2008年11月30日 (日曜日)

冬の城ヶ島

 

さてさて、快晴の週末ですよ〜!

 

という事で、先週自分で組んだという「最も信用ならないショベル」に跨がって、

各所を調整がてら、三浦半島最南端の城ヶ島目指してひとっ走りしましょう!

 
 

まずはいつもの長者ケ崎で小休止。

増し締めしつつ、富士山眺めて一服。 しかし、この青空は気持ちいい〜^^

 

Dsc_7130   

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dsc_7142  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dsc_7143  逗子から小一時間南下しただけでこの風景です。

 おそるべし三浦半島www

 
 
 
 

Dsc_7149  道ばたの郵便ポストも渋い感じ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dsc_7152  目立った渋滞も無く、城ヶ島大橋を渡ります。

 
 
 
 
 
 

Dsc_7185  今日は日差しも強く、マジで日に焼けそうな勢い。 

 半袖でOKな陽気でした^^

 
 
 
  

Dsc_7157  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dsc_7191  今日はホントにツーリング日和で、ココ城ヶ島にも

 たくさんのバイクが集結しておりました。

 
 
 
 

Dsc_7195  城ヶ島でお昼を食べた後、油壷に立ち寄って、

 温泉じゃ無いんですが、海洋深層水を沸かした露天風呂が売りの

 京急ホテルに立ち寄ってみました。

 こんな季節、貸し切り状態かと思いきや・・・
 

Dsc_7198  東京からの日帰りバスツアーの団体さんで大賑わい(汗)

 10ほどあった浴室の洗い場は空きなし。

 でも、ここの露天風呂は眺めも良く天気のいい日はオススメ。

 一人1000円也。

 
 

ひとっ風呂浴びてさっぱりした後、逗子を目指して三浦半島西海岸を北上。

いつもの長者ケ崎で一服。

Dsc_7201  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ショベルも絶好調で、言う事なしの休日でした。。。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

ごめんなさい。嘘言いました(爆)
 
 
  

実を言いますと・・・
 
行きがけの長者ケ崎で何かイヤな予感がしつつ 
 

Dsc_713122222Dsc_7141_2  立石海岸を超えた瞬間、プッシュロッド上部からのオイル漏れで

 股下から白煙モクモク(汗)
  

Dsc_7145_2Dsc_7136_2

 おまけに、三崎口手前でクラッチが滑り出すわ・・・
 
 
 でも、これは故障ではなく、あくまで
メンテナンスの範疇なので
 
 くれぐれもお間違え無いように!!!!!
 
 
 

Dsc_7148_2_2  でも、単なる調整にしては、この得意げな顔(爆)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
  
 
やっぱり、ショベル最高!!!
 
 

| | コメント (8)

2008年11月26日 (水曜日)

精進湖キャンプとショベルばらし

   

●精進湖キャンプ参加記  11月8日(土)~11月9日(日)   

 

精進湖に映る綺麗な富士山を見に、毎年恒例となっております

プロキャンパー・kyonちゃん主催の精進湖キャンプに初参加して参りました。

 

ホントはショベルで参戦したかったのですが、先週のあだたらの帰りがけに見舞われた

とんでもないハプニングの為、残念ながらショベルはガレージでお休み。

 

Dsc_6118  ということで、クルマで逗子を出発!

 

 ・・・すでに土曜日の夕暮れ時です(爆)

 こりゃ、精進湖到着は夜確定です。。。

 

Dsc_6124 それにしても、おだやかな相模湾。

 どこまでもメローな感じ。

 

 

  

 

134号~大磯と西へ向かい、秦野中井ICから東名高速に乗り御殿場ICを経由し、

精進湖に着いたのは20時近かったでしょうか。

着いた時には、もう宴会真っ最中!
  

Dsc_6134Dsc_6136

 

 

 

 

 

Dsc_6138  こちらも皆さんのペースに追いつくべく、

 みっちゃんの飛騨高山土産の「岩魚の骨酒」を

 ハイペースであおります。

 

 

Dsc_6145Dsc_6152  

 

 

 

 

Dsc_6196Dsc_6214  

 

 

 

 

Dsc_6221Dsc_6273  

 

 

 

 
 

Dsc_6348  焚き火を囲んでの自己紹介・でこちゃんへの

 儀式のあと、でっかいタープの下でまったりと

 語らいタイムへ。

 

 

Dsc_6439 そんな中「語らいよりも食べ物!」という

 愛知の肉食獣の目がwww

 ※拡大して、目をよくご覧下さいwww

 その目線の先にあるものと言えば・・・

 

Dsc_6440 当然ながら肉ですwww

 

 ※ヒビキさんの表情にも注目www

 

 

Dsc_6441  口に入れるまでの所要時間、わずか0.13秒。

 ゴルゴ13の射撃に匹敵する早業www

 

 

 

Dsc_6444  見て下さいよこの恍惚の表情www

 

 ・・・この顔、しろって言われても絶対に出来ませんwww

 

 

 

Dsc_6448_2  ・・・

 あなたは一体、食べたいのか飲みたいのか寝たいのか、

 と、小一時間(以下略www

 

 

 

Dsc_6458  そんなこんなで、精進湖の夜は更けて行きました。。。

 

 

 

 

 

Dsc_6460  で、朝です! 当キャンプの謳い文句でありました

 「精進湖に映る綺麗な富士山」を拝みに

 湖畔を散歩してみましょう!^^

 

 

Dsc_6464  どーーーーーーーん!

 どうですか!! キャッチコピーにウソ偽りなし!!(泣)

 ・・・つか、愛知の肉食獣が参加すると分かった時から

 覚悟はしていましたが・・・www

 

Dsc_6466  

 

 

 

 

 

 

 

Dsc_6543  そんなこんなで、楽しい週末をありがとうございました!

 

 またどこかでお会いしましょう~!^^

 

 

Dsc_6545  

 

 

 

 

 

 

 

   

●こないだの連休
 

Dsc_6820  逗子は快晴でしたが、ものすごい強風。

 これはもうガレージ日和です!ww

 ヤバい状態のショベルを一気にばらしちゃいましょう!

 

 

Dsc_6829Dsc_6836  

 

 

 

 

 

さて、あだたら帰りで見舞われた部分をとくとご覧下さい。↓
  

Dsc_6862  

 

 

 

 

 

 

ロッカーカバーを止めている9本のネジのうち5本が飛んで無くなっておりまして、

かろうじて残っていた4本もゆるゆる。

サービスエリアで応急処置としてちょうど積んであった3つのナットで鬼締めして

だましだまし逗子まで帰って来たそのまんまです。

さあ、一気にバラしましょう!

  

Dsc_6866 メーターダッシュ、シート、タンク、コイルよ

 さようなら~。

 

 

 

Dsc_6868  キャブもさようなら~。

 こうして見ると、抜けたままのボルトの先端が

 見えますね。

 

 

Dsc_6874  ロッカーオイルライン、プッシュロッドを

 バラしていきます。

 

 

 

Dsc_6884  続いてマフリャーも。

 

 

 

 

Dsc_6896  僕みたいなシロートでも、バラすのは問題なく

 出来るんですwww

 

 

 

Dsc_6915  エンジンハンガーも外し、いよいよ・・・

 

 

 

 

Dsc_6926  ボン!

 ヘッドまで無事に辿り着きました~!

 

 

 

Dsc_6927Dsc_6939

 

 

 

 

 

  

Dsc_6948  見てどうなる訳でもないんですが(爆)

 一応チェックしているフリなぞwww

 

 

 

 

そんなこんなしている間に、もういい加減お腹が空いて来ましたww

今日はここまで。 残りは明日に。

Dsc_6962  

 

 

 

 

 

 
 
 

Dsc_6966Dsc_6977  

 

 

 

 

 

Dsc_6987  で、あっという間に次の日の朝です。

 この時まだ6時過ぎですが、外したヘッドを庭に持って来て

 元気よくバラしていきましょう。

 

 

Dsc_6990  見て下さい! ナットが緩んだ結果、こんな酷い事に!

 JAMESのガスケットがほぼご臨終。。。

 

  
 

Dsc_7005  今回はすんなりと綺麗に剥がす事が出来ました^^

 ここで、big_boy師匠から速達で送って頂いた

 新品のガスケットへ交換しましょう!

