

>対向からダンプカーが
ダンプは道幅が狭すぎて絶対に入って来れないしww

>時速80kmくらいで
死んでもあの道で80km出せないしwww

投稿: zmarina7 | 2008年10月 5日 (日曜日) 23時46分

●かなぴ

>いや荘ワロタwww
小ネタを拾ってくれてサンクスwww
いやさ、あの看板がパッと目に飛び込んで来ちゃったもんだからさwww

>それにしてもグレートな道だったね酷道439号
>四国へ行くことがあったなら俺も通ってみよう【・∀・】ニヤニヤ
道自体は全くオススメしないんだけど、京柱峠のしし肉うどんはぜひ食して欲しい!

投稿: zmarina7 | 2008年10月 5日 (日曜日) 23時45分

●さおりさん

>大歩危、小歩危辺りの景色懐かしいな〜
>写真見て思い出してきた。
>439は更にハードコアになったんジャネットリン?

・・・どなたですか?www

大歩危小歩危は恐らくここ数十年は変わらない景色だと思うけど、439は朽ち果てる一方かとww

投稿: zmarina7 | 2008年10月 5日 (日曜日) 23時43分

●ぞめちゃん

やヴぇ! あの丹沢の時のぞめちゃんの満面の笑みを思い出したwww


>四国は大学の時に自転車で周ったな。カツオ食わせてもらったり良い所でした。
う、チャリで周ったんだ! すごいね~!
いつかオトコの人生の節目で、また旅に出れるといいね!!

投稿: zmarina7 | 2008年10月 5日 (日曜日) 23時41分

●パ子たん

この日は四国ツーを飾るメインのルートだったから、朝から気合いを入れてみましたww

>鳴門になぜそんなに詳しいのか、追及会議を早急に頼みますわー!!
・・・今日にでもチラッと聞いてみたら?(爆)www

投稿: zmarina7 | 2008年10月 5日 (日曜日) 23時39分

●南房総さん

>>房総の吹き矢師が仕掛けたと思われる倒木もw
>バレタ?^^
・・・や は り あ な た で し た か www


>良い旅が出来たようで。
今回も良き道良きバイク良き出会いと、天気以外はイイ事づくしでした!^^

>ここのブログ観てると行きたい所が増えるばっかりでww
今 度 行 き ま し ょ う ね !

投稿: zmarina7 | 2008年10月 5日 (日曜日) 23時37分

●54Bさん

四国もむちゃくちゃイイですよ~!
思いの外道も空いてて、ほとんどのルートで快走しました^^
 
>京柱峠なんて 誰も行かない位の場所なの?
ググってみますと、ヘンな人たちが喜んで走りに行っている様子ですがwww


>うだつを逗子の億ションに付けちゃえよ!
・・・ど こ に 付 け る ん で し ょ う か ?(爆)

投稿: zmarina7 | 2008年10月 5日 (日曜日) 23時35分

●MARちゃん

京柱峠の虹にはマジで感動したよ。
あと、やっぱり「秘湯を守る会」の露天風呂は良かったよ。看板に偽りなし!

>やぱ四国いいのぅ(*´∇`*)
>あ、でも439は遠慮したいねw
・・・439を通らないと京柱峠には行けないんだけど(爆)

投稿: zmarina7 | 2008年10月 5日 (日曜日) 23時33分

●ふくろうさん

確かに、こんな酷道は北海道には無いと思われます^^;
おそらく北海道の整備されたダートの方がよっぽど走りやすいかとwww

でも、京柱峠はむちゃくちゃ良かったので、機会があったら是非行ってみてください!

投稿: zmarina7 | 2008年10月 5日 (日曜日) 23時30分

●そーま二等兵

この日はまさに四国ツーのハイライトだったのよ!

>マリナさんのブログこれだけ面白いんだから頑張れば10万ヒットくらいは行くかもしれませんね!?
 