 

・・・しかし、この手のアイテムも常に家庭内に在庫がある

big_boy師匠のご自宅を、一度くまなく捜索してみたいものですwww

 
 

Dsc_7008Dsc_7011

 

 

 

 

 

Dsc_7014 はい、綺麗に乗っかりました^^  

 

 

 

 

Dsc_7017  規定トルクで締めて行きます。

 が、また外れないように、規定いっぱいで^^;

 

 

 

Dsc_7027  よろよろとヘッドをガレージまで運び、シリンダーに

 乗っけてみました。

 ん! イイ感じです(爆)

 

 

Dsc_7028  あとは順番通りに組み付けて行きます。

 

 

 

 

Dsc_7029  

 

 

 

 

Dsc_7038  プッシュロッドの油圧ユニットもちゃんと。

 つか、ここの分解洗浄しないと組みつけられませんが(爆)

 

 

 

Dsc_7043  ゲージを使って、コバまでの高さを調節。

 

 

 

 

Dsc_7049  ここまで来ればもうあと一息!

 

 

 

 

Dsc_7052  ちょうど一段落したので、朝ごはんがてら

 葉山の仙元山に。

 見晴らしのいいポイントで、買ってきたパンを

 パクパクと。

 

Dsc_7057  

 

 

 

 

 

 

 

Dsc_7068  気分転換に、小坪漁港の堤防で

 釣りなんかしてみたりもしてwww

 

 

 

 

 

 ・・・さ、ガレージに戻って最後の仕上げでもしましょうww

 

 

 

 

Dsc_7074  オイルライン&キャブを組み付け。

 

 

 

 

Dsc_7080  忘れずにマフリャーも付けないとwww

 

 

 

 

Dsc_7083  で、最後にタンクとメーターダッシュとシートを

 取り付けたら終了!

 

 

 

Dsc_7098  と、せっかくここまでやったんで、ついでに

 クラッチもバラして綺麗に。

 

 

 

Dsc_7113  さてさて、エンジンはかかるんでしょうか?

 内心ドキドキものだった事は内緒でwww

 

 

 

Dsc_7119  結果はと言いますと・・・

 

 この恍惚の表情でご判断くださいwww

 

 

 

ここに、我がマリーナ号の完全復活を、声高らかに宣言いたしますwww

 

 

●おまけ

Dsc_6800  またまたなにやらUSPSの小包が我が家に^^

 

 

 

 

Dsc_6805  中には、朽ち果てた当時ものの小さな段ボールが。

 

 して、その中身はと言いますと・・・

 

 

でーーーーーーん!
 

Dsc_6812  

 

 

 

 

 

 

 

当時ものの純正マスコット、WILD GOOSEですよ!

うひひ~。 早くパンヘッドに取り付けて~!!! 

 

| | コメント (22)

2008年7月22日 (火曜日)

低圧縮よさようなら ~ショベル復活!

 

思い起こせば・・・ショベルをばらしたのは5月末だったんですね。

 

あれから早2ヶ月弱。

「いろいろあったけど、ようやくヘッドが届いたよ!」との連絡を頂きました^^

 

お時間のご都合をお伺いしつつ本日、ようやく組み付けの日を迎えました!

 

 

さて、家中に放置してあったショベルのパーツ群を探し出しつつ、受け入れ準備をw 

001_2  

 

 

 

 

 

 

 

002  関係ありませんが、逗子もようやく梅雨明け。

 夏本番を迎えるにあたって、庭もメンテをw

 雑草をブィーンって刈りつつ、ソテツの葉の剪定を。

 この葉が結構やっかいなんです。。。

 

003  こんな感じで綺麗に^^

 そうこうしている間にお昼をまわり、待ち合わせの時間が

 近づいてまいりました。

 原チャリで待ち合わせ場所に出動!

 

004  134号線の夏の風物詩です。

 夏の間はこの材木座駐車場は(材木座に限らずですが・・・)

 ちょっと時間が遅くなると、入庫するだけで何時間も待つハメに。

 

005  海岸には色とりどりのパラソルが。

 でも今日はいいんです!

 海よりもショベルです!!ww

 

 

006  待ち合わせ場所に颯爽と現れたbig_boy師匠。

 ヘッド&工具満載での来逗子です^^

 暑い中ありがとうございます~!!

 

 

 

あまりにも暑かったので、まずは一旦部屋で涼みつつ、今日の作業の段取りなどを軽く打ち合わせ。 

ご自分が一人で黙々と組み付けるとほんの一時間ほどで終わるとの事ですが、今回は

シリンダー&ヘッド組み付けが初めての僕が作業をするので、その数倍はかかるでしょう(汗) 

 

さて、パーツ&工具を持ってガレージに移動です。

 

 

008  ●組み付け前チェック

 まずは状態を検証。

 「まだガスケットの除去が不十分!」との鬼チェックにより

 組付け最終準備を(汗)

 

009  ●組み付け準備完了

 ケース上部、シリンダーボトム部の面を奇麗にし、

 ようやく準備が完了しました。

 さて、組付けへと突入です!

 

010  ●シリンダー挿入

 ピストンリングコンプレッサーを使わずに、

 手でピストンリングを圧縮しながら入れるという

 変態マニアックな組付けに挑戦してみました(爆)

 

011  ピストンリングの位置を慎重にセットしていざ!

 なにせ040オーバーでボーリングしてあるので、シリンダーの

 テーパーがほとんど無くなっておりかなりキツかったです^^;

 コツを教えて頂きながら何とか完了!

 

012  うーん、今日の一大イベントが完了ww

 4本のリングの中で一番厄介だったのがオイルリングの下。

 少し爪が伸びて無いと無理だったかも・・・

 

 

013

 ●シリンダー仮締め&センター出し

 無事にフロントも挿入完了し、鬼キックしつつ

 センター出しをして、ベースナットを仮締め。

 

  

014  仮締めする際二か所ほどクリアランスが狭いスタッドがあり、

 師匠持参の工具の厚みを少し削ることで対応しました。

 ・・・せっかくの工具をスミマセンでした(汗) 
 

 

015  ●シリンダー本締め

 10Nmから始め、都度鬼キックでセンター出しをしながら・・・

 4回に分けて本トルクまで締め上げました。

 テフロンのガスケットを乗せていよいよヘッドです!

 

016  ●ヘッド組み付け準備

 ヘッドボルトにはカジリ防止のアンチシーズを。

 今回はWako'sのスプレー式を準備しておきました。

 で、今回の主役・ヘッドの登場です!

 

019  

 

 

 

 

 

 

018020  修行に出す前とは別人のようですww

 バルブとシートリングのこの輝き!

 

017  今回いろいろあってシートリングが通常のものと

 比べて相当大きいものが入っているとの事ですが・・・

 当然ですが、僕が見ても分かりません(爆)

 
 

021  ●ヘッド仮締め

 アンチシーズ処理済みのボルトを合計10本、

 (僕はプライマリー側担当だったので6本ですが)

 手でねじ込んでいきます。

 

 

022  ●マニホアライメント出し&本締め

 仮締め状態でマニホを当てて、微妙なアタリ角度を微調整。

 そして星形に本締めを。ここ、トルクが強くて大変です^^;

 その後エンジンハンガーもガチッと。

 

023  ●オイルライン組み付け

 4コのオイルラインスリーブを新品に交換し、

 サクサクと組んで行きましょう。

 ※「点検大事」がチラッと見えますねwww

 

024  ココはあっという間ですww

 

 

 

 

025  ●一服

 作業が佳境に差し掛かった頃、9D御大も乱入!

 差し入れありがとうございました~^^

 

 

026  ●プッシュロッド組み付け

 最初に油圧ユニットを全て外し、分解洗浄し組付けします。

 チェックバルブのカラカラ音を確認後、挿入。

 背中に熱い視線を感じつつ、まずはフロントから。

 

027  キックにてIN・OUT共に最下点(カムに乗ってない)

 状態にしてタペット調整ゲージを使いながら

 二本とも一気に組んで行きます。

 フロントの次はリアも同じ要領で。

 

028  ●キャブ組み付け

 この辺りまで来ると、ようやく僕のやり慣れた作業ww

 ピカピカに磨き上げたSUを組んでいきます。

 

 

029  ●タンク取り付け

 先日内部さび取り&コーティングしたタンクを

 取り付けます。

 ガソリンホースは新品に交換。

 

030_2  ●シート取り付け&始動!

 バッテリーをつないでシート&メーターダッシュを取り付け、

 ようやく完成~!!

 写真見て分ったんですが・・・相当ニヤけていたんですねww

 

 

はやる気持ちを抑えつつ、新品のプラグを取り付け、火入れ式の始まりです!

ガソリンを600cc(MSRのボトルだったので^^;)補充し、コックをひねり、ティクラーをあおります。

 

緊張の瞬間です。

 

空キックを1発・・・

 

キ ッ ク が 死 ぬ ほ ど 重 い で す (爆) 

 

以前JackCafeで圧縮を計測した時は確か「フロント:計測不能、リア:6.5キロ」だったと思うんですが

今回はフロント・リアとも7kg以上は出てる感じです。

 

最近はパンばっかり乗ってたので、あの軽いキック(ELなので)に慣れていたという事もあり、

なかなか蹴り下ろせません(爆)

 

気合いを入れてキックする事3発目位でしょうか。

 

スバババババ~ン!! 

 

2か月ぶりに目覚めました!^^ 

ものすごいトルク感。 ものすごい排圧。

 

031  くつろぐ師匠&御大の図w

 お疲れ様でした&ありがとうございました~^^ 

 復活したショベルで近場までお見送りに行こうとなりまして・・・

 久しぶりのショベルでの出陣です!

  

 

032  逗葉新道の入り口までお見送りし、ガソリン入れて帰宅。

 この至って順調な行程にいきなり終止符が打たれました(泣)

 いきなり、まさかのエンジンストール。 

 

 

工具一式をガレージに置きっ放しにしてきてしまっており、師匠のビッグスクーターをお借りしてとんぼ返り。 

念のため、コンデンサーやら燃料ボトルやらをピックアップ。

 

まずはプラグを外して焼け具合をチェック。

すると真っ白なんてもんじゃないくらいの色。 

 

キャブのセッティングはバラす前まで完調だったのでなにも手を付けていなかったのですが、

新しく組んだエンジンには薄すぎたのでしょうか。

ミクスチャーを5/6回転程ねじ込んで、お次はスパークチェック。

僕がキックしてスパーク具合を師匠に見た頂いたところ、全く問題なしとの事。

となると・・・ガス欠が怪しい!との結論が。

 

でも、さっき600cc入れて、始動時に数分のアイドリング&走り始めて1kmくらいなのに

もう無くなっちゃったの??と疑問を抱きつつ、燃料まわりをチェック。 

 

すると、ガスコック根元あたりから、うっすらとガソリンらしきものが滲んでおりました(爆)

これが原因で、たった1km足らずの行程で600ccがスッカラカンになったのでしょうか??

 

とりあえずは燃料用ボトルを持って近所のGSに駆け込み、またまた600cc入れて再トライ!

  

033_2 無事に再始動!!   

 これは、ガスタンクのサビ取り&コーティングした際の

 コック取り付けに不具合があったことが原因でしょうか??

 

 

帰ってからもう一度取り外してシールをキッチリとやりなおす事を約束しつつ、解散となりました。

お忙しい中ありがとうございました!^^ 

 

 

その後が地獄でした(爆)

 

 

今回新たに注入した600ccでは心もとないので、帰りがけにGSに寄って2リットルほど入れて、

明日にでもガソリン抜き~コックの再取り付けと、最後のメンテへと移ろうと考えてまずはGSへ。

 

しかーし、鎌倉のESSOで給油したはいいものの・・・エンジンがかかりません(涙)

しかも、激重キックに要するカロリーはヘッドOH前の倍以上(推定)

 

放置しては蹴り、ティクラーあおっては蹴り、プラグ外しては蹴りを繰り返すこと30分。

足が限界に達し・・・家まで2km程でしょうか、取りあえず押して帰ろうと決意。

 

この日は夜でも多分気温30度位。 うだるような暑さ&湿度の中、押し始めました。

パンの軽さに慣れ切っていたのでしょうか。 

久々のショベルに、ものの50m位で息があがって来ました。。。

 

体中から噴き出す汗。 Gパン&Tシャツが汗を含んで体に纏わりついて来ます。

しかも、普段気にも留めない微妙なアップダウンがヤバい。

フロントブレーキでロックさせつつ、ショックの反動で5センチ位づつ進むなんてざら。

「いつもの道にこんなに起伏があったんだ!」と初めて知りましたwww

 

脱水症状寸前(結局2時間近くかかりました)&意識が遠のく寸前、最後の気力でようやく

ガレージに収めることが出来ました。 

次回同じような状況になったら、迷わずJAFを呼ぶことを誓いますwww

 

で、すっかり衰弱した翌日を迎え、関係各位に状況をメールで送付したところ、

師匠から「キャブのフロートが怪しいのでは?」との指摘が。 

圧縮OK、スパークOKなので、やっぱり悪の権化は燃料系統でしょうか。 

 

何気なく午後ガレージに戻ると、何故かフバさん&noriさんがいらっしゃるではありませんか!?w 

 

エンジンが始動しないというメールを見て、JackCafeに行く前に立ち寄って下さったとの事です。

状況をつぶさに報告すると「フロートあたりが原因じゃない?」と、big_boyさんと全く同じ意見。

さすがに変態修羅場をくぐりぬけてきた人達ですww

 

 

001 相談の上、燃料コック&ストレーナー&キャブを全てばらし、

 入念にクリーニングする事にしました。

 僕はコック&ストレーナー、フバさんはSUを。

 全パーツをくまなく洗浄し、入念に組み付けます。

 

 

緊張の瞬間。 

渾身の蹴り。

  

助っ人フバさん&noriさんのおかげで、ここに我がショベルが甦りました^^

たまプラーザからわざわざ来て下さって本当にありがとうございました!^^ 

 

フバさん&noriさんタンデムのエボスポと連れだって、満を持してJackCafeへと向かいましょう!

これなら何かあっても心強いです^^ 

 

股下で奏でる心地よいリズム。 ショベルで走る久しぶりのひととき。

逗葉新道~横浜横須賀道路は例によってガラガラで、夕陽を見ながら快適にドコドコと。

 

  

002 今度はストールすること無く、無事に到着!  

 ・・・と、着くなりコンプレッション計測大会が(爆)

 

 
 

 

003 前回は計測不能だったフロントも、6キロ以上の

 スコアをたたき出し、ちょっとご満悦ww

 しかし、この二日間で1000回はキックしましたw

  

 

004 9D号もキック&セルの両方で計測を。

 キックでは厳しいらしいんですが、セルで一発。

 やっぱりエレクトラグライドはいいなぁ(爆)

 

 

005  

 

 

 

 

 

 

 
006  

 

 

 

  
 

 

 

007  久しぶりにショベルで参加したJackCafeMTG。

 話は尽きませんが、いいかげんいい時間になってしまったので、

 ボチボチお開きに。

 またやりましょう~!

 

 

帰りもガラガラの湾岸を経由し、のんびりと心地よい夜風に吹かれながら。

トラブルなく無事にガレージに帰還。

ここに、往復70kmのOH後の初チョイ乗りが無事に終了しました。

 

008 油温の上がりが少し多いでしょうか。 

 鉄ガイドを組んだばかりなので、しばらくは慣らしを。

 このヘッドは大切にしていきたいです。

 

 

009

 昨日の夜、エンジンかからずに押して帰って来る時には

 口が裂けても言えませんでしたが・・・

 言ってもよろしいでしょうか??

 

 

 

ここに 絶 好 調 の シ ョ ベ ル が 復 活 し ま し た !^^

  

ホントに諸先輩のお陰です。

まだまだ修行が足りないと思い知った今回の出来事でした。。。 

 

 

なんて書いてる矢先、昨日の手押し時の筋肉痛が今頃・・・(爆)

 

 

 

※コメント入れて下さったふくろうさん、big_boy師匠

 昨日は朦朧としていたのか、ナンバー丸出しでUPしてしまっていましたので記事を削除して再編集・再UPしました。

 スミマセンでした^^; 以後気を付けます!

| | コメント (32)

2008年6月21日 (土曜日)

ショベル経過報告&400,000!

 

さて、現在big_boy師匠経由で内燃機屋さんの加工待ち→師匠直々の組み付け待つばかりのヘッド一式ですが、

「来週の半ばに完成するよ~」とのご連絡を頂きました。

いよいよです!

 

となると、受け入れ態勢を万全にしておかなくてはなりません!!

 

「ガソリンタンク内錆抜き洗浄&コーティング」と「スピードメーター交換」は完了しましたが、 

最後にまだやることが残っています。

今日の土曜日も生憎の空模様なんで、朝から一気に片付けちゃいましょう。 

 

 

1  この姿で約1ヶ月www

 さあ、今日も頑張っていきましょう!

 

 何を頑張るのかと言いますと・・・

 

 

01001_2  コレ。 ピストン&ピストンリングの洗浄です。

 ピストン上部に蓄積したカーボン&スラッジが相当強固で、

 本当はピストンを脱着して作業したかったのですが

 セットリングにスパイラルロックが使用されてて外せませんでした(泣)

 

02001  なので、ピストンをコンロッドに着けたまま

 化学の力で洗浄することにwww

 カーボンは結構綺麗になったのはいいんですが

 リムーバーのカスがリング近辺に乾いて堆積してます。

 

  

03001  こいつらを元通り綺麗にするために、さらに

 化学薬品に頼りますwww

 

 頑張れWAKO'S!