・・・
 
・・・今から、君を准将から二等兵へ降格を命ずる!!ww

投稿: zmarina7 | 2008年10月 5日 (日曜日) 23時27分

●いのきんぐ

ヨサクは荷物満載のハーレーは避けた方がイイよ、マジでw
あんな道好き好んで走る変態は多分kyonちゃんくらいだよw 

>でも峠の景色は最高ですね~!
マジでこの日はがっつりと雨だったんだけど、その雨雲の切れ間から覗いた虹!
ついうるっと来てしもたよwww 

>うどんもうまそうだし♪
あ、あそこの峠の茶屋で俺のメッセージ見つけたら、しし肉うどんご馳走してあげるよwww

投稿: zmarina7 | 2008年10月 5日 (日曜日) 23時25分

●がえんさん

先日は逗子訪問ありがとうございました~!
あの日は最高のバイク日和でしたね^^
 
・・・がえんさんも是非次回の四国は ナ ッ ク ル でお願いしますね!www

投稿: zmarina7 | 2008年10月 5日 (日曜日) 23時22分

6日目すげぇ!
面白っすwwwww
地獄の峠越えは見ごたえありました。
しかし双子のじいさんまで虜にするとは・・・。

投稿: NORI@1937UL | 2008年10月 3日 (金曜日) 10時16分

439でパン子を撮影中に対向からダンプカーが時速80kmくらいで突っ走ってくればよかったのに。

投稿: kaito | 2008年9月26日 (金曜日) 22時54分

いや荘ワロタwww
そういうネタ写真を取り逃がさない君は素敵(* ̄m ̄)プッ
それにしてもグレートな道だったね酷道439号
四国へ行くことがあったなら俺も通ってみよう【・∀・】ニヤニヤ

投稿: かなぴ | 2008年9月26日 (金曜日) 16時06分

大歩危、小歩危辺りの景色懐かしいな〜
写真見て思い出してきた。
439は更にハードコアになったんジャネットリン?

投稿: さおり | 2008年9月24日 (水曜日) 23時32分

私の皮パンなら何処でも泳げます。
連れてってやってください。
中の人は勘弁してやってください。

四国は大学の時に自転車で周ったな。
カツオ食わせてもらったり良い所でした。
これ読んでたらまた行きてぇななんて思ったり。

投稿: ぞめ | 2008年9月24日 (水曜日) 16時12分

一日の中に、いっぱい色々あるねぇ~。
楽しく読んだよ!
早起きのせいかな??一日が長いもんねw

鳴門になぜそんなに詳しいのか、追及会議を早急に頼みますわー!!

投稿: パ子 | 2008年9月23日 (火曜日) 22時23分

>房総の吹き矢師が仕掛けたと思われる倒木もw
バレタ?^^

良い旅が出来たようで。
ここのブログ観てると行きたい所が増えるばっかりでww


投稿: 南房総 | 2008年9月23日 (火曜日) 20時50分

いい感じの場所がたくさん有るなぁ~
京柱峠なんて 誰も行かない位の場所なの?

> セレブな僕にぴったりの
うだつを逗子の億ションに付けちゃえよ!

投稿: 54B | 2008年9月23日 (火曜日) 20時43分

虹キレ~さねぇshine
かずら橋楽しそうだし、温泉も良さげだし♪

やぱ四国いいのぅ(*´∇`*)
あ、でも439は遠慮したいねw

投稿: MAR | 2008年9月23日 (火曜日) 19時34分

スッスッゲー…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
こんな道走ったらオイラ
たぶん生きて帰って来れないです。
北海道で良かったとつくづく思www

投稿: ふくろう | 2008年9月23日 (火曜日) 17時06分

面白れ~w

さすが読み応えありますね♪


マリナさんのブログこれだけ面白いんだから頑張れば10万ヒットくらいは行くかもしれませんね!?


ごめんなさい(爆)

投稿: そーま | 2008年9月23日 (火曜日) 17時01分

おお~~!!恐るべしヨサク!!
オイラもいつかチャレンジ・・・・・あんまりしたくないなぁwww
でも峠の景色は最高ですね~!
行く価値アリですか!
うどんもうまそうだし♪

投稿: 猪木 | 2008年9月23日 (火曜日) 14時14分

先ほどのコメント私でーす。

投稿: がえん | 2008年9月23日 (火曜日) 14時12分

先ほどは「ご自宅拝見」お邪魔しましたー!
大歩危小歩危いいですね!平家の残党には会いませんでしたか?
しかし危険な道のオンパレードですね。
無事に帰ってこれたのが不思議なくらい!
丈夫なパンヘッドえらい!

投稿: | 2008年9月23日 (火曜日) 14時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2008夏 四国ツーリング 5日目 | トップページ | 2008夏 四国ツーリング 7・8日目(最終日) »