 

 

04001  オイルリングのギザギザのすき間に溜まったカスは

 原始的にwww

 

 

 
 

05001  いやぁ~、気持ちいいほど綺麗になります^^

 

 

 

 

 

06001_2  で、お次はピストン本体です。

 これでもか!って位にウエスを敷きまくって

 泡泡状態にして、こいつも歯ブラシでゴシゴシ。

 最後にオイル塗ったリング一式を曲げないように

 且つ順番や上下を間違えないよう丁寧に組み付けて完成!

 

07001_2 ※ちなみに、これが使用前www 

 こうして使用後写真と比較してみますと

 苦労も報われます^^

 

 ↓使用後写真です。 どうですか!^^

 

07001  

 

 

 

 

 

 

 

 

08001  ついでにキャブもメンテしましょう。

 

 確か冬に箱根の路上で分解洗浄したw ので

 そんなに酷いことにはなってないと思われますが。。

 

 

09001  エアクリ外して、ドームをばらしてみましょう。

 

 

 

 

 

10001  やっぱり、たいして汚れてませんでした(爆)

 

 

 

 

 

11001  まあ、せっかくばらしたので一通り洗浄しましょう。

 イイ感じのセッティングだったので、フロートレベルとかの

 余計な事は今回はパスでwww

 

 

12001_213001  ピカピカww

 

 

14001  本体もピカピカwww

 

 

 

 

 

1500116001  最後に、ピストンスカート部にシリコングリス、
 
 内部にはメンテループを。
 
 
 
1800119001 フィルターも洗浄して終了!
 
 
 
 
 

21001 ピカピカSUの完成!^^

    

 

 

 

 

 

さ~て、これで準備万端!(のはずww)

 

次回はbig_boy師匠が来逗子され、師匠直々の監修の下

シリンダー&ヘッド組み付け&試走大会です!^^ 

 

さあ、圧縮が戻った我がマリーナ号はいかに!?

期待が膨らむ今日この頃です^^

  

 

*********************************

 

さて、ど素人がショベルに対峙して悪戦苦闘しながら運営してきた当blogですが、

おかげさまで昨日400,000HITを突破しました~^^

 

その400,000HITを射止めたのは・・・

   

 

変態BBS主宰・変態そーまももんが装着の変態ヨンパチ乗りこと、

そーま准将でした!^^www

 

 

で、祝福のため画像を探したのですがゴルゴ13ばりに警戒心が強いのか一枚もありませんww 

どうしたもんかなぁと、内閣調査室経由でFBIのデータベースで検索したところ・・・ 

 

1枚だけ発見しました。 ↓コレwww 

01   

 

 

 

 

 

 

※久しぶりに弄らせてもらってありがとうwww 

 

 

ところで、あのBBSはFBIも巡回監視URLリスト入りしているという噂のR25指定。

 

と思いきや、そーまくんのblog 「神酒独言」 は至ってノーマルで不思議です。

・・・というか、読んでて相当面白いです^^  実は隠れ大ファンですww

 

↓神酒独言はコチラ

http://soma48fl.blog.so-net.ne.jp/

 

 

さて、景品の「点検大事」前掛けですが・・・

 

 

着用済み新品とありまして、着用済みの方を謹んで進呈いたします(嘘)

そーまくん、送るから待っててね~。

   

で、お約束なんですが・・・

 

全 裸 で点検大事前掛けを着けた写真をBBSにUPする事も忘れずにねwww

  

| | コメント (14)

2008年5月31日 (土曜日)

低圧縮よさようなら その3&お知らせ

  

ホントは久しぶりに「走り」関係のレポをUPしたいところではありますが・・・

何で土曜日になると雨になるんでしょう。。。(泣) 

 

ということで、例の続きの作業に没頭しましょう。

 

02001  コレ、もうちょい早く届けば良かったのに。。。

 

 

 

 

 

06001

 でも、シリンダー上部のメタルガスケットは

 ケミカルに頼らずとも楽勝です!

 ポンチを隙間にグイッと差し込んだら

 この通り。

 

 

07001

 メタルガスケット自体は楽勝で外れました。

 

 

 

 

 

04001

 コレですね。

 

 

 

 

 

05001 前後とも外します。

 

 

 

  

 

 

しかし、ピストン上部のカーボンやシリンダー上部のガスケットカスを奇麗にしようと

思ったら、工場長の言うようにシリンダーを外した方が楽そうです。

と言いますか、このままでは相当ムズいです。。。

 

てなことで、腰下にゴミが入らないよう、相当気を使いつつ・・・

シリンダーも外してしまいました(汗)

 

今日は時間切れでピストンはそのまま。

明日以降にピストンを外してカーボン落とし・シリンダーの清浄へと参ります。

 

 

09001  ついでに、スピード針が御臨終になってた

 メーターもこれを機に交換しました。

 

 

 

 

01001_2

 さらに、ずっと気になってたタンク内の赤茶系のサビ。 

 いい機会なので徹底的にサビ取り・洗浄・

 コーティングもしちゃいましょう。

 

 

 

・・・明日はやることてんこ盛りww

続きは次回に。

 

 

【追伸】

200,000HIT・300,000HITと、せっかくのキリ番でイベントらしき事が出来なかったので、

少し気が早いですが400,000HITでのプレゼントをお知らせします。

 

何と! 

03001   

 

 

 

 

 

 

 

 

コレですよ!! 夢にまで見た 「 点 検 大 事 」ww 

 

激レアです! 決してヤフオクに出品してはいけません!

 

この前掛けですが、前から欲しくて欲しくて。。。

と、岩手の変○の多大なる協力を得て、ついに我が家にやって来ました!

そこで、これを400,000HITの記念として、踏んで下さった方に差し上げます^^

※僕の分1枚はちゃんとキープしてますww

 

また400,000に近づいたら告知しますが、とりあえずプレ告知という事で^^

 

 

明日は風も波も無さそうなので、朝から海に入って来ようと思ってます~

海から上がってきたら、パンで近所をぶらつこうかなぁ。

 

| | コメント (10)

2008年5月28日 (水曜日)

低圧縮よさようなら その2

 

~前回からの続きです~

 

イイ感じに酔っ払って・・・ その翌日目が覚めたとき、

 

「あと、ロッカーカバー外してガスケットを剝して、面を綺麗にしておいて。

 そんでまたカバーかぶせてナットを仮止めしておいてね。」 

 

という神の声が頭の中で反芻されておりました。

ああ、久しぶりにショベルの夢を見たなぁなんて、枕もとのケータイをゴソゴソ。

 

メール履歴で師匠からのメールを見て、昨晩の出来事が走馬灯のように・・・

  

・・・ 現 実 で し た ( 爆 )  

 

03001  この時まだ朝の5時過ぎ。

 生憎の雨模様の中、ヘッドを庭に運んで

 師匠の指示通り「ガスケット剥がし」に

 勤しむことにしましょう!

 「早起きは三文の徳」となるでしょうか?

 

04001  部屋の片隅では6V純正バッテリーが順調に

 その体にエネルギーを蓄えています。

 

 

 

 

05001  まあ、外すのは僕でも大丈夫ですww

 

 

 

 

 

06001  さて、こちらはロッカーアームのスリッパーの状態。 

 「これは非常によろしい。編磨耗、虫食いもなし。 

 アームのスラストのガタも最小。ブッシュのガタも異常なし。」

 

・・・なんて、このセリフ一度言ってみたかったんです(爆) 

 

 

07001  そんな疑似師匠プレイなんてしている場合じゃありません。

 ガスケット剥がしという仕事が待ち受けてますので

 早速とりかかりましょう!

 

 

 

08001  みんな「あれは面倒くさい」なんていいますが、

 マリーナ号に限っては「ペリペリッ」って簡単に

 剥がれるんじゃない?という

 何の根拠もない希望的観測を抱いていましたが・・・

 

 

09001  この作業、心の底からイラッときます(爆)

 

 このデジタルハイビジョンのご時世に、なんで

 もっと剥がれやすいガスケットを開発出来ないの? と

 ガスケットメーカーに小一時間(以下略ww

 

10001  このあたり、イラつきの8合目ですねw

 

 

 

 

 

11001  このあたり、イラつきの大噴火直前あたりですねww

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで・・・ 

イラつきを克服して完遂しましたよ!!  

 

12001  

 

 

 

 

 

 

 

 

13001  どうですかこの綺麗なアタリ面!

 もう、頬ずりしたくなりますよね~^^

 

 

 

 

さあ、これでもう一回ロッカーカバーを仮締めして師匠のところに持って行けばOK!

ヘッドを何時頃持って行きましょうか?という連絡でもしようかと思った矢先、

 

 

 

師匠から 

燃焼室も綺麗にしておいてくれるとありがたいけどな。

それシリンダーの上部とヘッドの面も綺麗にしておいてね。

という追加指令が(汗) 

 

17001_219001  

 

 

 

 

はぁぅ。。。 

 

 

21001  

 

 

 

 

 

 

 

 

と、ここまでやって時間切れとなりました(汗)

 

二つのヘッドを新聞紙にくるんでクルマに積み込み、待ち合わせ場所である

横浜のJackCafeに出発です! 

 

22001  さすがに背中に担くには重すぎますので

 バイクでは無く車です。

 

 

 

 

23001  昨日から降り続いていた雨もようやく上がり、

 そのお陰と言いますか、道もガラガラです。

 

 湾岸線に入ると、雲の切れ間からオレンジの

 夕焼けがチラリと。 ちょっといい気分。

 

25001  

 

 

 

 

 

 

 

 

26001  三渓園ICで降り、本牧の港をかすめて

 山下公園に向かいます。

 JackCafeすぐ脇のパーキングに車を停め

 お店に向かうとすでにbig_boy師匠が

 いらっしゃってました。

 

27001  席に着くなり

 「バルブはどれにしようか?」

 

 

 

 

28001  「ガイドの素材はどうしようか?」

 と、大桟橋脇のオープンカフェに似つかわしくない

 銀色のパーツがテーブルの上に所狭しと

 並べられて行きますww

 

 

29001  それに油を注いだのがフバさん。

 noriさんと到着するなり「カウンターギア」

 取り出し・・・www

 

 

 

 

で、ヘッドですが師匠と相談の結果、

・シート打ちかえ

 →これは必須です

・純正スプリング(インナー含む)

 →現在は社外台湾製。重要部品だけに、いいお値段しますが純正をチョイス。

・マンレイのステンバルブ

 →かなりカタくて頼りになるとのこと

・鉄ガイド

 →摺動性能など含め、リン青銅にするか色々相談しましたが、今回は鉄にこだわる!

 

という事で進めようと相成りました。

 

それにしても師匠とフバさんといったら・・・真の変○ここにありww

もう、何語ではなしているんだか、という内容のオンパレード。

30001  

 

 

 

 

 

 

 

 

32001  手前からmaribuさんの83FLH、

 noriさんの82FXE、

 フバさんの82FLH。

 3台のキャンディレッドが並びます。

 あとはハレ太郎さんのが加われば最強。

 

 

こうして二つのヘッドは師匠に委ねられました。

あと僕の作業としては

 ・ガソリンタンク内洗浄&コーティング

  →Wako'sのピカタン&タンクライナーの登場

 ・ピストン上部&シリンダー上部の洗浄

 ・メーター入れ替え

あたりでしょうか。

やることが一杯なので、梅雨が来ても大丈夫ですね(笑)

 

 ~つづく~

 

 

【追記①】 

31001  どうやらヘッドはフバさんの大好物だったようですww

 

 

 

 

 

【追記②】  

「ショベルをばらすの見た~い」という地元の友人が、その時の様子を収めた写真を一式

送ってくれましたので、何枚かをUPしますね^^;

普段一人で黙々と作業してるのをこうして客観的に見るのって面白いですね~^^

 

1_41_51_101_13 
 
 
 

1_231_301_45    

 

 
   1_11   1_201_22 1_33

| | コメント (20)

2008年5月25日 (日曜日)

低圧縮よさようなら その1

 

仕事の忙しさにかまけて、ひと月以上放置しちゃっておりました・・・(汗)

先週ようやく一区切りが付きまして、やっと迎える「仕事の無い週末」。

 

 

あんなことこんなこと、やりたい事がてんこ盛りだったのですが、生憎の空模様。

ちょっと走りたいなと思っていましたがどうもムリそう。。。

 

 

という事は・・・絶好のガレージ日和ですww

満を持して、以前から気になっていたフロントの低圧縮をなんとかすべく、

バラしにかかりましょう。

※前回のJackCafeMTG・路上コンプレッション測定大会で「計測不能!」となって

 皆さんにさんざん弄られまくった例の低圧縮です(爆)

※ちなみに、キックするときフロントの圧縮上死点・点火ではかからず、

 リア側のみでしかエンジンが始動しません。

  

 

 

ヘッドをばらすには9/16のハーフムーンか何かがあると便利(無いと厳しい!?)との事で、

これはご近所の変態・かーる大佐から借りようなんて気楽に思ってましたw

 

 

で、かーる大佐に「ハーフムーン貸して~」とメールしたところ、帰って来た返事が・・・ 

  

 

  

「 そ ん な 便 利 な 物 は 持 っ て な い ( 笑 ) 」

 

 

 

代わりに、9/16メガネレンチを短く切ったやつならあるからそれ使う?との事で

喜び勇んで借りて来ました。

 

0  

 

 

 

 

 

 

  

コレwww   すごいよ大佐w

  

 

 

無事に工具も揃ったので、思い立ったが吉日、一気にバラしましょう。  

 

1  セッティング完了!

 

 

 

 

 

2  ガソリン抜いて~

 

 

 

 

 

3  シート外して~

 

 

 

 

 

4  メーターダッシュ外して~

 

 

 

 

 

5  タンク外して~

 

 

 ・・・って、工場長のようですwww

 

 

6  エンジンハンガー、コイルも外して~

 

 

 

 

 

7  右側に回って~

 

 

 

 

 

8  キャブを外して~

 

 

 

 

 

9  ここでイカリングの「アタリ」をチェックしましたが、

 かなりいい感じです。

 

 

 

 

10  マフリャーも外し、

 

 

 

 

 

11  そういえば、タンクが邪魔で交換できなかった

 リアヘッドのインテーク側の目玉も、

 交換しておきましょう。

 

 

 

12  はい! 

 これでようやく4つとも「目玉」にw

 

 

 

 

 

「ショベルをばらすの見たい!」という地元の仲間を迎えに、

ここで一旦外出。 JR鎌倉駅まで迎えに行ってピックアップし、ソッコーで帰宅。 

 

 

Dsc_8615  部屋でコーヒー飲みながらデジカメの話なんかで

 盛り上がりつつ・・・

 満を持してガレージへ。

 バラしの仕上げと参りましょう!

 

 

13  プッシュロッドを外して~

 オイルラインも外して~

 

 かーる大佐お手製レンチにエクステ付けて

 計10本のヘッドボルトを外して~

 

 

14  どん!

 

 これぞショベルヘッドww

 

 

  

15  

 

 

 

 

 

 

 

 
ついこの前big_boy師匠にキッチリ綺麗にして頂いたと思いきや、もうこんなに

カーボンが堆積してます。

 
  

1617  

 

 

 

 

1819  

 

 

 

 

 
ちなみに、フロントだけ低圧縮だったのでフロントだけ調整すればいいやなんて思ってましたが

「前後のバランスもあるからちゃんと両方ね」

と釘を刺されました。。。 甘かったwww 

 

20  シリンダー内部は、まだホーニング痕が残ってます。

 今現在4サイズオーバー。 次回は!?

 

 

 

 

 

さて、後はフロント・リアのヘッドをbig_boy師匠のお宅に持ち込めばOK!

なんて思って、ケータイを地下ガレージに置き忘れたまま(地下ガレージは圏外なんです・・・)

部屋に戻って楽しく飲んだくれておりました。

(ちなみにバラシの作業風景をがっつりと友達に写真撮ってもらってたんですが、

 デジカメからPCに取り込むのを忘れてましたwww)

 

 

ふと、ケータイをガレージに置きっ放しにして来ちゃったと気がついたのはもう夜半。

よろよろとケータイ取って部屋に戻ってきたら電波を受信し、メール着信が。

見るとbig_boy師匠からです。

 

酔っ払いつつ画面を見ると・・・

「あと、ロッカーカバー外してガスケットを剝して、面を奇麗にしておいて。

 そんでまたカバーかぶせてナットを仮止めしておいてね。」

 

 

・・・今日はムリですwww 

この泥酔状態でやったら怪我するかパーツ壊しますw

 

 

ということで、指示通りの状態で師匠宅に持ち込むべく 頑張って早起きしましたwww

 

 

 

Dsc_8503  ところで、ショベルが組み上がるまではパン1台です。

 ぼんねちゃんから「バッテリーは替えた方がいいよ」

 と言われていたので、純正の新品をゲット。

 今日はこれも交換しましょう。

 
  

 

~つづく~

| | コメント (20)

2008年3月 3日 (月曜日)

ガバナーと箱根と車検な週末

 

最近は平日が夜遅い(というか、家に帰って来れない)ので、メンテもご無沙汰しちゃってましたが・・・

 

Dsc_4936  「アイドリングの不安定(回転数の戻りの悪さ)」を

 直すため、メンテといきましょう。

 

 

 

 

Dsc_4941  キャブはOK(なはずw

 マニホ(二次エア)もOK。

 となると、あとはガバナーが一番怪しいですね。

 ポイントのメンテ含め、バラしてみましょう!

 オイルの漏れも無く、綺麗な内部。
 

Dsc_4944Dsc_4948Dsc_4950  

 

 

Dsc_4955  で、取り外してみました。

 左が付いてたガバナーで、右が新品。

 良く見ると、左の上部のスプリングがヘタってます。

 やはりこれが原因なんでしょうか!?

 
 

Dsc_4956  ポイントギャップ、点火時期の調整もしつつ

 取り付けてみます。 ついでにグリスアップも。

 

 で、キックしたところ・・・

 

 

見事に安定したアイドリングが甦りました!

 

 

今回のガバナー交換で、僕がこのショベルを買ってから生き残ってる電装系パーツは、

オルタネーターレギュレーターだけとなりましたw

 

Dsc_4968  で、本日3月2日の朝です。

 今日は車検に出すために大磯まで出かけます。

 せっかくなので箱根でもぶらついてみる事にしましょう。

 しかし、昨日といい今日といいもう春のような気候です!

 

 

Dsc_4971Dsc_4974  さすがに朝早いと134号も空いてて気持ちいいです。

 

 

Dsc_4980  江の島~茅ケ崎を抜け、そのまま西湘バイパスへ。

 西湘PAはさすが絶好のツーリング日和とあって

 ものすごい数のバイクで埋め尽くされておりました。

 

 

 

Dsc_4991  西湘バイパスから箱根湯本を抜けます。

 箱根駅伝ファンにはおなじみの「5区」ですw

 そういえば、順天堂の今井選手の、この山登りでの

 区間賞はすごかったなぁw

 

 
Dsc_4997  ここは宮の下にある明治11年開業の富士屋ホテル。

 10年ちょい前に仕事で来たことがありますが、

 一度は泊ってみたいあこがれの旅館です。

 

 
 
 
Dsc_5003  宮の下からそのまま国道1号線を登って行くと、

 小涌谷ちょい手前に箱根登山鉄道の踏切があります。

 箱根登山鉄道ですが、スイッチバックしながら

 頑張って山を登って行くんです^^

 

 
Dsc_5011Dsc_5017  

 

 

 

 
Dsc_5019  

 

 

 

 

 

 

 

 
Dsc_5021  小涌谷を越えて、強羅方面に向かいます。

 箱根の山の北斜面には残雪が。

 その道沿いに餃子センターなるものを発見しましたが

 300m徒歩3分500m徒歩5分って・・・

 ここのお店の方は、相当早歩きなんですね(爆)

 
Dsc_5023Dsc_5024_2  

 

 

 

 
Dsc_5027  すぐに終点・強羅駅に到着。

 ここはログハウスで、いかにも山の駅という感じ。

 ここから早雲山までケーブルカーが出てます。

 ロマンスカー→登山鉄道→ケーブルカー→ロープウェイという

 傾斜的グレードアップが楽しめますwww

 
Dsc_5033  これが箱根登山鉄道です。

 本数が少ないのが玉にキズ。。。

 では、ショベルで山を目指しましょう!

 

 

 
Dsc_5035  

 

 

 

 

 

 

 

 
Dsc_5046  強羅からかなりの急坂を登って来ました。

 ココがケーブルカーとロープウェイをつなぐ早雲山駅です。

 今日は大涌谷まで足を伸ばそうと思っていたのですが

 残雪&凍結がヤバそうだったのでココで断念。。。

玉子茶屋の黒玉子を買って帰って一杯飲もうと思っていましたが、次回にオアズケです。。。 

 
  
Dsc_5047Dsc_5050  

 

 

 

 
Dsc_5051  お昼過ぎ位の時間だったら問題無かったのかも

 知れませんが君子危うきに近寄らずww

 県道734号で国道1号方面に下って行きます。

 

 しかしこの道は気持ちイイ!!

 
Dsc_5055  

 

 

 

 

 

 

 

 
Dsc_5058  一気に高度を下げると、がらりと季節が冬から春に。

 この右手に見える黄色い大きな建物は

 「箱根ユネッサン」

 僕は行ったコト無いんですが、以外といいらしいですね^^;

 
 
  
Dsc_5076  雲の切れ間から青空が。

 もう春到来という感じです。

 小涌園を右手に見ながら、1号線を宮ノ下方面へ

 下って行きます。

 

 
Dsc_5083  ここは宮ノ下の超老舗・渡辺ベーカリー

 梅干しあんパンでも食べようと思ってたんですが

 激混みで断念。。。

 今日は断念してばっかり(泣)

 

 
Dsc_5088  10時を過ぎると、宿をチェックアウトして

 帰路に付く人たちのクルマで渋滞が始まってます。

 来月以降はハンパない渋滞になるんでしょうね。

 

 

 
Dsc_5098  

 

 

 

 

 

 
 

  

箱根登山鉄道で一番好きな駅、大平台でのショットを^^

渋滞にはまりつつ、大平台を超え、ようやく函嶺洞門まで下って来ました。
 

Dsc_5111

Dsc_5119

 

 

 

 

 
 

ココも箱根駅伝でおなじみですね^^ 

函嶺洞門まで来ると、ようやく下界に着いた~って思いますw 
 

 
Dsc_5121  ちなみに、函嶺洞門は「土木遺産」というのに

 認定されているようです。

 「土木遺産」って初めて聞きましたが・・・

 

 

 
Dsc_5131  このあたりの石造りの橋なども土木遺産マークが。

 

 

 

 

 

さて、ゆるゆると箱根湯本を回って、今日の目的・大磯のハイライトに向かう事にします!
  

 
Dsc_5151  

 

 

 

 

 

 

 

 
Dsc_5162Dsc_5165  

 

 

 

 

箱根湯本から、国道1号線を大磯方面に行くと、小田原を通ります。

「←小田原城」なんていう看板が目に付いたので、通り過ぎてみましょう。
 

Dsc_5173Dsc_5179

 

 

 

 

 
 

お堀端で咲いているのは梅でしょうか。 肝心の小田原城はまた次の機会にww 

 

そういえば、さっき梅干しあんパンを食べ損ねてむちゃくちゃお腹が空いている事を

思い出しましたw

小田原で空腹と言えば、やっぱり「だるま」です!

前は1年に1回くらい来てたんですが、ここ2年くらいはご無沙汰しちゃってました。

 
Dsc_5188  

 

 

 

 

 

 

 

 
Dsc_5191Dsc_5195  

 

 

 

丁度タイミングよくバイクも停められていい感じ^^

今日は天丼をがっつりと! このごま油でカラッと揚げた天ぷらが何とも言えずんまい!

    
Dsc_5210Dsc_5217  

 

 

 

 

Dsc_5224  ショベルも絶好調で言う事なし!

 あとはハイライトに行くだけです^^

 

 

 

 
Dsc_5235  で、ハイライトですw

 仕事の邪魔になっては申し訳ないなぁなんて思いつつ、

 ついつい色々と話し込んでしまいます。

 

 

 

Dsc_5236  リン青銅か鉄か?というバルブガイドの話。

 削りだす前のリン青銅ムクの棒と鋳鉄の棒を

 見せて頂きました。

 こんな棒から旋盤で削りだして一つひとつ丁寧に

 作って行くんですね~。

 

 

左はハイドラのヘッド、右はショベルのヘッド。

パンヘッドとショベルを見比べると、素材の精度というか進化が見て取れます。

 
Dsc_5238Dsc_5242  

 

 

 

 

Dsc_5243Dsc_5244  

 

 

 
 

Dsc_5246Dsc_5248  

 

 

 

 

Dsc_5251  いつまでも話は尽きませんが、いいかげん邪魔

 なので後ろ髪引かれる思いでおいとまします。

 なんですが・・・バスが1時間に1本(爆)

 

 

 

Dsc_5256  しかも、やっとこさ来たバスに乗って平塚駅に

 着くまで40分以上(爆)

 いやぁ、スーさんは何という所にお店を構えたんでしょう(笑)

 

 

Dsc_5266 平塚から藤沢までJRで、藤沢から鎌倉までは 

 江ノ電に乗ってみました。

 時間的に言うと、大船経由で全部JRの方が

 早いんですが・・・今日は気分的に江ノ電でw

 

 

ということで、盛り沢山な日曜日でした。 

Dsc_5268  

 

 

 

 

 

 

 

鎌倉のバーで軽く一杯やりつつ、春を感じた日曜日が終わっていきました。。。

 

| | コメント (20)

2008年1月14日 (月曜日)

溶接初めと鎌倉散歩

 
3連休の最終日、雨こそ降ってはいませんがどんよりとした空。 

こんな日は絶好の溶接日和ですww

8001 ドコを溶接するのかと言いますと・・・去年右側のサドルバッグの中を

 見た時に、何だか見慣れない鉄のパーツがポロリと落ちてまして・・・

 確認したところ、サドルバッグステーのフロント側のサドルバッグ

 ジョイント部分がもげてました。
 

9001

 こんな感じです。
 
 右側のサドルバッグにはレギュレーターやらコイルやら
 
 ネジ一式とか結構重たいパーツを入れっ放しにしてあったので

 振動で取れちゃったのでしょう。
 

1001 で、今朝例のおやじさんに電話したところ「お昼ならいいよ」との

 事でしたので、久しぶりにおやじさんの工場へ。

 到着するなりハコを外して、溶接して頂くステーも外します。

 

 
4001 コレですね。

 

 ・・・あっという間に溶接終了で、写真はありませんw

 

 
5001 ん! 

 見事に取り付け完了です!!

 今年も何か溶接モノがあった時はお世話になります~!!

 

 
6001 一旦戻って来ました。

 今日はこれから語ショベの皆さんとの「JackCafeMTG初め」

 ということで、横浜に行って来ます^^

 雨が降らなければいいですが・・・^^;

 

 

 

以下、昨日のぶらり鎌倉散歩記録写真です。

ご興味のある方はどうぞ~

 

六国見山(ろっこくけんざん) 

Dsc_1  北鎌倉と大船の間にある六国見山に出かけてきました。
  カメラモデル名:Nikon D300
  レンズ:17-55mm F/2.8G
  焦点距離:17mm
  絞り値:F/4
  シャッタースピード:1/80秒
  露出モード:マニュアル
  撮像感度:ISO 200

Dsc_3  水平線近くに、天使の梯子が見えますね。。。
  カメラモデル名:Nikon D300
  レンズ:10-20mm F/4-5.6G
  焦点距離:10mm
  絞り値:F/5.6
  シャッタースピード:1/400秒
  露出モード:マニュアル
  撮像感度:ISO 200
 

Dsc_4  35mm換算で約600mmという超望遠で逗子マリーナを望む。
  カメラモデル名:Nikon D300
  レンズ:VR 70-200mm F/2.8G
  焦点距離:400mm(×2.0テレコン使用)
  絞り値:F/7.1
  シャッタースピード:1/200秒
  露出モード:マニュアル
  撮像感度:ISO 200
 

Dsc_5 反対側からは、なんと横浜ランドマークタワーも見えます!
  カメラモデル名:Nikon D300
  レンズ:VR 70-200mm F/2.8G
  焦点距離:400mm(×2.0テレコン使用)
  絞り値:F/7.1
  シャッタースピード:1/200秒
  露出モード:マニュアル
  撮像感度:ISO 200

Dsc_0025  このあたりは、森の住人達がたくさんいます。
  カメラモデル名:Nikon D300
  レンズ:VR 70-200mm F/2.8G
  焦点距離:200mm
  絞り値:F/3.2
  シャッタースピード:1/125秒
  露出モード:マニュアル
  撮像感度:ISO 200
 
 

Dsc_0064

 頑張って撮りました!!

 カメラ:Nikon D300
 レンズ:VR 70-200mm F/2.8G
 焦点距離:200mm
 フォーカスモード:マニュアル(M)
 絞り値:F/4
 シャッタースピード:1/200秒
 露出モード:マニュアル
 露出補正:0段
 撮像感度:ISO 800

 

 

 (参考URL)
http://homepage3.nifty.com/kamakurakikou/mrokukokuken.html 
  

【鎌倉湖(散在ガ池)】

Dsc_0104 ここからちょっと遠回りして鎌倉湖を目指します。
  カメラモデル名:Nikon D300
  レンズ:VR 70-200mm F/2.8G
  焦点距離:200mm
  絞り値:F/5.6
  シャッタースピード:1/100秒
  露出モード:マニュアル
  撮像感度:ISO 800

Dsc_0120 こんな感じの小径をしばらく歩いていきます。
  カメラモデル名:Nikon D300
  レンズ:17-55mm F/2.8G
  焦点距離:22mm
  絞り値:F/5.6
  シャッタースピード:1/50秒
  露出モード:マニュアル
  撮像感度:ISO 800

Dsc_0127 ここからは山登り。
  カメラモデル名:Nikon D300
  レンズ:17-55mm F/2.8G
  焦点距離:17mm
  絞り値:F/3.5
  シャッタースピード:1/60秒
  露出モード:マニュアル
  撮像感度:ISO 640

Dsc_0133  登り切ると、鎌倉湖(散在ガ池)に到着です!
  カメラモデル名:Nikon D300
  レンズ:17-55mm F/2.8G
  焦点距離:38mm
  絞り値:F/6.3
  シャッタースピード:1/80秒
  露出モード:マニュアル
  撮像感度:ISO 400

Dsc_0169  鴨たちがのんびりとしてます。
  カメラモデル名:Nikon D300
  レンズ:VR 70-200mm F/2.8G
  焦点距離:200mm
  絞り値:F/5.6
  シャッタースピード:1/60秒
  露出モード:マニュアル
  撮像感度:ISO 250

(参考URL)
http://www1.kamakuranet.ne.jp/k-park/park/sannza/sannza-top.html 
 

【明月院】

Dsc_0340  さて、季節はずれの明月院にやって来ました。 
  カメラモデル名:Nikon D300
  レンズ:17-55mm F/2.8G
  焦点距離:20mm
  露出絞り値:F/4.5
  シャッタースピード:1/160秒
  露出モード:マニュアル
  撮像感度:ISO 800

Dsc_0334  紫陽花の季節はここから大渋滞するのですが、今日はひっそり。
  カメラモデル名:Nikon D300
  レンズ:17-55mm F/2.8G
  焦点距離:45mm
  絞り値:F/2.8
  シャッタースピード:1/100秒
  露出モード:マニュアル
  撮像感度:ISO 250

Dsc_0179_01  カワイイ梅が咲き始めています。 
  カメラモデル名:Nikon D300
  レンズ:VR 70-200mm F/2.8G
  焦点距離:200mm
  絞り値:F/5.6
  シャッタースピード:1/60秒
  露出モード:マニュアル
  撮像感度:ISO 800

Dsc_0205  しかし、こんな誰もいない明月院の写真は貴重かも!
  カメラモデル名:Nikon D300
  レンズ:17-55mm F/2.8G
  焦点距離:18mm
  絞り値:F/7.1
  シャッタースピード:1/60秒
  露出モード:マニュアル
  撮像感度:ISO 250

Dsc_0207  明月院と言えば、ここからの眺めが有名ですね。
 夏には、ここから見える後庭園に咲き乱れる花菖蒲が 
 見ごたえアリです。

  カメラモデル名:Nikon D300
  レンズ:17-55mm F/2.8G
  焦点距離:55mm
  絞り値:F/7.1
  シャッタースピード:1/60秒
  露出モード:マニュアル
  撮像感度:ISO 800

 

 しかし静かです。。。

 
 
 
Dsc_0309 この通りです^^
 この枯れた枝は殆どが紫陽花。

  カメラモデル名:Nikon D300
  レンズ:17-55mm F/2.8G
  焦点距離:17mm
  絞り値:F/4.5
  シャッタースピード:1/80秒
  露出モード:マニュアル
  撮像感度:ISO 320

 

 

Dsc_0322 こんな感じの静かな明月院もいいものです。
  カメラモデル名:Nikon D300
  レンズ:17-55mm F/2.8G
  焦点距離:26mm
  絞り値:F/2.8
  シャッタースピード:1/125秒
  露出モード:マニュアル
  撮像感度:ISO 320

Dsc_0331  ぜひこの季節の明月院もどうぞ~!
  カメラモデル名:Nikon D300
  レンズ:17-55mm F/2.8G
  焦点距離:26mm
  絞り値:F/2.8
  シャッタースピード:1/100秒
  露出モード:マニュアル
  撮像感度:ISO 320

http://allabout.co.jp/travel/travelyokohama/closeup/CU20030619/
  

【鶴岡八幡宮】 

Dsc_0394  やっぱりというか、ここは大混雑。
 早々に撤退しました^^;

 モデル名:Nikon D300
 レンズ:VR 70-200mm F/2.8G
 焦点距離:82mm
 絞り値:F/3.5
 シャッタースピード:1/250秒
 露出モード:マニュアル
 撮像感度:ISO 800

 

 

| | コメント (24)

2008年1月12日 (土曜日)

新年、満を持しての

     

2008年に入って早速の3連休ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
僕なんですが・・・せっかくの連休というのに逗子はあいにくの雨模様。。。

ということは、満を持して絶好の「メンテ初め日和」と言う事ですww 

ちょうど、ロッカーオイルラインの件や、昨年にbig_boy師匠から「自分で簡単にできるよ」※
言われていたキックアームの角度戻しとかがいろいろあるのでガレージに籠ることにしましょう。

※まだこの時は「簡単に出来るのなら」と思っていましたが、それが嘘だとはまだ気付いておりませんw 

ちなみにこいつらは、昨年末にeBayで落札してあった品々。

Dsc_9272

Dsc_9650

 

 

 

 

 

Dsc_9651

 これは、ロッカーオイルライン(社外ですが)その他パーツ。

 今週に○ッツ○ロームにて買っておいたやつ。

 今朝無事に我が家に届きました。

 ・・・でも、この宅急便の包装袋を見てみますと・・・

  

Dsc_9661Dsc_9679

 

 

 

 

 
オイリーですw  開けたら、ミッションオイルが漏れていたようです。
まあ、ミッションオイルはきっちりと1クオート使う訳ではないので、ヨシとしましょう。  

Dsc_9698  コレです!

 big_boy師匠から「オイルラインが社外の短いタイプなので

 交換した方が良い」とのことでしたので、コレに交換しましょう。

 でも、これも立派な社外品なので短いのかも(汗)

  

Dsc_9702Dsc_9705

 
  

 

 

 
せっかくガレージに行くので、純正のサドルバッグのカギ、コイツらも交換します。
なんてったって純正2個セット! これからは左右同じキーでオープン可能!

Dsc_9708Dsc_9711

 

 

 

 
 
こちらは今日は使いませんが、AMF時代のNOSのボルトセット。
・・・つか、使う日が来るのでしょうか??  こいつらは大切にしまっておきましょうww

Dsc_9723_3  

   

 

 

 

 

 

 

さて、ガレージでのメンテ初めです。 作業準備完了!
 

Dsc_9732  まずは、ミッションオイルを抜くことから始めてみました。

 しかしこのREDLINE、いつ見てもおぞましい色してます。

 

 抜けるまで、例のキーシリンダーを交換してみましょう。

 

Dsc_9736Dsc_9737

 

 

 

 

 というのも、特に右バッグのカギ山がすり減ってしまい、普通は抜けないような右90度位置でも 
すっぽりとカギが抜けてしまうのです。 当然中のツメもゆるみますし、大切なフタが飛んで行って
しまう危険性があります。  

Dsc_9741  取り外した古いキーシリンダー。

 いままで働いてくれてアリガトウ!

 

 

 

Dsc_9742  早速新品に交換してみますが・・・もう完璧^^

 キーのささり具合といい、回し具合といい最高です!

 新品は2個セットですので、左側も交換します。

 これで左右ワンキー体制の完了です!

 

Dsc_9748Dsc_9749

 

 

 

 

 
 

Dsc_9760  そんなこんなしている間に、ミッションオイルが抜けきったようです。

 マフラーもエキパイから外して、キックカバーを外していきましょう! 

 ・・・つか、マフラーを外したあたりからイヤな予感がww

 ちなみにキックカバー外すの初めてです(汗)

 

その時がやって来ましたww

ミッションオイルはもう抜けきってるかと思いきや・・・ 

Dsc_9774

Dsc_9769 

 

  

  

 キックカバーを外そうとした瞬間・ドバーッっと滝のように血が流れ出しました(汗)
色が色だけに、マジでビビりましたww

Dsc_9782Dsc_9781

 

 

 

 

 

Dsc_9786  落ち着いてカバーを取り外します。

 一応中をウエスでさらって点検したところ・・・

 なにかを発見しました!

 

 

Dsc_9789  コレ、いったいどこのパーツの残骸なんでしょう??

 よくネジとかの加工工場の軒先に山積みになってる

 タップの切りくずのような感じですが・・・。

 ・・・見なかったことにしましょうww

 

Dsc_9799  さて、この中心のボルトを外して、シャフトを180度回転させて

 また締めればいいんですよね。

 良く見ると、ココはロックワッシャー仕様なんですね。

 

 

Dsc_9802  ナットを外し、キックギアを180度回して取り付け完了。

 あとはバラシた順番と逆に、組んでいけばOKのハズです。

 

 ・・・つか、僕にとっては相当大がかりな作業なんですが(汗)

 

Dsc_9808  ですが、カバーをそのまま被せるのではなく、このシャフトを手前に引いて

 キックギア同士をかみ合わせてやる必要があることが判明。

 ちなみに手で持っているシャフト(これってクラッチロッドかな)ですが

 手前にスーって引き過ぎると何か大変な事が起こりそうな予感ですw

 

Dsc_9813Dsc_9816

 

 

 

 

 バッテリーのラバーマウントボルトも相当ナナメってたので、ついでに新品に交換しておきましょう。
 

Dsc_9818Dsc_9821

 

 

 

 

 うまい具合に組み込み完了! でも果たしてコレで本当に大丈夫なのかが心配なので、
カバーを仮止めした状態でキックアームを取り付け、クラッチワイヤーを組んで試してみます。

と、昔ながらのキックスプリングの効いた蹴りごたえが復活しました!
ちょっぴり安心して、本締めを。

Dsc_9823Dsc_9824

 

 

 

 

 いつもREDLINEを買っていたネットショップが「在庫なし」で間に合わなかったので、
今回は安いRevTechのミッションオイルを入れる事にします。

Dsc_9836  さすがにいつもの交換では無く、あの「ドバーッ!」の分も

 あったので、700ccちょいを飲みこみました。

 これにてようやくキックシャフト180度反転作業は完了です!

 

 

・・・え~、big_boy師匠! これのドコが簡単なんですか!(怒)w

  

Dsc_9849

 さて、お次は例のロッカーオイルラインの点検・交換です。

 エアクリとSUのドームをばらしていきます。

 

  

 

Dsc_9850

 今日のメインはあれです。

 

 早速外してチェックしてみましょう。

 

 
  

Dsc_9857Dsc_9860

 

 

 

 

 今回入手した社外のオイルラインと、形状が微妙に違います。

付いてたやつは /\ こんな感じのへの字で、新しいやつは / ̄\ みたい。
肝心の長さは・・・ほとんど変わらない??  ・・・計測しましょう。 

Dsc_9865Dsc_9867

 

 

 

 

 付いてた社外/\タイプは8.03cm、今回の新しい社外/ ̄\は8.09cm。 ビミョー!!ww

では、ロッカーに付いてるフィッティングの内径を計ってみます。

Dsc_9870Dsc_9873

 

 

 

 

リアのフロント側が0.545cm、フロントのリア側が0.6cm。 
これはフロントのリア側が0.05cmだけ径が大きいですね。
 

Dsc_9880

 ちなみに、今回の社外のフィッティングの内径を

 計ってみました。

 こいつらは4コとも同じで、すべて0.65cmでした。

 ・・・むむむ、どれをどこに付けるのが最適なんでしょう!?

 

Dsc_9882  上下のオイルラインも外してみました。

 このラインの長さはほとんど一緒ですが、太さが若干違います。

 今マリーナ号に取り付けてあった方がパイプの肉厚が微妙に厚いです。 

 こっちの方が頑丈そうなので、このまま変更せず。

 

Dsc_9886Dsc_9889

 

 

 

 

 
せっかくなので、上下のフィッティングも計測します。
上のフィッティングの内径は0.625cm、クランクケース側が0.6cm。 

 0.625    0.545 ― 0.6
 |
 0.6

こんな感じです。 

Dsc_9893  ・・・何が何だか良くわからないので

 このまま取りつけますww  

 

 

 
さて、マフラーを取り付けますがリア側のここがスポッと取れちゃいました。
良く見ると、単純に刺さってるだけのようなので、単純に差し込みましたw
 

Dsc_9898Dsc_9837

 

 

 

 

 

Dsc_9910  さて、マフラーを取り付けて今日のミッションは完了!

 ガレージに来てからここまで約3時間。

 慣れた人だったらこの半分以下の時間でやるんだろうなぁ。

 まだまだ修行が足りませんです。。。

 

Dsc_9914  さて、メンテ初めはまだまだ続きますw

 今度は左側。

 半年以上放置しておりますクラッチなどを見てみましょう。

 

 

Dsc_9916Dsc_9919

 

 

 

 

 
うげーーーー! フリクションディスク達がスラッジでギトギトですよ先生!
おまけにクラッチシェルの壁面もオエーーーな状態。
 

Dsc_9923

 クラッチシェルとフリクションディスク一式の清掃で 

 パーツクリーナー2本使いました^^;

 

 

 

Dsc_9930

 でも、かなりいいクラッチの感触が戻って来ました!

 やっぱりこまめにメンテしなきゃ、ですね。

 

 

 

Dsc_9928_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

これにて、4時間に亘ったメンテ初め、終了です~! 

今年も点検大事!で頑張るでーー!^^

 

 

追伸:腰が痛いです

 

| | コメント (10)

より以前の記事一覧